まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:予想

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/16(木) 07:18:45.43 ID:CAP_USER
    ● 「IMFが韓国の経済成長率を1位予想」報道に韓国ネット大喜び


    2020年4月15日、韓国・世界日報は「国際通貨基金(IMF)が発表した今年の経済成長率予想で、韓国は経済協力開発機構(OECD)加盟国36カ国のうち1位となった」と報じた。

    記事によると、IMFは韓国の今年の経済成長率をマイナス1.2%と予想した。仮にそうなれば22年ぶりのマイナス成長となる。ただ、この数値はOECD加盟国のうち最も高いという。マイナス1%台は韓国のみで、後にはハンガリー(マイナス3.1%)、チリ(マイナス4.5%)、ポーランド(マイナス4.6%)、ルクセンブルク(マイナス4.9%)、トルコ(マイナス5.0%)、日本(マイナス5.2%)、米国(マイナス5.9%)が続いた。

    また、昨年10月の予想と比べて最も低下幅が小さかったのも韓国(マイナス3.4ポイント)で、後には日本(マイナス5.7ポイント)、ハンガリー(マイナス6.4ポイント)が続いたという。

    韓国の経済成長率予想の低下幅が相対的に小さかった原因について、記事は「新型コロナウイルス感染の防疫の成果と景気対応策により、経済への打撃が相対的に少なかったとみられる」と分析している。

    これに韓国のネットユーザーからは「新型コロナウイルス事態はやっぱり文大統領の対応が正しかった」「国を封鎖していたらこの数値は出ていなかった」「マイナスだから悪いとばかり思っていた。OECDで1位だったなんて!」「韓国は世界最高の国になった」など文政権への称賛の声が続出している。

    ただ、一部からは「全員不合格の中で1位を獲ってうれしい?」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)


    レコードチャイナ
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw7038935

    引用元: ・【国際】IMF「韓国の経済成長率は1位の予想」→韓国ネット大喜び「韓国は世界最高の国に」 [4/16]

    【真生のアホだな 【国際】IMF「韓国の経済成長率は1位の予想」→韓国ネット大喜び「韓国は世界最高の国に」 [4/16]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/24(木) 14:53:36.68 ID:CAP_USER
    2019年10月23日、米華字メディア多維新聞は、韓国の第3四半期(7~9月期)のGDP(国内総生産)成長が市場の予測を下回ったと報じた。

    記事は、韓国銀行(中央銀行)が発表した速報データで、韓国の今年第3四半期のGDPが前の期に比べて0.4%の増加にとどまり、0.5%増という市場の予測を下回ったことが明らかになったと伝えた。

    一方、対前年同期比では2%の成長となり、第2四半期と同じ成長率を保ったとしている。また、韓国のGDPの半分近くを占める個人消費はわずか0.1%の成長にとどまり、第2四半期の0.7%増を大きく下回ったという。

    さらに、9月の生産者物価指数は前年同期比で0.7%の減少となったほか、中国をはじめとする世界的な需要の疲弊により、今月1~20日の輸出額も前年同期比19.5%減と大きなマイナスになったとのこと。

    記事は、李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁が9月の時点で「国内需要の疲弊と外部の不安定要素により、韓国経済の下降リスクが高まっている。年間の経済成長率は、予想の2.2%を下回るかもしれない」と語っていたこと、格付け会社スタンダード・アンド・プアーズも、7月に2.4%から2.0%に引き下げていた今年の韓国のGDP成長率予測をさらに1.8%に下方修正したことを伝えた。
    Record china
    2019年10月24日(木) 13時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b754476-s0-c20-d0135.html

    引用元: ・【韓国】第3四半期のGDP成長率はわずか0.4%、市場の予想下回る[10/24]

    【市場の方がおかしいだろ 【韓国】第3四半期のGDP成長率はわずか0.4%、市場の予想下回る[10/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/19(月) 21:08:52.60 ID:CAP_USER
    no title

    ▲空っぽの商店街。18日ソウル鍾路区のある商店街に新しい主人を探す賃貸案内文がかかっている。内需景気が悪化しソウル真中の鍾路区(チ ンノグ)でも商店街とオフィステルの空室が増加している。

    米中貿易戦争による世界交易悪化、米国発景気低迷憂慮、韓日経済戦争など三重苦を体験している私たちの経済が今年1%台の低調な経済成長率を記録するという予想が広がっている。

    専門家たちは米国発景気低迷に備えて政府が通貨スワップ拡大と拡張的財政政策を含んだ総合対策を準備せよと注文した。

    国際信用評価企業スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は最近の報告書で米国経済が今後1年間、景気低迷に陥る可能性を30~35%と診断した。これは以前の分析(25~30%)より景気低迷の可能性を5%上げたものだ。

    ソン・テユン延世(ヨンセ)大経済学部教授は18日「米中貿易戦争と韓日経済戦争に米国発景気低迷まで加われば、私たちの経済が受ける衝撃は少なくないだろう」と話した。企画財政部も最近、経済動向8月号で韓国経済2分期について「最近、日本政府の輸出規制措置とともに米中貿易葛藤深化など不確実性が拡大している」と評価した。

    先月から世界主要機関は今年、韓国の国内総生産(GDP)成長率予想値を相次いで下方修正している。15日、ゴールドマンサックスは今年の韓国の成長率予想値を2.2%から1.9%に0.3%下げた。ブルームバーグが調査した世界42カ国の内外機関の今年の韓国成長率平均予想値も今月2.0%で前月より0.1%下落した。この機関のうち2%にもならないと予想したところも11カ所になる。

    主要機関がこのように1%台の低い成長率を予想したのは製造業と貿易に対する韓国の経済依存度が相対的に非常に高いからだ。昨年の韓国経済の貿易依存度は68.8%だ。これに輸出で米国が占める比重も昨年12.1%で中国(26.2%)に続き二番目に高いが、対中輸出品の大部分が組み立て・加工を経て米国に再び輸出されるので、米国の景気が悪くなれば対中輸出も減るほかはない。

    実際、ゴールドマンサックスは韓国だけでなく一時「アジアの四小龍」と呼ばれたシンガポール(1.1%→0.4%)と台湾(2.4%→2.3%)、香港(1.5%→0.2%)の今年の成長率予想値も全部下方修正した。

    専門家たちは米国発景気低迷に備えて実物と金融全般にわたった対策を用意するよう求める。チェ・ペグン建国(コングク)大経済学科教授は「米国の景気低迷開始点が金融と外国為替になる可能性が大きい。基軸通貨国家と通貨スワップ拡大などを推進して安全弁を強化しなければならない」と指摘した。

    チュ・ウォン現代経済研究院研究室長は「対外経済環境が悪くなれば、結局、案で耐えなければならない。金利引き下げや財政拡大などを推進し、財政投入は生産と連結できる研究開発や社会間接資本投資に集中すべき」と助言した。

    世宗(セジョン)キム・ドンヒョン記者

    ソース:ソウル新聞(韓国語)<広がる韓国成長1%台墜落予想… “通貨スワップ・財政拡大を”>
    https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190819003003

    引用元: ・【韓国】 三重苦の韓国経済、成長率1%台に墜落予想… 専門家「通貨スワップ・財政拡大で備えよ」[08/19]

    【まさか日本に頼まないよな? 【韓国】 三重苦の韓国経済、成長率1%台に墜落予想… 専門家「通貨スワップ・財政拡大で備えよ」[08/19] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/18(木) 13:03:00.61 ID:CAP_USER
    [ソウル 18日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は18日、市場の据え置き予想に反して政策金利を1.75%から1.50%に25ベーシスポイント(bp)引き下げた。利下げは2016年6月以来、3年ぶり。

    ロイターが実施した調査では、今月は据え置き、来月の利下げが予想されていた。

    輸出規制を巡る日本との対立で、すでに減速している韓国経済の先行き懸念は一段と強まっている。

    中銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は0220GMT(日本時間午前11時20分)から記者会見を開き、金利決定における採決結果や新たな経済成長・インフレ見通しを発表する。

    金利発表を受け、韓国国債先物KTBc1は上昇、通貨ウォンKRW=は下落。予想より早期の利下げで追加利下げが近い可能性が浮上したが、ソウル株は小幅に下げている。

    大信証券の債券アナリスト、コン・ドンラック氏は「きょうの利下げは、もう1度利下げがある可能性が高いことを意味する。11月が有力だ」と指摘。韓国経済を支援するという政策当局間の強いコンセンサスが中銀に迅速な対応を促したとの見方を示した。

    李総裁と企画財政相の双方が政策緩和が近いことを示唆したことから、韓国国債市場では目先、1回か2回の利下げが織り込まれていた。

    米中貿易摩擦が続く中、第1・四半期が予想に反してマイナス成長となり、インフレ率も予想を下回ったことで、韓国中銀は利下げ圧力にさらされていた。

    https://jp.reuters.com/article/south-korea-interest-rate-idJPKCN1UD05N
    ロイター 2019年7月18日 / 10:57

    USD/KRW - アメリカドル 韓国ウォン チャート
    https://m.jp.investing.com/currencies/usd-krw-chart

    関連
    【韓国中銀】 政策金利を年1.5%に引き下げ[7/18]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1563414996/

    引用元: ・【韓国中銀】予想に反し3年ぶり利下げ 対日問題が新たなリスクに 「もう1度利下げがある可能性が高いことを意味する」[7/18]

    【破滅に向かって自らアクセル【韓国中銀】予想に反し3年ぶり利下げ 対日問題が新たなリスクに 「もう1度利下げがある可能性が高いことを意味する」[7/18] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/09(月) 19:33:21.66 ID:CAP_USER
    2018年4月6日、東亜日報など複数の韓国メディアによると、サムスン電子が「腰折れする」とする市場予想に反して、今年第1四半期(1~3月)、再び史上最大の営業利益を記録した。

    サムスン電子は第1四半期に売上高60兆ウォン(約6兆円)、営業利益15兆6000億ウォン(約1兆5700億円)の暫定実績(連結ベース)を記録したことを明らかにした。営業利益は、証券業界が予想していた実績見通しの平均的水準14兆5586億ウォン(1兆4600億円)を大きく上回り、「アーニングサプライズ」とする評価が出ている。特に、前年同期間(9兆8980億ウォン<約9900億円>)に比べ57.6%増だった事で、過去最大の実績であった前四半期(15兆1470億ウォン<約1兆5200億円>)に比べても3.0%の増益となる。

    売上高60兆ウォンは前四半期の65兆9780億ウォン(約6兆6300億円)よりやや減少したが、前年同期の50兆5480億ウォン(約5兆円)に比較すると18.7%増となっている。サムスン電子はこれで、第4四半期連続で60兆ウォン台の売上を維持した事になる。営業利益率も26.0%と過去最高値を記録した。前年同期は19.6%だった。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「サムスン頑張れ、応援する」「サムスンのおかげで、この国は食べていける」「サムスンは大韓民国の希望」「大統領より李在鎔(イ・ジェヨン)(サムスン電子副社長、事実上のトップ)の方が愛国者」など、好業績を上げたサムスンに好意的な意見が寄せられた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.recordchina.co.jp/b590071-s0-c20.html

    引用元: ・【韓国】サムスン電子が予想を覆し、また“過去最高実績”=「サムスンのおかげで、この国は食べていける」―韓国ネット[04/09]

    【【韓国】サムスン電子が予想を覆し、また“過去最高実績”=「サムスンのおかげで、この国は食べていける」―韓国ネット[04/09] 】の続きを読む

    このページのトップヘ