まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国漁船

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/02(金) 10:49:55.76 ID:CAP_USER
    http://s.japanese.joins.com/article/130/223130.html?servcode=A00&sectcode=A30

    「中国漁船検問予定。すべての隊員は準備を!」。

    闇に包まれた先月29日午後11時10分。群山(クンサン)海洋警備安全署所属の警備艦3013艦(300トン級)に緊急命令が下された。中国漁船30余隻がレーダーで確認されたからだ。全羅北道群山市於青島(オチョンド)南西側の韓国側排他的経済水域(EEZ)を5キロ侵犯して違法操業中だった。

    「全隊員出動!」。武装待機中だった海警特攻隊員が高速ボート2隻に8、9人ずつ分かれて乗った。高速ボートは真っ暗な海上をライトもつけず中国漁船に向かって疾走した。中国漁船が明かりを見て逃走するのを防ぐためだ。出動から5分後、中国漁船に接近した。高速ボートはライトをつけて「ティンチュァン(停船)」と叫んだ。中国漁船はすぐに逃走を始めた。高速ボート1隻が中国漁船に近づいた。海警隊員は一瞬にして中国漁船に乗り込み、直ちに操舵室を掌握した。同じ時間、周辺にあった他の高速ボートも逃走する中国漁船を拿捕した。この日拿捕した中国漁船は計5隻だった。

    先月30日0時10分ごろ。逃げた中国漁船が拿捕された漁船を助けようと高速ボートと3013艦の前に集まり始めた。付近の1002海警警備艦艇から照明弾1発が発射された。しかし中国漁船は突進を続けた。

    一触即発の危機状況。0時23分、「M60機関銃に装填しろ」という命令が下された。3013艦と1002艦は中国漁船の船首側にそれぞれ2発と10発を撃った。中国漁船は船首を返さなかった。「接近を続ければ発砲する」と数回警告した。すると中国漁船はようやく引き返した。イ・ギチュン3013艦長(57)は「共用火器使用方針のためか、最近は激しく抵抗してこない」とし「昨年まで400-500隻ほど集まった中国漁船が最近は30-50隻ほどに減った」と伝えた。

    中国漁船の数は減ったが、武装は強化された。船の周りを高さ1.5メートルの金網で囲むだけでなく、船首と船尾に鉄パイプを付けている。操舵室の窓をすべて鉄で溶接し、前だけが見えるよう穴を開けた漁船もある。海警の船内進入を防ぐためだ。

    30日午後に行われた中国漁船取り締まり・捜索には450トン級の海警曳引艦艇も投入された。

    ヨ・インテ海警機動団長は「中国漁船の抵抗で2011年以降、負傷した隊員は53人にのぼり、2人が命を失った」とし「400-500トン級で構成された機動艦艇をつくることも検討中」と述べた。

    30日午後11時、風浪注意報が発令されたのを機に於青島の南西側一帯に約80隻の中国漁船がまた出没した。気象悪化で海警の取り締まりが弱まるスキを狙ったのだ。海警は3メートルの波を突き抜けて現場に行き、100-150トン級の中国漁船2隻を追加で拿捕した。2日間に中国漁船7隻を拿捕したということだ。

    引用元: ・【中韓】突進する中国漁船、韓国海警のM60機関銃10発で逃走 [12/02] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これが普通だろ】突進する中国漁船、韓国海警のM60機関銃10発で逃走】の続きを読む

    1: シャチ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/10/12(水) 11:19:08.78 ID:CAP_USER
    【ソウル=名村隆寛】韓国西方の小青島(ソチョンド)付近の黄海上で今月7日、警備中の韓国の高速艇が、
    不法操業していた中国漁船から体当たりされ沈没する事件があり、韓国国民安全庁は11日、不法操業船が
    取り締まりに抵抗した場合、今後は警備艦に搭載している機関砲を積極的に使用する方針を表明、
    中国を牽制(けんせい)した。

     また、韓国外務省は11日、邱国洪・中国大使を呼び、「直接的、組織的な挑発だ」と抗議し、
    強い遺憾の意を伝えた。事件をめぐる同省の抗議は9日に続き2回目。沈没による犠牲者はなかったものの、
    韓国政府は中国漁船が意図的に衝突したものとみている。

     黄海上での中国漁船の不法操業は絶えず、韓国当局が取り締まりを強化していた。今年は9月までに
    中国漁船42隻がその対象となった。しかし、取り締まりに対する抵抗や暴力行為も最近は凶暴化。
    これまで取り締まり中に2人が殉職した。一方、無許可で操業しているため、
    中国当局も不法漁船の把握が困難で手が出せないという。

     韓国での対中国世論は悪化しており、軍の投入や、「逆に攻撃し沈没させよ」といった
    強硬論がメディアや漁業関係者の間から出ている。

    産経
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000071-san-kr

    引用元: ・【中韓】韓国「今後は機関砲を使用する」 中国漁船の高速艇衝突に抗議[10/12]©2ch.net

    【【Galaxy投げつければ】韓国「今後は機関砲を使用する」 中国漁船の高速艇衝突に抗議[10/12]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/16(火) 21:09:18.32 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    no title


    2016年8月15日、参考消息網によると、同日付の香港紙・香港商報は、中国が魚場とする東シナ海で、中国漁船による乱獲や水質の悪化などが海洋漁業資源の衰退を招き、「東シナ海には魚がいない」ことが既に事実となっていると伝えた。

    中国が管轄する海域で捕獲可能な漁業資源は年間800万から900万トンだ。だが実際には1300万トン近くに上っているという。

    中国農業部の韓長賦(ハン・チャンフー)部長は、海洋漁業資源の総量管理に向けた規則の制定と実施、登録されていない漁船による密漁や収奪的な漁法の摘発などに力を入れると述べ、危機感を表明した。(翻訳・編集/柳川)

    http://www.recordchina.co.jp/a147654.html

    引用元: ・【中国】中国漁船による乱獲「東シナ海に捕れる魚はもういない」―香港紙[8/16]©2ch.net

    【【中国】中国漁船による乱獲「東シナ海に捕れる魚はもういない」―香港紙[8/16]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/16(火) 21:02:00.82 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    出発を待つ中国漁船=福建省(矢板明夫撮影)
    no title

    海上民兵の訓練基地である泉州海洋学院=中国・福建省石獅市(矢板明夫撮影)
    no title

    政府が公表した尖閣諸島沖の中国漁船の映像

     【福建省泉州市(中国東南部)=矢板明夫】尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の海域に8月、中国公船20隻以上とともに押し寄せた400隻以上の中国漁船に、訓練を受けた多数の海上民兵が乗り込んでいることが分かった。
    複数の中国漁業関係者が明らかにした。一連の行動は、中国当局が尖閣諸島の主権をアピールするため計画的に実行。海上民兵は、他の漁民を束ねるとともに、周辺海域の地理的状況や日本側の巡回態勢に関する情報収集などの任務を担っているという。

     福建省の漁業関係者によれば、8月上旬に尖閣周辺に集まった漁船には少なくとも100人以上の海上民兵が乗り込み、大半が船の指揮を任されているという。
    彼らの船には中国独自の衛星測位システムが設置され、海警局の公船などと連携を取りながら前進、停泊、撤退などの統一行動をとる。
    帰国後は政府から燃料の補助や、船の大きさと航行距離、貢献の度合いに応じて数万~十数万元(十数万~約300万円)の手当てがもらえるという。

     地元の漁民によれば、福建省や浙江省の港から尖閣近くに向かうには約20時間かかり、大量の燃料を使う。また、日本の海上保安庁の船に「作業を妨害される」こともあるため、通常は敬遠する漁民が多いという。

     しかし、今年の休漁期間中(4月1日~7月31日)、複数の漁船は当局から「8月に釣魚島(尖閣諸島の中国名)に行くように」と指示されたといい、その際、海警局の護衛がつくことを示唆されたという。

     中国当局は今回の行動のために海上民兵を動員し訓練を重ねたとされ、福建省石獅市では7月下旬、160人の海上民兵が同市にある大学、泉州海洋学院で軍事訓練を受けた。浙江省でも同様の訓練を実施。
    海上民兵に日本への憎しみを植え付けるため、「南京大虐殺」や「甲午大海戦」(日清戦争の黄海海戦)といった映画を思想教育の一環として鑑賞させたという。

     常万全国防相も出発前の7月末、浙江省の海上民兵の部隊を視察し「海上における動員準備をしっかりせよ。海の人民戦争の威力を十分に発揮せよ」などと激励した。



     中国で「民兵」とは、退役軍人などで構成される準軍事組織で、警戒や軍の物資輸送、国境防衛、治安維持などの役割を担う。このうち漁民や港湾労働者らなど海事関係者が組織するのが海上民兵といわれる。

     中国の民兵は、改革開放当初の1970年代末は3千万人いたのが、2011年には800万人まで減少した。しかし、海上民兵だけは重要視され増強される傾向にあり、中国の軍事専門家によれば、現在は総勢約30万人の海上民兵が存在するという。

     海上民兵が近年、一層重視されるようになったのは、2013年4月、中国の習近平国家主席が海南島の海上民兵部隊を視察して激励したのが契機とされる。その後、南シナ海に武装した海上民兵部隊が出現。
    東シナ海に面する福建省と浙江省でも同様の準備が進められている。

     毛沢東時代の海上民兵の主な仮想敵は台湾だったが、近年は東、南シナ海での緊張の高まりとともに、仮想敵は東南アジア諸国と日本になったという。

     地元紙によると、浙江省の海上民兵、漁船船長の徐文波氏が今年2月、地元の軍区から「重大な海上軍事任務を完遂した」として「二等功」を授与され、表彰された。
    具体的な任務は伏せられたが、記事には「約20時間も航海した」との記述があり、距離からして尖閣諸島周辺での任務を実行した可能性もある。

    http://www.sankei.com/world/news/160816/wor1608160038-n1.html

    引用元: ・【尖閣問題】「海の人民戦争だ」中国漁船に潜む海上民兵の実態は…政府から手当ても[8/16]©2ch.net

    【【尖閣問題】「海の人民戦争だ」中国漁船に潜む海上民兵の実態は…政府から手当ても[8/16]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/21(木) 09:28:24.10 ID:CAP_USER
    no title

    写真はNLL一帯で6月に違法操業をする中国漁船。(写真=仁川海警)

    先月初め、西海(ソヘ、黄海)北方限界線(NLL)近隣で違法操業をする中国漁船を拿捕して話題になった延坪島(ヨンピョンド)ワタリガニ漁船「ヘシン号」(9.7トン)のキム・ジョンヒ船長(56)。キム船長は最近、海を見るだけで怒りを感じるという。
    今月から本格的なワタリガニ禁漁期に入り、韓国の漁船は出港も操業もできない。

    しかし中国漁船はむしろ韓国漁船の禁漁期に西海NLL一帯で違法操業に熱を上げている。キム船長は「禁漁期であっても船を出して(中国漁船を)すべて拿捕したい心情」とし「韓国の漁民が休む間に中国漁船が総取りしている」と怒りを表した。

    ワタリガニ禁漁期を迎えて韓国漁民の操業は中断したが、中国漁船は依然としてNLL一帯で操業していることが確認された。仁川(インチョン)海洋警備安全署(仁川海警)によると、20日を基準にNLL近隣で違法操業をした中国漁船は67隻だった。
    1日は69隻、2日は71隻、3日は70隻など平均70隻が出没している。前年同期(40-50隻)に比べてかなり増えた。

    問題は韓国の漁船には今がワタリガニ禁漁期という点だ。禁漁期とは、魚類資源の保護のために魚介類の産卵時期や稚魚が育つ間は捕獲・採集を法で中断する期間をいう。
    魚種と海域によって少しずつ異なるが、ほとんどの場合、年間6-8月に2カ月間指定される。西海5島のワタリガニの場合、7月1日から8月31日までが禁漁期だ。

    これを違反すれば水産資源管理法に基づき2年以下の懲役刑または2000万ウォン(約190万円)以下の罰金刑を受ける。この期間、該当操業漁船の出港も不可能となり、、地方自治体から最大40日の漁業停止、海技師免許停止などの行政処分も受ける。

    韓国漁船の禁漁期を狙ってNLL一帯で中国漁船の違法操業が続いている。中国にも禁漁期がある。地域や魚種によって異なるが、6月1日から8月31日まですべての操業が中断する。
    中国も禁漁期であるためNLLに出没する中国漁船は自国の立場でも違法操業ということだ。中国政府は禁漁期に出港して摘発された漁船には1800万-9000万ウォンの罰金を科す。
    中国漁船が漁獲物運搬船を通じて食材・生活必需品の供給を受けながらNLL一帯で2-3カ月間とどまる理由も罰金を避けるためだと、仁川海警は把握している。

    特に中国漁船は南北間の軍事的対立状況などを利用して南北を行き来するうえ、海警の取り締まりを避けるために真夜中や早朝に主に操業する。

    排他的経済水域(EEZ)の場合、許可を受けた一部の中国漁船は一定期間(4月16日-10月15日)操業が可能だ。しかし西海5島などNLLは操業許可地域でない。

    パク・テウォン延坪漁村係長(56)は「中国漁船は禁漁期だけでなく一年中出没して違法操業をする」とし「海警が一年中取り締まりができるよう西海5島に海洋警備安全署を新設するべき」と語った。
    漁民と市民団体で構成された「西海5島中国漁船対策委員会」は先月、こうした内容の中国漁船対策を政府に伝えたが、予算問題などで受け入れられなかった。

    漁民の不満が続くと、海警は大々的な拿捕作戦に乗り出した。最近は政府合同対策に基づき特攻隊2チームを延坪島に常駐配置することにした。

    キム・ファンギョン仁川海警警備救助課長は
    「もともと7-8月は中国も禁漁期であり、出没する中国漁船数も少なく、拿捕した中国漁船もほとんどない」とし「乱獲で中国の漁場が荒れたうえ、自国の禁漁期を避けるために中国漁船が韓国の領海に入ってくるようだ」と説明した。
    チョン・ヨンフン海洋水産部水産政策室長は「禁漁期に来る中国の違法漁船は両国政府の共同監視と人工魚礁設置を通じて積極的に防ぐ方針」と述べた。

    http://japanese.joins.com/article/492/218492.html

    引用元: ・【中韓】韓国漁民が動けない禁漁期、中国漁船がワタリガニ大量捕獲[7/21]©2ch.net

    【韓国人「禁猟期を守らない中国漁船」 ←お前らが日本海でやっていることだろ】の続きを読む

    このページのトップヘ