まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:事実

    1: まぜるな!キケン!! 2022/09/26(月) 12:11:12.39 ID:CAP_USER
    ユン・ソギョル(尹錫悦)大統領の歴訪中の「低俗発言問題」を最初に報道したMBCが虚偽事実流布による名誉棄損などで警察に告発された。

    ソウル市のイ・ジョンベ議員(国民の力)は26日午前9時、クァンファムン(光化門)のソウル警察庁前で記者会見を開き、「尹大統領の発言と関連した虚偽の放送をしたMBCのパク・ソンジェ社長、編集者、該当記者らを虚偽事実流布による名誉棄損および偽計による業務妨害容疑の共謀共同正犯として警察に告発した」と明らかにした。

    イ議員は、「MBCの報道は誹謗(ひぼう)する目的で尹大統領に対する虚偽事実を流布し、名誉を棄損し、偽計により海外歴訪の業務を妨害したことに該当するため、パク・ソンジェ社長と編集者、該当記者らを情報通信網法上の虚偽事実流布による名誉棄損および刑法上の偽計による業務妨害容疑の共謀共同正犯として刑事告発する」と明らかにした。

    イ議員は、「国益のため歴訪中だった尹大統領の発言に対し、事実確認をせずに特定の字幕を付け意図的に認識するよう誘導し断定的に報道したことは、明白な名誉棄損および業務妨害の故意がある」と重ねて強調した。

    特に、「最大の同盟国である米国との関係を考慮すれば、厳格な事実確認と報道に慎重を期すべきだったにもかかわらず、むしろ虚偽の放送により尹大統領が国内外的に非難されるように仕向け、米韓同盟を脅かし国益を損ねたことは、売国行為であり事実上の放送クーデター」とも指摘した。

    さらにイ議員は、「MBCの最初の報道が出る前に、パク・ホングン(朴洪根)「共に民主党」院内代表が先に該当発言に言及しており、朴院内代表もMBCの犯行に加担した可能性を排除できない」とし、「これに対する真相究明が必要」と疑惑を提起した。また、「今回の事件は非常に深刻な犯罪であるだけに、捜査当局は徹底した捜査を通じ真相を明らかにし、被告発人を厳罰に処してほしい」と求めた。

    2022/09/26 11:39配信
    Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 85
    https://s.wowkorea.jp/news/read/365010/

    引用元: ・尹大統領の「低俗発言」を報道したMBC、虚偽事実流布で刑事告発される [9/26] [新種のホケモン★]

    【どの大統領もこれやるよな - 尹大統領の「低俗発言」を報道したMBC、虚偽事実流布で刑事告発される [9/26] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/04/15(金) 11:01:00.39 ID:CAP_USER
    韓国外交部(外務省に相当)は14日、イラン側が明かしたイラン凍結資金問題の暫定合意対象について「事実と異なる」と明らかにした。

    外交部はこの日、「先ごろ、この問題の合意のために韓国政治代表団がイランを訪問したという事実はない」として、このように明かした。

    これに先立ち、ホセイン・アミール・アブドラヒアン・イラン・イスラム共和国外務大臣は13日(現地時間)、記者会見で「ある外国の銀行とわれわれの出金要請分の一部を解くことで合意した」と発表。

    また「今回、外国銀行との交渉履行をフォローするため、該当国家の代表団が12日、テヘランを訪問。イラン中央銀行と外務省関係者が会合した」とし、「いつ、どのような方法で、などの詳細に対する暫定合意を結んだ」と伝えた。

    この政府発表を受けて、イランのメディアは今回の合意の最終目標は70億ドル(約8800億円)規模のイラン凍結資金を取り戻すことだと報道。その対象に「韓国」が浮上しているとした。

    韓国銀行には、2010年からイラン中央銀行名義でやり取りした石油代金など70億ドルが、米国の制裁などで凍結された状態だ。


    2022/04/15 10:30配信
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0415/10343898.html

    引用元: ・【国際】 イラン側が韓国と「資金凍結解除」と報道も、韓国政府は否定「事実と異なる」 [04/15] [荒波φ★]

    【何で70億ぽっち払えないんですかねぇ 【国際】 イラン側が韓国と「資金凍結解除」と報道も、韓国政府は否定「事実と異なる」 [04/15] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/07(水) 12:03:01.50 ID:CAP_USER
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/210706/for2107060008-n1.html

     韓国人の「歴史」に対する考え方は、日本とまったく異なる。彼らは、「検証」や「考証」で過去の真実を明らかにするのは無理だと考えており、「ありのままの歴史」を追求するのは「無駄な作業」に過ぎない。

     1991年に設立された「日韓合同歴史教科書研究会」の席で、ソウル大学の尹世哲(ユン・セチョル)教授は「日本が事実にこだわるかたくなな態度を捨てて、教科書を書き直せば問題は解決する」と述べている。

     韓国における正しい「歴史教育」とは、自国民の精神の高揚につながる「あるべき歴史」を打ち立てることであり、事実探求や日本人への配慮など皆無である。

     そのために戦後一貫して、「日本は悪逆非道な植民地支配を行い、朝鮮人が抵抗して独立を勝ち取った」という虚構を事実として教えてきた。文在寅(ムン・ジェイン)政権となってその傾向は一層強まっている。

     しかし、特定の国への憎悪を植え付ける教育は、やがて自国民を狂わせることになる。今や「反日」感情が自家中毒を起こし、自分たちの行為がいかに世界の常識からかけ離れた、グロテスクで独善的愚行であるかを認識することすら難しくなったようだ。

     彼らは東京電力福島第1原発の処理水放出を「人類全体に対する核攻撃だ」と喧伝している。だが、韓国の月城(ウォルソン)原発は過去20年間に6000兆ベクレルを放出している。日本が30年かけて放出する量の10倍近い量である。放出が「核攻撃」ならば、日本人はとっくの昔に全滅してなければならない。韓国の主張に、米国も国際原子力機関(IAEA)もあぜんとするばかりだ。

    以下ソース

    引用元: ・【文政権の末路】世界が呆れる韓国“反日プロパガンダ” 「あるべき歴史」を打ち立て、事実探求など皆無 自国民をも狂わせた教育[07/07] [ろこもこ★]

    【韓国人は反日してる時が一番幸せ【文政権の末路】世界が呆れる韓国“反日プロパガンダ” 「あるべき歴史」を打ち立て、事実探求など皆無 自国民をも狂わせた教育[07/07] [ろこもこ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/26(土) 22:02:29.40 ID:CAP_USER BE:456446275-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    https://www.recordchina.co.jp/b878476-s25-c100-d0191.html

    2021年6月25日、韓国メディア・韓国日報は「朝鮮戦争時の韓国軍慰安婦、国家は70年間知らんぷりをしている」と題する記事を掲載した。

    記事によると、朝鮮戦争時に韓国軍慰安婦が存在した事実は約19年前にキム・グィオク漢城大教授の論文を通じて初めて明らかになった。慰安婦が動員された時期ははっきりしておらず、キム教授は「1951年の秋ごろに戦争が小康状態になり、戦線が現在の休戦ライン付近に固着したとき、軍人の管理の名目で慰安婦が導入された可能性が高い」と説明している。ただ、慰安婦運営の事実は複数の資料で立証されているという。

    そのうち1956年に陸軍本部が編纂した「後方戦史(人事編)」には、戦争中に後方支援業務の名目で「特殊慰安隊」を設置したと記録されている。同書には慰安婦を「小隊」に組織して運営した記録の一部が残されており、それから推算するとソウルの3つの小隊と江陵の3つの小隊だけで128人の慰安婦がいたとみられるという。キム教授は「最近新たに江原道の高城と襄陽で慰安婦が動員された証拠が発見された」とし、「公式的な運営だけでなく、各部隊が独自に慰安所を運営していた可能性もある」と話した。その他、当時の将校や捕虜が韓国軍慰安婦の実態を証言した記録も数多くあるという。

    記事は「韓国軍慰安婦は女性を性奴隷として動員した反道徳的行為であるという点で日本軍慰安婦が連想されるが、この2つには決定的な違いがある」とし、「韓国軍慰安婦被害者の中には、被害事実を公の場で証言した人が1人もいないことだ」と指摘している。キム教授は「日本軍慰安婦被害者は、当時国権を侵奪した日本を加害者にできるが、韓国軍慰安婦被害者の場合は加害者と被害者が同じ民族であるため被害を証言しにくい」と説明した。

    また、キム教授は「『民間で売春をする女性を募集して韓国軍慰安婦を運営した』との主張があることも被害者の口をふさぐ原因になっている」と指摘。その上で「この主張は事実でない。むしろ、被害女性たちは前方地域へ『強制出張』に行ったという証言が出るなど組織的に統制されていたことは明らかで、韓国軍慰安婦は当時、陸軍本部の計画により制度化され、国家体制下にあったとみるのが妥当だ」と主張したという。

    さらに、キム教授は研究を進める中で「国レベルで韓国軍慰安婦の歴史を隠そうとしている」と感じることが何度もあったという。2002年の論文発表後には韓国国防部がキム教授の務める学校側に連絡し、研究の中止を求めた。「後方戦史」が軍事編纂研究所から紛失したこともあったという。

    なお韓国政府がこれまでに韓国軍慰安婦問題に言及したことは一度もない。キム教授は「韓国軍慰安婦が国家的犯罪であり、国に責任があることは明らか」とし、「国レベルでの調査、謝罪が行われるべき」と訴えているという。

    これを見た韓国のネットユーザーからは「本当なの?」「知らなかった。衝撃的だ」と驚く声が上がっている。

    また、「日本の悪いところをしっかり学んだね」「こんな状況なのに日本を批判していたのか?」「これでは日本の前で堂々としていられない」など韓国政府に対する厳しい声も。

    ただ、韓国政府の対応については「自国の歴史の恥ずかしい部分を隠すのではなく、ちゃんと公開しよう。そして歴史の犠牲者に補償し、傷を癒してあげよう」と求める声が上がる一方で、「日本軍慰安婦問題も解決できていないのだから、この問題はもっと難しいだろう」「残念だけど韓国軍慰安婦が大きく議論されることはない。韓国政府の反日レパートリーの1つが大きな打撃を受けることになるから」と諦めムードの声も多い。

    その他「被害者が名乗り出ないのだから国はどうすることもできない」「被害者には同情する。でもこの問題が広まることによって日本への批判が弱まることの方が心配」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    前スレ。。。
    【国家的犯罪】朝鮮戦争時に「韓国軍慰安婦」がいた事実に韓国ネット驚き「日本の悪いところをしっかり学んだね」★6 [6/26] [Ikh★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1624703550/

    引用元: ・【国家的犯罪】朝鮮戦争時に「韓国軍慰安婦」がいた事実に韓国ネット驚き「日本の悪いところをしっかり学んだね」★7 [6/26] [Ikh★] [Ikh★]

    【何ひとつ知らないんだな、こいつら。 【国家的犯罪】朝鮮戦争時に「韓国軍慰安婦」がいた事実に韓国ネット驚き「日本の悪いところをしっかり学んだね」★7 [6/26] [Ikh★] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/01/28(木) 15:13:25.72 ID:CAP_USER
    日韓関係を揺るがせている徴用工問題というのは、日本統治時代に戦時動員された朝鮮半島出身労働者に対する補償問題だが、これは1965年の日韓国交正常化の際のいわゆる「請求権協定」で本来は解決済みの話である。

    それを韓国の裁判所が否定し、今になって日本の関連企業に補償しろと言い出したことからおかしくなった。

    「請求権」というのは、過去の統治時代にかかわるお互いの資産や財産などについて相手側に補償を求める権利のことで、それには戦時労働者の未払い賃金などの補償も含まれていた。

    請求権問題は国交正常化交渉で大いにモメたが、相手への要求となるその対象や額などをめぐって話が進まないため、最後は日本側が提供する「経済協力資金」を韓国側が「請求権資金」として受け取ることでケリがついた。

    協定の正式名称が「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する協定」となっているのはそのせいである。経済建設を急いでいた韓国側の事情を背景にした政治的解決だった。

    この時の資金は韓国政府がまとめて受け取ったため、いわゆる個人補償は別途、韓国政府が国内的に処理することになった。事実、韓国政府は朴正熙政権の1970年代と盧武鉉政権の2000年代に個人補償を実施している。

    請求権交渉では、日本統治時代について支配にともなう「収奪論」が強い韓国側は当然、膨大な額を要求した。

    しかしこれに対し日本側にも終戦時、朝鮮半島からの撤収に際し残してきた膨大な資産、財産のことがあり、韓国側の一方的な請求権要求には承服できなかった。

    ■日本が残した数千億ドルの資産
     
    日本側は最終的には自らの請求権を放棄するかたちで「経済協力資金」方式によって問題を解決したのだが、この背景には朝鮮半島に残した日本資産に関して米国(連合国)から強いられたある約束(?)があった。

    1952年、敗戦後の米国による日本占領が終わる際の対日講和条約上の解釈で「請求権は主張できない」とされていたからだ。

    もっとも韓国は対日戦勝国ではなかったため、この講和条約の当事者ではなかったが。

    結局、日本は朝鮮半島に残してきた膨大な日本の資産については請求権を放棄したことになるが、その資産がその後、韓国でどうなったかについては、ほとんど知られていない。

    そして徴用工補償問題が表面化するなか、朝鮮半島に残された日本資産を考えれば、今さら日本への要求、それも日本企業の在韓資産に対する差し押さえなどとんでもないといった感情が日本側に生まれてもおかしくない。

    朝鮮半島に残された日本資産がいかに形成され、それがどのように処理されたのかを研究した李大根著『帰属財産研究―植民地遺産と韓国経済の進路』(2015年、イスプ社刊)は、その埋もれた歴史を掘り起こす貴重なものだ。

    https://bunshun.jp/articles/-/43072
    https://bunshun.jp/articles/-/43072?page=2

    引用元: ・【日韓】 「日本統治時代は良いこともあった」相次ぐ対日訴訟…頑なに“事実”を認めない韓国の迷走 [01/28] [荒波φ★]

    【日本には良いことは何一つ無かったな【日韓】 「日本統治時代は良いこともあった」相次ぐ対日訴訟…頑なに“事実”を認めない韓国の迷走 [01/28] [荒波φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ