まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国市場

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/21(火) 10:23:00.95 ID:CAP_USER
     LG化学、サムスンSDIなど韓国のバッテリーメーカーが中国政府の電気自動車(EV)バッテリー認証から再び除外され、中国での事業展開に赤信号がともった。
    中国政府が20日発表した「第4次EVバッテリー模範基準認証企業」31社のリストにLG化学、サムスンSDIは含まれなかったことが分かった。LG化学は4月の第3次リスト発表でも認証獲得を目指したが、書類不備で実現しなかった。

     中国政府は認証企業に含まれなかった企業のバッテリーにはEV向け補助金を支給しない方針だ。補助金は車両価格の30~50%に達し、補助金対象外のバッテリー業者は価格競争力を失うことになる。

     中国政府がこれまでに認証した企業は56社で、うち中国企業が54社だ。残りは日本、米国が各1社となっているが、いずれも中国資本が一部入っているという。
    このため、中国政府が国内のバッテリー業者を保護し、韓国のバッテリー企業を意図的に排除するため、認証制度を運用するのではないかとの懸念も生じている。

    ユン・ヒョンジュン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/21/2016062100564.html


    韓経:LG化学・サムスンSDIの自動車バッテリー、中国政府で認証されず

    LG化学とサムスンSDIが中国で電気自動車のバッテリーの認証を受けることができなかった。認証がなければ今後、バッテリー補助金支給対象から除外される。
    両社は再申請する計画だが、中国政府が韓国企業を自国市場から排除しようとする戦略を露骨化しているため、認証を受けられるかどうかは不透明だ。

    中国工業情報化省は20日、インターネットのホームページを通じて「第4次電気自動車バッテリー規範条件認証会社」31カ所を発表した。すべて中国の会社で、LG化学・サムスンSDIなどは含まれなかった。

    規範条件は中国政府が昨年3月にバッテリー業界に導入した政策。一定規模の生産、開発、品質、設備などを備えてこそ認証を受けることができる。
    中国政府は来年から認証会社が生産したバッテリーを搭載した電気自動車にのみ補助金を出す方針だ。電気自動車の価格の半分ほどの補助金を受けることができなければ市場参入は難しい。

    工業情報化省はバッテリー企業から随時申請を受け、昨年11月から3回にわたり25カ所の登録会社を発表した。すべて中国の会社で、BYDやCATLなど中国内1-6位が含まれた。
    LG化学は2月末に申請したが、書類補完要求を受けた。サムスンSDIは3月初めに申請したが、今回の4次認証リストから抜けた。

    両社は「操業開始から1年経過しなければいけない」という条件を満たせず脱落したという。LG化学とサムスンSDIは昨年10月にそれぞれ中国の南京と西安にバッテリー工場を設立した。
    両社は竣工前から試作品を生産したことを立証する書類を出したが、中国政府は認めなかった。業界関係者は「関連書類などを補完して再申請する計画」とし「次の認証会社発表では含まれるだろう」と話した。

    業界の一部では技術で上回る韓国企業が認証から除外されたことに関し、中国政府が韓国企業を排除するための措置と解釈している。中国は1月、LG化学とサムスンSDIが生産する三元系バッテリーを電気バス補助金対象から除外する措置を発表した。

    http://japanese.joins.com/article/197/217197.html

    引用元: ・【中韓】中国のEVバッテリー認証、LG化学やサムスンSDIなど韓国企業は再び除外 中国での事業展開に赤信号[6/21]©2ch.net

    【韓国製バッテリー、中国市場から完全排除決定】の続きを読む

    yaru


    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/07/13(日)22:03:20 ID:hJaApJRkW
    【コラム】最高級の韓流コンテンツにふさわしい待遇を

    歌手PSY(サイ)を「ワールドスター」にした大ヒット曲『江南スタイル』は5月31日、
    動画共有サイト「ユーチューブ」で20億回再生を達成した。2012年7月15日に公開されて以来、
    1年10カ月目のことで、これまでのユーチューブ再生回数で1位の記録だ。
    英国の経済週刊誌「エコノミスト」が特集記事を組んだことでも分かるとおり、驚異的な記録といえる。

     しかし、さらに驚くべき記録がある。中国のテレビ番組・映画サイト「愛奇芸」で
    過去最高の再生回数を塗り替えた韓国ドラマ『星から来たあなた』だ。
    昨年12月に韓国で放映されたドラマが、中国に渡ってわずか4カ月で再生回数20億回を突破した。
    しかも、『江南スタイル』は無料で見ることができるが、
    『星から来たあなた』はビデオ・オン・デマンド(VOD)型の有料サービスだ。

    『江南スタイル』を世界に広めた「ユーチューブ」は、13億人を抱える中国市場では視聴できない。
    反体制情報の流入を懸念した中国政府が「グーグル」や「ユーチューブ」といった米国のサイトを
    見られないようにしているためだ。一方、「愛奇芸」は中国の人口13億人が主な顧客となっている
    中国のサイトだ。

    『江南スタイル』は中国以外の世界市場、『星から来たあなた』は中国市場をターゲットに、
    それぞれ別々の道を歩んでいったのだ。

    現時点では『星から来たあなた』の方が実利を多く手にしているように思える。
    有料サービス網で公開された『星から来たあなた』が輸出効果満点だったのに対し、
    『江南スタイル』がそれ相応の経済的利益を生み出したというニュースは聞こえてこない。
    中国市場の方がはるかに大きな実利があるということだ。

    中国のデジタル韓流市場は急速に膨らむ一方だ。
    しかし、最高級の韓流コンテンツがそれ相応の金額で取引されているかどうかは疑問だ。
    このほど、あるテレビ局のバラエティー番組が放映権料30億ウォン(約3億円)で中国に売られたが、
    中国企業は韓流人気による広告料収入を含め1000億ウォン(約100億円)以上の収益を上げたという。

    中国専門メディア「onbaoドットコム」のキム・ビョンムク代表は「欧米の企業はコンテンツを売る際、
    収益を一定割合で分け合うが、韓国企業は主に定額制を採用しているため、
    急速に成長しているデジタル韓流市場でそれ相応の金額を受け取れていないケースが多い」と語った。

    「中国の国内総生産(GDP)は韓国の7.5倍だから、同じコンテンツでも中国からは韓国の7倍以上受け取れるはずだ」
    という分析もある。韓流コンテンツは今や「韓国市場基準」ではなく「中国市場基準」で大きく考えなければならない時期に来た。

    プレミアムニュース部=キム・ギフン次長

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140713-00000029-chosun-kr

    引用元: ・【朝鮮日報】韓流コンテンツ『星から来たあなた』が4か月で20億回再生された中国市場。『江南スタイル』より利益を出しているが、それに見合った金額を受け取れていない[7/13]

    【カウンタが回ってるだけ-【朝鮮日報】韓流コンテンツ『星から来たあなた』が20億回再生された中国市場。20億回再生した『江南スタイル』はそれに見合った金額を受け取れていない[7/13]】の続きを読む

    このページのトップヘ