まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:代行

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/14(水) 18:59:28.49 ID:CAP_USER
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161214/Recordchina_20161214042.html

    2016年12月14日、弾劾訴追案の可決で韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の職務が停止され6日目となった。この間、黄教安(ファン・ギョアン)首相が大統領権限を代行しているが、「代行体制」と思えないほど黄首相が精力的に日程をこなし、人事権の行使をにおわせる発言まで行ったことから、早くも「越権行為」ではないかとの指摘が上がっている。韓国・JTBCテレビが伝えた。

    問題のきっかけとなったのは、大統領府首席秘書官による大統領権限代行首相への業務報告だ。黄氏は、序列では報告順が後になるのが通例の人事首席秘書官の報告をまず受けたという。この行為が、大統領権限である人事権の行使への積極的な意思を示したものと解釈された。また黄氏はこのほか、経済副首相の人事に関する発言も行った。

    野党はこれに即反応、「大統領になったかのように人事権を行使する態度には驚いた」「黄代行には経済副首相の人事を決定する権限はない」などとし、黄氏の行為は法的に認められた代行の権限を越えていると指摘した。黄氏は朴大統領に近く、歴史教科書の国定化、日本との慰安婦問題合意、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定など朴政権の政策を忠実に推し進めてきたことで知られている。野党としては、弾劾可決を機に仕切り直しをしたいこうした政策が、結局は「大統領の代理人」の手によって進められるのではとの懸念があるのだ。

    野党代表らからは「黄教安は朴槿恵大統領のまねをするな」「黄代行は弾劾可決を待っていたかのように、大統領気取りだ」などと厳しい批判の声が上がっている。

    一方、韓国のネットユーザーからはこれについて「越権は弾劾事由だ。おまえも弾劾されたいか?」「黄教安を弾劾せよ!」「心配が現実になった」「ろうそくは消えたわけじゃない。国民をばかにしないで」「これじゃ弾劾可決の意味がない」「自分が大統領になったと錯覚してるみたいだね」「前から予見されていたことだ。この人こそ弾劾すべき対象」「今週末は黄教安の退陣要求デモをしないと」「朴槿恵の周りにはどうしてこんな人しかいないんだ」などのコメントが寄せられた。

    引用元: ・【韓国】朴大統領の権限を代行する韓国首相、早くも大統領気取りか=韓国ネット「これじゃ弾劾可決の意味がない」[12/14] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【アホしかおらん】朴大統領の権限を代行する韓国首相、早くも大統領気取りか】の続きを読む

    no title


    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/17(日) 06:30:08.69 ID:???.net
     4月20日午後11時30分にソウル市永登浦区汝矣島の漢江公園駐車場から国会議事堂方面に向かう一方通行の追い越し車線に乗用車1台が静止した。
    非常時でなければ駐停車できない道路の安全地帯(黄色い斜線が引かれた区域)にまたがって車を止めたのは、車のオーナーではない運転代行業者のキムさん(32)だった。
    京畿道軍浦市に向かうよう指示した顧客のヨムさん(43)が「5000ウォン(約550円)を上乗せするから京畿道光明市に寄ってから行こう」と要請したところ、キムさんは「その程度の料金じゃ行けない。
    少なくとも1万ウォン(約1100円)は欲しい」と反発。言い合いになった揚げ句、運転を拒否して車を道路の真ん中に止めてしまったのだ。

     代行運転手のキムさんが車を止めて行ってしまったことで慌てたヨムさんは、直接ハンドルを握り、はみ出して止められている自分の車を安全地帯内に真っすぐに駐車した。
    ところが数分後、助手席に座って他の代行運転手を待っていたヨムさんに警察官が近づいてきた。
    自分と言い争いになって車を降りてしまった代行運転手のキムさんが、遠くからヨムさんが運転するのを見て「汝矣島の漢江公園付近に飲酒運転する人がいる」と警察に通報したのだ。
    ヨムさんは警察に「確かに運転はしたが、代行業者がわざと変な所に駐車したため、そうするしかなかった」と事情を訴えたものの、飲酒運転した事実を覆すことはできず、ソウル永登浦警察署に立件されてしまった。

     料金問題などで顧客と言い争いになり途中で車を降りてしまった代行運転手が、その後、顧客が運転するのを見届けて警察に通報するといったことが、しばしば起こっている。
    顧客のほとんどが飲酒状態にあるということを悪用し、数分前まで自分の「顧客」だった人を「飲酒運転の現行犯」として通報するいわば復讐(ふくしゅう)劇だ。
    昨年1月には、顧客の妻が目的地に到着してチップとして5000ウォンを上乗せしようとしたのを制止したとの理由で、駐車のために約2メートルの距離を運転した顧客を代行運転手が飲酒運転で警察に通報。
    もめ事になったことがある。数日前には、自宅の駐車場に止められた車の角度を直すためにわずか20センチほど飲酒運転した人が、料金問題をめぐり言い争いになった代行運転手に通報され、
    蔚山地方裁判所で罰金100万ウォン(約11万円)を支払うはめになった。


    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/16/2015051600292.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/16/2015051600292_2.html 続く

    引用元: ・【韓国】乗客とトラブル、代行運転手たちの復讐[05/17]

    【倫理観も責任感も無いからしょうがない 【韓国】乗客とトラブル、代行運転手たちの復讐[05/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ