no title


1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/17(日) 06:30:08.69 ID:???.net
 4月20日午後11時30分にソウル市永登浦区汝矣島の漢江公園駐車場から国会議事堂方面に向かう一方通行の追い越し車線に乗用車1台が静止した。
非常時でなければ駐停車できない道路の安全地帯(黄色い斜線が引かれた区域)にまたがって車を止めたのは、車のオーナーではない運転代行業者のキムさん(32)だった。
京畿道軍浦市に向かうよう指示した顧客のヨムさん(43)が「5000ウォン(約550円)を上乗せするから京畿道光明市に寄ってから行こう」と要請したところ、キムさんは「その程度の料金じゃ行けない。
少なくとも1万ウォン(約1100円)は欲しい」と反発。言い合いになった揚げ句、運転を拒否して車を道路の真ん中に止めてしまったのだ。

 代行運転手のキムさんが車を止めて行ってしまったことで慌てたヨムさんは、直接ハンドルを握り、はみ出して止められている自分の車を安全地帯内に真っすぐに駐車した。
ところが数分後、助手席に座って他の代行運転手を待っていたヨムさんに警察官が近づいてきた。
自分と言い争いになって車を降りてしまった代行運転手のキムさんが、遠くからヨムさんが運転するのを見て「汝矣島の漢江公園付近に飲酒運転する人がいる」と警察に通報したのだ。
ヨムさんは警察に「確かに運転はしたが、代行業者がわざと変な所に駐車したため、そうするしかなかった」と事情を訴えたものの、飲酒運転した事実を覆すことはできず、ソウル永登浦警察署に立件されてしまった。

 料金問題などで顧客と言い争いになり途中で車を降りてしまった代行運転手が、その後、顧客が運転するのを見届けて警察に通報するといったことが、しばしば起こっている。
顧客のほとんどが飲酒状態にあるということを悪用し、数分前まで自分の「顧客」だった人を「飲酒運転の現行犯」として通報するいわば復讐(ふくしゅう)劇だ。
昨年1月には、顧客の妻が目的地に到着してチップとして5000ウォンを上乗せしようとしたのを制止したとの理由で、駐車のために約2メートルの距離を運転した顧客を代行運転手が飲酒運転で警察に通報。
もめ事になったことがある。数日前には、自宅の駐車場に止められた車の角度を直すためにわずか20センチほど飲酒運転した人が、料金問題をめぐり言い争いになった代行運転手に通報され、
蔚山地方裁判所で罰金100万ウォン(約11万円)を支払うはめになった。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/16/2015051600292.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/16/2015051600292_2.html 続く

引用元: ・【韓国】乗客とトラブル、代行運転手たちの復讐[05/17]

【倫理観も責任感も無いからしょうがない 【韓国】乗客とトラブル、代行運転手たちの復讐[05/17]】の続きを読む