まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:人生

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/07/31(金)19:18:26 ID:zB9
    「数多くの人が知っていて、日本が歴史を消そうとしても消すことができなくしたい」

    日本軍の慰安婦の惨状を素材にしたミュージカル『コンフォート・ウーマン(COMFORT WOMEN)』が
    米国ニューヨークの舞台に上がる。公演は31日から8月9日まで、オフ・ブロードウェイのセント・クレメンツ劇場が舞台だ。

    企画・制作・演出はある大学生によって行われた。
    ニューヨークシティカレッジ演劇学科4年に在学中のキム・ヒョンジュン氏(24)だ。
    彼の夢は『コンフォート・ウーマン』をブロードウェイの舞台に上げること、
    さらには多くの国で公演して慰安婦問題を全世界の人に伝えることだ。慰安婦についての歴史が忘れられないようにするためだ。
    皆が知るようになれば日本政府も過去の蛮行をこれ以上否めず、謝らないわけにはいかないと彼は考えている。

    彼はミュージカルを作ったきっかけについて「2012年安倍晋三政権になった後、
    日本政府が歴史を否定するのを見ながら決心した」とした。
    「周囲の米国人に尋ねたが、誰も慰安婦問題について知らなかった。
    説明したところ、なぜ『性奴隷』と言わず『コンフォート・ウーマン』というのかと聞き返された。
    いち早く知らせなければならないと思った」

    出演俳優48人は12カ国出身の多国籍連合軍だ。昨年11月のオーディションには800人以上が集まった。
    日系俳優も100人余りが志願した。キム氏は慰安婦の歴史を否定する人たちは全員返した。
    選抜された日系俳優は8人。キム氏は彼らが「歴史を正しく伝え、韓日両国が平和につき合う一助となりたい」として覚悟を固めたと伝えた。

    準備過程でキム氏は、日本の右翼団体からの抗議と脅迫にも苦しめられた。
    「なぜ嘘をつくのか」という非難は言うまでもなく「日本に来たら殺す」という背筋が寒くなるような内容もあった。

    キム氏と主演俳優たちは今月初め、ワシントンで慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さん(89)に会った。
    その出会いはミュージカルの転換点になった。キム氏は「その後、俳優たちの演技が変わった」と紹介した。
    俳優は特に説明がなくとも配役に没頭することになった。

    ミュージカルの最後のシーンも変わった。
    慰安所を脱出した慰安婦少女が帰ってきた祖国では光復(解放)の歓喜があふれかえる。
    しかし少女は舞台の後ろへと消える。

    キム氏は「実際に韓国社会では、慰安婦被害者のおばあさんたちが慰労や関心をまともに受けられずにいるようだ」とその意味を説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150731-00000009-cnippou-kr

    引用元: ・【中央日報】慰安婦の人生、アメリカでミュージカルに…日本が消そうとしても消せないように[7/31]

    【嘘と恥が上書きされるだけのこと【中央日報】慰安婦の人生、アメリカでミュージカルに…日本が消そうとしても消せないように[7/31]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 11:57:10.98 ID:???.net
     ソウル市西大門区の公立高校で、校長を含む教諭5人が同僚の女性教諭や女子生徒にわいせ
    つな行為やセクハラ発言を繰り返していたことが分かった。ソウル市教育庁(教育委員会に相当)
    によると、同校のある教師は昨年2月、カラオケボックスで同僚の女性教諭の衣服を切り裂き、体
    を触るなどのわいせつ行為をしたという。この女性教諭は直ちに校長に報告し処分を要求したが、
    校長は何の処分も下さなかった。ちょうどそのころ、この校長も別の女性教諭に対してセクハラ行
    為を行ったとして監査を受けていた。

     同校の別の教諭は、昨年から6人の女子生徒に対して常習的にセクハラを行っていた。この教
    諭は今年2月、保護者からの告発で警察の取り調べを受け、すでに送検されている。さらに別の
    教諭は6人の女性教諭に対してセクハラ行為を繰り返しただけでなく、一部の女子生徒たちに「黄
    真伊(ファン・ジニ)」「春香(チュニャンン)」などのあだ名を付けたり、芸能人と性的関係を結ぶ自
    分の想像を毎日のように授業中に語り、生徒たちに多大な不快感を与えていた。「黄真伊」や「春
    香」は、映画やドラマなどに登場する妓生(キーセン=芸妓)やその娘の名だ。また、この高校で
    性に関する悩みの相談を担当していた別の教諭も、相談に訪れた女子生徒にセクハラ行為を行
    っていたことも分かった。

     この高校でセクハラ行為が相次いでいた事実が分かったきっかけは、先月14日にある女子生
    徒が担任の教員を通じてソウル市教育庁に告発したからだった。昨年2月にセクハラ被害に遭っ
    た女性教諭が校長に抗議した際、校長がこの問題を教育庁に報告し、加害者の教諭を処分して
    いれば、問題はここまで深刻にはならなかったはずだ。警察は今年4月、セクハラ教員を検察に
    送致した時点で事実関係を教育庁にも報告していたが、教育庁は被害を訴える女子生徒が6人
    もいたにもかかわらず、監査などの対応を怠った。監督官庁は教育庁に対し、4月の時点で対応
    に当たらなかった理由についてもしっかりと追求しなければならない。

     このように教育現場でセクハラや性犯罪が多発しているにもかかわらず、これが隠蔽されていた
    のを目の当たりにすると、類似の犯罪が実際にはどれほど多発しているのか想像もつかない。保
    護者の口から「子どもを学校に送りたくない」といった嘆きの声が出るのもある意味当然のことだ。
    教育部(省に相当)はセクハラなどで解任などの処分や実刑を受けた教諭に対し、教員資格を剥
    奪することを定めた教育公務員法改正案を国会に提出している。しかし、この程度の法改正だけ
    では不十分だ。セクハラ行為に走った教諭は学校から永久に追放するのはもちろん、年金も減ら
    すべきだろう。一度セクハラをすると自らの人生が台無しになることを教諭たちがしっかりと理解し
    なければ、学校が性犯罪の巣窟化するのを防ぐことはできない。

    ソース:朝鮮日報日本語版<【社説】校長を筆頭に教師らが校内でセクハラする高校>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/01/2015080100527.html

    引用元: ・【韓国】 校長を筆頭に教師らが校内でセクハラする高校~セクハラで人生が台無しになることを教師に教えよ/朝鮮日報社説[08/01]

    【伝統芸 【韓国】 校長を筆頭に教師らが校内でセクハラする高校~セクハラで人生が台無しになることを教師に教えよ/朝鮮日報社説[08/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ