まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:仇

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/22(土) 23:05:57.65 ID:CAP_USER
    (略)

    現在の韓国は、中国、トルコ、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、スイス、アラブ首長国連邦(UAE)、カナダと通貨スワップを締結した状態だが、ドル貨幣の契約は一つもない。すべて「ウォン貨対現地貨」契約で、非常時に何の助けにもならない。

    1997年の経済危機が再現される可能性
     現在の韓国の外貨準備高は2022年1月現在で約4630億ドルだが、これでは十分とは言えない。なぜなら、2020年3月、韓国の外貨準備高が4500億ドル水準であったのにもかかわらず、ウォン相場が暴落し、危機に陥ったためだ。国際決済銀行(BIS)は、韓国の適正外貨準備高を8000億ドル水準としており、現在でも3000億ドル以上不足した状態である。

     米国は今後、数回、金利を引き上げる計画だ。米国の金利引き上げは韓国内の外国資金(ドル)の流出を招き、ウォン相場を下落させる可能性が高い。米国の金利引き上げが、韓国の金融危機を招く可能性があるということだ。ウォンの下落を防ぐために、韓国は積極的に金利を引き上げなければならない。

     そうなると、さらに大きな問題が発生する可能性がある。韓国の家計債務の対GDP比が、世界最高水準であるためだ。

    2021年11月、国際金融協会(IIF)が発表した「世界負債報告書」によれば、2021年6月末を基準として、家計債務比率がGDPを超過する国家は、韓国が104.2%で唯一だった。米国79.2%、日本63.9%、ユーロ地域61.5%、中国60.5%など、主要国は債務比率が比較的良好な水準である。

    韓国の経済が外部衝撃に脆弱だということは、対GDP比の貿易依存度(輸出額+輸入額)が65%(2020年基準)にもなるという点からも分かる。内需の大きい日本の場合、貿易依存度は25%にしか過ぎない。

     家計債務比率が高い状態で金利引き上げが断行されれば、衝撃は大きくならざるを得ない。個人消費の減退が、他国よりはるかにひどく起こることだろう。金利引き上げに伴って、不動産価格が他国より急激に下落する可能性もある。

     このような消費萎縮と不動産価格の下落が起きている最中に、ウォンが下落することになれば、韓国は本格的な「ドル流出」という事態に陥る可能性を排除することはできない。

     そうなると韓国は、1997年の外国為替危機が再現される可能性がある。1997年に、米国は韓国を冷遇した。もし今日の韓国が外国為替危機に直面すれば、現在の雰囲気から、米国は韓国を再び冷遇するだろう。

    結論的に、「最悪の日韓関係」「先進国という自負」「米国から敬遠」という3点が、1997年当時の韓国と今日の韓国に、明確に見出される共通点だと言える。

     1997年に危機に陥った韓国は、幸いにもIMFから支援を受けて再起に成功した。果たして、今日の韓国にもう一度、その時のような危機が訪れたら、IMFからの支援を受けることができるのだろうか。

    次の危機時に日本と米国は手を差し伸べるか?
     1997年、韓国の裏切り行為に激怒した米財務長官や商務長官は、韓国に対する資金支援を準備した大統領と国務長官などの計画を無にした。当時、それでも怒りが収まらなかった一部の人々は、「IMFが韓国を支援することも、防がなければならない」という強硬な考えを持っていた。今日の韓国が危機の時に、IMFからの支援を100%得ることができるというのは、誰一人言い切れない。

     1997年、IMFが用意した韓国に対する金融支援は破格だった。当時のIMF歴代最高金額である570億ドルが、韓国のために編成された。この中の210億ドルをIMFが、100億ドルを日本が拠出した。米国は50億ドル、ADB(アジア開発銀行)は40億ドル、その他の先進国および国際金融機関が170億ドルを拠出する計画だった。

     日本は、金融危機に陥った韓国に対して相当な金額を支援した。米国も、2008年と2020年にウォンが暴落した時に韓国に対して、通貨スワップを提供した。

     このように大きく助けてもらった日本と米国に対する、今日の韓国の姿はどうなのだろうか。まさに「恩知らず」そのものだ。

    今後、1997年と同様の危機が韓国に再び訪れた場合、韓国は日本と米国から助けを期待するのは難しいだろう。今後の金融危機時、韓国は事実上、孤立無援の状態になる可能性が濃厚であるということだ。

     このような意味で、今後韓国が米国や日本の支援が切れた状態(Naked)で、米国の金利引き上げなど外部の悪材料に対応し、果たして自らの能力だけで、ウォン/ドル為替レートを1200ウォン以下の水準に維持できるのかどうか。これは、重要なポイントになるだろう。(終わり)

    (ファンドビルダー)
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68545
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1642852583/

    引用元: ・IMF危機の恩を仇で返した韓国に、日本は手を差し伸べるべきか ★9 [1/22] [昆虫図鑑★]

    【完全に見捨てるで - IMF危機の恩を仇で返した韓国に、日本は手を差し伸べるべきか ★9 [1/22] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/28(月) 22:55:24.02 ID:CAP_USER
    歴史的に日本は私たち民族に多くの害を及ぼした。倭寇の略奪がそうだったし壬辰倭乱がそうだった。韓国文化の影響を受けて国家が発展したにもかかわらず、彼らはいつも恩をあだで返してきた。特に35年11カ月の植民地統治はぞっとする。

    複数の弱小国家の数多くの女性たちを性奴隷にして獣のような行動を働いた過去は低質で醜雑な行動だった。独立軍を捉えて押し切りで首を落とし、包丁で切った首を腰にさげて記念写真を撮ったり、妊婦を殺し協会の中に人々を集めて火を付けてすさまじく殺した。

    彼らが私たちに行った行動は真に身震いする。しかし、矛盾するようだが日本を旅行すると彼らの生活行動は見習う点が多い。

    まず親切だ。本来、原爆投下予定地だった都市は武器庫がある小倉と広島、長崎、京都であった。しかし、ある原子力委員が京都に投下するのに反対した。彼は新婚旅行で京都に行き、日本人たちの親切に魅せられたのだった。京都は日本古代文化があって保護しなければならないという理由だったが、彼の内部には日本人の親切に対する良い思い出が席を占めていたのだ。それで京都地域の代りに1945年8月6日に広島が8月9日には長崎が原爆投下の悲劇の歴史を記録した。商業的なのかもしれないが彼らはいつも微笑を失わずに人に接する。

    二番目が清潔さだ。日本のどの都市に行っても通りにゴミがない。三番目は質素さだ。食べ物は食べられる程度だけ器に入れる。四番目が秩序だ。慶州に修学旅行に来た日本の中学生が並べた履き物はただの一足も乱れがなく定規で測ったようにすべて秩序があった。五つ目は老人のための働き口創出に努力する点だ。高速道路に行けば高齢の人々が多く仕事をしている姿をたくさん見ることができる。

    六番目は彼らの山林政策だ。どの山も植林されその管理状態が美しい。大部分が木材に使えるように育てている。七番目は先生を信頼する父兄たちの心だ。ある観光地を通り過ぎたらマイナス7度の気温にもかかわらず幼稚園児たちが半ズボンをはいて秩序整然と先生の引率で歩いていた。どの父兄も抗議したり風邪をひかないか心配していなかった。子供たちはおしゃべりしながら楽しく歩いていたし、父兄はみな、かけていく自分の子供たちを笑いながら見つめていた。

    最後は他国と対抗する時に一つになる力だ。どうしたら神風という名のもとに15~21才の青少年たちが飛行機に乗って微笑を浮かべながら飛び立ったのだろうか?相手国には敵だが日本の自分たちにとっては全て愛国戦死であった。自分たちの国益のためにはみな固く団結する彼らの愛国民族愛精神は多くの分野でも明らかだ。

    もちろん日本人たちも内部的に批判する点があって矛盾が多いが、悪い点は捨てれば良く、良い生活方式で国家と民族を離れて誰にでも習う点があるならば習わなければならないと思うので自分自身を反省する意味で何種類か書いてみた。

    ヤン・スンボン(小説家)
    http://www.kgnews.co.kr/news/photo/201901/539040_181291_595.jpg

    ソース:京畿新聞(韓国語) [生活エッセイ]日本で感じたこと
    http://www.kgnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=539040

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1548654654/
    ★1のたった時間:2019/01/28(月) 14:50:54.70

    引用元: ・【韓国】 日本で感じたこと~日本はいつも恩を仇で返してきた。でも見習う点はある★2[01/28]

    【国全体がコルサコフ症候群 【韓国】 日本で感じたこと~日本はいつも恩を仇で返してきた。でも見習う点はある★2[01/28] 】の続きを読む

    このページのトップヘ