まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:会社員

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/21(金) 09:42:46.36 ID:CAP_USER
    20日正午、ソウル市江南区の宣陵駅で会った入社2年目の会社員Kさん(27)は、午前中ずっとオフィスで他の社員の顔色をうかがいながら、ようやくランチタイムで出てきたと話した。

    前日にビットコインをはじめとする主な仮想通貨が一時30%以上暴落した「ブラックウエンズデー」のせいだった。ビットコインは2018年にも中国政府による徹底した規制のせいで1カ月間に4分の1になる大暴落を経験した。

    Kさんは「仮想通貨に投資する同僚6人のうち2人がきょうは突然年休と半休を取って出てこなかった」「8000万ウォン(約770万円)を投資したチーム長が出勤すると、『いつでも勝手に年休を取るな』と八つ当たりのような説教をした」と話した。

    Kさんは「自分も100万ウォン程度を突っ込んで、50%損をして、午前1時半すぎに寝たが、午前中はずっとチーム長と同僚の顔色をうかがい、いまようやく一息ついた」と漏らした。

    忠清北道の公共機関に勤務するLさん(30)も「普段は同僚と食事したり、コーヒーを飲んだりしながら、仮想通貨投資の話をするが、きょうは皆が静かで、沈み込んだ雰囲気だったので、一人で昼食を取りに出てきた」と語った。

    仮想通貨が大暴落した翌日の20日、オフィス街は投資資金を失った会社員たちで葬式ムードだった。就職情報ポータルサイト、サラミンが会社員1855人を調べたところ、仮想通貨に投資している会社員は全体の40%に達していた。

    その中心は新入社員から課長級の20-30代だ。何とか就職はできたが、マイホーム購入どころか、賃貸物件の保証金を工面するのにも苦しんでいる世代だ。1-3月の韓国4大仮想通貨取引所の新規加入者は67%が20-30代だった。

    19日午後から仮想通貨が暴落し、徹夜して出勤した会社員も多かった。

    20日午前0時から午前7時までの間、会社員の匿名掲示板「ブラインド」には「怖くて寝られない」「焼酒(ソジュ、韓国式焼酎)を2本飲んでも寝付けない」などと仮想通貨関連の書き込みが500件以上あった。

    突然の暴落で韓国国内の仮想通貨取引所であるビットサム、アップビットには投資資金を引き揚げようとする投資家が殺到し、19日から20日にかけ、出入金が遅延した。

    2021/05/21 09:12
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/21/2021052180008.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/21/2021052180008_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/21/2021052180008_3.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 ビットコイン暴落、韓国ではショックで年休取って寝込む会社員も [05/21] [荒波φ★]

    【高く買って安く売る【朝鮮日報】 ビットコイン暴落、韓国ではショックで年休取って寝込む会社員も [05/21] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/05/30(火) 10:33:09.96 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    熊津(ウンジン)食品の『社長ガム(サジャンコム)』と『部長ガム(プジャンコム)』が人気を
    集めている。

    30日、熊津食品によれば『社長ガム』と『部長ガム』の缶製品は、発売から4ヶ月で初度物量
    10万個を全て出荷した。

    これによって熊津は、『社長ガム』と『部長ガム』の大容量製品を公表した。該当の製品は
    主要便宜店(コンビニ)にも置かれる。

    大容量の『社長ガム』『部長ガム』は、机の上や車の中に置いて噛みやすいよう、四角の筒
    で発売される。108gの用量で、希望小売価格は5000ウォン。全国の便宜店とオンライン
    オープンマーケット、ソーシャルコマースなどで購入する事ができる。

    熊津食品の『社長ガム』と『部長ガム』はストレス解消用のガムで、ウィットが効いた
    コンセプトで会社員の間で人気が高い。SNSで製品の写真と一緒に職場生活のストレスを
    打ち明ける、認証ブームが起きたりした。

    ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=003&aid=0007983215

    引用元: ・【韓国】熊津食品、『社長ガム』『部長ガム』の大容量製品発売[05/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ひねりも何もない】会社員の間で人気が高い『社長ガム』『部長ガム』の大容量製品発売】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2016/11/09(水) 08:23:58.07 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    会社員が毎月の本の購入に使う金額は、飲酒に使う金額の半分にも満たない事が分かった。

    教育企業HUNETは会社員805人を対象に読書生活に対するアンケート調査の結果、応答者の約半分
    (43.9%)は1カ月に本を1冊程度読むと答えたと9日に明らかにした。自社教育サイトHUNETの会員を
    対象にした結果だ。

    2~4冊読むという会社員が37.3%で後に続き、1冊も読まないという会社員も7.6%に達した。会社員が
    1カ月に読む本は平均2.3冊程度である。本を買う費用は平均3万ウォンだった。

    これに比べて回答者が酒代に1カ月に出費する費用は図書購入費の2倍以上、6万2000ウォンである
    事が分かった。性別で分けると読書量は男性会社員が平均2.4冊、女性会社員が2.3冊で似ていたが、
    図書購入費と飲み代の差は男性の方が大きかった。

    男性会社員の場合、1カ月の図書購入費は3万ウォンだが、飲み代の支出はこれより2.3倍多い平均
    6万8000ウォンだった。女性会社員は本代に1カ月2万2000ウォン、飲み代はこれより1.8倍多い
    3万9000ウォン程度を使う事が分かった。

    会社員が主に読む本(複数回答)は『自己啓発(61.4%)』が一番多かった。専門家は、「競争が激しく
    なった社会で仕事を取った後も、絶えず自己啓発をしなければ遅れをとるという認識のため」と分析した。

    自分啓発書籍に続いて人文・歴史・宗教・芸術関連の本を主に読むという回答が52.9%、経営・経済
    書籍を多く読むという回答が46.5%で2位と3位を占め、詩・小説・随筆(18.3%)と健康・旅行などの実用書
    (8.7%)が後に続いた。

    この会社のチョ・ヨンタク代表は、「HUNET会員の場合、比較的自己啓発に関心が高い会社員という
    点を考慮すれば、一般会社員の場合は図書購入費と飲み代の格差はさらに大きく現われるだろう」と
    話すた。

    ソース:NAVER/中央日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=025&aid=0002657848

    引用元: ・【韓国】会社員、「本より酒」~図書購入費、飲み代の半分以下[11/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【 そのくせノーベル文学賞は欲しがるというw】韓国の会社員、「本より酒」~図書購入費、飲み代の半分以下】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/24(金) 03:41:19.30 ID:CAP_USER
    no title


     9日午前11時40分、ソウル市江南区三成洞の奉恩寺。総合展示場「COEX」をはじめ高層ビルが林立する都会のど真ん中にあるこの寺に、きちんとした身なりの会社員たちが男女を問わず次々と入っていった。
    彼らが足を止めた場所は、大雄殿の隣にある香積院という建物だった。建物の前には既に20代から60代まで幅広い年齢層の約50人が並んでいた。
    彼らの手には1000ウォン(約90円)札が1枚ずつ握られている。奉恩寺の食堂に当たる香積院で昼食を食べようという人々だ。

     奉恩寺は平日・週末を問わず、毎日午前11時30分から1時間にわたり香積院で昼食=写真=を提供している。
    入口に設置された「お布施箱」に1000ウォン入れれば、誰でも昼食を食べられる。営利目的で運営されているわけではないので、お金を入れなくても食事ができる。

     10分ほど並んで入った香積院の中には350の座席がずらりと並んでいた。メニューはシラヤマギクのナムル(和え物)、キムチ、たくわん、そしてキムチ汁だ。精進料理なので肉類はなかった。
    配食担当のボランティアが「食事が終わった方は、ここでおもちもどうぞ」と声をかけていた。
    近くのIT企業で働くキム・ソンウンさん(42)は「江南ではクッパ1杯でも8000ウォン(約710円)以上するから、毎日の昼食代が負担になる。昼食代を節約するのと同時に、野菜中心のヘルシーなものを食べようと思って、よくここに来る」と言った。

     奉恩寺では信者だけを受け入れていた香積院を2006年に一般に開放した。当初は信者たちと近所の住民がよく訪れていたが、徐々にうわさが広がり、近くの会社員たちの間でも有名になった。
    宅配便のドライバーやヤクルトさん、清掃員らも奉恩寺で1000ウォン食堂の常連客になった。
    同寺の僧侶は「ここに来る会社員の数は昨年までは20-30人だったが、今年は50-70人と2倍以上になった」と話す。不況で会社員の財布が薄くなっていることから生まれた新風景だ。

     平日は平均700人、週末は観光客まで含め1500人余りがここで昼食をとる。昼食代1000ウォンから得られる収益金は全額、経済的に恵まれない家庭の子どもたちの奨学金や、独り暮らしのお年寄りの食事支援に使われる。

     「都会の喧騒(けんそう)を離れ、昼食後に厳かな空気の漂う中を歩けば「癒し」効果があるのも奉恩寺での昼食の魅力だ」と会社員たちは言う。
    会社員のパク・サンヨンさん(59)は「仕事の忙しさをしばし忘れ、ゆっくりとご飯を食べた後、寺の木々の間を歩いているとストレスから解放される」と語った。

    イ・ミンソク記者 , チェ・ジュヨン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/23/2016062301204.html

    引用元: ・【韓国】ソウル都心の寺で「90円ランチの至福」[6/24]©2ch.net

    【【韓国】お寺の「施し」に群がるソウルの会社員たち】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/21(火) 09:59:29.92 ID:CAP_USER
    韓国の会社員の10人中8人は職場内うつ病を経験していたことが分かった。

    就職ポータルサイトのジョブコリアとアルバモンが会社員男女1485人を対象に「会社うつ病」についてアンケート調査を実施した結果このようにあらわれた。

    「会社うつ病」は会社外では問題ないのに出社さえすれば無気力になって憂うつになる状態をいう。このような経験があるかとの質問に「はい」と答えた回答者が全体の82.8%を占めた。「いいえ」は17.2%にとどまった。

    会社うつ病に苦しむ理由については(複数回答)「自分自身の未来に対する不確かなビジョン」と答えた会社員が全体回答の43.2%で最も多かった。
    さらに▼会社に対する不確かなビジョン(35.1%)▼過度な業務量(24.2%)▼上司との関係(13.6%)などが後に続いた。

    会社うつ病を克服するための案としては、運動などの趣味生活をするという回答が21.8%で最も高かったが、酒やたばこで解消するという回答が僅差で後に続いた(21.6%)。

    特に男性会社員は酒やたばこで解消するという回答が27.3%で最も高かった。女性会社員は友人や家族と打ちとけて対話するという回答が22.7%で最も高く、男女間のうつ病解消法には差があった。

    http://japanese.joins.com/article/190/217190.html

    引用元: ・【韓国】韓国の会社員10人中8人「会社うつ病」[6/21]©2ch.net

    【80%以上の韓国人会社員「会社うつ病」】の続きを読む

    このページのトップヘ