まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:二階

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/13(火) 10:54:35.71 ID:CAP_USER
    日本で商売する韓国企業がいつもありがたいと思っているのが二階俊博自民党幹事長だ。二階幹事長は自民党の主要派閥を率いる11期目の議員で、1990-2000年代の小渕・小泉・福田首相の下で主な閣僚を務め、安倍晋三首相の信任も厚い。

     「そのような人物が韓日関係が難しくなるたび骨身を惜しまず『韓国と仲良くしよう』と声を上げてくれるから心強い」という韓国人も多かった。二階幹事長が10日に大規模使節団を率いて韓国を訪れた。今回が初めてではない。韓日関係が最悪だった2015年春にも二階幹事長は観光業界関係者など1400人を率いて海峡を渡った。

     当時、日本では安倍首相が「慰安婦問題でいつまで謝罪しなければならないのか」と発言して拍手を浴びていた。安倍首相彼はすぐに新しい談話を発表し、過去の問題を謝罪した村山談話を「上書き」するだろうと多くの人々が予想した。二階幹事長は韓国に向かう飛行機に乗り、「外交には継続性がなければだめだ」と言った。安倍首相に対して「あなた個人の所信がどうであれ、日本の責任を認めた過去の談話を覆してはならない」とクギを刺す忠告だった。

     だから、二階幹事長が「韓日関係を良くしよう」という安倍首相の親書を持って韓国に来た時、多くの人々が期待した。ところが、二階幹事長は「悪巧み」という一言で冷水を浴びせた。もちろん、発言全体を見ると、何を言いたかったのかは理解できる。二階幹事長は10日、全羅南道木浦市で野党「国民の党」の朴智元(パク・チウォン)前代表をはじめ韓国の国会議員らと会った時、「両国を遠い位置付けに持っていこうとする勢力が韓国にも日本にも少数だが存在する。悪巧みをする連中は見つけたら撲滅しよう」と言った。

    二階幹事長はおそらく「韓日双方の極端な思想を持つ人々を除き、合理的な人々同士で協力していこう」と言おうとしたようだ。これまでの功労を見れば、二階幹事長はそのような話をする資格が十分にある。それでも「悪巧み」という言葉は、韓国人の胸にずっしりとのし掛かる。韓国が過去の問題を繰り返し言うのは、過去の問題が韓国に残した傷がそれほど大きく、深く、ひどいからだ。それに対して謝罪を要求しているのを、隣国にツバを吐くことで返している日本の右翼と同等と考え、同じように「悪巧み」と言えば、返す言葉がない。合理的な韓国人が日本に愛想を尽かすのはこういう瞬間だ。

     二階幹事長が使った日本語の単語「悪巧み」は、この30年間の外交の舞台で日本の政治家が使った例がない。日本のメディアがこの言葉を使うのは次の2つのケースだ。「主人公が悪者の悪巧みを見破って…」などと映画・芝居のあらすじを説明する時と、問題を起こした悪徳業者が「悪巧みをするつもりはございませんでしたが…」と釈明する時だ。害虫でもなく人間に「撲滅」という言葉を使うのも、警察が「破廉恥犯を撲滅する」と宣言する時以外はない。2015年にイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が日本人の人質を取って脅迫した時、ISに対しても使わなかった言葉だ。

     「インドを400年支配した英国も、インドに正式に謝罪したことがない」という日本の知識人が時々いる。「それとは違い、日本はすでに何度も謝罪したが、韓国はそのたびにさらに謝罪を要求する」という不満が行間ににじみ出ている。それに対しては、ただ一言だけ言いたい。日本が謝罪したのも事実であり、韓国が固執しているのも事実だ。しかし、日本以外のどの先進国も日本のように卑劣な言葉を繰り返して傷をつつくようなことはしない。

     二階幹事長は自身の発言にもっと慎重になるべきだった。日本は韓国が過去に執着していると批判するが、韓国が過去を忘れられない大きな原因はまさにこのような愚行にある。

    東京=金秀恵(キム・スへ)特派員

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/13/2017061300609.html
    記事入力 : 2017/06/13 08:39

    引用元: ・【コラム/朝鮮日報】二階特使の愚行こそ韓国が過去を忘れられない原因だ[6/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【いい仕事をしたんだな】朝鮮日報・東京特派員「二階幹事長の「悪巧み」発言に合理的な韓国人が日本に愛想を尽かす」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/12(月) 22:00:33.13 ID:CAP_USER
    no title


    作家の田麗玉(チョン・ヨオク)氏が安倍晋三総理特使の資格で訪韓中の二階俊博自民党幹事長が訪韓日程の過程で物議をかもす発言をしたことと関連、「猟奇特使」と非難した。

    田作家は12日、自身のフェイスブックに「世の中には、こんな『猟奇特使』もいるんですね。隣国に「仲良くしよう」と花束のように来る特使が我が国に来てする言動には目と耳を疑います。普通、一つの国に新しい政府ができれば「ラブレター」に代って特使がきます。それで、たいていの特使は「ピンクネクタイ」をして来ると言います。西洋では「ピンクネクタイ」が「私はあなた方に好意を持って来ました」というメッセージといいます。」と暗示した。

    田作家は引き続き「ところが日本自民党の二階幹事長という人は「悪意」を持ってきたようです。来る前は「慰安婦再協議をしようというのは愚かなことだ」といいました。日本は非常に独特な国で、「悪口」が少ない。日本語の構造や文化では遠慮なくののしることはなくて口では「聞きやすい言葉」だけ言うのが日本人の教養、すなわちタテマエです。そのような日本で最高の悪口が「バカ」です。この二階幹事長という人が韓国について「バカ」と言ったことは日本人として、してはならない「悪口」を言ったのと同じことです。」と二階の発言が韓国に対する悪口であることを指摘した。

    それと共に「韓国に来てから一層強めました。一昨日、木浦(モクポ)キム・デジュン、ノーベル平和賞記念館を訪れています。ところがそこで「一握りの悪巧みをする連中は撲滅をしていくべきだ」として「韓国の中にも一握りだけでもいるかも知れないが、見つけたら撲滅してくれ」と話したといいます。すなわち日本軍性奴隷、韓日協議を認定できないという私たちを「悪巧みをする一党」で「撲滅対象」としたのです。」と付け加えた。

    彼は引き続き「つまらないことでどうこうせず仲良く行こう」と言いました。日本軍性奴隷問題が安倍が率いる自民党議員には「つまらないこと」だったようです。これは日本が問題です。「日本がお金も与えたのに、再交渉しようというバカみたいな話をするのは国際的に通じない。」と大声を上げました。この様な傍若無人で傲慢放縦した人を「特使」に送った国がすなわち日本です。」と言った。

    田作家は「恐らく日本は隣国韓国と「悪い関係で行く戦略」をたてているようです。爆弾発言をする猟奇特使の行為がその証拠」と話した。

    一方、政府は二階俊博自民党幹事長の発言と関連、「慎重であるべきだ」という立場を外交経路を通じて日本側に伝達した。

    キム・スンヘ記者

    ソース:時事プラス(韓国語) チョン・ヨオク、日本が「猟奇特使」送った理由は...
    http://www.sisaplusnews.com/news/articleView.html?idxno=17751

    関連スレ:【書籍】 田麗玉著「日本はない(邦題:悲しい日本人)」盗作の屈辱~最高裁判決で確定[05/19]2012
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1337397038/

    引用元: ・【日韓】 日本が「猟奇特使」を送ってきた理由は...作家・田麗玉(チョン・ヨオク)氏「日本は隣国と悪い関係で行く戦略」[06/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【反日記事の盗作バレたみっともないおばさん】 作家のチョン・ヨオク氏「二階幹事長は「猟奇特使」。韓国について「バカ」と言った」】の続きを読む

    このページのトップヘ