まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国人

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/23(水) 22:47:16.12 ID:CAP_USER
    2017年8月23日、韓国KBSワールドラジオによると、今年7月に韓国を訪れた外国人観光客の数は、中国人観光客の減少が続いた影響で、前年同月に比べ40%減少したことが分かった。

    韓国観光公社によると、7月の訪韓中国人観光客数は28万人で、前年同月比69.3%減少した。4カ月連続で前年実績を60%以上下回っている。

    小幅増加した台湾などの中国本土以外の中華圏を除き、日本、欧州、米国、アジア、中東などほとんどの国と地域の観光客数が軒並み前年同月に比べ減少した。全体の外国人観光客数は前年同月比40.8%減の100万人だった。

    今年1月から7月までの累積の観光客数は約776万人で、前年同期に比べ20.9%減少している。(翻訳・編集/柳川)

    http://www.recordchina.co.jp/b188362-s0-c30.html

    no title

    写真はソウルの光化門広場。

    引用元: ・【韓国】7月の訪韓中国人観光客、前年比69%減、4カ月連続60%以上減―韓国メディア[8/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【中国の豪快な制裁】7月の訪韓中国人観光客、前年比69%減、4カ月連続60%以上減】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/06/29(木) 17:39:35.06 ID:CAP_USER
    THAAD(高高度防衛ミサイル)配備の余波などで中国から韓国を訪問する患者が減少し、美容整形、関節脊椎分野の病院の競争が激しくなったことで、経営危機を迎えている開業医が増えている。医師を減らしたり廃業を選択する医療機関も多い。専門家らはこのような危機状況を韓国医療機関の体質改善の機会にするべきだと指摘している。 

      ◆増える美容整形外科の廃業 

      健康保険審査評価院によると、今年1-4月に廃業した整形外科は26カ所にのぼる。前年同期(18カ所)、2015年同期(16カ所)に比べ大きく増えた。今年廃業した整形外科の半分はソウル江南区(カンナムグ)にある病院だった。整形手術のメッカと呼ばれたソウル江南区狎鴎亭洞(アプクジョンドン)と新沙洞(シンサドン)の整形外科通りも以前とは違う。付近の公認仲介士事務所の関係者は「廃業でなくとも病院の規模を縮小するため移転する整形外科が多い」とし「空室率は30%ほど増えた」と説明した。 

      手術費割引競争も激しい。患者が減ると、中大型の整形外科までが手術費引き下げを始めた。新沙洞のA整形外科は120万-150万ウォンだった脂肪再配置、リフティング手術などを5月からは100万ウォン(約10万円)で受けることができると広告を出している。アン・ゴンヨン大韓ブランド病院・医院協会長(コウンセサン皮膚科代表院長)は「この数年間、美容整形外科が競争しながら病院を拡大し、中国語コーディネーターや海外マーケティング職員を雇用するなど大規模な投資をしてきた」とし「中国人患者が急減しているため、手術費の引き下げや病院の縮小を始めている」と説明した。 

      ◆関節脊椎市場の競争 

      中小型医療機関の経営難が本格化したのは2015年にMERS(中東呼吸器症候群)事態が発生してからだ。MERSが流行した5-7月には患者が途切れ、事態が落ち着いても容易には回復しなかった。中国で韓国遠征整形手術に関する世論が悪化したうえ、THAAD事態までが発生し、整形外科が直撃弾を受けた。 

      過剰手術世論も広がり、関節脊椎分野の病院のリストラも始まった。手術が多い整形外科や神経外科が停滞すると、リハビリ医学科、麻酔痛症医学科、韓方病院などが非手術脊椎治療市場に参入した。患者誘致のために非給与検査費を割引する病院も増えた。ソウル永登浦(ヨンドンポ)のある関節脊椎病院は通常30万-50万ウォン水準の磁気共鳴画像装置(MRI)検査費用を16万ウォンに引き下げた。ソウル江西区(カンソグ)の脊椎病院の関係者は「病院に垂れ幕を設置するだけでも他の病院が地域の保健所に申告するほど競争が激しい」と語った。 

      ◆「体質改善の機会に」 

      整形外科などは収益を出していた代表的な診療科だ。しかし最近の危機を迎えて、体質改善の機会にするべきだという指摘が出ている。手術が必要のない患者にまで無理に手術を勧める過剰診療で規模を膨らませてきたのが危機の導火線になったという反省からだ。 

      中国に偏った海外患者誘致戦略も修正が必要だという声が多い。東南アジア、ロシア、米国、欧州などで整形の需要が増えているからだ。チン・ギナム延世大保健行政科教授は「市場の多角化を通じてリスクを分散する必要がある」とし「量よりは質を中心に海外患者誘致事業を転換しなければいけない」と述べた。


    http://s.japanese.joins.com/article/686/230686.html
    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]2017年06月29日 13時48分

    引用元: ・【韓経/中央日報】減る外国人患者…ソウル江南の整形外科に「廃業恐怖」=韓国[6/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【そら実態が酷いからなwwww】「廃業恐怖」ソウル江南の整形外科、中国人患者が激減】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 14:05:35.75 ID:CAP_USER
    2017年5月30日、参考消息は中国の富豪がオーストラリアで新築される家屋の4分の1を購入しているとする英紙デーリー・メール電子版の22日付報道を伝えた。

    現地で新築物件を購入する中国人には現地に家族で移住して生活することを想定した人もいれば、購入してそのまま放置する人も多く、中国人が購入した住宅の20%が空き家の状態だという。

    住宅ローンなどを手掛ける金融会社イエロー・ブロック・ロードのマーク・ボーリス会長は「彼らは今年1軒、来年また1軒、その後もう1軒…と買い続けようとする。本人に利益がなくても子どもや一族がそこから利益を得られればいいという考えだ」と語る。同氏はまた、中国人が購入する物件は極端に高額なものばかりで、現地の一般家庭とはそもそもニーズがバッティングしないとも話す。

    特別投資ビザを取得してシドニー東部のドーバー・ハイツに建つ海の見える650万豪ドル(約5億3700万円)の物件に目を付けた中国人女性は、「快適で美しい郊外の家を第2の住み家にしたい。物件を買うだけでなく最終的には現地で生活したい」と語る。女性はすでに息子を現地の名門私立学校に入学させている。このような中国人は多いという。

    アジアの富豪向けにパーティーを催している不動産仲介業者の女性は、「完全に『中国人のオーストラリアライフ』を売り出すためのもの。これは侵略ではなく、中国人は家を買うのが好きなんです。オーストラリアでなければ、カナダやイギリスの家を買う。彼らは生まれながらにして家を買うのが好きなんですよ」と語っている。
    Record china
    2017年6月1日(木) 7時50分
    http://www.recordchina.co.jp/a179774.html

    引用元: ・【中国富豪】オーストラリアの新築の4分の1を中国人が購入[06/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【乗っ取られたやろ 】オーストラリアの新築の4分の1を中国人が購入】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/24(水) 06:28:25.27 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=178971&ph=0

    2017年5月21日、封面新聞によると、オーストラリアの名門大学で先日、「テストに中国を侮辱するような問題が出された」と中国人留学生が反発する騒ぎが起きた。

    物議を醸したのはビクトリア州立モナシュ大学のテストで出た問題で、中国人留学生の不満を買ったのは「中国で政府の役人が本当のことを話すのは○○の時だけだという俗説がある」「中国で現代化、新技術導入、工業改革の主な障害となっているのは何か?」という選択問題。

    前者の「○○」に入るのは「酔った時。あるいは不注意だった時」、後者は「技能を持つ労働者の不足。特に管理者」が正解という。この問いは大学のサイト上に掲載され、「労働者の技術不足について語ることは難しいが、こんな俗説は聞いたことがない」などと留学生らは出題した講師を批判、現地の中国総領事館関係者もこの件をめぐって大学に調査と適切な処置を求めたことを明らかにした。

    記事によると、大学側はこの講師をすでに停職処分にしており、大学の学部責任者は「全面的な謝罪」を示したという。

    引用元: ・【国際】中国人留学生が騒然、「テストの問題で中国が侮辱された!」[05/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【事実を語れば処罰】オーストラリアの中国人留学生「テストの問題で中国が侮辱された!」】の続きを読む

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/29(月) 12:57:32.50 ID:CAP_USER
    「中国の周辺国は乱暴で勝手な強権と共存する方法を学ぶべきだ」

    最近韓国で翻訳出版された「未成熟な国家」(イボム出版社)の中国人著者、許知遠氏(41)は、
    「一方で政府によってたやすく操縦される群衆がおり、もう一方には閉鎖的で傲慢な政権がある国が中国だ」と指摘した。
    許さんは前作の「独裁の誘惑」などで西側の知識人よりも厳しい視線で祖国を批判してきた知識人だ。

    今回出版された著書でも、清日戦争(日清戦争)からトウ小平後の現代中国までを総括し、
    中国は一度も独裁体制から脱することができない「未成熟な国家」だとする診断を下した。
    許氏はこのほど、本紙の電子メールによる取材に応じた。

    以下は一問一答。

    ―終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題で韓中関係が行き詰まった。

    「中国人はTHAADが何かも知らずに韓国全体を厳しく批判している。
     3月には鄭州のロッテマート前でデモ隊が『先祖代々までクソ食らえ』と叫んで抗議した。
     中国はTHAAD問題が内包する複雑な意味や因果関係を国民には具体的に説明しない。
     その代わりに偏狭な情報で盲目的な民族主義ばかりを鼓舞している。冷戦的な思考であり、未成熟な姿だ」

    ―今後も中国の民族主義が周辺国との関係に影響を与えるのか。

    「中国の民族主義は中国の政治・経済的な影響力をショービニズム(排他主義)または選民思想と結び付ける。
     隣国に平等に接するのは容易ではない。中国は歴史的に支配権を独占しようとしてきた。
     『崛起(くっき)』を叫んだ2008年の北京五輪の際にそう感じた。民族主義も国家的に操られる。
     清日戦争以降、独裁体制から一度も脱したことがない中国の政治構造がその原因だ」

    ―ストロングマン(独裁者)型のリーダーは中国だけの現象ではないのではないか。

    「民主主義が後退し、ポピュリズム(大衆迎合主義)が力を得た結果だ。
     中国の方がひどい。中国のストロングマンが持つ支配力は他国をしのぐ。
     中国は経済的は繁栄を成し遂げても、法治、人権、個人の自由といった概念が定着していない。
     賢明な人は『ストロングマンの時代』がどれだけ多くの社会的な悲劇をはらんでいるのかを見抜いている」

    ―それならば成熟した中国の姿とは何か。

    「私が考える成熟した国とは自由民主主義、市場経済体制を備え、多元化した価値観が尊重される社会だ。
     過去に米国の学者、ジョゼフ・レベンソンは『中国は世界の一部ではなく、中国自体が一つの世界だ』と指摘した。
     中国人は常に自己中心的な世界観に浸っている。それを変える力になりたい」

    ―著書は中国で購入困難だと聞いた。それでも批判的な著作を相次いで発表するのはなぜか。

    「文化大革命の時期にこんな本を書いていたとすれば死刑になっていたかもしれない。
     1980年代には拘禁または他の処罰を受けたはずだ。
     最近中国共産党は著作物の流通を徹底的に阻む方法で思想を統制している。
     批判は社会の変革に対する希望、変化に対する期待から生まれる。
     国家と時代に対し、批判的な態度を維持することが私の責任だ」

    ヤン・ジホ記者

    以下ソース:朝鮮日報 2017/05/29 11:05
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/29/2017052900989.html

    引用元: ・【朝鮮日報】中国人評論家・許知遠氏「中国人はTHAADが何かも知らずに批判」[05/29]©2ch.net

    【【自己紹介乙】朝鮮日報「中国人はTHAADが何かも知らずに批判」】の続きを読む

    このページのトップヘ