まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:事業

    1: 【だん吉】 @Ttongsulian ★@無断転載は禁止 2016/07/01(金) 10:41:00.78 ID:CAP_USER
    no title

    落ちそうで落ちない岩で有名なゴールデンロック

    no title

    巡礼者が多く訪れるゴールデンロック

    no title

    チャイティーヨー・パゴダに向かう参道

     2016年6月28日、ミャンマー・モン州にある景勝地ゴールデンロック(ミャンマー名:
    チャイティーヨー)のケーブルカー建設工事で、事業を手掛けていた韓国企業などが
    期限までに事業を終わらせることができず、7月に入札で事業者選定をやり直すことが
    ホテル観光省により発表され、地元紙「セブンデイ・デイリー」などが報じた。

     計画では韓国企業のスカイ・インターナショナルと地元企業の合弁企業が2000万ドル
    (約20億円)を投じ、BOT(建設・運営・譲渡)方式でケーブルカーを建設。山頂の
    チャイティーヨー・パゴダと麓を結ぶ予定だった。

     しかし期限の2016年3月までに計画が終了しなかったため、入札で事業者を再度選ぶ。
    ミャンマー当局は今回の失敗を受けて、入札では応札企業が事業者として適切かどうか
    慎重に検討する意向を示している。

     ゴールデンロックは、山頂にある巨石が落ちそうで落ちないことで有名。仏教徒の
    巡礼地として名高く、外国人観光客も多く訪れている。現在は山頂まで行く場合、
    乗合トラックで急カーブの多い道路を登るか、または参道を数時間歩く必要がある。

    2016/06/29 11:00
    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=3527&&country=4&&p=2

    引用元: ・【ミャンマー】韓国企業が工事を終わらせることができず、景勝地「ゴールデンロック」のケーブルカー事業者見直しへ[06/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ミャンマー】韓国企業が納期守れず事業中断、入札やり直しの事態】の続きを読む

    1: Ttongsulian ★@無断転載は禁止 2016/06/07(火) 09:13:49.58 ID:CAP_USER
     2016年6月6日、インドネシアの鉄道専門家は、政府の発注ミスともいえる失策に頭を
    かかえている。先月、韓国がインドネシア・ジャカルタで進められているライトレール
    (LRT)事業の一部を、受注してしまったことだ。

     今回の受注は、総延長116キロメートルの内、第1期(5.8キロメートル)分、3億4000万
    ドル(約370億円)。よほどの大事故でも起こさない限り、第2期(14.2キロメートル)、
    第3期(96キロメートル)も、韓国が受注してしまうことになってしまう。脆弱なシステムは、
    運用コストが高くつき、事故を起こしやすいからだ。

     韓国の鉄道システムは、中国よりも酷い。ソウルの空港と市内を結ぶ鉄道でも、
    たびたび不具合が報告されている。また、空港から市内へのバスもお粗末。一見、
    豪華なVIPバスは、大きな座席が目立つのだが、無駄に大きいだけで、座り心地も
    悪く、清掃も不十分で窓ガラスが汚い。日本の京成スカイライナーやリムジンバスとの
    差は歴然だ。

     なぜこんな失策が続くのかというと、韓国や中国の賄賂攻勢ではないかと思われる。
    日本は比較的透明度が求められるため賄賂攻勢は不得手だ。

    2016/06/06 23:51
    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=3460&&country=10&&p=2

    【鉄道】韓国の鉄道技術、インドネシアの鉄道事業に導入へ=韓国ネット「インドネシアでも手抜き工事?」「これでインドネシアと義兄弟」
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1463513340/

    引用元: ・【交通】韓国の鉄道システムで大丈夫なのか?…インドネシアでの受注は賄賂が決め手!?[06//06] [無断転載禁止]©2ch.net

    【現地専門家が 悲鳴!韓国がインドネシアのライトレール (LRT)事業を受注】の続きを読む

    1: 山梨◆lKceO1.r3A 2016/02/11(木)20:10:37 ID:z5T
    「ムスリムはテロリスト」主張乱発・・・ムスリム困惑
    パク・チュンヨプ記者 2016.02.09 11:57


    2月5日午前、大邱市観光課の電話機は火事になった。
    あふれる電話を突破してやっとつながった瞬間、担当公務員の声には疲れが感じられた。
    彼は朝から苦情の電話が鳴り続けているという残念な事情を訴えた。 記者と通話した約10分間に彼にかかってきた電話が9本だという。
    理由はつまり、大邱市がムスリム観光客誘致のためにハラール食品育成事業計画を発表したことだ。

    「ああ本当に困惑しています。 われわれはただイスラム文化圏からの観光客に便宜を提供する程度に事業を構想して報道資料を出したのですが、 ムスリムが集団居住でもするかのように伝わり、民願が多いです。
    大々的にやろうとしているのではないのですが… 特に、キリスト教側から強い反対があり、事業が取り消されそうな状況です」(カン・ミンホ大邱市観光課海外観光チーム長)

    大邱市はハラール(Halal)市場拡大傾向に歩調をあわせ、 ハラール食品認証、韓国型ハラール飲食店認証などを推進すると発表した。
    ハラールはイスラム法(Shariah)で「許されたもの」という意味で、 ハラール・フードとは広くイスラム教理が認める食品、狭くは生きた獣をイスラム式に処理した食べ物をいう。

    大邱市の計画がマスコミで伝えられた後、ダウム・アゴラには大邱市のハラール食品育成事業に反対するという「問題請願(一種の署名運動)」が上がってきた。
    請願開始から16時間で署名は1万2千人を越えた。 電話の洗礼はこの請願の中で観光課電話番号が案内され、 抗議の電話を提案したためと見られる。


    http://i.imgur.com/TZAVwSm.jpg
    [出処:ダウム・アゴラ『大邱ハラール事業反対』請願キャプチャ]

    この請願には確認できない主張がいっぱいだ。 紙面不足のため(精神健康のため)請願者の 「祝福(ダウムのニックネーム)」氏の要旨を三端論法の形式で要約してみる。

    大前提:大邱市がハラール事業を施行すれば多くのイスラム人がくる。
    小前提:イスラムの人はテロリスト、犯罪者だ。
    結論:大邱市に多くのテロリストが入ってくる。
    (ボーナス:「テロ防止法導入が必要です」)

    参加者のコメントにもムスリム嫌悪があふれている。 彼らは「反対です。自分の国で気楽に安心して暮らせないとは、ちょっと自国民保護してくれ!!!!!!!」(sellys*)、
    「これはどういうことですか。 わが国の性暴力犯も多く電子足輪も足りない局面なのに.. これは何か!反対!」(シンサ)、 「ISが何で、性暴行がどういうことですか!!」(福祉士*) などの意見を残した。

    ハラール食品のおかげでムスリムのテロリストがくる?…
    「移住労働者の立場ではビザ発給も難しい」

    (後略)


    全文は「レバーネット」の「大邱市「ハラール事業」推進に「ムスリムが押し寄せる」と嫌悪大混乱」で
    http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2016/1455185404884Staff

    引用元: ・【レバーネット】大邱市「ハラール事業」推進に「ムスリムが押し寄せる」と嫌悪大混乱 [H28/2/9]

    【インドネシア国民に教えるべきだな【レバーネット】大邱市「ハラール事業」推進に「ムスリムが押し寄せる」と嫌悪大混乱 [H28/2/9]】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 06:33:02.06 ID:CAP_USER.net
     494枚の歴史地図に45億3500万ウォン(約4億4000万円)。地図1枚あたり国民の税金1000万ウォン(約100万円)がつぎ込まれた韓国の「北東アジア歴史地図」編纂(へんさん)事業が頓挫の危機に陥っている。

     事業を発注した政府系の東北アジア歴史財団は昨年末、西江大産学協力団と歴史地図編纂委員会(委員長:尹炳男〈ユン・ビョンナム〉西江大副総長)が提出した地図の図葉や地名録、結果報告書を検討した上で「地図学における基準に大幅に達しておらず、事業の結果物として認められない。問題点の早期の解決は難しい」とし、事業協約の解約と事業費の回収を決定した。2015年の事業費のうち未支給の1億4850万ウォン(約1400万円)を凍結し、支給済みの3億4650万ウォン(約3400万円)を回収する。また、編纂事業で作られた全ての資料を提出するよう編纂委に要請した。

     北東アジア歴史地図の編纂事業は、中国の「東北工程」が問題となった2000年代半ば、中国や日本の歴史教科書における韓国史の歪曲(わいきょく)に対応する目的で計画された。中国が、膨大なページ数で1974年に編纂された譚其驤氏主編の『中国歴史地図集』などを歴史紛争に積極的に活用したことに対し、韓国も国家レベルでこれに対処すべきだとの声が強まったのだ。

     08年、5年の予定で始まった編纂事業は途中で3年延長され、歴史地図の分量も当初の342枚から150枚ほど増やされた。尹炳男西江大副総長と同大学のキム・ユチョル教授、ソウル教育大のイム・ギファン教授、ソウル市立大のペ・ウソン教授が編纂委員を務め、教授・元教授でつくる諮問委員会と専任研究員、研究補助員ら60人余りが編纂に加わった。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/16/2016011600491.html

    引用元: ・韓国の北東アジア歴史地図編纂事業が頓挫の危機[01/17]

    【世界中の東アジア史書き換えないと - 韓国の北東アジア歴史地図編纂事業が頓挫の危機[01/17]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2016/01/20(水)19:20:45 ID:8K4
    日本に進出した韓国企業が、ことし一年、企業環境に影響を与える最も大きな変数として
    韓日関係の改善を挙げた。

    韓国貿易協会東京支部は20日、駐日韓国企業連合会に加入する企業を対象に実施した
    「2016年駐日韓国企業営業環境調査」によると、
    「ことし一年、ビジネスに最も大きな影響を及ぼす分野」(複数回答)として最も多く選ばれた回答は
    「韓日関係」(34.2%)だった。

    また、「前年より改善する」とする回答は昨年15.5%から
    ことしは倍以上となる38.2%に増加したことが分かった。
    対日ビジネスの環境改善への期待が高まったことを受け、ことしの営業計画も47.1%が「事業拡大する」と答えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160120-00000046-cnippou-kr

    引用元: ・【中央日報】日本に進出した韓国企業「ことしは韓日関係が改善されるだろう、事業拡大する」[1/20]

    【迫り来る吹雪を前に根拠無く【中央日報】日本に進出した韓国企業「ことしは韓日関係が改善されるだろう、事業拡大する」[1/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ