まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:主張

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/30(水) 11:59:25.50 ID:CAP_USER
    2018年5月29日、韓国・東亜日報はこのほど「セウォル号で朴槿恵(パク・クネ)が弾劾なら、文在寅(ムン・ジェイン)大統領もすでに…」との見出しで、韓国国会議員の発言が物議を醸していると報じた。

    問題の発言をしたのは、ソウル市長候補で最大野党「自由韓国党」の金文洙(キム・ムンス)議員。記事によると、金候補は同日ソウルで開かれた韓国放送記者クラブ主催の討論会で「ろうそく(朴前大統領の弾劾を求めるデモへの参加者)が多数派を占め、文在寅(ムン・ジェイン)政府が発足したのは民主的手続きだと認めるが、その過程に問題がある」と主張した。

    また「ろうそくの狂風によって李明博(イ・ミョンバク)元大統領も監獄に行った」とし、「ろうそくを持った大衆が国会を取り囲み『弾劾しなければ、このろうそくによってあなたたちが燃え死ぬ』と言った。これを恐れて憲法裁判所が法的手続きを進めたことに問題を感じる」と述べたという。

    さらに、文大統領について「文在寅大統領にもドゥルキング問題がある。大統領選挙の過程はしっかりしていたのか」と疑問を示したとのこと。ちなみに、同問題は「ドゥルキング」と呼ばれるハンドルネームの人物が中心の団体がネット上で世論操作を行った事件。

    記者からの「セウォル号沈没事件は弾劾理由にならないか」という質問には、「セウォル号で弾劾されなければならないなら、文大統領もすでに弾劾されていなければならない」とし、「火災や事故に対する責任を問って弾劾するのは正しくない。それでは生き残れる大統領はいない」と答えた。なお、朴前大統領の弾劾について金候補は「党内の親李派(李明博)と親朴派(朴槿恵)間の不通が大きく作用した」と述べたという。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://www.recordchina.co.jp/b171784-s0-c10-d0127.html

    引用元: ・【韓国】文大統領はすでに弾劾されているべき?韓国議員の主張が物議[05/30]

    【【韓国】文大統領はすでに弾劾されているべき?韓国議員の主張が物議[05/30] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/17(火) 18:50:23.28 ID:CAP_USER
    【南海聯合ニュース】韓日の史料を比較しながら日本の独島領有権主張の虚構性を伝える特別展が、韓国南部・慶尚南道南海郡の南海流刑文学館で17日に始まった。7月31日まで。同館と独島を管轄する慶尚北道鬱陵郡の独島博物館が共同企画したもので、独島を巡るさまざまな事件と韓国の領有権の立証史料を歴史の流れに沿って展示している。

     展示されている韓国の史料のうち「大朝鮮国全図」は「朝鮮八道地図」「朝鮮全図」が収録された地図帳で、朝鮮全図と江原道編にそれぞれ鬱陵島と独島が朝鮮の領土として表記されている。

     一方、朝鮮の地理情報を詳細に記した日本の史料「朝鮮国細見全図」は、鬱陵島と独島を朝鮮の領土として表記している。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/04/17/0400000000AJP20180417003600882.HTML

    引用元: ・【韓国】日本の独島領有権主張の虚構性伝える特別展 韓国南部で始まる[04/17]

    【【韓国】日本の独島領有権主張の虚構性伝える特別展 韓国南部で始まる[04/17] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/13(水) 19:19:11.83 ID:CAP_USER
    (慶山=聯合ニュース)イ・トクキ記者=第二次世界大戦を終息させるため1951年、日本と聨合国48カ国が締結した「サンフランシスコ平和条約」を根拠とした日本の独島(ドクト、日本名:竹島)領有権主張は誤まりという指摘が出た。

    啓明(ケミョン)大イ・ソンファン教授は13日、大邱(テグ)漢方医大学術情報館で「独島研究の争点・独島研究の未来」を主題に開かれた学術大会でこのように明らかにした。

    イ教授は「独島問題研究の新しい地平」という主題発表で「日本は戦後に領土範囲が確定したサンフランシスコ条約が独島領有権の最も重要な根拠と主張している」として「しかし、この条約は1905年、日本の独島編入が正当であり、それ以前に韓国が独島を管轄したことがないという誤った前提を根拠にしたもの」と明らかにした。

    また「サンフランシスコ条約(第2条a項)に独島が言及されなかったからといって、それがただちに日本が放棄すべき島ではないという解釈を根拠とした日本の独島領有権主張は妥当ではない」と強調した。彼は「逆説的に見れば第2条a項が独島に対する韓国の領有権を認める根拠になりうる」と提示した。

    嶺南(ヨンナム)大ソン・フィヨン教授は「朝鮮國交際始末内探書と近代朝日関係の中の独島」という主題発表で「内探書は単なる国交交渉のためのものではなく、朝鮮に強力な武力行使を含む軍事的手段を講じるための戦略的偵察をしたもの」と主張した。内探書は朝鮮に派遣された日本外務省の官吏3人が1870年に作った調査報告書として知れている。

    ソン教授は「内探書13項を見れば当時、日本外務省はすでに独島を含む鬱陵島(ウルルンド)がすでに朝鮮付属になったと見ている事実を確認できる」と話した。

    この他に翰林(ハンリム)大イ・フン教授は「18世紀韓日間の鬱陵島認識」、東北アジア歴史財団独島研究所ト・シファン研究委員は「日本の独島領有権主張に対する国際法的再照明」を主題に発表した。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 「サンフランシスコ条約基づいた日本、独島領有主張は間違って」
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/12/13/0200000000AKR20171213079900053.HTML

    関連スレ:【北朝鮮】サンフランシスコ講和条約は不法なもの 日本は過去清算し賠償問題の解決を[11/13]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1510603611/

    引用元: ・【竹島問題】 「サンフランシスコ条約に基づく日本の独島領有主張は誤り」~韓国で独島関連学術会議開催[12/12]

    【【戦争で取り返さなきゃだめだな】 「サンフランシスコ条約に基づく日本の独島領有主張は誤り」~韓国で独島関連学術会議開催【聯合ニュース(韓国語) 】】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/17(金) 23:33:24.46 ID:CAP_USER
    米国大統領ドナルド・トランプが短く、特別な突出行動なしで、韓国に立ち寄った。「ムン・ジェイン大統領は名分を得てトランプは実利を得た」というニュースの間、日本閣僚が韓米両国首脳の国賓晩餐メニューにけちをつけたという話が聞こえる。

    焼きカレイや韓牛カルビ焼きなどが食卓に上がったが、彼らがけちをつけたのは「独島エビ」だ。河野太郎外相はベトナムで開かれたある国際会議でカン・ギョンファ外相に「独島エビを使ったメニューが含まれたこと」に抗議するメッセージを伝達したという。菅義偉官房長官は「外国政府が他国の要人を接待することについてコメントしないが、どうかと思う」として独島エビが晩餐に上がったことに不快感を見せた。

    独島(ドクト)いや竹島が厳格に日本の土地という「アピール」をそのようにしたかったのか。慰安婦被害者イ・ヨンス、ハルモニが晩餐に招待されたことも彼らには不満だっただろう。

    no title

    ▲「独島エビ」(右上)

    日本はこの頃、「独島」の言葉さえ出るとかっと怒る。政治的策略もあるのだろうが、多様な魚種はもちろん独島近隣に散在する地下資源など経済的実利も独島をあきらめられない理由だ。しかし、日本には独島を占める名分がない。

    歴史的にもそうだが、日帝強制占領期間に独島で凄惨に殺戮された動物たちが彼らを独島の主人と認定しないだろう。殺戮された動物というのは「独島アシカ」をさす。海洋文明史が専門のチュ・カンヒョン済州(チェジュ)大客員教授は「独島アシカ絶滅史」で「集団虐殺劇」という低劣な単語を使いながら独島でアシカの種を絶やした日本の姿を赤裸々に見せる。

    no title

    ▲「独島アシカ絶滅史」

    日本は「竹島領土論」の主要根拠として独島でのアシカ猟を誇らしく騒ぎ立てる。しかし、チュ教授は当時、日本のアシカ猟、それを通した独島経営が事実上「反文明的犯罪行為」と一喝する。「少なくとも数万匹以上生きていった環東海最大のアシカ棲息地を血なまぐさいにおいがする集団虐殺の場所」にしたからだ。

    アシカは高価な動物だった。革は革のまま、絞り出した油は油として高値で売れた。記録によればアシカ一匹の値段が牡牛十匹の値段に匹敵したという。日本は革と油を日本にのせて行って莫大な富を形成した。一行の記録さえなく今まで如何に多くのアシカが集団虐殺されたのか分からない。独島経営ではなく事実上、独島絶滅、すなわち韓半島収奪の一環にすぎなかった。

    チュ教授によれば、日本が犯した独島アシカ絶滅史は「生態史的犯罪であり罪悪」だ。今もそうだが当時、独島は「環東海の生態的宝庫」でありアシカは「その中心中の中心」だった。しかも貴重種だった。そのようなアシカを絶滅させてもアシカ猟を根拠に独島領有権を主張するのは破廉恥を越えて人間であることをあきらめた処置というものだ。

    驚くのは独島に近い島根県隠岐島の一部の漁夫は相変らず「独島出漁の夢」を見ているという事だ。日帝強占期から日本の法が独島漁場に関する法的権限を与えられているからだ。独島アシカを滅ぼした人々が相変らず虎視耽々と独島の海をにらんでいるのだ。

    そのためかチュ教授は海洋領土領有権だけでなく「文明史的次元」で独島問題を解くべきだと強調する。水面下に没した日帝強占期の隠された歴史は現れるたびに痛みを伴う。独島アシカもそのうちの一つだ。独島エビが独島アシカを思い出させ、今日、私たちの前に山積した問題を今一度考える契機になれば幸いだ。

    チャン・ドンソク出版評論家
    no title


    ソース:ソウル新聞(韓国語) [ニュース前に本があった]絶滅したアシカ、日帝「独島(ドクト)収奪」証言する
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20171111019003

    引用元: ・【竹島問題】 凄惨に殺戮され絶滅した独島アシカが日本の「独島」領有を許さないだろう[11/16]

    【【恐るべき嘘つき民族】 「独島アシカを絶滅させた日本は「独島」領有を主張するな」ソウル新聞(韓国語)】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/11/09(木) 10:15:17.20 ID:CAP_USER
     終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で、韓国政府が中国と合意した際、▲THAAD追加配備を中止する ▲ミサイル防衛(MD)システムに参加しない ▲韓米日3カ国の軍事同盟に発展させない、といういわゆる「三不」を約束し、物議を醸していることと関連、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐官(統一・外交・安保担当)が「私が考えるに、『三不』原則は常識的な主張だ。中国が言う『3つのノー(NO)』は、私が考えるに快く受け入れられるものだ」と語った。

     文正仁補佐官は8日、ミン・ビョンドゥ議員=共に民主党=が司会・進行するポッドキャスト『ミン・ビョンドゥの文民時代』に出演、「米国に背く中国との交渉があったとは思わない」と述べた。

     文正仁補佐官は「韓国と日本が相互防衛条約を結ぶには、日本も正規軍と交戦権のある正常国家として行くべきだが、平和憲法により現実的には難しい。韓国が韓日同盟を結ぼうと言えば、日本は好材料だと見るだろう」と語った。また、「米国が持つTHAAD砲台は7基で、韓国に追加配備するのは難しい。米国のMDに参加しないという見解は過去の政権から続いてきた」と説明した。

     また、「(韓米首脳会談は)無難な首脳会談だった。ドナルド・トランプ米大統領が投げかけるメッセージは懸案の解決というよりは米国にいる有権者へのメッセージだ。個人的には制裁と圧力を超えた新たな局面転換のメッセージだったらと思うが、まだ制裁と圧力という枠から抜け出せなかったのが少し残念だ」と評した。

     さらに、「バランス外交は実は中庸外交で、中庸外交はあらゆる外交の根本だ。どちらかの側に偏りすぎれば、いわゆる隷属・従属・依存関係が生じ、そうなれば外交的に身動きが取れなくなる可能性ができる」と指摘した。

     そして、「韓米関係は同盟であり、韓中関係は戦略的パートナーであるため、それに合わせて行けば良い。韓米同盟は非常に重要だが、それにすべてを賭けたら、そこで支障が生じた時どこに行けばいいのか。だからヘッジング(hedging=リスク回避)しなければならない」と主張した。

     その上で、「保険をかけるという意味からも、すべての国との関係を維持し、身動きができるようにし、外交的なすそ野を広げる必要がある。行き過ぎを避けるためにバランスという表現を使うことも可能だが、むしろ『中庸外交』と言った方が良かっただろう」と指摘した。

    アン・ビョル記者
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/09/2017110900792.html

    引用元: ・【話題】韓国政府「中国の『三不』原則は常識的な主張。快く受け入れられるものだ」

    【【国家主権の放棄が快いんだ】韓国大統領特別補佐官「中国と合意した『三不』原則は常識的な主張。快く受け入れられるものだ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ