まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国産

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/26(月) 20:45:30.64 ID:CAP_USER
    「韓国キムチ」の基準を巡り激しい論争
    輸出用キムチの70%で中国産の唐辛子粉を使用
    「外国産唐辛子粉で漬けたキムチを『韓国キムチ』と言えるか?」

     「韓国キムチ」を地理的表示保護(PGI)の対象に指定するため、韓国農林畜産食品部(省に相当)が年内に基準を定める方向で検討を進めているが、キムチ業界ではこの認証基準を巡って激しい論争が続いている。

     PGIとは農産物やその加工物が特定の地域や国で生産されたことを証明する制度のこと。その認証基準が定められている米国、中国、欧州連合(EU)など韓国と自由貿易協定(FTA)を締結している国や地域では、この基準に適合したキムチだけを「韓国キムチ」という名称で販売できる。中国メーカーなどが「韓国キムチ」として販売することを阻止できるということだ。

     原則的に考えれば全ての材料が韓国産でなければ「韓国キムチ」とは呼べないはずだが、これには問題がある。海外に輸出されるキムチのおよそ70%が中国産唐辛子粉を使用しているからだ。白菜や大根の次に多く使われる材料の唐辛子は当然キムチの主原料であり、キムチの味を決める重要な要素だが、これが中国産の場合「韓国キムチと言えるのか」という問題が浮上するのだ。

     キムチ輸出の50%を占める大象(宗家キムチ)やCJ第一精糖(ビビゴ)などは「キムチには少なくとも20種類の材料が使用されるが、その一部が外国産という理由で韓国キムチとして認められないとすれば、キムチの世界化にとって逆に障害になりかねない」と主張している。

     これに対して韓国産の材料だけを使う農協や一部のプレミアム中小メーカーなどは「韓国で生産された材料で作ったキムチを韓国キムチとして認証するのが常識であり、PGIの趣旨にもかなっている」と主張する。あるキムチメーカーの社長は「中国人が『韓国キムチの辛味は中国産唐辛子のおかげだ』と言い出した場合、これにどう反論すればよいのか」と指摘する。

    大手メーカーなどが中国産唐辛子粉を使う理由は「価格競争力」にある。韓国産は中国産に比べて3-6倍も高い。ある大手食品メーカーの関係者は「今でさえ韓国産キムチは海外メーカーのキムチよりも高いのに、韓国産唐辛子粉を使って価格がさらに跳ね上がれば輸出は難しくなるだろう」と説明した。

     別の食品メーカー関係者によると、イタリアの「ナポリ・ピザ」の場合、ナポリ方式で作りさえすれば海外で調理してもその名称が使えるという。つまり「原材料の基準にいつまでもこだわっていれば、逆に韓国メーカーに損害が発生しかねない」ということだ。

     韓国貿易協会や農林畜産食品部などによると、昨年のキムチ輸出は1億1909万ドル(約130億円)で過去最高を記録した。今年も上半期だけで8680万ドル(約95億円)を輸出し、年間では昨年の記録を上回るのは確実だ。このように輸出は好調だが、韓国メーカーが作ったキムチに中国の唐辛子粉が使われているという理由で「韓国キムチ」と言えないのであれば、「かえって輸出の逆風になりかねない」との懸念も指摘されている。

     一方で韓国産の材料だけを使うメーカーは「韓国産唐辛子粉にこだわる理由」について「価格が高くなっても味と品質を守るため」と主張する。

     唐辛子の生産農家は「韓国産の材料で漬けたキムチだけを韓国キムチとして認めるべきだ」と主張しているが、農産物業界に詳しい専門家の多くもこの考え方を支持している。唐辛子産業連合会のホン・ソンジュ会長は「中国産唐辛子粉を使用した場合は『中国産混合キムチ』とはっきり表記すればよいが、これを『韓国キムチ』と偽った場合は厳しく対処する」と明言した。農村経済研究院のパク・キファン先任研究委員は「実際は輸入された原材料を使いながら、その一方で国名を使った地理的表示保護の適用を受けたいようだが、これは制度の趣旨を間違って理解しているからだ」と指摘した。


    キム・チュンリョン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/07/26 17:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/07/26/2021072680026.html

    引用元: ・【中韓友好キムチ】中国産の唐辛子粉を使用して韓国で製造、どこの国のキムチ?[7/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【韓国は単なる工場なんだよ 【中韓友好キムチ】中国産の唐辛子粉を使用して韓国で製造、どこの国のキムチ?[7/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/24(木) 09:58:00.15 ID:CAP_USER
    中国産ワクチンを導入した国々が頭を悩ましている。人口の半分以上が二次接種を終えたにも関わらず、新型コロナウイルスに感染する事例が続出しているためだ。中国で製造されたワクチンが果たして新型コロナウイルスの予防に効能があるか疑問視されている。

    ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると23日(現地時間)、中国産ワクチンに依存するモンゴルとチリ、バーレーン、そして、アフリカのインド洋に位置するセシェール共和国で新型コロナウイルスの再感染が続出している。

    注目されるのはワクチン接種率だ。ほとんどの国において人口の半分以上がワクチン接種を終えた。セシェール共和国のワクチン接種率は68%で、イスラエル(59%)よりも高い水準となっている。バーレーンとモンゴルは52%で、チリは49%を超えている。それでも、これらの国家は新型コロナウイルス感染者数でトップ10に入っているとNYTは指摘する。

    ほとんどが中国産ワクチンであるシノファーム社製とシノバック・バイオテック社製に依存しているためだ。シノファーム社製の予防効果は78.1%、シノバック・バイオテック社製は51%となっている。これは90%以上の予防効果を見せているファイザー社製には及ばない。

    現在、90か国余りの国家で中国産ワクチンが使用されている。NYTは「中国産ワクチンに依存する国家において、今後数年間にわたって経済活動を再開することが難しくなるだろう」と見通した。

    Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 99
    https://news.yahoo.co.jp/articles/20264a76cc6943966114af92086f4dbd3306dc3e

    引用元: ・信じられない「中国産ワクチン」…約70%が接種したのに新型コロナ「再拡散」 [6/24] [昆虫図鑑★]

    【何故ワクチンを信用出来るんだ? - 信じられない「中国産ワクチン」…約70%が接種したのに新型コロナ「再拡散」 [6/24] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/18(木) 01:05:36.20 ID:CAP_USER
    会社員のキムさん〔39、・京畿道龍仁市(キョンギド・ヨンイン市)〕は、「中国産キムチを出している食堂に行ったらキムチは全く食べない」と述べた。キムさんは「ユーチューブで中国のキムチ工場という映像を見て、大きな衝撃を受けた」と述べた。

    中国のキムチ工場の様子とされる映像がオンラインコミュニティやSNSなどで公開され、中国産キムチの消費者の不安が高まっている。同映像には裸の作業員が黄ばんだ水が入った槽に入り、素手で白菜をかき混ぜている。窪みに置かれた大根を別の作業員が足で踏んで歩く様子も映っている。漬かった白菜をさびた掘削機で運ぶ様子も見られる。このような映像が拡散し、中国産キムチを使う食堂を避けるか、またはキムチチゲ、キムチチムなどキムチが主材料の食堂を敬遠する人々が増えている。騒ぎが大きくなったことを受け、韓国政府は中国産白菜漬け安全強化対策を出した。

    17日、韓国食品医薬品安全処(食薬処)は「最近問題となっている中国産白菜漬けについて、現地の生産段階から通関・流通段階にわたり安全管理を強化する」と述べた。

    食薬処は、「中国産白菜漬けの非衛生的な製造環境問題に対する消費者の懸念を考慮した予防的措置」と説明した。

    食薬処は、「通関段階で国内の基準・規格に適合する中国産白菜漬け・キムチのみ輸入を許可しており、12日から通関検査と保存料、食中毒菌検査など精密検査を強化している」とし、「既存の食品規定で定められている基準、規格に加えて、腸管出血性大腸菌など食中毒菌検査を追加で実施する」と説明した。国内基準・規格によると、キムチは鉛、カドミウム、タール色素、保存料、大腸菌群検査を、白菜漬けは細菌数、大腸菌群、大腸菌、タール色素、保存料の有無を検査する。

    食薬処は、22日から消費者団体などと合同で、輸入されるキムチやニンニクのみじん切り、粉トウガラシなどの原材料を中心に流通段階別(保管倉庫、食材スーパー、卸・小売業者、飲食店など)の安全性検査を予告した。

    しかし、現地生産段階に対する取り締まりには限界がある。食品医薬品安全処は、「中国側キムチなど韓国で食品を輸出する業者の作業場環境、製造設備、食品等の取扱い等の衛生管理を徹底してくれることを要請した」と説明した。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2021.03.17 14:10
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/276652

    no title

    朝鮮漬け

    【写真】論争になった中国産キムチ製造過程の映像
    no title

    中国でキムチを作る過程を撮った映像だとして国内外オンライン掲示板に紹介されたもののキャプチャー写真。[写真 オンライン掲示板]

    引用元: ・【キムチ戦争】「中国産キムチ出す食堂行かない」… 衝撃の裸で漬ける映像の余波=韓国[3/17] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【輸入しないと生きていけないのにw 【キムチ戦争】「中国産キムチ出す食堂行かない」… 衝撃の裸で漬ける映像の余波=韓国[3/17] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/04(木) 20:45:24.85 ID:CAP_USER
    韓国のキムチを「パオチャイ」と呼び自らの食文化だと主張する中国が、今度は東南アジア市場で中国産の果物をハングルで表記して販売し、韓国の輸出農家が被害を被っている。現地でプレミアムイメージの構築を進めている韓国産農産物の「高品質戦略」への影響も懸念される。

    政府は関連機関とともに共同ブランド確認などを通じた区別法の広報などを通じ、中国産「偽農産物」被害を防止していくことにした。

    4日、農林畜産食品部(部は省に相当)は韓国農水産食品流通公社(aT)とともに、韓国産と偽った中国産農産物の根絶のため、タイなどでマーケティング活動を展開すると明らかにした。

    最近、東南アジア地域で韓国産のナシなど、生鮮農産物の人気が高まる中、「韓国梨」(Korea Pear)やハングルで表記した中国産の果物が韓国産と偽って販売されるケースが増加している。

    東南アジアなどへの輸出が増加している韓国産農産物は、現地で比較的高値で販売されるプレミアム製品と位置づけられている。低温流通体系の構築と輸出最低価格の管理を通じ、昨年に輸出額が前年比32.5%増加したシャインマスカットが代表的な例だ。

    しかし相対的に品質管理がきちんとされていない中国産の農産物が韓国産と偽って販売される場合、プレミアムイメージの構築が難しくなる。農食品部がタイなどで中国産偽農産物の根絶キャンペーンなどを展開していることも、韓国産農産物のプレミアムイメージを守るための対策だ。

    その一環として最近、aTバンコク支社は現地で最も影響力のあるバチャモン(Vachamon)など4大生鮮食品購買メーカーのCEOと「韓国産偽農産物根絶のための業務協約」を締結した。協約を通じ韓国産生鮮農産物の安定的な現地流通体系と偽農産物に対する強力な対応体系を構築する方針だ。

    農食品部もハングルの誤認表記などによる輸出農家の被害を防ぐため、韓国産食品の人気が高い主要な市場を中心に現地の有力テレビ、食品専門誌やSNSなどを通じ誤認表記の事例と共同ブランド確認などを広報する計画だ。

    WOWKorea 2021/03/04 10:29配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/290263/

    no title

    東南アジア市場にハングルで「韓国梨」と書かれた中国産…高品質戦略への影響懸念。写真はベトナムで人気の韓国梨の広告。韓国農協のブランド。(画像提供:wowkorea)

    no title

    no title

    東南アジア市場にハングルで「韓国梨」と書かれた中国産の梨(韓国農協の中国事務所)

    引用元: ・【中韓友好】東南アジア市場にハングルで「韓国梨」と書かれた中国産…高品質戦略への影響懸念 [3/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【知財侵害国同士での共食いかwww 【中韓友好】東南アジア市場にハングルで「韓国梨」と書かれた中国産…高品質戦略への影響懸念 [3/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/08(木) 14:55:17.25 ID:CAP_USER
    国防部が優秀な科学化監視装備を基に海岸警戒に出ると明らかにしたが、このうち一部が中国で作った「偽韓国製」という主張が提起された。

    国会国防委員会所属「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員は7日の国防部に対する国政監査で、「国防部が北朝鮮などの脅威勢力から優秀な科学化監視体系で鉄壁防御すると公言したが、この装備の一部が中国で作られた事実上の『偽国産カメラ』と確認された」とし、「中国製カメラシステムが何の検証もなく韓国軍の対北朝鮮核心情報を観測する装備として活用されたもの」と明らかにした。

    河議員によると、陸軍本部情報作戦参謀部は3月27日に韓国企業S社と218億ウォンの「海岸・川岸警戒科学化構築事業」納品契約をした。S社は契約に基づき今年12月31日までに直接製造した監視カメラ215台を京畿道(キョンギド)の一部を含む前方地域に設置することにした。

    しかしS社が監視装備を直接生産して軍に納品する事業という説明とは違い、S社が軍に提出した製品紹介資料は中国のカメラメーカーであるZ社の製品写真が切り貼りされ、カメラの設計図面までそのままコピーされていたという。

    実際に中国・天津にあるZ社の工場内部写真で韓国軍が納品を受けることにしたカメラと同じ機種を製造する様子も撮影された。河議員はこれについて、カメラ製造能力がないS社がZ社からカメラを安値で輸入し、国産と偽装して陸軍に納品しようとしたとの疑惑を提起した。

    河議員によると、監視カメラを韓国国内で流通するためには「放送通信機資材適合性評価」を必ず受けなければならない。

    S社は7月8日に軍に納品するカメラに対する適合性評価を受けた。同日Z社が作ったカメラも適合性評価を受けたことがわかった。河議員は輸入通関手続き上必要な文書を整えるために適合性評価を受け、再び国産に偽装するために製造国だけ変えたという疑惑を提起した。

    陸軍とS社は「書面評価と工場実態調査を通じ生産工程まで確認しており、S社のカメラ製造能力を確認した」と釈明した。

    しかし河議員は該当企業が「パンチルト(追跡物体を早く撮影できるようカメラを自動で動かす駆動装置)など一部製品を中国から輸入したと疑惑を認めた」と話した。

    続けて「中国製品を国産だとだまして売るいわゆる『偽国産カメラ』が韓国の対北朝鮮監視網の核心システムに使われたのが事実ならば国民は激しく怒るだろう。組織的軍納不正勢力が介入したのではないか捜査機関が乗り出すべき」と強調した。

    これに対し国防部の徐旭(ソ・ウク)長官は「中国製品がパンチルトに使われたようだが確認がまともにできていないようだ。(陸軍本部に)監察を送り事実確認をするよう指示した」と明らかにした。

    中央日報日本語版 10/8(木) 13:13
    https://news.yahoo.co.jp/articles/44f2f570b160d866451485b77aab3d08a94cc537

    引用元: ・【韓国軍中国産監視カメラ使用】韓国野党議員「軍先端装備で北監視するといったが…中国製偽国産カメラ」 [10/08] [新種のホケモン★]

    【情報はリアルタイムで中共に【韓国軍中国産監視カメラ使用】韓国野党議員「軍先端装備で北監視するといったが…中国製偽国産カメラ」 [10/08] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ