まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:事業

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/20(火) 11:41:20.74 ID:CAP_USER
     【ソウル時事】韓国半導体大手SKハイニックスは20日、米同業のインテルからスマートフォンなどでデータの保存に使われるNAND型フラッシュメモリーの事業を買収すると発表した。買収額は10兆3000億ウォン(約9500億円)。2025年までに事業が移転される。

     買収対象には高性能な3次元(3D)NAND型フラッシュメモリーを生産している中国・大連工場も含まれる。先進技術メモリーの「Optane(オプテイン)」事業は対象から外された。

     韓国メディアによると、SKハイニックスはDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)のシェアでサムスン電子に次ぐ世界2位。今回の買収でNAND型でもキオクシア(旧東芝メモリ)を抜きシェア2位に躍進し、メモリー半導体の競争力を高める狙いがある。

    時事ドットコム 2020年10月20日10時56分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2020102000385&g=int

    引用元: ・【NAND型フラッシュメモリ】インテルのNAND事業買収 韓国SKハイニックス、9500億円[10/20] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【未来無くないか? 【NAND型フラッシュメモリ】インテルのNAND事業買収 韓国SKハイニックス、9500億円[10/20] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/19(月) 12:56:12.53 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】
     韓国軍が「無人戦闘時代」に備え、自爆無人機や小銃照準射撃ドローン(小型無人機)の導入など総額260億ウォン(約24億円)規模の12事業を推進する。

     軍は人工知能(AI)やドローンなどの新技術を採用した製品を民間から購入し、テスト運用を経て迅速に導入する事業を今年から実施しており、その第2次事業として新たに12事業を選定した。

     新たに選定された事業には

    ▼位置情報を確認して設定された標的を正確に攻撃する自爆無人機
    ▼最大30倍の拡大映像をリアルタイムで受信して地上の標的に小銃で照準射撃を加えるドローン
    ▼自動運転による運搬や捜索、偵察、攻撃が可能な多目的無人車両
    ▼偵察と同時に移動中の車両も追跡・攻撃できる小型の偵察・攻撃複合型ドローン

    ――など、本格的な無人戦闘時代に備えた兵器システムが多数含まれている。

     防衛事業庁は19日からこれら12事業の事業者を募集し、年内に選定して来年上半期(1~6月)のうちに軍への製品納入を受ける計画だ。

    聯合ニュース 10/19(月) 12:35
    Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4976b3151862d2ed45c18de88cce9b866b052ecd

    自爆無人機のイメージ(防衛事業庁提供)=(聯合ニュース)
    no title

    引用元: ・【韓国軍】自爆無人機など総額260億ウォン(約24億円)規模の12事業推進 「無人戦闘時代」に備え [10/19] [新種のホケモン★]

    【高々24億で何するんだよ。 【韓国軍】自爆無人機など総額260億ウォン(約24億円)規模の12事業推進 「無人戦闘時代」に備え [10/19] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/24(月) 21:13:52.16 ID:CAP_USER
    no title


    我が国が複雑な規制と柔軟でない事業環境により全世界で事業しにくい国17位に上がった。1年で順位が61位から17位に44階段跳ね上がった。

    グローバル コンサルティング会社TMFグループが全世界77ヶ国の各種規制法令と会計制度、法人税、賃金水準、労働柔軟性、デジタル化などを分析して24日発表した「2020年グローバル事業複雑性指数(GBCI)」で韓国は17位に上がった。

    昨年2位だったインドネシアが1位だった。実績が悪い従業員も解雇するのが難しく、海外資本が投資を敬遠する点がインドネシアで事業しにくい理由に選ばれた。ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、ギリシャが後に続いた。アジア主要国の中では中国と台湾がそれぞれ6位と16位で私たちより順位が高かった。

    一方、ベトナム(24位)、日本(46位)、フィリピン(57位)、オーストラリア(58位)、シンガポール(60位)、香港(66位)等は全て我が国より事業しやすい国に分類された。

    米国が調査対象国77ヶ国の中でびりから2番目の76位であった。規制が複雑でなくて事業しやすい国という意味でカリブ海沿岸国家であるキュラソーを除けば、主要経済国の中で最も事業しやすい国と分析された。

    昨年の調査で韓国は76ヶ国の中で61位でシンガポール(42位)、香港(56位)、日本(59位)よりも事業しやすい国に分類されたが、今年順位がぐんと跳ねた。TMFは上下10位国家に対してのみ順位選定の具体的な理由を説明し、韓国に対しては別に言及しなかった。

    東京=チ ン・ヨンヒョ特派員

    ソース:韓国経済(韓国語)事業しにくい国順位、韓国1年間61位→17位'ピョンと'
    https://www.hankyung.com/international/article/202008247821i

    引用元: ・【韓国】 事業しにくい国順位、韓国1年間で61位→17位急上昇~インドネシア1位・中国6位・台湾16位・日本46位[08/24] [蚯蚓φ★]

    【嘘や詐欺に加えて労組だもんなw 【韓国】 事業しにくい国順位、韓国1年間で61位→17位急上昇~インドネシア1位・中国6位・台湾16位・日本46位[08/24] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/22(土) 04:57:11.55 ID:CAP_USER
    韓国外交部(外務省に相当)は去る20日、太平洋島嶼国フォーラム(PIF)と、韓国・PIF協力基金を活用した“不法漁業監視後続事業”への貢献約定を締結し、太平洋島嶼国の“不法・非規制漁業(IUU漁業)を根絶するために、レーダー衛星事業を支援することにしたと今日(21日)伝えた。

    今回の署名式は、チョ・シンヒ駐フィジー大使とPIF事務局長が参加した中、フィジーのスバで開催された。

    PIF側は、韓国側の支援に謝意を表し、最近 新型コロナウイルスによる感染拡大のため、太平洋地域内のIUU漁業監視船舶および人員の減少による多くの困難の中、韓国側の支援が太平洋島嶼国のIUU漁業の根絶活動に大きな助けとなるだろうと語った。

    韓国外交部の関係者は「IUU漁業の根絶のための国際社会の努力に加わり、水産物の消費大国として韓国の水産物供給の安定的確保に貢献する一方、太平洋島嶼国との実質的協力強化を通して、韓国外交の範囲を太平洋地域へと拡大させるきっかけとなるだろう」と見通した。

    WOW!Korea 2020/08/21 17:03配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/268261/

    引用元: ・【韓国外務省】太平洋島嶼国の不法・非規制漁業の根絶のため「レーダー衛星事業を支援」署名式はフィジーで開催[8/21] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【泥棒が防犯しましょうとか 【韓国外務省】太平洋島嶼国の不法・非規制漁業の根絶のため「レーダー衛星事業を支援」署名式はフィジーで開催[8/21] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/10(金) 08:17:28.21 ID:CAP_USER
    産業技術振興院が主導…予備妥当性評価で昨年2回脱落

     新型コロナウイルス感染症がパンデミック(世界的大流行)となっている中、韓国製感染症診断キットに注目が集まっているが、診断キット製造会社が技術力を向上させる土台となる「産業技術国際協力事業」が新規予算を確保できていないことが分かった。

     韓国政府や関連機関が9日に明らかにしたところによると、韓国産業技術振興院(KIAT)が主導するこの事業は、予備妥当性評価で昨年2回脱落した。1990年に始まったこの事業は、国際共同R&D(研究・開発)プログラムを支援している。条約国の企業と韓国企業を1対1で結び付け、共同R&Dにかかる費用を各政府が支援する方式で行う。

     特に国際的なネットワークと資金が不足している韓国国内の中小企業は、これまで同事業を通じて海外企業と共同技術開発を行ってきた。韓国は、ドイツ・フランス・中国など14カ国と個別に協約を結ぶ一方、欧州44カ国が参加する共同R&Dプラットフォーム「EU REKA」(ユーレカ)にも欧州諸国以外では初の「パートナー国」という地位を得て参加している。

     毎年600億ウォン(約54億円)が投入される産業技術国際協力事業は、韓国の中小企業の技術競争力向上に多大な貢献をしたと評価されている。特に、今回の新型コロナウイルス感染拡大のさなかに世界で注目された韓国製新型コロナウイルス診断キット製造会社もこの事業支援を受けていた。KIATは2009年からBIONEER、Genematrix、PCLなど診断キット製造会社10社の「感染性疾病診断技術」R&Dプログラムに約110億ウォン(約9億8000万円)を支援してきた。PCLはドイツのメーカーとの共同研究を通じ、診断キットの核心技術である「ソルジェルチップ」を大量生産できるようになり、複数の国際認証も確保した。

     今年の予備妥当性評価に合格できなければ、来年から新規支援が断たれ、既存の支援が終わる3-4年後に事業全体が中止されることになる。業界関係者は「当面の経済性に欠けるとして支援を断ち切るのは、将来の価値を看過するもの」と話している。

    イ・スンフン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020041080004

    2020/04/10 07:49

    引用元: ・【朝鮮日報】「韓国製診断キット」成功への土台となる事業、予算なく中止の危機 [4/10]

    【ホントなら詐欺だよねwww 【朝鮮日報】「韓国製診断キット」成功への土台となる事業、予算なく中止の危機 [4/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ