まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:会長

    1: ろこもこ ★ 2018/07/06(金) 18:04:28.20 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000011-cnippou-kr

    サッカー韓国代表の2018ロシアワールドカップ(W杯)は成功だろうか、失敗だろうか。韓国は1勝2敗、F組3位で決勝トーナメント(16強)に進出できなかった。最初の目標は16強入りだった。この部分だけを見ると明らかに失敗だ。しかしF組第3戦で世界1位のドイツに2-0で勝利した。したがってロシアW杯は完全な失敗とも言いにくい。

    こうしたあいまいな状況で大韓サッカー協会(以下、協会)と鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長は「失敗でない」に焦点を合わせた。鄭会長は5日午前、ソウル鍾路区新門路(シンムンロ)サッカー会館で記者懇談会を開いた。鄭会長は「16強入りに失敗した。国民の期待に応えられず申し訳ない」と謝罪した。続いて鄭会長はドイツ戦の勝利でつかんだ希望にフォーカスを移した。鄭会長は「韓国は16強入りしなければいけないと主張した。ところがドイツに勝つことを期待する人はいなかった。ドイツに勝利したことは奇跡だと言える。ドイツを破る波乱を起こした選手とコーチングスタッフに拍手を送りたい」とし「ドイツ戦の意味を考えれば、我々が持っていた心理的なガラスの天井を打ち破ったということだ。ドイツとも戦えるという希望を抱くことができる。全世界が注目した」と強調した。

    代表チームを率いた申台龍(シン・テヨン)監督に対する信頼も表した。鄭会長は「申監督には功過がともにある。過の方があまりにも浮き彫りになっている。監督の戦術失敗や失言など批判には共感する」とし「しかし実験、チャレンジ精神があまりにも軽視されているようだ。金敏在(キム・ミンジェ)を発掘し、趙賢祐(チョ・ヒョンウ)、ムン・ソンミン、李承佑(イ・スンウ)などを果敢に起用し、代表チームの幅を広げた。短所を補完すればより良い監督になるはず」と述べた。

    監督に対する評価だけがあった。協会の次の対策、そして未来に対する計画には具体的に触れなかった。鄭会長は「協会は韓国サッカー発展のためのあらゆる可能性を模索している」とし、ドイツ出身のユースコーチ招聘、低学年大会の開催、体育特技者の発掘、特別諮問機構の運営、海外進出のための軍入隊年齢調節などを挙げた。また「長所を発展させ、不十分な点を補完し、4年後に国民に大きな喜びを届けられるようにしたい」と述べた。4年前と同じ約束を繰り返した。

    今回の韓国代表が特に人気がなかった理由について、鄭会長はこのように評価した。「(南北首脳会談など)政治的な大型イシューが多かった。それでもW杯が始まると多くの関心を集めた」。やや現実とは距離がある診断という評価だ。

    また鄭会長は「はっきりと指摘する人たちがいない。クラスで上から40番目ならソウル大学に行くことはできないとはっきり指摘しなければいけない」と話した。韓国は最初から決勝トーナメントに進出できるほどの競争力がなかったとはっきりと指摘する専門家がいないという点に言及したのだ。

    キム・パンゴン国家代表監督選任委員長も鄭会長と同じ立場だった。ロシアW杯は失敗ではない。成功はしなかったが、ドイツ戦の勝利の価値は意味があるという判断だ。

    この日午後にサッカー会館で開かれた国家代表監督選任小委員会第1次会議では申監督の去就問題が争点だった。結論は保留だった。申監督は他の候補群10人とともに次期監督候補群に共に名を連ねている。

    キム委員長は「委員らはまだ申監督の評価を深くしていない。2次会議で申監督の評価の時間を持つ。申監督も一人の候補と見なして候補選定に入る」とし「従来のポートフォリオにある候補と接触し、候補監督へのインタビューをする。候補は10人前後で、韓国を望む監督でなく、韓国代表チームが望む監督と接触する。3次会議で優先順位を決めることになるだろう」と説明した。

    申監督にも依然として機会が残っているということだ。ロシアW杯を失敗と規定していれば不可能なことだ。キム委員長は「16入りはならなかったが、完全に失敗した大会というわけではない。とはいえ完全な成功でもない。結論的に16強という目標は達成できず成功したとは言いにくい」と述べながら、申監督にもう一度機会を与えた。キム委員長は「申監督の再信任ではないと決めつけないでほしい。ドイツに勝利した功があり、評価を受ける部分がある。もっとうまくできる部分があった。慎重に評価をする」と明らかにした。

    引用元: ・【韓国】韓国サッカー協会会長「サッカー韓国代表のロシアW杯は失敗でない」[07/06]

    【【韓国】韓国サッカー協会会長「サッカー韓国代表のロシアW杯は失敗でない」[07/06] 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/06/29(金) 15:11:40.49 ID:CAP_USER
    韓国の大韓航空を中核とする財閥、韓進(ハンジン)グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長は28日、相続税を脱税した疑いなどで地検の取り調べを受けた。趙会長らの脱税額は500億ウォン(約50億円)を超えるとみられている。娘のパワハラ問題に端を発した疑惑は、財閥一家の横暴に対する世論の反発を背景に、財閥トップへの捜査にまで発展した。
     趙会長は大韓航空機内でナッツの出し方に腹を立て機体を引き返させ、有罪となった趙顕娥(チョ・ヒョナ)同社前副社長の父。一家をめぐっては、高級ブランド品などの私物を航空機部品などと偽って大量に密輸した疑いで税関当局が捜査しており、追及はさらに拡大する見通し。
     一方で、会議でコップを投げたり、出席者に水をかけたりしたパワハラ疑惑で警察の取り調べを受けた次女の趙顕●(=日へんに文)(チョ・ヒョンミン)前専務は、被害者が処罰を望んでいないとして逮捕が見送られた。
     会長の妻の李明姫(イ・ミョンヒ)氏も周囲に対する暴行や、フィリピン人を同社研修生と偽り、家政婦として違法雇用した容疑で2度にわたって逮捕状が請求されたが、いずれも裁判所が棄却。世論に迎合した当局の強引ともいえる捜査手法に「やり過ぎだ」との批判もある。
     趙会長はグループ創業者の父の海外資産を相続した際、申告しなかった疑いが持たれている。地検に出頭時、報道陣に「検察に全てお話しする。申し訳ない」などと述べた。長男で大韓航空社長の趙源泰(チョ・ウォンテ)氏にも大学不正編入疑惑があり、教育省が調査している。
    産経ニュース
    2018.6.29 00:18
    https://www.sankei.com/affairs/news/180629/afr1806290001-n1.html

    引用元: ・【ナッツ姫の父】大韓航空の財閥会長を脱税容疑で取り調べパワハラ、暴行、密輸、不正編入一家そろって容疑者に[06/29]

    【【ナッツ姫の父】大韓航空の財閥会長を脱税容疑で取り調べパワハラ、暴行、密輸、不正編入一家そろって容疑者に[06/29] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2017/11/14(火) 10:37:04.81 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    三星(サムソン)電子の李健煕(イ・ゴンヒ)会長が日本のアニメーション、『モクスリウィ・ヒョンテ
    (声の形/邦題=聲の形)』に関心を寄せた。

    6日に放送されたTV朝鮮の『9時総合ニュース』では、ソウル 江南区(カンナムグ)逸院洞(イルウォンドン)
    にある三星ソウル病院・20階病室に入院中の李健煕会長の姿を公開した。アンカーのチョン・ウォンチェク
    は、「李会長は病床で日本の映画を見て、看護師と意思疎通するほど好転している事を映像で掴んだ」と
    報道した。

    TV朝鮮は映像の李健煕会長について、「明るいテレビ画面の前に李健煕会長がベッドにもたれて座って
    いる。李会長が見ている映像は、去る5月に公開された日本のアニメーションである」と説明した。 報道の
    直後、李健煕会長が視聴した日本のアニメーションに対する関心が高まっている。

    該当の日本のアニメーションは、ロマンスジャンルの『声の形(監督=山田尚子、配給=Dステーション)』
    である事が分かった。『声の形(邦題=聲の形)』は聴覚障害を持つ転校生ニシミヤ・ショコ(西宮硝子)と、
    彼女をいじめたイシダ・ショヤ(石田将也)の成長と愛が込められたアニメーション。韓国内でも去る5月に
    公開されて、約28万人の観客数を記録した。

    ソース:スポーツ韓国(韓国語)
    http://sports.hankooki.com/lpage/entv/201711/sp20171107150820136680.htm

    引用元: ・【韓国】サムスン李健熙会長が病床で見たアニメは『日本のロマンス』[11/14]

    【【日本にS・O・S出してるつもり】「サムスンの李会長、日本の映画を見て、看護師と意思疎通するほど好転」スポーツ韓国(韓国語)】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/19(木) 05:41:20.03 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の鉄鋼最大手ポスコの権五俊(クォン・オジュン)会長が、ブリュッセルで17日(現地時間)に開かれた世界鉄鋼協会の年次総会で副会長に選任された。ポスコが18日伝えた。

    任期は3年で、来年は権氏が会長に就任することになる。協会の規定により1年目に副会長、2年目に会長、3年目に再び副会長を務める。副会長だった新日鉄住金の進藤孝生社長が17日付で新会長に就任した。

    同協会は約170の鉄鋼メーカーや関連協会、研究機関などが加盟する。加盟メーカーは世界の粗鋼生産量の約85%を占める。

    また、ポスコは世界鉄鋼協会から最も革新的な業績を上げたメーカーに贈られる「イノベーション・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。メッキ付着量制御や冷延鋼板の生産工程に人工知能(AI)を活用し、品質改善とコスト削減を同時に実現したことが評価された。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/18/2017101802402.html

    引用元: ・【経済】韓国鉄鋼最大手のポスコ会長、世界鉄鋼協会の副会長に選任 ポスコは「イノベーション・オブ・ザ・イヤー」を受賞[10/19]

    【【権力を与えると悪事しかやらない】韓国鉄鋼最大手のポスコ会長、世界鉄鋼協会の副会長に選任】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 11:01:04.46 ID:CAP_USER
    ソン・ヨンヒ上海韓国商会会長兼韓人会長は「中国在住韓国人の現在の状況は暗鬱という言葉のほかに表現する方法がない」とし「これまでの中国市場進出方式は効用がすべて失われたため、新しい戦略を考えるべき時期」と述べた。

    --危機はどれほど深刻なのか。

    「みんな中国を離れることを望んでいる。中国市場で利益を得た人たちも手を引く時期だと考えている。新政権の発足直後は8月に大統領の訪中が実現すれば何か変わると期待していた。

    今はその期待もあきらめている。高高度防衛ミサイル(THAAD)問題が解決しても原状復帰するか懐疑的だ」

    --THAAD問題は根本原因でないということか。

    「現在の危機は韓中間の経済規模格差、それによる企業競争力と資金力の逆転などがTHAADと重なって生じた状況だ。徐々に中国商品、中国企業の優越性が表れている。もう中国の人が作れないものはほとんどない。

    ファーウェイ(華為)など中国企業がグローバル市場で頭角を現し、第4次産業革命でもリードしている。我々が新しい戦略を立てなければ本当に暗鬱な状況を迎えるだろう」

    --では、どうやって危機を突破するべきか。

    「中国市場を見直す必要がある。上海はすでにニューヨークと同じ水準だ。さらに世界一流企業と競争できる韓国企業はそれほど多くない。北京や上海にこだわらず、地方の他の都市に目を向けるべきだ。

    人口1000万人の市場にインフラと潜在力を持つ都市が中国には少なくない」

    http://japanese.joins.com/article/587/232587.html

    no title

    ソン・ヨンヒ上海韓国商会会長兼韓人会長

    【【だからって日本に来ないでくれ】「みんな中国を離れることを望んでいる」上海韓国商会会長兼韓人会長】の続きを読む

    このページのトップヘ