まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国大使館

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/22(日) 07:18:32.40 ID:CAP_USER
    https://www.recordchina.co.jp/b881256-s25-c30-d0198.html

    パキスタン南西部の港町、グワダル市で20日、中国人を標的にした自爆テロが発生した。中国の駐パキスタン大使館は同日、同事件により中国人1人が軽傷を負い、現地人の未成年者2人が死亡、その他にも多くの負傷者が出たと発表した。パキスタンのCh・ファワド・フセイン情報放送相は21日、ツイッターを通じて、「中国とパキスタンの偉大な指導力による経済ビジョンにまたも抵抗」などと表明した。

    パキスタンでは7月14日にも、同国北西山間部でも中国人技術者が乗るバスが自爆テロ方式の襲撃を受け、中国人10人が死亡する事件が発生していた。パキスタン側は当初、「事故だ」と説明していたが、8月12日になり、襲撃事件だったと断定したと発表した。

    8月20日の襲撃の詳細は伝えられていないが、駐パキスタン中国大使館は事件の死傷者を発表した上で、「このテロリズム行為を強烈に非難する。両国の負傷者に心からお見舞いし、パキスタン側の罪がない犠牲者に深い哀悼を捧げる」と表明した。同大使館はさらに「最近、パキスタンの安全情勢は厳しい状態であり、テロ攻撃が連続して多発して現地の中国人が多く死傷している」として、パキスタンにいる中国人に向けて、不要な外出を控えるなど警戒するように呼び掛けた。

    Ch・ファワド・フセイン情報放送相はツイッターで、「中国とパキスタンの偉大な指導力による経済ビジョンにまたも抵抗」と表明した上で、「我々の敵は我々の決意を覆すことはできない。我々は犯罪者を法廷に引き出す努力を惜しまない」と表明した。

    これまでの報道によれば、7月14日に中国人技術者が乗るバスを襲撃したのは、パキスタン国内のタリバン支持の集団を統合する目的で結成されたパキスタン・タリバン運動(TTP)とされている。(翻訳・編集/如月隼人)

    引用元: ・【国際】パキスタンでまたも自爆テロによる中国人襲撃、中国大使館「このテロリズム行為を強烈に非難する」[08/21] [ろこもこ★]

    【ならず者同志の戦い 【国際】パキスタンでまたも自爆テロによる中国人襲撃、中国大使館「このテロリズム行為を強烈に非難する」[08/21] [ろこもこ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/19(月) 17:58:54.72 ID:CAP_USER
    (台北中央社)外交部(外務省)は19日、駐フィジー台北商務弁事処(大使館に相当)が8日に現地のホテルで開催した国慶節の祝賀レセプションに、中国の大使館職員2人が乱入したと明らかにした。両者間で衝突があり、代表処職員が頭部を負傷した。外交部の欧江安報道官は、中国の駐フィジー大使館職員の行為が法治と文明の規範に著しく違反しているとして「強い非難」を表明した。

    この出来事は、フェイスブックページ「TaiwanWarmPower」が19日午前、騒動を報じたニュージーランドのウェブメディア「アジア・パシフィック・レポート」の19日付の記事を紹介したのを受けて明るみに出た。

    19日の立法院(国会)外交・国防委員会では、与野党の立法委員(国会)からこの出来事について関心が寄せられた。

    同委に出席した外交部の曽厚仁政務次長によれば、中国の駐フィジー大使館職員2人はレセプション会場の外で様子を観察した後、一旦はその場を離れたものの、すぐに戻って叫び声を上げ始め、場内に押し入ろうとした。台湾側の職員はこれを制止しようとし、衝突が生じたという。

    外交部の報道資料によれば、中国側の職員は駆け付けた現地警察により、強制的に会場外に連れて行かれた。代表処はフィジー外務省や警察に経緯を説明し、関連の人的証拠や物証を提供した。

    曽氏は、粗暴で非理性的な手段で平和を破壊しようとする中国側の活動に対し、「非常に遺憾であり、非難する」と外交部の立場を示した。過去に同様の出来事があったのかについては、「これほどまで深刻なものはなかった」と述べた。

    騒動の発生後、すぐに情報を公開しなかった理由については、対外的に説明する前に全ての詳細を明確にしたかったからだと説明した。

    報道陣の取材に応じた欧報道官は、台湾がフィジー外務省に対し、中国大使館への最も厳正な抗議を表明したことを明らかにした。

    (陳韻聿/編集:名切千絵)

    中央社フォーカス台湾 2020/10/19 14:33
    http://japan.cna.com.tw/news/achi/202010190002.aspx

    no title

    外交部の曽厚仁政務次長

    引用元: ・【台湾】中国大使館職員2人が駐フィジー台湾代表処のイベントに乱入 外交部「強く非難」法治と文明の規範に著しく違反している[10/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【完全に覇権主義の表れだ【台湾】中国大使館職員2人が駐フィジー台湾代表処のイベントに乱入 外交部「強く非難」法治と文明の規範に著しく違反している[10/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/11/20(月) 10:15:56.19 ID:CAP_USER
    今月16日、国会議員会館のいくつかの議員室で小さな論争が起きた。在韓中国大使館が外交・安全保障通とされる数人の国会議員に招待状を送ってきたが、それに応じるかどうかという論争だった。招待状の内容は要約するとこうだ。

    「中国共産党の中央党校(幹部養成機関)の何毅亭・常務副校長(閣僚級)を団長とする中国共産党代表団が21日から23日まで韓国を訪問する。訪問時に韓国の政・官・学・財界の関係者との交流を通じ、中国共産党第19回党大会の結果および中国の発展ぶりについて説明を行う。邱国洪駐韓大使の司会で懇談・晩餐会を開くので、議員を招待したい」

    招待の文言の下には、参加者が120人前後で、服装は正装と書かれていた。

    問題は招待状の内容よりも発送方法だった。在韓中国大使館の参事官クラスの職員が個別議員の補佐官、秘書官に携帯電話のメッセージやメッセンジャーで招待状を送ったからだ。中国に友好的な議員の事務所も「中国で最も重要な行事である党大会の結果を説明すると言いながら、メッセンジャーで招待状を送ってくることなどあり得るか」との声が漏れた。

    ある議員事務所関係者は「国会議員にメッセンジャーで招待状を送りつけ、正装でいつ、どこに来いというのは、韓国国民をないがしろにする行為ではないか」と憤った。

    在韓中国大使館は日程が5日後に迫っていたため、格式を重視して招待状を送ることが非効率的だと考えた可能性がある。しかし、個人間でも重要な行事に招待する場合、「モバイル招待状」だけ遅れば、「礼儀知らず」と言われるのが韓国文化だ。果たしてそんな事実を知らずに国会議員にモバイル招待状を送ったのだろうか。

    韓中間のバランス軸が傾いているという指摘は数年前から出ている。中国側は韓中関係に複雑な問題が生じるたびに、韓国の大統領の電話に出ず、韓国の外交官に会わず、韓国側の行事に高官を送らないことで韓国に言うことを聞かせようとした。それをどうにかしようと韓国の歴代政権は大統領に最も近い実力者を駐中大使に据えた。

    一方、その間にソウルに派遣された中国の外交官は何の制約もなく、韓国政府の幹部や国会議員と会った。邱大使は8月、文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫人の金正淑(キム・ジョンスク)女士と共に中国の画家の展覧会にも出かけた。韓国が派遣した有力な駐中大使も中国国家主席の夫人とは単独で会えないのに、中国外務省が韓国に送った局長級の大使はそれをやってのけた。

    大統領夫人はたった一人だが、国会議員は299人いる。大統領夫人にも会える在韓中国大使が議員にモバイル招待状を送るというのは、ある意味当たり前かもしれない。それでも出席するという議員がいるというからなおさらだ。


    2017/11/20 10:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/20/2017112000771.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国国会議員にSMSで招待状を送りつけた在韓中国大使館[11/20]

    【【属国の扱いなんてこんなもんだ】在韓中国大使館、SMSで韓国国会議員に招待状を送りつける】の続きを読む

    1: ◆E2FCewEIt. 2015/02/04(水)14:36:56 ID:2Pg
    no title

    ▲ソウル・明洞にある中国大使館。写真=李徳熏(イ・ドクフン)記者

    国際連合に所属する中国外交官の夫人とその母親がソウル市内でタクシーとトラブルになり、駐韓中国大使館を巻き込む騒ぎになっている。
    被害者の夫が所属する国連経済社会局(UNDESA)ガバナンスセンター(韓国事務局)と中国大使館は所轄のソウル・麻浦警察署の捜査に不満を抱き、韓国外交部(省に相当)を通じ徹底的な真相調査と責任者の刑事処罰を要求していることが分かった。
    このため、外交的な影響も予想されている。

     先月12日夜、中国国籍の女性がソウル市麻浦区のホテル前でタクシー運転手ともめ、タクシーの中から外に転げ落ちた。
    トラブルのきっかけは、目的地に到着した女性がクレジットカードで支払いをしようとしたところ、タクシー運転手が現金で支払えと要求したことだった。女性がタクシー運転手の不当な要求を拒否すると、運転手は韓国語で激しくののしった。
    女性によると、タクシー運転手は女性の携帯電話やクレジットカードを奪い、車の中で放り投げたという。タクシー運転手は女性にタクシーから降りろと言い、女性が完全に降りないうちに車を出発させた。

     タクシーには女性の母親が乗っており、運転手は母親を乗せたまま100メートルほど走った。母親は週刊朝鮮に「タクシー運転手は娘に降りるよう言った後、私を乗せたまま急に車を出発させたので『拉致だ』と中国語で叫んだ。
    韓国語もできず、娘は道路に倒れており、本当に怖かった」と話した。母親を乗せて走り出したタクシーは渋滞でまもなく停車、女性は近くにいた警察官に助けを求め、ソウル・汝矣島のカトリック汝矣島聖母病院救急室に搬送された。

     女性は妊娠3カ月だったため、事故直後に搬送された病院でもおなかの胎児への影響を心配してエックス線検査や磁気共鳴画像装置(MRI)検査などが十分受けられず、腕や脚にギプスだけして胎児のことを心配している。
    韓国外交部長官が発給した「専門家の配偶者」という資格で韓国に滞在しているこの女性は、中国教育省が派遣した国費留学生だ。かつては米ハーバード大学の交換学者で、今はソウル市内の大学で韓国哲学専攻の博士課程に在籍している。
    韓国語も堪能だ。

     中国大使館側は、先月13日に参事官を派遣して被害を受けた女性の状況を確認、同大使館領事部を通じ、関係当局が事件処理に協力するよう要請する公文書を送った。
    中国大使館をはじめとする事件関係者は
    「事故時、所轄の警察署はタクシー運転手の飲酒・薬物使用などの有無を検査もせずに返した。防犯カメラ映像や現場近くにいた目撃者の確保も先送りし、電話応対も避けるなど、誠意のない態度を変えない」として、警察の捜査に強い不満を示している。
    女性は「礼儀正しい韓国人が好きで夫と韓国に来たが、これほどひどい目に遭うとは思わなかった」と話した。麻浦警察署の担当捜査官は「該当者(被害女性)の身分についてはよく分かっている。詳しい事件内容については捜査中のため話せない」と答えた。

    イ・ドンフン週刊朝鮮記者

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/04/2015020401526.html

    引用元: ・【韓国】中国外交官夫人、ソウルでタクシーから振り落とされる 中国大使館激怒、外交的な影響も懸念[2/04]

    【鞭打ちで矯正するヨロシ!。 【韓国】中国外交官夫人、ソウルでタクシーから振り落とされる 中国大使館激怒、外交的な影響も懸念[2/04]】の続きを読む

    このページのトップヘ