まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:仏教

    yaru


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 10:38:38.63 ID:???.net
     2015年6月18日、タイのSNSに掲載された韓国のお笑い番組が多くのタイ人のひんしゅくを買っている。タイの僧侶の格好をした
    コメディアンたちが、面白おかしく演じている映像は、タイ人たちは見るに耐えないようだ。

     問題となっている映像は、タイのSNSにアップされると瞬く間にネチズン(ネット市民)たちが噛み付いた。番組の中では、女性に触れたり、
    叩き合ったりすることや、女性がオレンジ色の袈裟を着ているなど、タイの僧侶は絶対にしてはならないとして、戒律に定められていることを
    次々と、お笑いのネタとして繰り出している。

     タイ仏教では、僧侶は200以上の戒律を守らなければならず、一般の人々もその戒律を尊重してい生活している。だからこそ、
    尊敬の対象になっており、戒律を破った場合は逮捕される事もある。

     外国人にも有名な戒律として、僧侶は女性に触れはならないというのがある。バスや電車で僧侶が座ると、近くの女性も席を移動したり、
    道を歩いているとき等にすれ違う時も、女性は離れた位置に移動する。これは女性側も僧侶に触れないように気使っているからだ。

     また僧侶として、オレンジ色の袈裟を切る事が許されているのは男性のみで、女性は白い袈裟を着用するが、僧侶にはなれない。
    タイ人女性が正式に僧侶になりたい場合は、隣国ミャンマーで出家しているのだが、タイ国内では認められていない。

     番組では、これらをことごとくお笑いの中で演じている。中でも僧侶の袈裟を来た女性タレントが、男性僧侶を触ったり、仏像の頭を
    叩くなど、タイのお笑いでさえあり得ない所行の数々に、さすがに寛容なタイ人も激怒しているというわけだ。

     昨年末に日本人のバンドが、僧侶のコスチュームで演奏した際にも多くのタイ人がクレームをつけたことがあった。しかし、バンド側がすぐに謝罪。
    すると逆に応援のコメントが多く寄せられるということもあった。

     今回、Facebookに掲載された記事と動画は、現在は削除されているようだが、YouTubeにタイ人がアップした映像には、未だに多くの
    コメントが寄せられている。

     コメントを寄せたある韓国人は、「韓国には、宗教の自由とともに表現の自由がある。これを尊重するべき」という意見が寄せられていたが、
    タイ人からは、「異なる文化に対しては敬意があるべきで、この映像にそれは感じない」と反論されていた。

     また、Kポップファンと名乗るタイ女性は「信じたくないけど、韓国の人がこれほど私たちをバカにしているなら、もうKポップも聴きたくない」と
    書き込んでいた。また他の女性は、タイ語の他に日本語と英語で「ひと言どんな言葉でもいいから、心から謝ってくれればいいんです」と
    投げかけていたが、その返答は、これまでのところ寄せられていない。

     タイでも、僧侶の格好をしてのお笑いが放映されることはよくある。それらをタイ人自身も、自分たちだってやっていると言う意見もある。
    しかし、タイのお笑いでは、当然のごとく最低限のルールは守られており、キチンと敬意は払われている。

     今回の韓国の番組のように、女性が僧侶に触ったり、まして袈裟を着ると言う事は有り得ない。タイの文化に対して、少しでも敬意が
    払われて企画された内容であったなら、こうしたコントはできなかっただろう。

    【翻訳/編集:KK】

    Yahoo!ニュース Global News Asia 6月19日(金)17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000005-gnasia-asia&p=1
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150619-00000005-gnasia-asia&p=2

    引用元: ・【タイ】韓国のお笑い番組でタイ仏教をコメディに あり得ない所行の数々に、寛容なタイ人も激怒[6/19]

    【国王を馬鹿にしたのもあったな【タイ】韓国のお笑い番組でタイ仏教をコメディに あり得ない所行の数々に、寛容なタイ人も激怒[6/19]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 13:21:23.53 ID:???.net
    山西省の五台山は、由緒ある寺院が多くある「仏教の聖地」として古くから知られている。唐代には、渡航した日本人僧がわざわざ五台山
    を目指したとの記録もある。最近では、観光地としても人気だ。中国中央電視台(中国中央テレビ、CCTV)はこのほど、「五台山の今」
    を紹介する番組を放送した。訪れる善男善女は何度も何度も、さまざまな名目で金銭の支払いを要求される。道に立ちふさがり、
    「功徳のためだ金払え」と、酒臭い息ですごむ“僧形の男”もいた。

    中国中央電視台はまず、仏教界における五台山の位置づけを紹介。「四川省の蛾眉山、安徽省の九華山、浙江省の普陀山と並び、
    中国仏教の四大名山のひとつ」、「中心部だけで保存状態のよい寺院が47カ所。現存する世界最大規模の仏教古建築群」、
    「中国で最も早くから発達した、最大の国際的な仏教道場」、「いずれの季節に訪れても、読経が聞こえ香がただよう」、
    「休日ともなれば、訪れる人は絶えない」などと並べた上で、「まずは、記者が10月1日に始まる国慶節連休に五台山を訪れた観光
    の体験をご覧いただきましょう」と番組を進めた。

    五台山地区では、とにかく「金銭絡み」で物事が進行していた。五台山のエリアに入るのには180元程度の入場料がかかる
    (100元=約1740円)。地元民は自由に出入りできる。そこで、地元民が客引きだ。同行すれば地元民扱いで無料にできる。
    1人当たり80元の「案内料」を払ってくれれば「安上がりに中に入れる」との“商談”を持ちかける。

    エリア内では、「環境保護車」と呼ばれるバスが運行されている。入場者は、利用してもしなくても、乗車券を買わねばならない。
    係員に、「乗らないのに、なぜ乗車券を買わねばならないのか」と尋ねても「規則だ」の一点張りだ。

    仏殿に到着。龍袍という衣服を販売している。仏に対する帰依心などをあらわすため、仏像に着せかけるものだ。
    もともとは「心ある信者」が寄進するものだったが、現在では購入を強要される。買わなければ、仏殿に入っての礼拝はできない。
    価格は100-900元だ。

    仏殿に入るとすぐに、「龍袍は、そこに置いていきなさい」と言われる。本来ならば、自分が購入した龍袍を僧侶が仏像に着せかける
    姿を目のあたりにすることで、あらためて信仰心を篤(あつ)くすることができるはずだが、それもかなわない。

    寺院と寺院を結ぶ山道を歩く。すると、僧侶の姿をした男数人が立ちふさがった。さらに先に進むには「ここで礼拝をせよ」と言われる。
    言われる通り、合掌をしてから、深々と3度、頭を下げる。すると、「寺に功徳をするように」と言われている。何のことかと尋ねると
    「カネを払え」とのことだった。

    ソース:サーチナ 2014-10-15 11:09
    http://news.searchina.net/id/1545926?page=1

    続きます

    引用元: ・【中国】仏教の「聖地の沙汰」も金次第・・・「功徳のためだ金払え」、酒臭い息ですごむ僧形=中国・五台山[10/15]

    【ぼったくりも半端ない支那w 【中国】仏教の「聖地の沙汰」も金次第・・・「功徳のためだ金払え」、酒臭い息ですごむ僧形=中国・五台山[10/15]】の続きを読む

    souiu


    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/07/18(金)13:50:04 ID:???
    4大宗教、『宗教平和法および差別禁止法』制定要求


    仏教とカトリック、プロテスタント、円仏教など4大宗教は最近一部のプロテスタント信者がインド仏教寺院で布教行為をしたのと関連して17日、私たちの社会の和合のための仮称『宗教平和法および差別禁止法』の制定を促した。

    実践仏教全国僧会と円仏教社会開びゃく教務団、全国牧師の定義平和協議会、カトリック正義具現全国司祭団はこの日、韓国キリスト教会館で記者会見を行い「認定と尊重がない布教行為はまた別次元の暴力」としながら法制定の必要性を強調した。

    先立って最近一部のプロテスタント信者が釈迦が悟りを得たところで仏教の4台聖地の中の一つに選ばれるインド、ブッダガヤ マハーボーディ寺院で賛美歌を歌って祈祷を捧げた事実が知らされて物議をかもしたことがある。

    4団体は今回の事件に対して「暴力的な方式の布教行為は該当宗教構成員その誰の共感と支持さえも得ることはできない」として憂慮を表わした後「韓国社会の宗教間平和定着と社会的弱者・少数者に対する差別が解消されるための制度的基盤造成の契機にしなければならないだろう」と話した。

    引き続き「単純に宗教に対する差別と強権を禁止して処罰する次元の法案でなく、韓国社会の宗教がお互いの信念を尊重して疎通して共存していく方案までも大きい枠組みで提示する方法を制定しなければならない」と強調した。

    これらの団体は「宗教的問題だけでなく現在私たちの社会には性的少数者、少数人種、経済的弱者に対する抑圧と差別が日常化されている」として「法制定を通じて社会的弱者と少数者が多様な権利を享受して自由に生活できる社会が定着することを期待する」と付け加えた。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201407/dh20140717141636137780.htm

    引用元: ・【韓国】仏教とカトリック、プロテスタント、円仏教など4大宗教『宗教平和法および差別禁止法』制定を要求[07/17]

    【差別の大元が言う「シャベツするなー」 -【韓国】仏教とカトリック、プロテスタント、円仏教など4大宗教『宗教平和法および差別禁止法』制定を要求[07/17]】の続きを読む

    souiu


    1: ◆E2FCewEIt. 2014/07/09(水)22:01:30 ID:gs8fFXC8c
    2014.07.09 18:30 記者 : ソル

    聖地で賛美歌を歌う韓国人クリスチャン

    インドのユネスコ世界文化遺産であるマハーボーディ寺院(大塔)で驚くべき事件が起きた。仏教の聖地、
    そして世界遺産のマハーボーディ寺院で先日4日に起きたその事件は、なんと韓国のクリスチャン達が
    賛美歌を熱唱したというのだ。

    世界でも最高の仏教の聖地と言われている場所でこのような宣教の祈りが行われ現地の人は困惑。
    止めに入った韓国人僧侶に対して「神のみが救い!」と宣教するなど常識では考えられない行動を
    繰り返した。

    国際的な問題になりかねない今回の行動。現地では大騒ぎだという。今回の行動にばかりは韓国人も
    呆れて物が言えないようで、「自国の恥」「国に帰ってくるな」「似非クリスチャンめ」と罵倒されている。

    今回の問題の賛美歌は動画に収められており『YouTube』で閲覧が可能。
    http://www.youtube.com/watch?v=H_jWYwiLBS0



    マハーボーディ寺院で賛美歌を歌う韓国人クリスチャン(YouTube)

    ※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

    http://getnews.jp/archives/618598

    【【話題】韓国人クリスチャン達が仏教の世界遺産聖地で賛美歌を熱唱し大問題に インドとの国際問題に発展の可能性も? [7/9]】の続きを読む

    このページのトップヘ