まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国

    1: 動物園φ ★ 2017/12/11(月) 12:20:23.25 ID:CAP_USER
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    記事入力 : 2017/12/11 10:24

     13日に中国を訪問する文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題をめぐる中国の圧力が難題として浮上している。文大統領は先月、ベトナムで習近平主席との首脳会談後、「12月の訪中時にはTHAAD問題が議題にならないことを期待する」と述べたが、中国は日程調整からこわばった態度を見せるなど、THAAD問題の蒸し返しが続いている。

    ■THAAD問題に言及続く

     文大統領は日曜日の10日も大統領府(青瓦台)で訪中準備を行った。文大統領は元々、今回の訪問で習主席、李克強首相と会う際、THAAD問題を「封印」することを決めた10月31日の「THAAD合意」以降の韓中関係と北朝鮮の核問題に焦点を合わせる構えだった。北朝鮮を対話の場へと引き出すため、対北朝鮮制裁への中国の強い賛同、そして、THAAD報復の段階的撤回も訪中の成果としたい考えだった。

     しかし、そうした希望とは異なり、中国はTHAAD合意以降も韓国によるミサイル防衛(MD)不参加、THAAD追加配備禁止、韓米日軍事同盟を推進しないなどいわゆる「3つのノー」に繰り返し言及している。このため、大統領府は「THAADなし」の会談ではなく、THAADへの言及を最小限にとどめる線へと首脳会談の目標を修正したとされる。大統領府幹部は「習主席が先月、文大統領との会談で、(THAADを)取り上げた際によりもレベル、量が減るか、そういう話が出ないことを望む」と述べた。習主席は当時、文大統領に対し、「歴史の前の責任」にまで言及した。

     大統領府と政府は中国がTHAAD問題を取り上げ続けることについて、「THAAD合意が韓国に有利なものだったという中国内部の強硬派の不満を鎮めようとして、中国政府と官営メディアが声を上げている側面がある」と指摘してきた。

    鄭佑相(チョン・ウサン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/11/2017121100879.html

    引用元: ・【話題】THAAD:問題を蒸し返す中国に文大統領は物申せるか

    【【条約、合意を守れない民族が言うなって】「中国はTHAAD問題を蒸し返している。文大統領は封印したのに」朝鮮日報】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県【22:02 茨城県震度3】) [US] 2017/12/01(金) 00:25:29.24 ID:P2vMbam40● BE:284093282-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ■韓国式ジョンイジョプキは文化資産…世界化乗り出す
    ・上古時代から続く 「コッカル」 民族の魂込められていて
    ・中国はユネスコ登録終えて、日は 「オリガミ」でグローバル化…韓国も固有名声取り戻さなければ

    ※ジョンイジョプキ(Jongie Jupgi)=折り紙のこと。

    <ノ・ヨンヘ紙文化財団理事長>
    「テコンドーが日本空手を退けて世界的にテコンドー(Taekwondo)と呼ばれるように、ジョンイジョプキが日本のオリガミの代わりとなるのが最終目標です。」

    30年間「ジョンイジョプキ」という大きな井戸を掘ったノ・ヨンヘ紙文化財団理事長が明らかにした覚悟だ。キム・ヨンマン紙文化財団生涯教育院長が「ジョンイジョプキおじさん」として知られているのなら、ノ・ヨンヘ理事長は「ジョンイジョプキ母」に近い。

    ノ理事長にとっては、ジョンイジョプキは単純なジョンイジョプキを超える。ジョンイジョプキは、先祖の魂が込められた文化であるから、30年間根気よく続けることができた。

    日帝強占期時代を経て、韓国のジョンイジョプキがほとんど消えてしまった。このような現実を残念に思った彼女はジョンイジョプキ保有国の名声を取り戻すことにした。

    1989年ノ理事長が発足した韓国ジョンイジョプキ協会が出発点だ。彼女は「1987年、日本出張中にデパートでジョンイジョプキ展示会と体験教室に参加している家族を見てショックを受けた」とし、「帰国後、ジョンイジョプキ文化の勉強を開始して、韓国ジョンイジョプキを復活させると誓った」と述べた。

    現在、日本のジョンイジョプキである「オリガミ」は、色紙製品名として世界に広く知られている。ノ理事長は、「日本はジョンイジョプキ宗主国ではないのに、一足先にグローバル化に成功した」と述べた。彼女は「紙は、紀元後(AD)105年、後漢の蔡倫が樹皮・麻布・竹・魚網などを利用して発明したと伝えられる」とし、「ジョンイジョプキも同様に、中国 - 韓国 - 日本の順に伝播した」と説明した。

    その後、韓・中・日のジョンイジョプキはそれぞれの道を行った。中国の「紙切り(※剪紙)」は、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されて、日本は独自の伝統と文化を比較的うまく継承して、世界化に成功した。

    [パク・ユンイェ記者/写真=イ・スンファン記者]

    ソース 毎日経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=009&aid=0004058292
    no title

    引用元: ・韓国式折り紙、世界化に乗り出す…「折り紙は中国 - 韓国 - 日本の順に伝播した」

    【【韓国】「韓国式折り紙、世界化に乗り出す…折り紙は中国 - 韓国 - 日本の順に伝播した」 毎日経済(韓国語) 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/12/04(月) 21:55:43.10 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年12月4日 21時20分 (2017年12月4日 21時43分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171204/Recordchina_20171204067.html

    2018年冬季五輪の開幕まで残り2カ月あまりとなった。平昌(ピョンチャン)冬季五輪海外メディア担当部門の盧煥熙部長はこのほど、「中国人観光客が観戦のため韓国を訪れることを大いに期待している」と述べた。中国新聞社が伝えた。

    盧部長は、1万人の観衆を収容可能な江陵アイスホッケーセンターの前に立ち、中国語と韓国語を織り交ぜながら、平昌冬季五輪の準備状況について記者に一生懸命紹介した。彼は、中国メディアが平昌冬季五輪によって世界スポーツ界にもたらされる新たなブレイクスルーを間近で感じるよう期待すると同時に、中韓両国が続けて冬季五輪を開催する上でより多くの貴重な経験を提供していきたいとした。

    盧部長は、「続けて冬季五輪を開催する両国は、両国の国民に、冬季五輪によって直接もたらされる感動を伝えることになる。平昌冬季五輪の目標は、『新天地と新たな境界を切り開く』ことだ」と強調した。

    盧部長によると、韓国側が中国人観光客を重視していることを示すために、平昌冬季五輪組織員会は、中国の春節初日(旧正月、2018年2月16日)を「中国デー」と定め、各国の観客に中国の伝統文化を紹介する計画という。「中国人観光客の訪問を心待ちにしている」と話した。

    また、中国人観光客がより簡便に韓国を訪れて冬季五輪を観戦できるよう、韓国政府は11月30日、今年12月1日から来年3月31日までの間、つまり平昌冬季五輪の前後期間、韓国での犯罪歴がなく、かつ一定の条件を満たす中国人を対象に、滞在期間15日までのビザ免除政策を実施すると発表した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国】平昌冬季五輪、中国人観光客の訪韓に期待―中国メディア

    【【土下座して出迎えろ】平昌冬季五輪担当部門長「五輪期間中の「中国デー」で中国の伝統文化を紹介するので、中国人観光客の訪問を」】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/12/04(月) 17:49:07.12 ID:CAP_USER
    21世紀の東アジアが19世紀末に退行している。力が強い国が主権国家の生存がかかる決定を問題にする。主役は中国だ。「3不(NO)」(THAAD追加配備、米ミサイル防衛(MD)システム参加、韓日米軍事同盟はない)で封印されたと考えていたTHAAD(高高度防衛ミサイル)問題をまた持ち出している。習近平国家主席、李克強首相、王毅外相が3不の履行を促すと、著名な学者が公開的に「韓国はTHAAD配備に関連して過度な主権行使を自制するべきだと」と暴言を吐いた。 

      中国の激しい対応は外務省高官が1年前に訪韓した当時も問題になった。この高官は韓国大企業の幹部に対し「小国が大国に対抗してよいのか」とし「韓国がTHAADを配備すれば断交レベルで大きな苦痛を与える」と脅迫した。19世紀末に朝鮮総督のように振る舞った清国の20代の袁世凱から受けた屈辱の繰り返しだ。8カ月前に習近平主席がトランプ大統領に「韓国は中国の一部だった」と述べたのも尋常でない。問題は力が劣る朝鮮も対抗したが、経済強国の韓国が口を閉じているという事実だ。おかしくないのか。 

      袁世凱は脱清自主路線の求心点である高宗(コジョン)を昏君(愚かな君主)と罵倒し、廃位させて朝鮮を植民地にしようとした。ドイツ・米国・フランスなど他国からの借款導入を防ぎ、ただ自国の借款で朝鮮の財政を延命させることにした。内政と外交に干渉し、各種利権を独占するためだった。清の商人に軍艦を利用した高麗人参の密輸を促し、経済と通商の秩序を揺るがした。摘発された清の商人は暴徒に急変し、仁川(インチョン)海関を襲撃した。THAAD報復は何でもないことだ。 

      120年前にもこの小国をめぐる強大国の利害関係は複雑だった。中国は韓国が属国だとして米国との修交を妨害した。初代駐米公使の朴定陽(パク・チョンヤン)が苦難の末、米国の艦艇に乗ってワシントンに向かう時、袁世凱は奇怪な原則を通知した。駐在国に行けば先に清の公使館に知らせた後、清の公使とともに駐在国の外務省に訪問し、外交会合では清の公使の下の席に座り、問題が発生すれば清の公使と合意して処理しろという屈辱的な命令だった。 

      高宗はこれを無視するよう朴定陽に訓令した。朴定陽が清の公使を排除してグロバー・クリーブランド米大統領に信任状を提出すると、袁世凱は処罰を要求した。高宗は彼を国内に召還したが、形式的に処罰した後、また重用した。高宗の反清主権守護意志を確認した米国人顧問官O.N.デニーは『清韓論』を書き、初めて朝鮮の国際的地位を独立国と規定した。袁世凱を「不当で犯罪性が濃厚であり残酷で陰謀をする者」と糾弾し、清の政府に召還を促した。デニーは「英国もビルマ問題で清に朝貢したことがあるが、主権にいかなる損傷もなかった」とし、朝貢国の朝鮮が完全な独立国家であることを擁護した。清韓論は米国議会でも発表され、大きな反響を呼んだ。日本メディアは「洞察力があり理論的な卓越性がある内容」と高く評価した。

    続きます。
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年12月04日 16時20分
    http://s.japanese.joins.com/article/132/236132.html?servcode=100&sectcode=120

    https://i.imgur.com/iTMfhh8.jpg
    今が中国総督の時代なのか

    引用元: ・【中央日報/コラム】今が中国総督の時代なのか=韓国 経済強国、自主独立国の大統領らしく言うべきことは言うことを期待する[12/4]

    【【ちゃんと属国らしくしろよ】「経済強国の韓国が中国に口を閉じている。おかしくないのか」【中央日報/コラム】】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/12/04(月) 10:12:30.01 ID:CAP_USER
    no title


    北朝鮮北西部・平安北道の新義州と鴨緑江を挟んだ向かい側は中国の丹東だが、そこから北にさらに30キロほど行くと、八三油類貯蔵所が見えてくる。これは北朝鮮に続くパイプラインのスタート地点だ。ここから平安北道の精油施設である烽火化学工場まで、およそ30.3キロのパイプラインを通じて年間約100万トンの原油が北朝鮮に送られている。

    中国がこのパイプラインを何カ月かストップするだけで、北朝鮮は大きな打撃を受けるし、あるいはこれによって北朝鮮の核問題にも変化が起きるかもしれない。しかし中国はそれをしない。米国の自由アジア放送は3日「北朝鮮の軽油価格は先月初めに比べて60%、ガソリン価格は25%下がった」と報じた。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射に成功した状況にあっても、中国は相変わらず北朝鮮への原油供給を続けているのだ。

    中国共産党と世界の政党とのハイレベル対話に出席した韓国の与党「共に民主党」の秋美愛(チュ・ミエ)代表は1日、習近平・国家主席と記念写真を撮影した際「韓半島(朝鮮半島)の平和と安定に向けた努力に感謝したい」と述べた。北朝鮮が核とミサイルの開発を進めるに当たり主要な輸入ルートとなっているのは中国だ。

    北朝鮮がいかなる挑発を行ったとしても、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を支援するのはやはり中国だ。しかし中国はあくまで防衛のために設置された韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)については野蛮な報復を行っている。秋氏は中国がやった何について感謝をするというのか、一度聞いてみたいものだ。

    秋氏は3日、この会議での基調講演で「『新世代の設計士』となっている習主席が呼び掛ける『中国(の)夢』が、世界の平和と繁栄に貢献することを確信する」とも述べた。「中国夢」とは「中華民族の復興」を意味する。

    しかしこの中華民族主義によって韓民族がこれまでどのような被害を受けてきたのか知っていれば、こんな内容は口にもできなかったはずだ。

    実際にもし習近平時代の中国が中華民族の復興を本当に成し遂げれば、隣国の主権は簡単に踏みにじられてしまうだろう。そのため世界がこの中国の夢を警戒しているのだが、韓国の代表だけは中国の夢が実現することを願っているようだ。

    今年5月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使としてイ・ヘチャン議員とその一行が習主席に会ったが、その際習主席はテーブルに座って会議を主催し、特使一行はその会議に参加するという形が取られていた。

    李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クンヘ)政権当時は大統領特使が中国に行くと、常に習主席と並んで座り対話を交わした。ところがイ・ヘチャン特使一行の席は習主席が香港行政長官を接見するときと同じような形になっていた。

    韓国で現政権発足後、中国は韓国を露骨に「格下」として取り扱っている。ところが韓国政府も与党もこれに抗議するどころか、逆に萎縮しているようにも見える。

    秋氏が中国の指導部に「THAAD報復に対する韓国の立場」を堂々と訴えることまでは期待していなかったが、それでも秋代表がここまで卑屈になるとも思わなかった。これこそまさに新たな形の「事大」だ。

    与党は「堂々とした外交」などと口にはするが、中国だけはその例外になっているようだ。


    2017/12/04 09:51
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/04/2017120400834.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/04/2017120400834_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国与党代表が見せた新たな「事大」 韓国で現政権発足後、中国は韓国を露骨に「格下」として取り扱っている[12/04]

    【【自分から子分になっただろ 】「韓国の「堂々とした外交」、中国だけはその例外」【朝鮮日報】】の続きを読む

    このページのトップヘ