まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:人気

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/01(金) 20:11:32.38 ID:CAP_USER
    no title


    韓国では、新型コロナウイルス感染症の拡散により、この春に“ひとり楽しむ”レジャー用品の売上げが急増していることが明らかとなった。

    韓国のインターネットショッピングサイトである“オークション”は先月1日から27日までの期間と前月対比のカテゴリー別販売量を分析した結果、密接・接触に対する心配の少ない野外活動用品の需要が全般的に増加していると今日(1日)伝えられた。

    代表的な野外活動の“キャンピング用品”の販売が大きく増加した。ソロ(ひとり)キャンピング関連用品の販売伸び率が最も高いという調査結果が出たということが、“ひとり楽しむ”レジャーの人気を証明している。

    1人用テントは3倍を超える206%の販売の伸びを記録した。バックパッキング用アルペンテントは91%、寝袋も107%の販売増加があった。

    他人と離れて不自由なくひとり楽しむことのできる“釣り”も人気である。海釣り用品は31%、川釣り用品は56%の売上げ増加があった。

    また都心や近郊でサイクリングを楽しむ人も増加しているとみられている。自転車は同期間基準で最大72%の販売量の増加がみられた。

    “オークション”のブランド事業チーム長は「釣り、登山、自転車など野外空間においてひとりで楽しめる趣味活動を中心に人気が出ている」と語った。

    http://s.wowkorea.jp/news/read/257586/
    2020/05/01 15:37配信
    Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

    引用元: ・【ひとり楽しむ】韓国で「ひとり飯・ひとり酒」を越え「ひとり山・ひとり釣り」が人気…「1人レジャー用品の売上げ急増」[5/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【一人相撲ばっかりやってるから【ひとり楽しむ】韓国で「ひとり飯・ひとり酒」を越え「ひとり山・ひとり釣り」が人気…「1人レジャー用品の売上げ急増」[5/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/26(水) 21:09:53.43 ID:CAP_USER
    【2月26日 AFP】韓国の富豪の娘がパラグライダーで偶然北朝鮮に不時着し、北朝鮮の礼儀正しく親切な軍人に助けられ恋に落ちるという、現実離れしたストーリーのテレビドラマが韓国で大ヒットした。

    「愛の不時着(Crash Landing on You)」は現実にはあり得ない物語だが、北朝鮮の日常生活を正確に描写し、人気を集めた。

     朝鮮半島の分断は、韓国のドラマや映画によく登場するテーマだが、舞台のほぼ大部分が北朝鮮であるものは珍しい。ドラマには北朝鮮出身の脚本家と女優も関わっており、脱北者らは北朝鮮の描写の正確さに感心している。ある脱北者は「北朝鮮の村に戻ったような気分だった」と話す。

     韓国のケーブルテレビ局tvNが手掛けた「愛の不時着」は全16話で、2月中旬に最終回が放映された。

     韓国・忠南大学校(Chungnam National University)のユン・ソクチン(Yun Suk-jin)教授はドラマについて「北朝鮮に対する固定観念を変えた」と指摘する。

     またドラマは、2017年には衝突が懸念されるほどの緊張関係にあった朝鮮半島が、現在、足踏み状態ではあるものの、一連の首脳会談をへて急速に雪解けムードに変わったことの表れでもあるという。

     ユン氏は、このドラマは韓国と北朝鮮の緊張が高まっていたら実現しなかっただろうと話す。「実現したとしても好意的には受け取られなかった」

     ドラマは、韓国財閥の美しい相続人がパラグライダーを楽しんでいる最中に竜巻に巻き込まれ、非武装地帯(DMZ)を越えて北朝鮮に不時着した場面から始まる。

     ヒロインの女性は朝鮮人民軍高官の息子でハンサムな軍人に助けられ、二人は恋に落ちる。ヒーローである軍人は女性をかくまい保護するが、侵入者は投獄され、背信行為には厳罰を科す一党独裁国家である北朝鮮では全くもってあり得ないシナリオだ。

     さらに驚いたことに、女性が韓国に戻った後、軍人の男性は仲間数人と誰にも見つからずこっそり非武装地帯を越えてソウルに行き、彼女を悪者から救うのだ。

     だが、視聴者は北朝鮮の村人の質素な暮らしに魅了されている。

     ある場面では、お湯が冷めないようお風呂にプラスチック袋をかぶせている。またある時は、停電した後もテレビを見たいがために自転車をこぐ村人の姿も映し出された。

     韓国の視聴者はこれらを面白がっている。だが、ある脱北者の女性はユーチューブ(YouTube)で、北朝鮮では停電が頻繁に起こるとし、「どの家庭にも自転車発電機がある」「あの場面を見て泣いてしまった」と話している。

     このドラマは北朝鮮の人々が韓国に好感を抱いているかのように描いている。一部の評論家は、ドラマが北朝鮮のプロパガンダを広めているとして制作者らを非難している。

     一方、ユン教授はドラマのファンの多くは南北分断について「あまり深くは」考えていないようだと指摘する。

     ドラマの最終回を楽しみにしていた33歳の会社員の女性は「あれは単なるファンタジーだ」と述べている。

    (c)AFP/Sunghee Hwang
    https://www.afpbb.com/articles/-/3269842?cx_amp=all&act=all

    2020年2月26日 13:19 

    引用元: ・【韓流ドラマ】韓国富豪の娘が北朝鮮で軍人と恋に落ちる…現実離れしたドラマが人気 北朝鮮の村人の質素な暮らしに魅了[2/26]

    【 統一工作が着々と進んでるなw 【韓流ドラマ】韓国富豪の娘が北朝鮮で軍人と恋に落ちる…現実離れしたドラマが人気 北朝鮮の村人の質素な暮らしに魅了[2/26]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/17(日) 23:17:54.92 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国関税庁と韓国農水産食品流通公社(aT)の統計によると、1~9月のキムチの輸出量は2万2148.5トン、輸出額は7835万5000ドル(約85億2300万円)だった。前年同期(輸出量2万311.1トン、輸出額7036万1000ドル)を上回っており、このペースなら初めてとなる「年間輸出3万トン・輸出額1億ドル」を達成しそうだ。

    韓国の年間キムチ輸出額は2012年に1億660万ドルを記録したが、15年には7354万3000ドルまで低下。しかし16年から増加に転じ、昨年は9745万6000ドルまで回復した。

     輸出額は11年と12年に1億ドル超えを達成しているが、輸出量は3万トンを一度も超えたことがない。このため食品業界などは両方を同時に達成することに意味があるとしている。

     10~12月期の輸出が達成の鍵を握るが、寒くなるこの時期に輸出は増える。昨年も10~12月期の輸出量は7886トンと四半期別で最も多かった。

     達成できるかどうかは、最大の輸出市場・日本での売り上げにかかっている。昨年の対日輸出額は5610万4000ドルで、これは米国、台湾、香港、オーストラリアなどの主要輸出国・地域を足した輸出額より多い。

     悪化する韓日関係のため、キムチの輸出減少を懸念する声も出たが本場韓国の自然発酵式キムチの人気は高く、昨年より輸出は増加している。

     日本の対韓輸出規制の強化で両国関係が一層悪化した7~9月期は輸出量3937.8トン、輸出額1381万7000ドルで、前年同期(輸出量3896.4トン、輸出額1319万7000ドル)を上回る。

     これ以外に韓国メーカーは日本にキムチ工場を持っており、現地生産品も販売している。キムチ鍋などが人気になる冬を迎え日本での需要はさらに高まるとみられる。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191117000200882?section=economy/index
    聯合ニュース 2019.11.17 10:35

    no title

    韓国産キムチ(資料写真)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【朝鮮漬け】高まるキムチ人気 輸出で記録更新間近=日本向け好調[11/17]

    【一番の危険は、日本人への悪意【朝鮮漬け】高まるキムチ人気 輸出で記録更新間近=日本向け好調[11/17] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/05(火) 17:22:20.51 ID:CAP_USER
    昆布の揚げ物は乾いた材料を油で揚げたものだが、他の国では見られない韓国ならではの独特の天ぷら料理だ。ここへ来て全世界が海草類を健康と環境に有益な食糧資源として選定し「海の野菜」「未来の食べ物」と注目している。

    フランスの日刊紙「ル・モンド」は9月6日付に「韓国が地球を海草類を食べる所に変化させている」という見出しの記事を掲載した。昆布・ワカメなどの海草類を健康と地球環境の変化のために必要な未来の食べ物として紹介し、全南莞島(チ ンナム・ワンド)の海苔・昆布養殖場と新安(シンアン)の海苔加工工場などを取材した内容とともにとりわけ韓国海草類の効能に注目した。アマゾンが買収した有機農食品チェーン「ホールフードマーケット」も昨年と今年の食品トレンドとして海草類を連続的に選定した。

    韓国では7月「海草類の摂取が多いほど大腸がんの予防に効果的」という研究結果も発表された。韓国国立がんセンターの国際がん大学院大学のキム・ジョンソン教授とキム・ジミ大学院生研究チームは韓国の大腸がん患者923人と元気な対照群1846人を対象に分析した結果、海苔・ワカメ・昆布などを含む海草類の総摂取量が最も多いグループは少ないグループと比較して大腸がん発生のリスクが35%落ちるということが分かった。特に、昆布とワカメはそれぞれ大腸がん発生リスクを42%、18%下げることが分かった。キム・ジョンソン教授は「海草類が必須栄養素だけでなく、生理活性物質であるフコイダン、フコキサンチンなどを含有していて大腸がんの予防に効果を出した」と説明した。一日、または一週間単位で正確な量を言うことは難しいが、昆布・ワカメなどの海草類を着実に食べれば大腸がんの予防に役に立つということだ。

    ル・モンド紙が注目したように、韓国の海草類は種類も多く生産時期と加工法、地域と品種により味・香り・食感が異なる。海苔は3月、ワカメは4月、昆布は6~7月、青海苔は11月、ヒジキは12月が旬の季節だ。ただし、韓国人にも海草類を食べる方法は非常に限定的だった。ご飯を包んだり、スープを煮たり、出し汁の材料として利用し、さっと茹でて酢入りの唐辛子みそにつけて食べたり、和えて食べたりするのがほとんどだった。

    韓国の味の価値を再発見するために5年連続で研究している「セムピョウリ味研究チーム」は過去1年間、180種の海草類140キログラムを直接食べて150種類余りのレシピを開発した。チェ・ジョンユン・チーム長は「海草類が持つ甘みと旨味を生かした調理法と本来の塩辛味をよく活用すれば、料理時に塩や魚醤油の使用を減らすことができる」と話した。伝統文化研究所「オンジウム味工房」は朝鮮時代の両班家料理の継承のために旬の食材料を使うレシピ研究と『おかず』などの本を着実に出版してきた。チョ・ウ二房長は「すべての命がすぼめる冬にも海は躍動的」としながら「今のような時、冷たい海がプレゼントする旬の海草類を利用すれば大事な香りと雰囲気を味わうことができるだろう」と説明した。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/259275?servcode=A00&sectcode=A00
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.05 13:42

    no title

    昆布の揚げ物[写真 オンジウム味工房]

    引用元: ・【韓国海草類】「スーパーフード」全世界で人気…仏有力紙「ル・モンド」が絶賛 ウ二房長「全ての命がすぼめる冬にも海は躍動的」[11/5]

    【そんなもの昔からあるわ【韓国海草類】「スーパーフード」全世界で人気…仏有力紙「ル・モンド」が絶賛 ウ二房長「全ての命がすぼめる冬にも海は躍動的」[11/5] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/03(木) 22:24:37.50 ID:CAP_USER
    【ソウル=細川幸太郎、広州=川上尚志】韓国サムスン電子が中国のスマートフォン生産から年内をメドに撤退する。広東省の工場を閉鎖し、ベトナムに移管する。中国では13年まで販売首位に立ち、同社のスマホは絶大な人気を誇った。ただ中国勢の攻勢で直近の出荷シェアは1%未満にまで急落した。生産撤退で世界最大市場での存在感はさらに低下しそうだ。スマホと並ぶ2本柱の半導体事業も特需が一服し、サムスンの苦悩は一段と深まってきた。

    生産を止めるのは、中国南部の広東省恵州市にあるスマホの主力工場。サムスンの関係者によると、既に9月末に生産を終了し、現在は撤収作業を進めているという。2018年末には中国北部の天津市の工場で生産を中止しており、これでサムスンの中国生産は全て無くなることになった。

    サムスンは中国の人件費高騰を背景に2000年代後半からスマホの組み立て工程をベトナムに移管してきた。現在は同国で約20万人を雇用し、年間世界出荷台数2億9200万台のうち、半数程度をハノイ市郊外の自社工場で生産している。

    中国に次ぐスマホの巨大市場のインドでも自社の工場を持つ。今後は韓国内で上位機種を、ベトナムでは幅広い機種を、インドでは中位機種のスマホを生産し、すみ分けを図る計画だ。中国では自社生産からは撤退するが、中国メーカーへの生産委託は継続し、中国での販売を続けるという。

    ただ状況は厳しい。サムスンの中国市場でのスマホ出荷シェアは13年に約19%で首位だったが、足元では1%未満に低下した。「12年ごろに小米が市場に登場してくるまでは中国でスマホといえばサムスンで、中国人にとっては見せびらかしたいほどの存在感があった」(30代、北京市在住の女性)。だがサムスンが13年に中国首位に立ってからわずか6年。現在は、上位10位にも入れない存在となってしまった。

    背景にあるのは、やはり華為技術(ファーウェイ)や中国・小米(シャオミ)など急成長を遂げた中国ブランドとの激しいシェア争いがある。

    中国は年間約4億台の出荷台数を誇る世界最大のスマホ市場。だが、18年まで2年連続で市場が縮小するなど飽和感も出てきた。その状況下で「高くても性能が良い製品」と、「圧倒的に安い製品」が選ばれる傾向が強まり、サムスンは急速に変化する中国のニーズをつかまえきれず中途半端で、市場の二極化のどちらにも対応できなかったとの見方は多い。

    今後についても、中国スマホ業界に詳しいアナリストは「中国ではもはや国産の低価格ブランドか、ファーウェイや米アップルなど高機能ブランドのみが支持され、サムスンのシェア回復の見込みは薄い」と指摘する。

    サムスンは、期待をかけてきたインド市場でもじりじりとシェアを落としている。18年には小米の攻勢を受け、ついに首位を明け渡した。地場ブランドの格安スマホの追い上げも激しい。これは中国と同じ構図で、先行きに暗雲が垂れ込める。

    巨大な人口を抱える中国とインドでの後退が響き、18年のサムスンの世界出荷台数のシェアは前年を0.9ポイント下回る20.8%にまで落ち込んだ。なんとか世界首位を維持したが、2位のアップルに5.9ポイント差まで縮められ、17年に7ポイント差あったリードは急速に詰められている。出荷台数も17年比で8%減の2億9200万台にとどまった。

    サムスンはかつて「我々のライバルはアップル」とし、ブランド力を高め高級路線を突き進んできた。ただスマホ機能の成熟化で、新技術を消費者に訴えることが難しくなった。特に、競合する中国勢とは同じ基本ソフト(OS)「アンドロイド」を使うため、独自OSを持つアップルと比べて他社との差別化が難しくなったことが大きく影響している。打開策がないままこの数年はズルズルとシェアを落とした。

    以下略(ソース先にて)

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50561780T01C19A0FFE000/
    日本経済新聞 2019/10/3 21:26

    no title

    中国では数年前まで、スマホといえばサムスンと言われるほどの人気を博したが…(3日、広東省広州市)

    no title

    引用元: ・【サムスン】スマホ復活遠く 中国で生産終了 中国では数年前まで、スマホといえばサムスンと言われるほどの人気を博したが…[10/3]

    【日本人(製)のふりができなくなり 【サムスン】スマホ復活遠く 中国で生産終了 中国では数年前まで、スマホといえばサムスンと言われるほどの人気を博したが…[10/3] 】の続きを読む

    このページのトップヘ