まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:人口

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/10(日) 14:32:22.79 ID:CAP_USER
    中国の出産率が現在の状態で維持される場合、45年後に人口が半分に減るという研究結果を香港紙が報じた。にわかには信じられない衝撃的な数値だが、「少子高齢化」の傾向は韓国でも顕著。主要紙は「韓国の高齢化率(総人口に占める65歳以上人口の割合)が2045年に日本を抜く」と伝えた。

    韓国・ハンギョレ新聞は香港紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」の記事を引用。「中国・西安交通大学の研究チームは現在の出産率が持続する場合、45年後には中国の人口が現在の半分である7億人水準まで減るという研究結果を出した」と紹介した。

    研究チームは、昨年の中国女性の合計特殊出生率1.3人を計算の根拠とした。合計特殊出生率は1人の女性が可妊期間(15~49歳)に産むと期待される平均出生数を意味する。通常2.1人の場合に人口の維持が可能になる。

    研究チームは「既存の研究では中国の人口減少リスクが過小評価されている」と指摘。例えば国連は19年に中国の人口が65年には13億人水準になるだろうと予想した。中国女性の合計特殊出生率を1.7人と仮定した結果だ。

    これに対し、研究チームは、さらに暗い展望も示した。今後合計特殊出生率が1.0人まで減ることも考えられ、その場合には中国の人口が半分に減る時期は「45年後」ではなく「29年後」に前倒しされる可能性があるという。

    研究チームは「中国の急激な老齢化と不動産価格の上昇などが中国の人口減少をあおっている」と言及。「人々は経済的理由から子どもを産もうとせず、保育施設などはきわめて不足している」などと指摘した。

    一方、朝鮮日報によると、少子高齢社会委員会のソ・ヒョンス副委員長は韓国統計庁が19年に発行した「将来人口特別推計」や日本の内閣府による「高齢社会白書」などに基づき、両国の高齢化関連の予測値を比較分析。韓国における昨年の高齢化率は15.7%で、日本(28.9%)よりも13ポイント低かった。

    しかし、韓国の高齢化率は急速に上昇しており、45年には37.0%となって日本(36.7%)を上回り、その後は日本との差が広がる。さらに「韓国の高齢化は日本の2倍のペースで進む」との予測もある。日本では高齢化率が15.7%(1997年)から33.9%(2036年)となるまで39年かかるが、韓国ではわずか20年(2020~40年)しかかからないからだ。

    韓国の合計特殊出生率は0.84で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も低い。日本は1.36だ。ソ・ヒョンス副委員長は「1960~70年代はOECD加盟国との比較で韓国の出生率は圧倒的に高かったが、それがわずか60年で出生率が最も低い国になった」と述べ、「その影響は今後40年で津波のように押し寄せてくるだろう」と警告した。(編集/日向)

    https://www.recordchina.co.jp/b883297-s25-c30-d0059.html

    引用元: ・「中国の人口、45年後には半減」の衝撃的な研究結果、韓国は日本より老いた国に[10/10] [首都圏の虎★]

    【ほんと現実が見えないって楽だよな - 「中国の人口、45年後には半減」の衝撃的な研究結果、韓国は日本より老いた国に[10/10] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/17(月) 15:59:19.19 ID:CAP_USER
    オさん(32)とチ ンさん(32)さんカップルは、新型コロナウイルス感染症流行のせいで、昨年4月に予定していた結婚を一日、また一日と先延ばししている。オさんは「『もし招待客が1人でも新型コロナにかかったらどうしよう』と心配で、両家とも式を延期しようと言った」と語った。

     オさんカップルのように、新型コロナにより結婚も出産も先送りする人が増えていることから、「『新型コロナによる人口ショック』が現実のものとなる」という声が上がっている。韓国保健社会研究院は13日、韓国人口学会と「人口フォーラム」を共催し、「韓国では新型コロナによる出生率低下リスクが高いだろう」との見通しを明らかにした。KDI国際大学院のチェ・スルギ教授と国民大学のケ・ボンオ教授の「新型コロナ期の恋愛・結婚・出産変動」をテーマにした発表によると、新型コロナ長期化で初婚年齢が0.7歳上昇し、女性の出産計画は10ポイントダウンすると分析された。

    ■シミュレーションの結果、初婚年齢が0.7歳上昇

     チェ教授チームは恋愛・結婚・出産を、段階的に続く人生の過程と見なし、新型コロナ流行がこの過程にどのような影響を与えたかについてアンケート調査した上で、予測・分析を行った。世論調査機関エムブレインが2月5日から10日まで、25-49歳の成人男女2000人を対象にアンケートを実施した結果、未婚者の場合、新型コロナで異性との出会いが大幅に減り、結婚の意向も下がったことが分かった。

    ■恋人のいない男女、新型コロナ以降に新たな異性との出会いや紹介あった?

     恋人のいない男女(602人)の78.1%は昨年2月の新型コロナ流行以来、「新たな異性に会ったり、紹介されたりした経験がない」と答えた。恋人のいない男女に新型コロナ流行前と比較し、新たな異性に会ったり、紹介してもったりした頻度を尋ねると、女性(46.5%)も男性(50.4%)も「減った」という回答がほぼ半数だった。チェ教授は「この1年間、個人的な出会いを大幅に自粛したのは、防疫の面では良かったが、結婚・出産という人生のステップではマイナスの影響があったと言える」と分析した。

     特に未婚女性では、新型コロナ流行以降、結婚の意向に関して否定的になったという回答の方が、肯定的になったという回答よりもはるかに多かった。未婚女性のうち、新型コロナ前と比較して結婚を「したくなくなった」という回答は20.7%で、「したくなった」という回答(5.9%)の4倍に達した。男性の場合は、同じ設問に対して「したくなくなった」が10.9%、「したくなった」が10.3%と、ほぼ同じだった。同研究チームは「新型コロナ流行で家族が家の中にいる時間が増え、家事や子どもの世話などの負担が女性の方に多くかかっていることから、若い女性たちの間で結婚に対する否定的な考えが増えたようだ」と説明している。

     まだ子どもがいない既婚者は、新型コロナ流行により出産の予定を先送りしている。子どものいない既婚者に「今後2年以内に出産の予定があるか」と尋ねたところ、女性の42%、男性の34.7%が「全くない」あるいは「あまりない」と答えた。「新型コロナ前と比べて2年以内の出産計画はどのように変わったか」と尋ねると、女性の11.2%は「子どもの数を少なくする、あるいはあきらめる」、7.5%は「時期を先送りしたい」と回答した。今回の調査で、出産計画に否定的になった女性は、出産計画に肯定的になった女性よりも、子どものいない女性で15.9ポイント、子どもが1人だけの女性で8.8ポイント多かった。このような調査を元に、同研究チームは出産計画が10ポイント程度低下したと分析している。

     同研究チームは、これらの調査を元に、今後結婚や出産にどのような変化があるかシミュレーションした。その結果、新型コロナにより初婚年齢は0.7歳、第一子の出産年齢は1.1歳、第二子の出産年齢は0.5歳ほど上昇するとの結論に至った。チェ教授は「新型コロナ危機が今年の秋の終わりごろに終息すれば幸いだが、もし新型コロナによるマイナスの影響が長期化すれば、出生率に関する政策的代案が必要だ」と述べた。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/24a76c943aa47f1dea8c17f54553a98e1b773b3d

    引用元: ・結婚も出産も先送り…韓国に「新型コロナ人口ショック」が来る[5/17] [首都圏の虎★]

    【神「産むな増やすな。 - 結婚も出産も先送り…韓国に「新型コロナ人口ショック」が来る[5/17] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/05(金) 17:50:38.05 ID:CAP_USER
    中国メディアの海外網は4日、「ソウルの人口が1987年水準まで下がる」と題する記事を掲載。専門家からは韓国が初めて「消滅する国」になるとの警告が出ていると報じた。

    記事は、ソウル市が3日に発表した2020年の統計で、韓国籍住民の人口が966万8465人、外国籍住民の人口が24万2623人、合計991万1088人となり、32年ぶりに1000万人を割り込んだことを紹介した。

    記事によると、韓国・聯合ニュースは、ソウル市の人口は1988年(1029万人)に初めて1000万人を超えてから32年間1000万人以上を保ってきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で外国籍の人口の流入が急速に減少したと報じている。

    また、韓国紙・中央日報は「20年の出生性比で男児の割合が過去最も低くなり、深く根を張っていた『男尊女卑』の現象が過去のものになった」と指摘。統計庁によると、昨年の韓国の出生性比は104.9人。これは、女児100人に対して男児104.9人ということを表し、統計を始めた90年以降で最も低いという。

    記事は一方で、韓国の人口危機は加速しているとも指摘。「出生率は絶えず減少しており、昨年は初めて死亡人口が出生人口を上回った。英オックスフォード大学はかつて『韓国は初めて世界から消滅する国になる可能性がある』と述べ、韓国の人口問題に警鐘を鳴らしていた」と伝えている。(翻訳・編集/北田)

    Record China    2021年3月5日(金) 17時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b804659-s0-c30-d0052.html

    引用元: ・【完】ソウルの人口が1987年水準まで減少、韓国は「世界で初めて消滅する国」になるか―中国メディア [3/5] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【百年もたなかったな 【完】ソウルの人口が1987年水準まで減少、韓国は「世界で初めて消滅する国」になるか―中国メディア [3/5] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/01/26(火) 22:17:24.82 ID:CAP_USER
    韓国で去年の死者数が出生数を上回り、人口減少となったことがわかった/Shutterstock

    (CNN) 韓国は2020年、初めて死者数が出生数を上回り、人口減少となった。低下する出生率を回復させる取り組みを求める声が出ている。行政安全省が国勢調査のデータを発表した。

    韓国は何年にもわたり、拡大する人口危機に苦慮している。1人の女性が一生の間に産む子どもの平均数を示す出生率は繰り返し、過去最低の水準を記録しており、韓国の出生率は世界的にみても最低の水準にある。一方で韓国の人口は高齢化しており人口減少に向かっていた。

    しかし、今回発表された2020年の数字はさらに警戒すべきものだった。

    2020年の出生数は27万5815人と過去最低を記録したが、死者数は30万7764人と前年比で3.1%増加した。死者数が出生数を上回ったのは韓国では初めてだった。

    社会の高齢化も急速に進んでいる。人口のうち40代と50代が占める割合は32.7%で、60歳以上の割合も4分の1近くとなった。

    今回の発表には死因は新型コロナウイルスがどの程度影響したのかについては触れられていない。米ジョンズ・ホプキンス大学によれば、韓国ではこれまでに新型コロナウイルスで981人が死亡している。

    しかし、専門家からは、新型コロナウイルス関連の死者の多さや、新型コロナウイルスの流行によって子どもを持つことに後ろ向きになるカップルが出る可能性があることなどから、新型コロナウイルスが出生数や死者数に影響を及ぼす可能性が指摘されていた。

    CNN 2021.01.06 Wed posted at 13:49 JST
    https://www.cnn.co.jp/amp/article/35164668.html

    関連
    【韓国】 2020年は死者数が出生数上回る・・・キムさん「子どもを持つには持ち家が必要。でも韓国でそれは叶わない夢」 [影のたけし軍団ρ★]
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1609748728/

    引用元: ・【韓国】初めての「人口減少」 死者数が出生数を上回る [1/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ものすごい早さで人口減少やでしかし! 【韓国】初めての「人口減少」 死者数が出生数を上回る [1/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/01/16(土) 17:48:41.41 ID:CAP_USER
    「韓国では 恋愛と結婚、出産を放棄した世代を指す“3放世代”という言葉が、今から10年前に出てきたが、そのようなことを考えると“人口デッドクロス(dead cross・死亡数が出生数を越え、人口減少となる)”現象は、全く驚くことではない」

    社会人となった ある青年(27歳)は、「大韓民国“消滅論”」という言葉まで出てきた“人口デッドクロス”について、今日(16日)先のように語った。

    この青年は「結婚と出産が必須だと考えられていた時代は、とっくに終わっている」とし「ニュースを見れば、年収を一銭も使わず 36年貯めなければ、ソウルで25坪のアパートに住むことはできない。今は未来を考えられないというのが正確な表現だ」と指摘した。

    ある会社員の女性(30歳)は、数年間付き合っている彼氏がいるが 結婚する計画はない。「韓国の家族文化と結婚制度は、依然として閉鎖的で家父長的なため、“正常な家族”とは異なる多様な生活の形態に対して、尊重されないからだ」と語った。

    特に「単純に“子供を産む”ことではなく、子供と保護者が尊重され 生きていくことのできる社会のために、政府がどんな努力をしているのか よくわからない」と批判した。

    今年 結婚を準備している女性(34歳)は「出来る限り早く子供を産みたいが、悩みもある。会社の先輩をみると、実家に子供を預け 職場復帰し苦労している」とし「住居不安定など経済的な悩みがあることに加えて、共働き夫婦のための育児支援もないため、出産計画を立てるのも負担だ」と胸の内を明かした。

    このように原因は多様で複合的であることから、その解決策も色々なことが同時に提示されるべきだと、彼らは口を揃えて語っている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e45fb711e8aceac741ba79a61d31092872c513a

    引用元: ・【朗報】「韓国は“消滅”へと進む」…「“人口デッドクロス”に、全く驚かない」 [1/16] [昆虫図鑑★]

    【呼び戻せば良いだけ 【朗報】「韓国は“消滅”へと進む」…「“人口デッドクロス”に、全く驚かない」 [1/16] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ