まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:事故

    1: まぜるな!キケン! 2019/06/13(木) 14:39:46.44 ID:CAP_USER
    韓国軍合同参謀本部は12日、第5世代(5G)移動通信事業の拡大で、軍の通信網やレーダーに影響が生じかねないとする分析を示した。韓国政府は5G需要の増加に対応し、これまで4Gでは使用していなかった周波数を新たに確保する計画だが、そのあおりで軍が使用する周波数が影響を受け、セキュリティー上の問題が発生しかねないとの指摘だ。

     韓国軍関係者は、科学技術情報通信部(省に相当)が5G需要の急増に備え、周波数帯の追加確保計画を立てたが、一部の周波数帯が軍用の周波数帯に影響を与えると分析されたとし、「軍用通信、レーダー、(軍用機の)高度計などに問題が発生する可能性がある」と指摘した。これについて、一部には「軍の通信網と5Gネットワークは分離されており安全だ」との見解を示してきた国防部の立場と食い違うとの指摘もある。国防部は反華為(ファーウェイ)制裁を展開する米国がセキュリティー問題を指摘したのに対し、そう説明していた。

     今年1月、科学技術情報通信部は「第3次電波振興基本計画(2019-23年)」を発表し、今後5年間の5Gなど超高速、ハイパーコネクト、超低遅延を特性とする無線ネットワークの発展が加速するとし、トラフィック増加に備え、5Gに割り当てる周波数帯を最大2510メガヘルツ確保するとした。具体的には2.30-2.39ギガヘルツ、3.40-3.42ギガヘルツ、3.7-4.2ギガヘルツ、24ギガヘルツ以上の帯域を追加確保する内容だ。合同参謀本部は4帯域のうち3帯域が軍が使用する周波数に近く、電波による干渉が起きる可能性があるとみている。政府関係者は「5Gはこれまでとは比較にならないほど大量のデータ伝送が必要なシステムだ。そのため周波数の追加確保が求められている」と話した。

     韓国軍関係者は「干渉が起きれば、通信セキュリティーに深刻な問題が生じかねない」と述べた。軍は電波の干渉によるレーダーの情報収集能力低下を懸念している。また、戦闘機に搭載された高度計が誤作動すれば、深刻な事故につながりかねない。軍関係者は敵国がそうした弱点を利用し、ハッキングなどで韓国軍のセキュリティーに影響を与える可能性も排除できないと指摘した。

     合同参謀本部は科学技術情報通信部と共同で電波影響評価を実施することを決めた。合同参謀本部関係者は「軍が使用する周波数と科学技術情報通信部が発表した民間の5G周波数が互いに干渉する可能性をなくすことが目的だ」と説明した。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/13/2019061380016.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/13 09:33

    引用元: ・【朝鮮日報】5G周波数帯の拡大、韓国軍が電波干渉に懸念「深刻な事故につながりかねない」[6/13]

    【ガバガバや【朝鮮日報】5G周波数帯の拡大、韓国軍が電波干渉に懸念「深刻な事故につながりかねない」[6/13] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/30(木) 09:54:22.83 ID:CAP_USER
    2019年5月28日、韓国・MBCによると、韓国の技術で開発され、韓国軍が「10大名品兵器」だと誇っていたK‐11複合型小銃に事故が相次いだことを受け、防衛産業庁が「使用中止」の結論を下したことが分かった。

    記事によると、K‐11は2010年に部隊に配備された後から問題が絶えなかった。弾丸が発射されなかったり、磁石を近づけただけで発射したりするなどの事故が相次ぎ、負傷者まで出たため13年に配備が中止された。その後、韓国軍は性能を補完し、14年に試演イベントを行った。

    当時、国防科学研究所関係者は「運営上の特殊な事項が発生し、装備の作動に異常が生じた。新たな技術検討、設備の対象を見つけて補完した」と説明していた。

    しかしその後も、核心装備である射撃管制装置が衝撃で壊れ、弾丸発射時に銃が爆発する事故が発生した。さらに今年4月にも、防衛産業庁が「50回以上射撃した場合、リチウム電池の内部の圧力が増大し、爆発する可能性がある」という別の欠陥を関係機関に報告したという。

    その後、防衛産業庁と関係機関はK‐11事業の継続をめぐり協議を行い、防衛産業庁が「事業中止」を決定した。ただ現在は監査が行われている段階で、最終判断は監査院の発表後に下されるという。

    これに、韓国のネットユーザーからは

    「また大事な税金を無駄にした」と落胆する声や
    「不正の結果だ」
    「これまでにいくらくすねたのだろう?」
    「不正をなくせば国民の生活が変わり、世界最悪とされる韓国の軍人の対応が改善されるのに」

    など不正を疑う声が上がっている。 一方で

    「失敗しながら学んでいくもの」
    「米国も作れなかった兵器を完成させただけでもすごい」
    「諦めず、より強力になるよう再設計して生産しよう」と応援する声も。

    その他「朝鮮半島は平和に向かっているのだからそんな兵器いらないよ」との声も見られた。


    2019年5月30日(木) 8時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b716031-s0-c10-d0058.html

    引用元: ・【稀によくある】 韓国が「名品」と誇っていた国産兵器、事故が相次ぎついに事業中止へ [05/30]

    【確かに迷品だね! 【稀によくある】 韓国が「名品」と誇っていた国産兵器、事故が相次ぎついに事業中止へ [05/30] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/14(火) 19:04:35.05 ID:CAP_USER
    2018平昌冬季オリンピック競技場施設の安全性に赤信号が灯った。

    テストイベントが行われ、エレベーター停止、施設物落下などの事故が相次いで発生しているからだ。

    12日江陵消防署によると、10日午前10時16分頃、江陵市浦南洞江陵オリンピックパーク内の江陵アイスアリーナで、貨物用エレベーターが故障した。

    この事故でエレベーターに閉じ込められていた作業員ビョン(57)さんが48分でようやく救助された。

    119救助隊は、エレベーターが結局、動作せず地下約12mまでロープで降り、はしごを使ってビョン氏を救助した。

    ビョン氏はプレオリンピック性向のテストイベントで、16~19日に行われる2017年国際氷上競技連盟(ISU)四大陸フィギュアスケート選手権大会を控えて整氷車の輸送中に事故に遭った。

    江陵アイスアリーナでは、平昌五輪でフィギュアスケートのショートトラックスピードスケート種目が行われる。

    前日にも江陵オリンピックパークに建てられた江陵ホッケーセンターでエレベーターの停止事故が発生した。

    この日は、平昌冬季オリンピック大会組織委員会が江陵ホッケーセンターで100人余りの国内外の取材陣を招き、G(Game)-1年、マスコミへの説明会を行ったのに続き、何千人もの江陵市民とイベントスタッフ、大統領権限代行ファン・ギョアン首相、チョン・セギュン国会議長、キム・ヨナ広報大使などの主要人物が着席する中で記念行事を行った。

    事故は1階出入口ゾーンのエレベーターが故障して30分間動作せず、国内外の取材陣と市民が会場の3階まで歩いて行かなければならない不便さを体験した。

    しかし、幸いなことに、市民が搭乗した状態で、エレベーターが止まらず、人が閉じ込められる事故につながることはなかった。

    昨年11月23~26日、平昌オリンピックテストイベントで開かれた国際スキー連盟(FIS)スノーボードビッグエア大会の時も選手専用エレベーターが故障した。

    テストイベント期間にエレベーター停止事故が外に知られているだけでもう3件目だ。

    この他にも昨年から各種事故が発生して安全性の問題が懸念されてきた。

    江陵アイスアリーナでは、昨年の建築工事中、俗称スカイと呼ばれる「高所作業車(8t)」の支持台(ブーム)が倒れたことで、作業員が約7m下に転落し、1人が死亡、1人が重傷を負った。

    ここでは、最初のテストイベントだった国際氷上競技連盟(ISU)ショートトラックワールドカップ大会を控えて、天井にぶら下がっていた大型電光掲示板が氷の上に落下する事故が発生し、氷盤が割れて電光掲示板が破損していた。

    ソース:ニューシス 2017.02.12 11:34(機械翻訳)
    http://v.media.daum.net/v/20170212113438070?RIGHT_COMM=R2

    引用元: ・【韓国】平昌五輪テストイベントでエレベーター停止、施設物落下などの事故が相次ぐ、競技場の安全性に赤信号が灯る[02/14] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【下手したら死人が】平昌五輪テストイベントで各種事故が発生して安全性の懸念】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/01/26(火)17:07:51 ID:ogb
    後略:平時には検問所の警察官にテーザー銃(有線電極発射タイプのスタンガン)を携帯させる。

     これまで、検問所の勤務者は平時もK2小銃やM16小銃、機関短銃、拳銃などを実弾と共に携帯してい
    た。新規則によると、検問所の勤務者は平時にはテーザー銃のみを携帯し、銃器と弾薬は検問所内の
    武器庫に保管する。

     規則の変更は、検問所での銃器事故が相次いでいることを受けたもの。昨年8月には、ソウル市恩平
    区の旧把撥検問所で50代の警衛(警部に相当)が義務警察官(兵役の代わりに警察に勤務する警察官)
    を狙いふざけ半分で撃つ仕草をしたところ、実弾が発射され、20代の上警(上等兵に相当)が死亡す
    る事件が起きた。

     検問所の勤務者は今後、武装した兵士の脱営、敵の侵入、凶器を所持した者による凶悪犯罪の発生
    時などに限り、警察署の警備課長に報告した上で武器庫の銃器や実弾を携帯する。

     警察はこのほか、精神障害者などの不適格者を検問所で勤務させることのないよう、勤務者の選抜
    時に該当警察署の警備課長を委員長とする適格審査委員会での審査を義務付ける規定も新設した。

    キム・チュンリョン記者

    省略部の詳細はソースで
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/25/2016012501358.html

    引用元: ・【韓国】韓国検問所の警察官、平時の銃器携帯禁止:銃でふざけていて警官が警官を射殺した事故などがあったため[1/25]

    【とても真似できないなあ(棒) 【韓国】韓国検問所の警察官、平時の銃器携帯禁止:銃でふざけていて警官が警官を射殺した事故などがあったため[1/25]】の続きを読む

    1: えりにゃん φ ★@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 13:24:19.21 ID:???.net
    【北京時事】中国河南省平頂山市の化学工場で18日朝、輸送管が破裂し、アンモニアが流出した。
     周辺の住民が中毒症状になり、20人が病院に搬送された。うち5人は重症だが、命に別条は
    ないという。
     中国メディアによると、アンモニア漏れは同市石竜区の「河南中鴻煤化公司」で発生し、15分間にわたり約300キロが流出した。インターネット上には、
    白い霧状の物質で覆われた現場付近の写真が流れている。周辺では破裂音がし、刺激臭がしたという。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150918-00000074-jij-cn

    引用元: ・【中国】中国 化学工場でまた事故 アンモニア流出、20人中毒 [9/18]

    【目も開けられないよ 【中国】中国 化学工場でまた事故 アンモニア流出、20人中毒 [9/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ