まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:交流

    1: 荒波φ ★ 2019/01/21(月) 18:38:00.08 ID:CAP_USER
    【ソウル時事】

    韓国の朴元淳ソウル市長は21日、ソウルの外信記者クラブで会見し、日韓間の地方自治体レベルの交流について、両政府間の外交問題とは切り離し、続けていくべきだという考えを強調した。
     
    朴氏は「現在、韓日関係が円満でなく遺憾に思う」と述べた。その上で「国家間の外交とは異なり、地方自治体政府は、このような外交関係にあっても、多くの交流を通じ、絶えず親善関係を築いていくべきだ」と語った。
     
    一方、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長のソウル答礼訪問に関しては「(2回目の)米朝首脳会談が成功すれば、すぐに実現するのではないか」と期待。

    訪問に反対するデモも予想されるため、「安全が極めて重要な問題になる」と指摘し、訪問成功に向け韓国政府と協力し「最善を尽くす」と述べた。


    (2019/01/21-18:00)
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012100894&g=int

    引用元: ・【ソウル市長】 日韓の自治体交流継続を=「外交問題と区別」 [01/21]

    【嘘つきと交流する馬鹿がいるかよ【ソウル市長】 日韓の自治体交流継続を=「外交問題と区別」 [01/21] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/03/01(木) 11:06:35.33 ID:CAP_USER
    「若者の街」として人気の弘益大学前の通りに「慰安婦少女像」を設置するかどうかをめぐり、設置主側と大学・商店主側が対立している。ある団体が弘益大学正門前に少女像を設置すると宣言、これに同大学や近くの商店主らが反対したものだ。

    「繁華街のど真ん中に少女像はそぐわない」「日本との交流に支障が出る」という理由からだ。

    28日午後7時、ソウル市麻浦区内の弘益大学正門前。少女像を載せた小型トラックが正門前に近付くと、大学関係者が前を遮った。双方は夜遅くまで正門前で対峙(たいじ)した。

    弘益大学は26日に麻浦区庁に公文書を送って少女像設置反対の意思を表明、「大学の正門に特定国の国民が拒否感を抱いている造形物を設置するのは大学の国際化努力に反する」と説明した。事前の話し合いがなく、場所が狭いことも反対の理由に挙げた。

    今回の少女像設置は麻浦区議会の共に民主党所属議員が昨年から勧めてきたものだ。同地域で「麻浦平和の少女像設置推進委員会」を作り、3000万ウォン(約300万円)を集めた。除幕式は三一節(独立運動記念日、3月1日)に行われる予定だ。

    当初の設置場所はソウル市麻浦区上岩洞の旧日本軍駐屯地だった。京義線水色駅から列車に乗り、中国などに連れて行かれた慰安婦の集合場所だった。少女像を設置するのに象徴的な場所だと判断されたが、交通の便が良くなく、人通りも少ないという理由で取り消された。

    そうした時、募金に賛同した学生たちが「弘益大学 歩きたい街」広場への設置を提案した。設置を主導したイ・ボンス区議会議員は「若者層や外国人が多く訪れ、歴史意識を高める効果がある。『歴史観光』スポットとしても活用できる」と話す。

    ところが、弘益大学商工会が反発した。ある商店主(23)は「私自身も慰安婦問題の解決に関心があるし、(ソウルにある日本大使館前の)水曜集会に参加したこともある。しかし、慰安婦と何の関係もない弘益大学前の繁華街に少女像を立てることに何の意味があるのか分からない」と言った。

    別の商店主(37)は「弘益大学前の通りは夜になると酔っぱらいでいっぱいになる。汚物の投げ込みなどのトラブルが起きたら、混乱がさらに大きくなるばかりだ」と語った。

    推進委員会は弘益大学正門前を最終設置場所に決めた。すると、今度は弘益大学側が反対した。商工会も「場所を移しても弘益大学前の繁華街の中であることは変わりない」という考えだ。また、「この少女像が近隣住民の意見聴取後に開かれる公共造形物審議委員会からの許可申請が出ていない点も問題だ」と指摘している。


    2018/03/01 11:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/01/2018030100720.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 少女像設置めぐり弘益大・周辺商店主ら反発「日本との交流に支障」 [03/01]

    【【朝鮮日報】 少女像設置めぐり弘益大・周辺商店主ら反発「日本との交流に支障」 [03/01] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/05(月) 19:27:46.31 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)による「次世代韓日協力ビジネスフォーラム」が2日に東京で開かれ、投資や人材交流の活性化を模索した。KOTRAがこのほど、伝えた。

    no title

    ビジネスフォーラムの会場(KOTRA提供)=(聯合ニュース)

     投資説明会では韓国への投資に関心を持つ日本企業約170社に対し、韓国の先端素材、バイオ製薬、情報通信技術(ICT)分野についての紹介が行われた。

     韓国臨床試験産業本部のチ・ドンヒョン理事長は「日本の製薬会社と韓国内の臨床試験センターのパートナーシップ構築を支援できるようになり、大変うれしい」と述べ、両国の新薬開発に臨床試験で寄与したいとの意向を示した。

     韓国三井物産の社長を務め、現在も韓日両国経済の橋渡しを行っている中島透氏は、韓国人の強みである活力により独創性を発揮すれば新しい事業や投資のチャンスを創出できるだろうと話した。

     KOTRAは在日韓国大使館と共同で人材交流セミナーも開催した。日本企業の人事担当者約100人が参加し、アマゾンジャパンなど26社が韓国の若者200人余りと採用面接を行った。

     KOTRAの金宰弘(キム・ジェホン)社長は「これまでの50年が部品供給のネットワークを通じて韓国と日本の経済がつながっていたとすれば、これからの50年は新産業分野で両国の資本と人材が活発に交流する時代になるだろう」と話した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/12/05/0200000000AJP20161205002200882.HTML

    引用元: ・【日韓】韓日ビジネスフォーラム 投資や人材交流の活性化を模索[12/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【後援にみずほ銀行】KOTRAの金宰弘(キム・ジェホン)社長「新産業分野で両国の資本と人材が活発に交流する時代になる」韓日ビジネスフォーラム 投資や人材交流の活性化を模索】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/22(火) 23:28:03.55 ID:CAP_USER
    古代朝鮮半島文化と縁が深い
    弥生,古墳時代の遺物が釜山に来た 
    釜山の福泉博物館
    「日本古代文化への招待」展12月4日まで

    no title

    埴輪土器をイメージした「日本古代文化への招待」展ポスター=福泉(ポッチョン)博物館提供//ハンギョレ新聞社

    no title

    「日本古代文化…」展に出てきた近畿式大型青銅鈴。鳴らすためでなく祭礼に使われた用具と見られている=福泉(ポッチョン)博物館提供//ハンギョレ新聞社

     朝鮮半島から日本列島に大陸文明が伝えられた時期はいつからだろうか?

     多くの韓国人は百済の時にすべて伝えたと断定しているようだ。考古学的に確かめてみれば、その時期はしばらくさかのぼる。

     少なくとも紀元前6~5世紀頃からは朝鮮半島の農耕民が日本列島に渡って行き、縄文土器を作っていた新石器時代の土着民と共生して、紀元後3世紀頃まで今日の日本文化の原形を作り出した。

     狩猟、採集文化が稲を栽培する農耕文化に代替され、朝鮮半島のものとうり二つの土器、青銅・鉄器を特徴とするこの時代を弥生時代と呼ぶ。(弥生は、この時期の土器が初めて発見された東京都内の地名に由来する)

     日本との縁が初めて生まれた弥生時代とその直後の古代国家の基礎を作った古墳時代の代表的な遺物を披露する展示が、釜山東莱(トンネ)の福泉(ポッチョン)博物館で開かれている。

     博物館開館20周年と釜山-福岡文化財交流20周年を記念して開かれた国際交流展「日本古代文化への招待」だ。福岡市博物館など日本各地の13の機関から遺物2500点余りを借りてきた。

     展示場の遺物は、扶余(プヨ)松菊里(ソングンニ)など韓国国内の青銅器・鉄器・三国時代の主要遺跡遺物と類似したものが多い。

     弥生時代に該当する福岡の宇木汲田(うきくんでん)遺跡と佐賀県の桜馬場(さくらのばば)遺跡の多鈕細紋鏡、細形銅剣は、朝鮮半島のものと区別するのが難しいほどだ。

     世界的な古代村落遺跡である吉野ヶ里から出土した鐵鏃、鉄手刀(刀子)、土器も朝鮮半島からの影響を受けていることがすぐにわかる。

     もちろん弥生時代末期と古墳時代になれば、槍の一種である銅戈や、兜、甲冑、青銅鈴など朝鮮半島とは異なる特有の様式が生じて、次第に日本だけの特徴を持つ文化に変遷していったことも感じられる。

     1メートル以上の巨大な青銅鈴(銅鐸)は朝鮮半島では見られないものだ。

     古墳時代の墓を飾った円筒瓦“埴輪”は日本特有のミニマルな造形性が宿った遺物だが、全羅道の海岸部などでも出てくる出土品なので、韓日古代史の深淵に対する想像力を刺激しもする。12月4日まで。

    ノ・ヒョンソク記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/25729.html

    引用元: ・【韓国】朝鮮半島文明が日本と初めて交流した時代は?[11/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【気持ち悪いからやめてくれ】朝鮮半島文明が日本と初めて交流した時代は?】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/03/24(木) 00:22:12.44 ID:CAP_USER.net
    【ソウル聯合ニュース】韓国とフランスが友好を深める「韓国内フランスの年」が23日、始まった。

     両国の国交正常化130年(6月4日)を記念する「2015~2016 韓仏相互交流の年」の関連事
    業の一環で、年末まで文化や教育、経済などの分野で計350に達する多彩なイベントが開催され
    る。フランスでは昨年9月、「フランス内韓国の年」が始まり、今年8月まで関連イベントが開かれる。

     ペノーネ駐韓フランス大使はソウル市内で行われた記者会見で、「『フランス内韓国の年』はすで
    に大きな成功を収めている」として、「『韓国内フランスの年』のイベントを通じ、世界に開かれている
    開放的なフランスがしっかり紹介されることを望む」と述べるとともに、韓国の若者の参加を呼びか
    けた。

    聯合ニュース

    ソース:朝鮮日報日本語版<「フランスの年」幕開け 交流拡大目指す=韓国>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/23/2016032302885.html

    引用元: ・【仏韓】 韓国とフランスが友好を深める「韓国内フランスの年」幕開け、交流拡大目指す[03/23]

    【ガリアとはコリアが訛ったもの【仏韓】 韓国とフランスが友好を深める「韓国内フランスの年」幕開け、交流拡大目指す[03/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ