まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:中国

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/05(金) 14:33:29.86 ID:CAP_USER
     電気自動車(EV)バッテリー市場の地図を急変している。これまで世界のバッテリー市場は韓国企業が主導する「三元系リチウムイオン電池」が標準とされてきた。しかし、最近中国メーカーが主導するリン酸鉄リチウム(LFP)電池の市場が急成長しているほか、次世代のバッテリーとなる「全固体電池」で米日企業が一歩リードしており、韓国製バッテリーの牙城が揺らいでいる。韓国のバッテリーメーカーもLFPバッテリーの生産と全固体電池への投資に取り組んでいるが、バッテリー市場の主導権を握り続けることができるかは不透明だ。

    ■テスラに続きベンツもLFP採択

     三元系バッテリーは容量を左右する重要素材である陽極材料にニッケル、コバルト、マンガン、アルミニウムのうち3種類を使用する。一度の充電でLFPバッテリーよりも長距離を走行できることが長所だ。しかし、最近ニッケル、マンガンなどの価格が高騰し、価格が安い鉄、リン酸塩を使用したLFPバッテリーが再び脚光を浴びている。EV市場が本格的に拡大し、価格競争力が重要となり、自動車メーカーの中にもLFPバッテリーに目を向ける企業が増えている。

     メルセデス・ベンツのオーラ・カレニウス会長は27日、2024年から小型・準中型のEVのバッテリーをLFPバッテリーに変更すると表明した。小型車は長距離ではなく、主に都市部での通勤用に使われるため、航続距離が400キロメートル程度でも競争力があると判断した。

     これに先立ち、世界最大のEVメーカー、テスラは「全ての車種の基本モデルにLFPバッテリーを搭載する」と表明した。フォルクスワーゲン、フォードもLFPバッテリーの採用計画を示している。アップルカーを開発しているアップルも当初からLFPバッテリーの搭載を検討しているとされる。

     最近自動車メーカーがLFPに目を向け始めたのは、中国のバッテリーメーカーがLFPの弱点だった「エネルギー密度」を補完する技術を開発したためだ。EVのバッテリーはセルが集まったモジュール、モジュールが集まったパックで構成される。バッテリー世界最大手である寧徳時代新能源科技(CATL)はモジュール段階をなくし、バッテリーセルでパックを組み立てる「セルトゥーパック」製法を開発した。

    この製法の開発により、バッテリーの搭載空間が15-20%増え、LFPバッテリーを採用しても、小型車であれば航続距離を400キロメートル以上確保できるようになった。
     LFPバッテリーは中国がシェア95%を占める。焦りの色を濃くした韓国メーカーはLFPバッテリー生産の検討に入った。SKオンの池東燮(チ・ドンソプ)社長は最近、「LFPバッテリーの開発を検討中」と表明し、LGエナジーソリューションは「エネルギー貯蔵装置(ESS)に優先的に採用する方向でLFPバッテリーを開発している」と説明した。

    ■全固体電池戦争も激化

     未来のバッテリーである全固体電池を巡る競争も熾烈だ。EVバッテリーではプラスイオンとマイナスイオンが移動して電気を発生させる。現在のバッテリーは液体電解質を通じてイオンが移動する。バッテリー業界はそれを固体に転換する全固体電池を開発中だ。全固体電池は航続距離900-1000キロメートルは可能で、衝撃に強いことが長所だ。

     この分野では日本と米国のメーカーがリードしている。

    1990年代からパナソニックと共同で研究を進めてきたトヨタ自動車は最も多くの特許を保有しており、最近新製品を搭載したEVを公開した。トヨタは25年に全固体電池を商用化する計画だ。ソリッドパワー、クオンタムスケープ、SESなど米国のスタートアップ企業も25-26年に全固体電池を商用化する計画を明らかにしている。
     韓国企業は独自技術の研究とスタートアップへの投資を並行している。SKオンの親会社であるSKイノベーションは10月28日、米ソリッドパワーに3000万ドル(約34億円)を投資した。LGエナジーソリューションは米サンディエゴ大と全固体電池を常温で高速充電する技術を開発しているが、商用化は27年以降とみている。サムスンSDIはサムスン総合技術院などと共同で27年の商用化を目標に研究開発を進めている。

    柳井(リュ・ジョン)記者

    チョ・ジェヒ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    Copyright (c) Chosunonline.com 2021/11/05 13:50
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2021110580065

    引用元: ・【朝鮮日報】中国はリン酸鉄リチウム、日本は全固体電池に進出…韓国製バッテリーの牙城揺らぐ [11/05] [新種のホケモン★]

    【パテントは日欧米もってんだろ? 【朝鮮日報】中国はリン酸鉄リチウム、日本は全固体電池に進出…韓国製バッテリーの牙城揺らぐ [11/05] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/11(木) 16:35:07.21 ID:CAP_USER
    中国が尿素の輸出を絞ったため、韓国ではディーゼルトラックで使う尿素水が足りなくなり、物流が止まる可能性が高まっています。これは、尿素の輸入の97%を中国に依存していたためです。

    民間の輸送車が止まるだけはなく、軍用も止まります。いくらなんでも中国に対する依存度が高すぎ、そのリスクが顕在化したのです。

    先にご紹介したとおり、韓国政府は緊急で国家安全保障会議を開催。しかし、今さら会議を開いたところで中国に協力を依頼するか、よそから必要分を輸入するしかありません。

    ただ、よそから輸入するといっても、かつてのワクチンを同じで「顧客の皆さんは同じように待っていらっしゃるので、列に並んでください」と言われるでしょう※。

    >>2021年11月07日、韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は第2次対外経済安保戦略会議を開催し、オーストラリアから2万リットルの尿素水を緊急輸入することにした、と公表(ただしこんな量では焼け石に水:なにせ韓国では1日に約60万リットル必要)。併せて尿素・尿素水の転売禁止を本日告知の予定。

    つまりは、普段からリスク分散をしておかなかったのが悪い、ということです。

    今回の尿素不足がよほど効いたのか、韓国メディアに「中国依存が過ぎる輸入品目はないのか」という記事が出ています。

    例えば、『韓国経済』では、野党『国民の力』ハン・ムギョン議員の調査を基にした報道が出ています。これによれば、

    2021年01~09月
    輸入品目:1万2,586種

    特定の国家に80%以上依存
    3,941品目(1万2,586種の31.3%)

    中国に80%以上依存
    1,850品目
    (3,941品目の46.9%)
    (1万2,586品目の14.7%)

    ⇒参照・引用元:『韓国経済』「中国依存80%を超える品目1,850個…サプライチェーンは「国家安全保障」」
    https://www.hankyung.com/opinion/article/2021110599041

    となっています。

    韓国は、80%以上を特定の国に依存している輸入品目が全体の31.3%あり、中国に80%以上依存しているものは全体のほぼ15%に及びます。

    同記事では、特に以下のものを中国に依存しているのが懸念されるとしています。

    マグネシウムのインゴット:100%
    酸化タングステン:94.7%
    ネオジム永久磁石:86.2%

    「ネオジム永久磁石」というのは、鉄を主成分とし希土類元素「ネオジム」(Nd)を用いた、最も強力といわれる永久磁石。一般にはあまり知られていませんが、日本で発明されました。モーターやアクチュエーターの部品として使われます。

    今回の尿素不足で図らずも露呈しましたが、韓国では自国産業にとって重要な素材・原料・装備の調達についてリスク分散が十分に行われているとは言いがたく、スキがあちこちにありそうです。

    2019年07月の日本の輸出管理強化によって窮地に陥った際、「自国の素材・原料・装備の調達率を高めるぞ」としたはずなのですが、対中国にまでは頭が回らなかったとみえます。

    (吉田ハンチング@dcp)

    マネーワン 2021/11/08
    https://money1.jp/archives/65867

    関連スレ
    【韓国輸入品】尿素水品薄に全産業が動揺…他の原材料に飛び火する可能性も [11/11] [新種のホケモン★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1636613693/

    引用元: ・【韓国】「80%以上を中国に依存する輸入品目」が「1,850」もある [新種のホケモン★]

    【まず、本場中国のキムチだろ? 【韓国】「80%以上を中国に依存する輸入品目」が「1,850」もある [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/17(金) 16:23:59.17 ID:CAP_USER
    世界銀行は、過去に発行したビジネス環境を評価する国別ランキングの報告書をめぐり、中国の意向を受けた当時の総裁などが分析の担当者に圧力をかけ、中国の順位を本来よりも不正に引き上げていたとする調査結果を公表しました。

    世界銀行は16日、各国のビジネス環境を毎年ランキング化する報告書「Doing Business」に関して、過去に数字が操作されていたと発表しました。

    具体的には、2018年版の報告書を作成する際、世界銀行の当時のキム総裁と、現在はIMF=国際通貨基金のトップを務めるゲオルギエワCEOが、中国の政府高官から、自国の順位が低いと何度も不満を示されていたことを受けて、分析の担当者に中国の順位を上げるよう圧力をかけていたとしています。

    この結果、実際の報告書では、ランキングが本来の85位から、前年並みの78位に不正に引き上げられたということです。

    理由については、世界銀行が各国に出資金の増額を求めていた時期に、有力な拠出国である中国に配慮した可能性を指摘しています。

    これに対し、ゲオルギエワ氏は「調査結果に同意できない」とする声明を出しました。

    世界銀行は別の年でも数字の操作があったとして、報告書の発行を取りやめることを決めましたが、国際機関の調査への信頼が問われる事態になりそうです。


    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210917/k10013263931000.html

    引用元: ・【総裁は韓国系】世界銀行 中国に配慮 国別ランキングを不正操作 調査結果公表 [9/17] [昆虫図鑑★]

    【組織に中韓が入ると腐敗する【総裁は韓国系】世界銀行 中国に配慮 国別ランキングを不正操作 調査結果公表 [9/17] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/21(木) 09:51:00.52 ID:CAP_USER
    「もう時間がない。『加入する、しない、するならいつする』まで含んだ決定は10月末か11月初めには出さなければならない。決定大詰めに来ている」。

    環太平洋経済連携協定(TPP)加入に対する韓国政府の決定が迫っている。14日に洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は米ワシントンDCで行われた主要20カ国(G20)財務相会議後の記者懇談会でTPP加入について近く決めると話した。また、18日に開かれた第1回対外経済安保戦略会議でも「TPP加入の経済的・戦略的価値と敏感分野の被害など懸念要因の点検などに対し総合的に調整する予定だ」としながら加入検討を公式化した。

    ◇日本主導のTPP加入先送り

    TPPは日本、オーストラリア、カナダなどアジア太平洋地域の11カ国が参加する大規模自由貿易協定(FTA)だ。世界の国内総生産(GDP)の13.5%と世界の貿易の15%を占める。もともとTPPは2005年6月にニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4カ国で始まった多国間FTAのTPPが始まりだ。その後、米国、日本、オーストラリアなど参加国が増え12カ国が交渉に入った。だが保護貿易主義を掲げた米トランプ政権が2017年にTPP離脱を宣言し、日本の主導で残る11カ国が2018年3月に新たなTPP(CPTTP)を正式に妥結した。

    韓国もこれまで加入について天秤にかけてきた。だが米国が離脱したことから傍観姿勢を維持した。協定締結当時、韓国はTPP11カ国のうち日本とメキシコを除く9カ国とすでにFTAを締結しており、TPP加入は事実上日本と追加でFTA協定を結ぶ効果しかなかったためだ。日本は自動車と農畜水産物分野で韓国より優位で、FTAを結ぶのはむしろ損害という分析が多かった。

    ◇中国と台湾が加入申請で虚を突く

    だが韓国政府が最近立場を変えた理由は中国と台湾のためだ。中国は先月16日にTPP加入を申請した。中国の牽制で加入できなかった台湾も同時加入を狙って23日に申請書を出した。TPPはもともと米国と日本が主導し中国を排除する性格が強かった。だが米国が抜け中国が入る隙ができた。TPPに加入するには参加国すべての同意が必要だ。このためどうせ加入するならば、参加国がさらに増える前に加入するのが有利だ。特に韓国にとって最大の輸出相手国であり輸入相手国である中国がTPPに先に加入すれば韓国はさらに不利な条件を甘受して加入することになるかもしれない。

    中国よりも大きな脅威は台湾だ。これまで台湾は中国に妨げられ主要国とのFTA加入がほとんどできなかった。だがTPP加入に成功するならば、通商舞台に本格的に登場できる。台湾はITを中心に韓国と主力産業分野が重なる。実際に台湾は中国より加入の可能性も高い。TPPを主導する日本が台湾と半導体サプライチェーン同盟を強化しているからだ。中国はTPPの高い加入基準をクリアするのは容易でないという評価が多い。

    ソウル大学国際大学院国際学科のアン・ドックン教授は「これまで台湾は中国の牽制により通商で出遅れていたが、その恩恵を韓国企業が享受した。台湾がTPPに加入すれば他の国と追加でFTAを結ぶ可能性が大きく、韓国企業に大きな脅威になるだろう」と話す。

    ◇農業界の反発が関門

    TPP加入の必要性は大きくなったが難関はある。まず農業界の反発が大きい。TPPに入れば韓国より進んでいると評価される日本産の農畜水産物輸入が本格化する可能性がある。

    また、TPP貿易規範が自由貿易協定(WTO)とすでに締結したFTAより強いという点も負担だ。例えば現在韓国政府は病害虫が流入する恐れがあるとの理由で外国産のリンゴ、ナシ、モモなどを輸入していない。だがTPPの動植物衛生検疫措置(SPS)は「国」や「地域」ではなく、同じ生物保安体系を適用する農場単位で「区画化」されている。韓国政府がもし病害虫などを理由に輸入を防ぐならば、TPPでは特定の国や地域の農産物すべてではなく、問題になる農場だけ禁止しなければならない。この場合海外の農畜水産物輸入が増える恐れがある。また、公共機関の輸出補助金支給も即時中断される可能性が高い。

    以下ソースにて

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    2021.10.21 09:35
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/284060?servcode=300§code=300

    引用元: ・【中央日報】ぐずぐずしている時に虚を突いた中国と台湾の加入申請、韓国もTPP加入するか [10/21] [新種のホケモン★]

    【韓国入らない言ってたのにw 【中央日報】ぐずぐずしている時に虚を突いた中国と台湾の加入申請、韓国もTPP加入するか [10/21] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/07(木) 14:29:11.10 ID:CAP_USER
    no title


     国際政治学において「ソフトパワー(魅力を通じて得る力)」の概念を初めて提唱したハーバード大のジョセフ・ナイ名誉教授が「韓国は莫大(ばくだい)なソフトパワーを有している」として「正しい投資と努力をすれば、今後いっそう多くのパワーを持つことができるだろう」と述べた。

     ナイ教授は5日(現地時間)、米国の主要シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」が国際交流財団と共にワシントンで開催した会合「安全保障を越えて:韓国のソフトパワーとコロナ以降の世界での韓米同盟の未来」にリモートで出席。ナイ教授は基調演説で「韓国にスポットを当てたこのような会合を開催してくださってうれしい」として「なぜなら韓国は莫大なソフトパワーを持ち、正しい投資と努力を通じて今後いっそうパワーを持てると私は信じているからだ」と述べた。

     ナイ教授は「韓国は、世界の最も偉大な成功ストーリーを持つ国の一つだ。しかしソフトパワーの面で、韓国の力量と成功は十分な注目を浴びていなかったようだ」と指摘した。ナイ教授は「私はソフトパワーについて、圧力や取引ではなく魅力を通じて欲しいものを得る能力だと定義した」として「1989年にベルリンの壁が崩壊したとき、砲火を浴びて崩れたのではなく、鉄のカーテンを越えた西欧文化とテレビが人々に影響を与え、変化した人々の心がハンマーとブルドーザー動かしたことで崩れたのだ」と話した。

     ナイ教授はまた「ソフトパワーには、その国の『文化』『国内的価値』『国際政策』という三つの資源があると考える。韓国は文化面のソフトパワーに恵まれていると思う」と述べた。ナイ教授は「K‐POPと韓国の大衆文化が世界を魅了した例はすでに知られているのでこれ以上言及しない」として「国内的価値とその適用という面でも、韓国はかなり成功している」と述べた。「(韓国には)まず偉大な経済的成功があり、それが偉大な政治的成功へとつながり、多少むらがあるものの活気に満ちた民主主義をつくることに成功した」というわけだ。

     ナイ教授は「ソフトパワーの三つ目の資源は、その国の国際政策」だとして「特に、他国への支援や他国の学生を受け入れる政策を通じて効果を生むことができる。これが、韓国がもっと力を入れられるシナリオだ」と指摘した。「韓国が国際政策を通じ、より優れた形で『成功』とは何なのかを示すことができる」というわけだ。

     ナイ教授は、韓国と中国のソフトパワーの比較についても述べた。ナイ教授は「2007年に胡錦濤国家主席(当時)が中国共産党の第17回全国代表大会で、中国はソフトパワーにもっと投資すべきと述べた」として「中国は毎年100億ドルを投じても望む結果を得られていない。ピュー研究所の世論調査によると、中国はソフトパワーの超大国ではない」と述べた。

    ワシントン= キム・ジンミョン特派員

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/10/06 22:10
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/06/2021100680208.html

    引用元: ・【韓米同盟の未来 ジョセフ・ナイ氏】「韓国はソフトパワーに恵まれている…中国は年100億ドル投じてもできないし」[10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【この程度のヨイショが嬉しいんだw 【韓米同盟の未来 ジョセフ・ナイ氏】「韓国はソフトパワーに恵まれている…中国は年100億ドル投じてもできないし」[10/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ