まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:五輪

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/10(木) 07:20:09.72 ID:CAP_USER
     韓国で今年9月に施行された新法がさまざまな弊害を生み出している。リオデジャネイロ五輪で国の栄誉を担って出場した男子大学生が金メダリストを獲得したというのに、その代償が留年の危機。ネットユーザーは「メダルを取ったからといって全ての免罪符にならない」などと耳を疑うばかりの批難を浴びせる。さらに、韓国の民間シンクタンクは新法の影響で年間11兆6000億ウォン(約1兆440億円)という巨額な経済的損失を予想しているほどだ。不正や汚職をなくすという目的で新法はつくられたが、融通の利かない権威主義がはびこる社会に発展しかねない。

     9月28日に施行された新法は「不正請託及び金品など授受の禁止令法」。提唱した政府機関の元委員長の名前にちなみ、通称「金英蘭法」と呼ばれている。

     中央日報によると、基本的には公務員の不正を監視する法律だが、民間人でも公職者として記者や私立学校の職員も対象で、食事による接待の上限は3万ウォン(約2700円)▽贈り物は5万ウォン(約4500円)▽慶弔費は10万ウォン(約9000円)に規制させる。1回に100万ウォン(約9万1000円)、年間300万ウォン(約27万3000円)を超える金品を同一人物から受け取った場合は、双方に懲役刑または罰金が科されるという。

     さて、中央日報は施行前の2016年8月にこう指摘していた。「あいまいで非現実的な内容は施行令を通じて補完すればよい。そうしてこそ、予想外の混乱や悔しい思いをする被害者を減らし、当初の法の趣旨を生かすことができる」と。

     ところがだ。今年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪で、メダル獲得で苦戦した韓国に大会第1号の金メダルをもたらしたアーチェリー男子団体のイ・スンユン(21)が新法によって思わぬ事態に陥っているというのだ。韓国・文化日報(電子版)が10月26日に報じたところによると、リオ五輪への出場や合宿などで1学期を全期間休学。2学期から復学したが、単位取得のためには出席日数が当然足りない状況になっている。

     以前ならば、教授の裁量で単位取得が認められるケースがあったそうだが、金英蘭法の施行によって、教授が学生の単位認定の要請を聞いた場合「不正勧誘」と見なされ、2年以下の懲役か2000万ウォン(約180万円)の罰金が科されるというのだ。これによって、イ・スンユンは最悪、退学の事態になりかねないと、同紙は伝える。

     大学は学則を改定し、スポーツ選手らが合宿や大会参加のためにやむを得ず欠席する場合、リポート提出や動画講義の視聴などで出席の代用にできる方法があるとか。延世大に在籍する「新体操の妖精」と呼ばれるソン・ヨンジェ、高麗大国際スポーツ学部に在学中で15年の全米女子オープンなどメジャーを制したチョン・インジはこの方法によって単位を取得しているそうだ。だが、イ・スンユンの通う大学は学則改正の対応が遅れた。

     別の大学関係者はこの事態を受けて「休学制度のない高校生の場合、状況はより深刻だ」とし、「すぐに11月から平昌五輪の合宿が始まるので、混乱が生じることが予想される」と懸念を募らせた。

     スポーツと学業の両立に苦心するスポーツ選手の苦悩をよそに、韓国のネットユーザーは大学入学を疑問視したり、単位取得を大目に見たら「そこから不正が始まる」などの声を寄せていた。まるでスポーツ選手の学究の機会を奪う差別的な発言と受け取られかねない。

     新法の弊害はこれだけに納まらないようだ。聯合ニュースは、新法による消費の落ち込みが現実化すれば、ただでさえ低迷する韓国経済をさらに押し下げかねないと指摘。民間シンクタンクの分析として「飲食店、ゴルフ場、消費財小売業などが打撃を受け、年間11兆6000億ウォンの経済的損失が予想される」と報じた。中央日報は、多くの専門家が今年の成長率が「2%台序盤に落ちる可能性が高い」と予測したとした。

     「水清ければ魚棲まず」という格言がある。まさに現状を言い得ているように感じる。

    http://www.sankei.com/premium/news/161110/prm1611100004-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/161110/prm1611100004-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/161110/prm1611100004-n3.html

    引用元: ・【韓国】新法の弊害 五輪金メダリストは留年危機、経済は12兆ウォンの損失[11/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【仕方ないんじゃね 】韓国のワイロ禁止法 五輪金メダリストは留年、経済は12兆ウォンの損失】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/06/29(水) 10:11:26.97 ID:CAP_USER
     2018年の平昌冬季オリンピック開催までわずか1年8カ月となった今、大会組織委員会が韓国政府に6000億ウォン(約530億円)以上の追加支援を求めていたことが分かった。
    オリンピックのための予算は2兆2000億ウォン(約1930億円)に定められているが、この額では大会の開催は到底おぼつかないというのがその理由だ。
    組織委は当初、計画を取りまとめた2011年の時点では「これだけの予算で十分に開催可能」と考えていたようだが、
    最近になって周囲を取り巻く環境が大きく変わったことを支援要請の理由に挙げている。
    具体的には平昌大会から新たに採用された種目があること、さらに入場チケットの販売収益や開会式、
    閉会式会場の建設費用が現状を全く反映していなかったことなどが理由として挙げられている。

     1988年のソウル・オリンピック、2002年のサッカー・ワールドカップを成功させた時のように、国民は誰もが平昌オリンピックの大成功を願っている。
    しかし当初「これだけの額を支援してくれれば、残りはわれわれがなんとかする」と大言壮語しておきながら、今になって「事情が変わった」として国民に支援を求めるのはどういうことか。
    取りあえず誘致だけはしておき、後は政府関係者や議員を使って政府からの支援を少しでも多く取ろうとするケースを国民はこれまで何度目にしてきたか。
    14年の仁川アジア大会では、国からの支援は当初2651億ウォン(約233億円)に抑えられる予定だったが、
    最終的にはそれを3280億ウォン(約288億円)も上回る5931億ウォン(約522億円)にまで膨れ上がってしまった。

     国際オリンピック委員会(IOC)は2014年末、財政面での負担を軽くするとの趣旨から、
    ボブスレー、リュージュ、スケルトンを外国で行う分散開催を勧告し、また国内の他の地域で一部種目の開催を求める声も何度か上がった。
    しかし組織委と江原道はこれらの要求に一切応じようとはしなかった。このように一連の経費削減策を無視しておきながら、今になって予算の追加支援を求めるとは恥知らずにもほどがある。

     平昌オリンピックの予算は、高速鉄道の建設を含むインフラ関連を含めると、すでに14兆ウォン(約1兆2300億円)近くにまで膨れ上がっている。
    このような現状を考えても、組織委は政府に追加の支援を求めるのではなく、大会の規模やイベントの縮小を甘受するなどして、与えられた予算の範囲内で大会を開催する方策を見いださねばならない。
    実際に組織委が協賛金やチケットの販売収入など、収益源について徹底的に検討を重ねたかどうかも疑問だ。
    何よりも今回、予算が要求通り支援された場合に、これは間違いなくあしき前例となり、今後新たな国際的イベントを行うたびに、主催者は平気で支援の増額を求めてくるだろう。
    2019年に光州で予定されている世界水泳選手権大会、17年の茂朱世界テコンドー選手権大会など、すでに複数の大会で組織委は国に支援を要請しているではないか。

     1988年のソウル・オリンピック当時、韓国は先進国どころか中進国を目指すような状況にあった。
    しかし国民は少しぐらい無理をしてでも世界に大韓民国の存在を知らしめたいという強い意志があった。
    しかし今や国際的なイベントを開催することで大韓民国の存在を訴えるべき時代はもう過ぎ去った。
    誘致を行った地方自治体に「国に支援を求めさえすれば、国民は簡単に巨額の支援に応じる」などと安易に思わせてはならないのだ。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/29/2016062900911.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/29/2016062900911_2.html

    引用元: ・【社説】今さら追加支援を求める平昌五輪組織委の恥知らず[06/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【平昌冬季五輪】大会組織委員会、ずさんな計画で予算不足。政府に追加予算を要求】の続きを読む

    1: Ttongsulian ★@無断転載は禁止 2016/06/03(金) 19:36:06.43 ID:CAP_USER
    no title

    平昌冬季五輪の大会マスコット人形を手にする、大会親善大使で元フィギュア
    スケート選手のキム・ヨナさん

     2018年平昌冬季五輪の大会組織委員会は2日、五輪とパラリンピックの大会
    マスコットに、白虎の「スホラン」とツキノワグマの「バンダビ」が、それぞれ国際
    オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会の承認を受け正式決定したと
    発表した。

     トラは韓国を象徴する動物として1988年ソウル五輪のマスコットにも登場した。
    今回は東洋で守護神とされる白虎を採用し、名前の「スホラン」は守護の韓国語
    読み「スホ」と、トラの「ホランイ」、開催自治体の江原道民謡「旌善アリラン」を掛けた。

     クマは、古朝鮮の始祖とされる檀君の神話に登場し、韓国では神聖視されている。

    2016/06/02 23:03
    http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160603/k00/00m/050/118000c

    引用元: ・【平昌冬季五輪】マスコットは白虎の「スホラン」とツキノワグマの「バンダビ」[06/02] [無断転載禁止]©2ch.net

    【平昌冬季五輪のマスコットが決まる】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/13(水) 22:57:10.14 ID:CAP_USER.net
     2018年2月に韓国・平昌で開催される冬季五輪を巡る不祥事がやまない。2月に実施予定の最初のテスト大会の開催が不透明だが、
    それを統括する要職の競技部長がテスト大会1カ月前に電撃解任され、波紋が広がっていると、韓国・SBSが15年12月24日付で報じた。
    この部長がいわくつきだった。公募で一度は落選したが、5カ月後に就任。ところが、五輪組織委員会は8カ月後に職務怠慢を理由で
    解任したというのだ。あまりにも杜撰な運営にSBSも呆れつつも、テスト大会の開催が危ぶまれる中での緊急事態に危機感を募らせるばかりだ。

     SBSの報道によると、この競技部長をめぐっては不可解な部分が垣間見える。先代部長は、五輪組織委の幹部の人脈に関わる人物だったようで
    「業務能力が不足している」とか「天下りではないか」などの批判にさらされ続けたという。結局解任され、新たな部長を公募することになった。

     14年11月の公募に4人が応募した。しかし、適格者がいないという理由で全員が除外された。国家的イベントである五輪を直轄する
    競技部長の空席は由々しき事態であり、国会でも問題視された。このため、今回解任された部長が15年4月に新任部長として選任された。
    五輪組織委の説明では再公募した際に再び応募し、受験者の中で最も良いと判断して選抜したという。

     後任人選が難航したからといって、一度不採用にした人物を採用するのは不可解。SBSも「五輪組織委が適格者ではないという理由で
    脱落させた人物を数カ月後に部長に就任させた」と釈然としない事態であることをにじませていた。

     その懸念がすぐに現実となってしまう。紆余曲折の末に採用した部長が、会議のために海外出張したにもかかわらず、その重要な会議に
    出席していなかったうえ、国際オリンピック委員会(IOC)との関係にも支障を来す事態などに至り、様々な状況を勘案して15年12月に
    解任したと、SBSは五輪組織委関係者の話として伝えた。

     ただ、解任された部長はこれを否定。ほぼすべての会議に出席し、平昌五輪の準備の進捗状況を関係機関に報告したと反論した。
    そして、関係の良くなかったIOCの関係者が会議に出席していないというメールを平昌五輪組織委に送り、懸案に対して多くの反対意見を
    表明したことが上司に疎んじられたとみている。SBSは、五輪組織委の関係者の話として、直属の上司が年下で、関係も良くなかったという
    証言を紹介している。

     平昌五輪初のテスト大会として16年2月に予定されるスキー・ワールドカップの開催が、施設建設の遅延が原因で開催を危ぶまれている。
    韓国内ではテスト大会の中止は国際的に信頼を失墜させるだけでなく、五輪そのものの開催を危うくさせると危機感が高まっている。

     その最中での解任劇。SBSは解任された部長と五輪組織委の意見の相違に関しては明確に判断する材料を持ち合わせていないと
    是非についての言及を避ける。ただ、「一つ明らかなこと」として、一度は不適格者として除外した人物を起用しておきながら、開催の岐路に立つ
    テスト大会の1カ月前に突如解任したことだと指摘する。

     IOCなど国際競技団体と調整して競技を円滑に開催する要職幹部が不在という事態を招く五輪組織委が統括する五輪の将来は
    暗いとしか言いようがない。

    産経ニュース 2016.1.12 10:00
    http://www.sankei.com/premium/news/160112/prm1601120003-n1.html

    【FISを舐め切ってるな 【平昌冬季五輪】迷走の五輪組織委 要職・競技部長がまたも電撃解任され、ますます不透明に[1/12]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 00:57:39.13 ID:CAP_USER.net
    2015年11月30日、韓国・SBSテレビによると、18年の平昌冬季五輪での利用を見込み建設が進められる鉄道路線のうち、韓国で最長のトンネルとなる大関嶺トンネルが着工から41カ月を経て貫通した。

    no title

    資料写真。

    大関嶺トンネルは、韓国東海岸の都市・江陵と、太白山脈の山岳地帯に位置する峠・大関嶺を結ぶ全長21.75キロの鉄道用トンネル。
    大関嶺は18年に冬季五輪が行われる江原道平昌郡に位置し、江陵も五輪の競技会場となるため、17年末の完成を目指し、一帯とソウルを結ぶ鉄道路線建設が進められているのだ。

    大関嶺トンネルを含むソウル-原州-江陵ルートの鉄道が開通すると、現在鉄道で5時間47分かかるソウル-江陵間の所要時間が、一気に1時間12分に短縮される見込み。
    さらに海外からの観光客増加が予想される五輪期間には、西海岸の仁川国際空港から江陵までを2時間弱で結ぶ高速鉄道が運転される予定となっている。

    これについて、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

    「トンネルを通す技術力は最高だね」
    「せっかくトンネルを造るなら、車道も通した方が効果的だったのでは?」
    「ソウルへの通勤に、片道2時間かかっているよ。こうなったら江陵に職を探すべきかな」
    「ソウルから江陵まで1時間ちょっと?こんなことが可能なの?」

    「わが山脈を痛めつけないでほしい」
    「途中区間の不動産に投資した人が途中に停車駅を造れと騒ぎ、そのうちソウル-江陵は2時間かかるようになる」
    「わずか10年ほど前まで、江陵からソウルまではバスで大関嶺の峠をいくつも越えて、4時間半くらいかかっていたのに」

    「一にも二にも安全が大事だ」
    「江陵に遊びに行ったけど車が渋滞して帰れない…。そんな美しい伝説はなくなるんだね」
    「五輪が終わっても需要があるだろうか」
    「平昌五輪が終わる頃には、資金を回収できるのかな。万年赤字に税金がつぎ込まれ、騒ぎになりそうだ」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a124239.html

    引用元: ・【韓国】平昌五輪で利用見込む韓国最長の鉄道トンネル貫通=韓国ネット「トンネル通す技術力は最高」「五輪後も需要があるだろうか」

    【事故対策なんかやってないだろ【韓国】平昌五輪で利用見込む韓国最長の鉄道トンネル貫通=韓国ネット「トンネル通す技術力は最高」「五輪後も需要があるだろうか」】の続きを読む

    このページのトップヘ