まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:会長

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/03/09(木) 21:07:46.00 ID:CAP_USER
    no title

    ▲中国政府の行動は、まるで近所の子供たちに蹴られて怒り、ゴミ箱をあさる猫も同然である。
    no title

    ▲韓国と米国は韓国戦(朝鮮戦争)とベトナム戦争で一緒に血を流して戦った「血盟」。日本は、米国の韓国に接する態度をとても羨んでいる。私たちの祖父母と親の世代が流した血のおかげで、米国は韓国に対して非常に格別の愛情を持っている。

    (中略:中国のTHAAD報復。プラザ合意後の日本円の変化など)

    米国が中国に対し「為替レート操作国」と発表した瞬間、中国はその翌日から暗黒期に入り込むことになる。それにもかかわらず、米国が中国を為替レート操作国指定せず、「中国を為替レート操作国指定できる」と脅すだけなのは中国に投資した米国企業が安全に撤収できるよう時間的余裕を与えているのだ。中国政府は「米国は本当の虎だが、中国は虎になりたい猫」であることを肝に銘じるべきだ。

    中国がロッテに腹いせしたからといって韓国経済が揺れることもなく、韓国に観光客を送らないといって韓国経済が停滞するわけでもない。中国政府は、中国を解体すると両腕をまくっているトランプ米大統領に韓国大統領がいつでも電話して「中国の手をちょっと見てください」と話すことができる位置にあることを肝に銘じる必要がある。

    中国が領域内で無法な振舞いをするほど韓国の身代金が上がるので、最近の中国の歩みは韓国にとって非常に有難く感じられる。韓国に対する中国の軍事的脅威に対応するため、米国は韓国にTHAADも配置し、艦当たりの建造費だけで5兆ウォンに達するズムウォルト・イージス艦3隻を全部済州海軍基地に駐留させ、韓国の立場から見れば突然「儲け物」をしたわけだ。中国がもう少し無法な振舞いをすれば横須賀にある米海軍空母戦団も根拠地を釜山や済州海軍基地に移すような気がする。

    中国は米国が「米日同盟」を「血盟」と呼ばず、「韓米同盟」をなぜ「血盟」と呼ぶのか、よく理解する必要がある。韓国は共産勢力の拡張から自由陣営を守るために韓国戦とベトナム戦で米国と共に血を流した。そのために「韓米同盟」を「血盟」という。日本は第二次大戦当時、米国を攻撃したが、米国は自分たちの必要によって日本と同盟を結んでいる。「米日同盟」は米国がビジネスレベルで結んだものなので「血盟」とは言わない。

    従って「新米日安全保障条約」は10年単位で更新をしなければならないが、「韓米相互防衛条約」の第6条に「本条約は無期限に有効である。どちらの当事国も他の当事国に通告後、1年後に本条約を終了させることができる。」とあって半永久的だ。事実上、韓国と米国が戦争にならない限り永久的なわけだ。

    「韓米同盟」は「米日同盟」より次元が高い同盟なので中国が韓国に嫌がらせをするほど米国の行動がどのように変るのか、中国政府も一度よく考えて行動する必要がある。「血は水より濃い。」ということわざの意味を中国はよく考えなければならないだろう。

    万一、中国が韓国に対する貿易報復と軍事的脅威を止めなければ、米国は中国が韓国に経済報復をする理由を知ろうとし、一歩進んで米国は中国が韓国に触れるのは中国が米国に触れるものと理解して対策を講じるだろう。

    このような東北アジアの力学関係の中で大韓民国が自由民主主義体制を維持しながら繁栄を謳歌しているのは、この時代の私たち国民の使命だ。従って次期大統領選挙で米トランプ政権と手足を合わせて「紙猫」中国に積極的で攻勢的に対応しながら、自由統一および満州修復の土台を構築できる人物を大統領に選出しなければならないだろう。

    no title

    ▲韓国防衛産業学会チェ・ウソク会長

    ソース:グローバルディフェンスニュース(韓国語) 紙猫「中国」、韓国産半導体は置いておいて菓子にだけ「腹いせ」
    http://www.gdnews.kr/news/article.html?no=4764

    前スレ:http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1489055577/
    ★1の立った時間:2017/03/09(木) 19:32:57.47

    引用元: ・【韓国】 「米国は本物のトラ、中国はトラになりたいネコ。韓国はその米国にいつでも電話できる位置」と韓国防衛産業学会会長★2[03/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【プライドも恥も無いのなww】 韓国防衛産業学会会長「米国は本物のトラ、中国はトラになりたいネコ。韓国はその米国にいつでも電話できる位置」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/03/02(木) 20:41:27.59 ID:CAP_USER
    韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長は、2030年のサッカーワールドカップ(W杯)を韓国と北朝鮮、日本、中国の“4ヶ国開催“の形で開催することを目指して招致を行っていく意志を明らかにした。韓国大手ポータルサイト『NAVER』が2日に伝えている。

    国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長は先日、2026年以降のW杯について、複数国での共催を奨励する意向を示していた。「2つか3つ、4つの国で共催」することが想定され、「近隣国で開催するのが理想的だ」と同会長は話していた。

    このFIFAの意向も受け、チョン・モンギュ会長は東アジア4ヶ国での共催という仰天のプランを推し進めようとしているのだという。2日にソウルW杯スタジアムで開催されたセレモニーに出席し、その意向を明らかにした。「最近FIFAは、2026年と2030年のW杯を複数国で共催することを決めた。韓国と北朝鮮だけでなく、中国と日本もW杯を共催することを私は望んでいる。2030年大会を招致したい」と話している。

    2002年W杯は日本と韓国の2ヶ国開催として行われ、現時点では唯一W杯が複数国で共催された例となっている。それから28年を経て、複雑な国際関係にある4ヶ国で再びサッカー界の最大のイベントを開催するという衝撃のプランが実現する可能性はあるのだろうか。

    フットボールチャンネル
    https://www.footballchannel.jp/2017/03/02/post200226/

    引用元: ・【サッカー】韓国サッカー協会のチョン・モンギュ会長「日本・韓国・中国・北朝鮮で2030年W杯共催を」[3/2] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【どの面下げて】韓国サッカー協会会長「2030年W杯は、日本・韓国・中国・北朝鮮の共催で開催」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/02/25(土) 16:57:11.34 ID:CAP_USER
    韓国キリスト教総聨合会(代表会長イ・ヨンフン牧師・以下韓キ総)は去る2月22日、第98周年3.1節宣言文を発表して愛国・民族愛の精神を発揮していくことを訴えた。

    韓キ総は「第98周年3.1節をむかえて大韓民国と国民を保護する神様に感謝と光栄を差し上げる」として「愛国・民族愛の精神で近代史を引っ張ってきた韓国教会が近づく未来の方向性を提示する民族の灯の役割を担えるよう希望する」と強調した。

    韓キ総はまた「3.1運動は日本の帝国主義に抵抗して民族の自由と独立、平和のための非暴力抵抗運動だ。日帝の銃刀の前に素裸の身で自主独立国家であることを宣言し、無数の犠牲を耐えながらも国を守ったもの」と述べた。

    引き続き「第98周年3.1節をむかえてその精神を賛えて継承しようと韓キ総は韓国教会を代表する聨合機関として」宣言文を発表した。以下は第98周年3.1節宣言文全文だ。

    第一、韓国キリスト教総聨合会は日帝の弾圧の中でも守ってきた保守的で福音的な信仰伝統を継承し、正確戊午ある神様のお言葉と聖霊の満たしの恩恵を伝えていく。

    第二、韓国教会が3.l運動の根幹なる愛国・民族愛の精神を受け継いで深刻な対立で分裂している大韓民国を治癒し、世代、地域、理念、階層間の葛藤を縫い合わせて和合と協力の道に先導していく。

    第三、日本の絶え間ない独島(ドクト、日本名:竹島)に対する歴史歪曲と日本軍慰安婦(性奴隷)に対する沈黙は韓日間協力を最も阻害する要素だ。日本は明らかな歴史的事実と反倫理的犯罪について真正性ある謝罪をしなければならない。誤りに対する真の懺悔が両国間の信頼回復と相互反転の契機になるだろう。

    第四、イエス・キリストの十字架愛と福音の真理によって韓半島を越えてアジアと全世界すべての国に恒久的平和と自由が到来することを希望し、抑圧と圧制で苦痛を受ける者たちを慰めて解放のために共に努力していくだろう。

    第五、韓国キリスト教総聨合会と韓国教会はこの国の塩と光として、3.1運動当時とともに民族の進む道を提示する使命を担うために最善を尽くす。改心、祈祷、聖霊運動を通じて霊的指導力を回復し、分かち合いと使役の先頭に立つことを確認する。

    パク・ジヒョン記者

    ソース:クリスチャン・ヘラルド(韓国語) 「愛国・民族愛精神を発揮していくこと呼び掛け」韓キ総、第98周年3.1節宣言文通じて明らかに
    http://www.cherald.co.kr/news/articleView.html?idxno=13199

    引用元: ・【韓国】 「愛国・民族愛精神を呼び掛け」~韓国キリスト教総聨合会、3.1節宣言[02/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本人を憎め、恨め、妬め】韓国キリスト教総聨合会 会長「日本は真正性ある謝罪をしなければならない】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/09/26(月) 10:53:42.26 ID:CAP_USER
    韓国の検察が辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ロッテグループ会長を1700億ウォン(約155億円)台の横領などの容疑で拘束令状を請求した。

    http://japanese.joins.com/article/054/221054.html

    no title

    辛東彬ロッテグループ会長

    【【韓国】韓国検察、辛東彬ロッテグループ会長1700億ウォン台横領などの容疑で拘束令状請求[9/26] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/29(月) 23:26:55.58 ID:CAP_USER
    韓国の自動車産業で危機の兆しが表面化している。内需はこの1年間の個別消費税減免施策に力づけられて瞬間的に増加したが、この施策が満了した後の7月からは約25%の急減を見せており、輸出は2013年から4年連続で減少傾向だ。

    数年間の停滞局面でも維持してきた「メイド・イン・コリア」の自動車生産は内需の瞬間的増加にもかかわらず、上半期には6.4%減少したが、これは輸出不振だけでなく自動車メーカーの海外生産の割合が大きくなっているためだ。
    内需・輸出・生産の不振の結果で自動車業界の雇用まで2010年より約6000人減少した。

    こうした韓国の自動車産業の逆走現象は韓国の生産競争力が海外の自動車メーカーに比べて弱まっていることに起因し、根本的には韓国の高費用・低生産性に集約される労使関係から始まっているものだ。

    米国、ドイツ、フランス、日本など自動車産業先進国は激しい国際競争で優位を確保し、雇用を維持するために賃金と雇用のビッグディール次元で労使関係を協調的パラダイムにすべて転換させた。
    トヨタ、フォルクスワーゲン、ゼネラルモーターズ(GM)、ルノーグループなど、現代(ヒョンデ)・起亜(キア)自動車グループよりリードしている企業の労使関係もすべて変わった。

    最近スペインとイタリアの自動車産業回復事例が代表的だ。対立的労使関係で競争力を喪失したオーストラリアの自動車産業はグローバル企業が現地工場を撤収しており約20万件の雇用が虚空に飛ばされた。

    不幸にも主要自動車生産国のうち韓国の労使関係だけが対立的構造を維持し続けている。海外の競合企業がこの3~4年間に2%前後の小幅な賃金引き上げをしたのに対し、韓国は毎年5%前後引き上げられており世界最高の賃金水準を見せている。
    これに対し生産性との連係が不十分な賃金体系、硬直的な労働スタイルなどで生産性は最も低い水準と比較されている。

    国産車の平均輸出単価は1万5000ドルで、日本の2万3000ドル、ドイツの2万7000ドルと比べ40%以上低い車両を生産しながらも最高水準の賃金費用負担を背負っている局面で韓国の自動車産業の国際競争力を論じること自体が意味がないほどだ。
    自動車産業1位から4位の国と企業の労使関係がすべて変わったが、5位である韓国だけ変わらないでいるのだ。

    いまからでも韓国の自動車産業の労と使が開かれた心でグローバル競争力を強化していくという共同目標に向かって協力的パートナー関係を構築し危機の兆しを見せている自動車産業を強国に育てることを切実に期待する。

    競争国に比べ適正な賃金水準を維持し、労働生産性を向上することだけが韓国の自動車産業がメイド・イン・コリアの自動車をさらに多く作り出して、良質な雇用を維持、拡大していくことができる方法だ。
    どの国の労組より強大な権限と力を持つ韓国の労組の自発的な愛国決断を国民全員が待ちかねている。

    キム・ヨングン韓国自動車産業協会会長

    http://japanese.joins.com/article/936/219936.html

    引用元: ・【コラム】危機の韓国自動車産業、労組が救える 自発的な愛国決断を国民全員が待ちかねている[8/29]©2ch.net

    【韓国自動車産業協会会長「危機の韓国自動車産業、どの国の労組より強大な権限と力を持つ韓国の労組のせい」】の続きを読む

    このページのトップヘ