まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:世界

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/16(木) 13:50:31.55 ID:CAP_USER
    「韓国は今後10~20年間、世界で最も魅力的な国に変貌を繰り返すだろう。日本は50年以内に国家の存廃を論じるほど深刻な状態に陥るだろう。」

    ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスとともに世界3大投資家に数えられるジム・ロジャーズ(76)が見通した韓国と日本の未来だ。

    ジム・ロジャーズは新刊「世界で最も刺激的な国」でこのように明らかにした。同書は今年1月、日本で「お金の流れで読む 日本と世界の未来」というタイトルで出版された本を翻訳したもの。

    著者は韓国、日本、中国など東アジアを中心にお金と歴史の流れに対する考えを解説。本には「日本は借金が多く子供も産まないから50年後、100年後に消える」とか「日本に住む十才の子供なら直ちに日本を離れろ」等の内容が含まれていて日本人たちに衝撃を与えた。

    韓国語版序文で著者は「今の私を興奮させるのは『アジアの世紀』が目の前に展開する日が遠くない点。特に韓国と日本は新しい歴史の分岐点の前に立っている」と話した。韓国は歴史上類例がない「機会の土地」で世界史の全面に登場する日を準備するのとは異なり、日本の未来は衰退の一途を歩いていると彼は説明した。

    彼は「これから韓国が世界で最も刺激的な国になることを疑わない」として「統一された韓半島を見たい。その中でほとばしる機会と歓呼の声を聞きたい」と書いた。また「5年後、アジアで一番幸せな国は韓半島の統一国家になるだろう」とも書いた。タイトルにも登場する「刺激的な国」は北朝鮮との交流と統一韓国が最も興味津々と期待感で興奮させる国になるだろうという肯定的な意味で使われた。

    ジム・ロジャーズは数年前から各種講演やインタビュー等を通しても北朝鮮投資について期待感を表わしてきた。彼は北朝鮮が開放されれば二桁を越える速い経済成長を成し遂げ、韓国も肯定的な影響を受けると予想した。日本の没落を占いながらも韓国の将来を明るく見る理由もここにある。韓国と北朝鮮が統一されれば互いに不足した部分を補完して長所を生かしながら飛躍的に成長できるからだ。南北の軍備支出が減少し、韓国の低出産高齢化問題も解決できる。

    もう一つの理由として著者は韓国人の気質が日本人よりもう少し開放的で変化が好きで外国文物をより受け入れ点を挙げた。ジム・ロジャーズは数年内に最悪のベアマーケット(下落相場)が地球村を襲うと警告した。彼は「ベアマーケットは歴史的にいつも存在したが、今回近づく危機は私の生涯最悪の事態になる可能性が高い。過去とは次元が異なる過度な借金によって全世界の大小の企業が相次いで倒産するだろう」と展望した。ここに米中貿易戦争までからめば、ものすごい大惨事が起きると彼は予告した。

    著者は「韓国は躍動的な明日が待っているが、これからまき起こるグローバル経済寒波で無風地帯はない」として韓国の企業と政府が衝撃を最小化するために備えなければなければならないと助言した。ムン・ジェイン政府については「所得主導と革新という二つの中心軸を基盤に成長政策を推進しているが、効果は、はなはだ疑問」とし、「青年たちが挑戦より安定を追求する社会で革新は起きにくい」と指摘した。

    ジム・ロジャーズはエール大学で歴史学を、オックスフォード大学で哲学・政治・経済学を学び、1969年ジョージ・ソロスとともにグローバル投資社カンタムファンドを設立、世界的な投資家になった。よどみなく挑発的な発言もはばからない彼はリーマンブラザーズ事態、トランプ大統領当選などを予測したことがある。彼はアジアの時代を予測して2007年、家族と共にシンガポールに移住した。

    (ソウル=聯合ニュース)カン・ジョンフン記者

    ソース:毎日経済(韓国語) ジム・ロジャーズ「韓国、歴史上類例がない機会の土地なる「
    https://www.mk.co.kr/news/culture/view/2019/05/319867/

    引用元: ・【書籍】 「日本は衰退の一途、韓国は歴史上類例がない『機会の土地』になる」~ジム・ロジャーズ新刊「世界で最も刺激的な国」[05/15]

    【こんな馬鹿信用するとか 【書籍】 「日本は衰退の一途、韓国は歴史上類例がない『機会の土地』になる」~ジム・ロジャーズ新刊「世界で最も刺激的な国」[05/15] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/18(土) 17:03:29.28 ID:CAP_USER
    昨年まで好況だった世界経済が今年に入って鈍化の兆しを見せている。米国の成長は好調だが、国際通貨基金(IMF)など国際機関や経済専門家は今後の景気を否定的にとらえている。

    歴史的に見ても、米連邦準備理事会(FRB)が政策金利を引き上げるたびに世界経済が揺らいだ。2005-06年に米政策金利が1%から5.25%まで上昇すると、世界的な金融危機が訪れ、1994-95年に同様に3%から5.5%への引き上げ後にアジア通貨危機が発生した。

    その後高金利が維持され、南米の経済危機が起きた。現在の米国の政策金利2.5%は絶対的水準としては高くはないが、15年当時の0.25%に比べれば、10倍も高い金利水準だ。このため、形はどうであれ波及効果がないはずはない。

    最近米国の長期金利と短期金利の格差が縮小したことも良くない兆候だ。過去の事例を見れば、必ず不況が訪れているからだ。

    今回世界不況が訪れればどうなるか。恐らくこれまでとは異なる状況になるはずだ。2008年の金融危機では先進各国が過去最高の資金を供給し、中国が巨額の景気浮揚策を取ったことで克服できたが、現在はそんな余力がない。

    欧州や日本はまだゼロ金利水準から脱却できずにおり、中国は負債が膨らんだことで制約が多い。米国も金利を十分に引き上げられず、身動きの幅が小さくなっている。財政赤字も膨らみ、これ以上資金供給を増やすことは難しい。

    英国のEU離脱、対イラン制裁のような地政学的要因も足かせとなっている。

    さらに大きな問題は米国が触発した自国優先主義で国際的協調が不可能になった事実だ。現在各国は自力で歩んでいかなければならないが、過去2-3年の好況期にしっかり準備した国とそうでない国で明暗が分かれそうだ。

    米国の状況が最もましだ。金利を引き上げ、貿易相手国に対する通商圧力をかけ、実利も得ている。将来に備える第4次産業も最も活発だ。欧州は期待ほどではないが、昨年量的緩和を中断するほど状況が改善し、日本も求人難に陥るほど景気が改善した。

    中国は膨らんだ負債と米国の通商圧力に苦しんでいるが、半導体、ディスプレー、バッテリー、電気自動車など未来産業に投資を続けており、一帯一路の野望も膨らんでいる。インドや東南アジアの国々の躍進も目立つ。


    2019/05/18 05:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780144.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780144_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/17/2019051780144_3.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 韓国の前を虚しく過ぎ去った30年ぶりの世界好景気 今は助けてくれる友好国もない = 元青瓦台政策室長 [05/18]

    【助けてもらうことが前提【朝鮮日報】 韓国の前を虚しく過ぎ去った30年ぶりの世界好景気 今は助けてくれる友好国もない = 元青瓦台政策室長 [05/18] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/20(水) 09:40:10.02 ID:CAP_USER
    ソウルが世界の主要都市のうち7番目に物価が高い都市であることが分かった。 

      英国週刊誌エコノミスト傘下の経済分析機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligence Unit、EIU)が18日(現地時間)発表した報告書「世界の生活費」2018年版(Worldwide Cost of Living 2018)によると、ソウルは調査対象133都市のうち米国ニューヨーク、デンマーク・コペンハーゲンなどと共に7位に入った。 

      世界で物価が最も高い都市はフランス・パリと香港、そしてシンガポールの3都市が占めた。続いてスイス・チューリヒが4位、ジュネーブと日本・大阪が5位だった。 

      一方、世界で物価が最も安い都市は政局不安で深刻な生活必需品不足を強いられているべネズエラ・カラカスだった。また、数年間にわたって内戦が続いているシリア・ダマスカスが2番目に物価が安い都市であることが調査された。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251448&servcode=a00&sectcode=a00
    [ⓒ 中央日報日本語版]2019年03月20日 07時14分

    引用元: ・【世界の生活費】ソウル、世界で7番目に高い物価…日本は?[3/20]

    【7大物価強国おめでとうございます【世界の生活費】ソウル、世界で7番目に高い物価…日本は?[3/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/17(日) 19:57:30.28 ID:CAP_USER
    記事入力2019-03-17 06:01

    家計の所得に対する負債の負担が歴代で最も大きいだけでなく、他の国と比較して速い速度で上昇している。

    ◇BIS基準家計負債の比率の上昇幅、世界2位

    17日、国際決済銀行(BIS)と韓国銀行などによると、昨年第3四半期末の韓国の国内総生産(GDP)比の家計負債の割合は96.9%であった。

    BIS基準で見れば、韓国の家計負債は経済全体の規模に迫ったわけだ。

    GDP比の家計負債の割合は前期比で0.9%ポイント上昇した。

    BISが統計を集計した世界43カ国の中で、中国(1.2%ポイント)の次に最も大きな上昇幅であった。中略

    韓国の家計負債の比率は、18四半期連続で上昇した。上昇期間も中国に次いで2位である。

    ◇「家計負債量が多く増加中」... 家計負債の割合、世界7位

    BIS基準で韓国のGDP比家計負債の比率は、世界7位だ。

    スイス(128.6%)、オーストラリア(120.5%)、デンマーク(116.7%)、オランダ(102.7%)、ノルウェー(100.5%)、カナダ(100.2%)の次である。中略

    韓国の家計負債は規模が大きく伸び率が高いうえ、所得に比べて負担も急速に拡大している点が懸念要因である。以下略

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D001%26aid%3D0010698990 ate%3D20190317%26type%3D1%26rankingSeq%3D2%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhjG65MlvN1D-qRT8Vn7dei0Nf-rpA

    引用元: ・【経済】韓国の家計負債の増加速度、世界2位

    【普通にアウトだわな【経済】韓国の家計負債の増加速度、世界2位 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2019/01/23(水) 22:30:09.04 ID:CAP_USER
    配信日時:2019年1月23日(水) 20時10分

    2019年1月23日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、ブルームバーグによる世界の国別イノベーションランキングの結果について紹介する記事を掲載した。

    22日、ブルームバーグが19年の世界のイノベーションランキングを発表した。研究開発支出や製造能力、ハイテク上場企業の集中度などを基準にランク付したもの。その結果、トップ10は1位から順に韓国、ドイツ、フィンランド、スイス、イスラエル、シンガポール、スウェーデン、米国、日本、フランスとなった。中国は昨年の19位から今年は16位に上昇した。

    これに対し、中国のネットユーザーから「韓国が1位というのが驚きだ」「韓国が1位というのは信じられない」「フィンランドが3位?」「韓国やフィンランドにどんな革新力があるというのだろう」など、ランキングに納得がいかないというコメントが多く寄せられた。

    また、「中国と同じように詰め込み式教育の韓国が、なぜイノベーションで世界1位になれるのだろう」との意見がある一方で、「われわれの技能は、コピーして貼り付けることだからな」「中国はまだまだ努力が必要」などの謙虚なコメントも散見された。(翻訳・編集/山中)

    https://www.recordchina.co.jp/b681875-s0-c30-d0062.html

    引用元: ・【調査】世界イノベーション番付で韓国が1位=中国ネット「韓国がなぜ1位?」 [01/23]

    【ファンタジー部門堂々の第1位【調査】世界イノベーション番付で韓国が1位=中国ネット「韓国がなぜ1位?」 [01/23] 】の続きを読む

    このページのトップヘ