まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:世界市場

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/14(火) 11:40:53.94 ID:CAP_USER
    韓国経済が早ければ5月からは正常化するという見通しが出てきた。

    ハナ金融経営研究所は13日、こうした内容を盛り込んだ「新型コロナウイルスの世界的流行にともなう産業別影響」と題する報告書をまとめた。

    研究所は「中国を見ると隔離政策から1カ月が過ぎれば感染者の増加傾向がピークに達し、その後1~2カ月ほど過ぎれば正常な経済生活への復帰が可能だ」とし、韓国経済が早ければ5月から正常化すると期待した。

    研究所は特に「主要国より早く正常化するならば世界市場でのシェアを高める機会になるだろう」としながらも、「防疫失敗で感染者が再び増加すれば同様の隔離過程を再び進めなければならなくなる」と強調した。

    しかし世界的な大流行が深まるにつれ国際的に移動制限が長引き、航空業と観光・宿泊業は10-12月期が過ぎなければ業況は正常化できないと予想した。特に観光・宿泊業は新型コロナウイルスの大流行が終わっても現地の観光業者の廃業などでインフラ再構築に相当な時間がかかるものとみられる。

    中央日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00000028-cnippou-kr

    4/14(火) 11:19配信

    引用元: ・【中央日報】韓国経済、早ければ来月にも正常化…「世界市場でのシェア高める機会」 [4/14]

    【えっ、ナンデ? 【中央日報】韓国経済、早ければ来月にも正常化…「世界市場でのシェア高める機会」 [4/14]】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/11/22(火) 10:54:29.48 ID:CAP_USER
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/22/2016112200540.html

     中国製テレビが世界市場で首位韓国に肉薄している。

     市場調査会社IHSが今年第3四半期(7-9月)のテレビ市場におけるシェア(数量ベース)を集計した結果、1位韓国が32.2%、2位中国が31.9%だった。両国のシェア差は過去最小まで縮小した。

     中国は2013年に日本を上回り、世界2位に浮上した。当時は韓国と10ポイント以上のシェア差があったが、以降は縮小している。中国のテレビメーカーが攻撃的な合併・買収(M&A)、政府支援、価格競争力などを武器にシェアを急速に拡大した格好だ。

     中国のスカイワース(創維)は昨年、ドイツのテレビメーカー、メッツを買収。ハイセンス(海信)はシャープの北米・中南米テレビ部門、TCLは三洋電機のメキシコ工場をそれぞれ買収した。今年7月には中国のインターネット動画配信大手、楽視網信息技術(LeEco)が米テレビ大手のビジオを買収した。

     韓国のサムスン電子、LG電子は高級商品で差別化を図っている。サムスン電子は電流が流れると発光する微細粒子によるクオンタムドットテレビ、LG電子は自ら発光する有機物質を使用した「OLEDテレビ」をそれぞれ販売している。

    引用元: ・【経済】中国製テレビ、世界市場で韓国製に肉薄[11/22] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【爆発vs発火の戦い】中国製テレビ、世界市場で韓国製に肉薄】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/16(水) 05:32:49.16 ID:CAP_USER
    no title

    首都ソウルで開かれた韓国電子展示会のサムスン電子のブース。同社は発火事故により、スマートフォン部門が急減速した=10月26日(AP)

     韓国の総合家電大手でスマートフォン世界最大手のサムスン電子は、スマホ分野で中国勢の追い上げを受けている。米調査会社IDCによると、今年7~9月期の同社のスマホ世界市場のシェア(生産ベース)は20.0%で前年同期から3.3ポイント縮小し、中国勢上位3社合計の22.1%を下回った。現地紙コリア・ヘラルドが報じた。

     サムスン電子のシェア縮小は、8月に発売した最新スマホ「ギャラクシーノート7」が発火事故を受けてリコール(回収・無償修理)や販売・使用中止が相次いだことが要因とみられている。同機種は10月に生産終了が決定した。

     中国勢の上位3社はファーウェイ(華為技術)の9.3%(前年同期比1.7ポイント拡大)、オッポ(OPPO)の7.0%(同3.8ポイント拡大)、ビボ(Vivo)の5.8%(同2.9ポイント拡大)。中国上位3社の合計シェアがサムスン電子を上回ったのは、これが初めてだという。

     サムスン電子の同期の営業利益は、スマホ部門の急減速により前年同期比30%減の5兆2000億ウォン(約4810億円)に落ち込んだ。ノート7の生産終了が同社のスマホ販売に与える影響は大きいとみられており、今後は信頼回復がシェア奪還の鍵となっていきそうだ。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161116/mcb1611160500002-n1.htm

    引用元: ・【経済】中国勢、サムスンの牙城を崩す[11/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【そりゃ負けるよ】サムスンのスマホ世界市場シェア(生産ベース)は20.0%。中国勢より下回る】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 12:48:05.41 ID:???.net
    「ポロロ」「ロボカーポリー」「タヨ」など韓国産キッズ用アニメコンテンツが第2の
    全盛期を迎えている。ユーチューブなどの動画サイトに子どもに人気のアニメ
    の玩具やグッズを紹介する「アンボシング」チャンネルを媒介に、オリジナル
    玩具の販売を促進するもので、これまでのテレビCM以上の販売効果がある
    という。3年前、ユーチューブの照会数が世界1位(23億回)を記録したPSYの
    「江南スタイル」がヒントとなって今の「Kアニメ」ブームにつながっている。

    動画サイトで急速に
    英語圏の視聴者が多数

    韓国の子ども向けアニメがスマートフォンのアプリマーケットと動画サイトの
    ユーチューブを通じて、国内だけでなく北米・欧州・中東地域の子どもたちに
    人気を呼んでいる。

    韓国アニメの代表、「ポロロ」チャンネルは11年からユーチューブで世界に
    動画発信。定期視聴している登録者は84万人で、アップロード動画の累積
    照会数は約7億回に上る。そのうち3割が海外視聴者向けの英語バージョンだ。

    一方、5年前に国内で初放送された韓国版トーマスと呼ばれる「タヨ」の
    ユーチューブチャンネルも人気が急騰している。

    5月末現在、登録者55万人、累積照会数5億3380万回だが、月間アクセス
    5000万回の85%が海外視聴者だ。特に英米圏に人気が集中している。

    ユーチューブ関係者によると、英国の人気キャラクター「きかんしゃトーマス」
    や「ぽこよPOCOYO」よりも「タヨ」が人気だという。

    ソース:民団新聞 2015.7.15
    http://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=0&newsid=20656
    人気の「ポロロ」チャンネル(右)。ソウル市内の「タヨバス」に親子で乗りこむ
    no title


    続きます

    引用元: ・【韓国】「ポロロ」「ロボカーポリー」「タヨ」、『Kアニメ』全盛期…ユーチューブで人気急騰、世界市場でブームを起こす可能性[07/16]

    【いい加減やり方が古いんだよ 【韓国】ユーチューブで人気急騰「ポロロ」「ロボカーポリー」「タヨ」、『Kアニメ』全盛期…、世界市場でブームを起こす可能性[07/16]】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2015/04/08(水) 09:13:39.27 ID:???.net
    韓国メディア・ソウル経済は6日、日本や中国がキムチの”元祖”と主張しているなか、韓国キムチの輸出が落ちていると報じた。

    記事によると、昨年韓国で生産されたキムチの輸出金額は、前年比5.8%減の8405万ドルで、2008年以降の最低を記録した。
    一方で、韓国が海外から輸入したキムチは2009年を除き、2007年以降は毎年1億ドル以上だという。

    ある韓国食品企業の関係者は「日本に続き、中国までもがキムチの”元祖”と主張している信じられない状況が起きている」とし、
    「キムチの輸入量が輸出量を超え、(キムチ産業が)揺らいでいる」と述べたという。

    記事は、昨年5月にタイで行なわれた「国際食品博覧会」で、韓国の行政府傘下「aTの農水産食品支援センター」が運営した「キムチ館」の準備が間に合わず、
    二日目の正午すぎにやっとオープンできたことを例に挙げ、キムチやプルゴギ、ビビンバなどの韓国料理を”第二のすし”にするためには、
    韓国政府と企業が力を合わせなければならないと指摘した。

    企業は、外国人を対象とした現地での大規模な行事を開いたり、ハラル認証獲得や独自の食品技術開発などに力を入れており、
    韓国料理を広めながら利益を追求している。だが韓国政府は実績を積むことに気を取られ、韓国料理のイメージを損なっているとの懸念も出ていることから、
    自国企業を支援すべき行政が“お荷物”になっていると指摘している。

    専門家らも「政府と企業が協力体制を構築することで、韓国料理を世界市場に定着させることができる」と口をそろえているという。

    この報道に対し、韓国のネットユーザーからは様々な意見が寄せられている。


    「キムチは嫌いな人が多いのに、なぜ韓国政府はキムチをそんなに売りたいの?肉料理でいいと思う。ピクルス以外、西洋人は漬物を食べない」

    「キムチを捨てろ。外国人は好まない」

    「中華料理は華麗で満腹なイメージ、日本料理は健康的で美しいイメージ。韓国料理は真っ赤な唐辛子まみれ。文化と呼ぶのが恥ずかしい」

    「韓国といえばキムチはすでに有名。だが、好かれていない」

    「イタリア政府がピザを強要したから、世界中がピザを食べているわけではない。
    おいしいから、あるいは慣れればおいしく感じるだけ。おいしくなければ、二度と食べない」

    「プルゴギやカルビなどを売れば、当然、キムチも付け合わせで売ることができる」

    「何で食文化は伝統的でなければならないと思うの?米国はあらゆる食べ物を米国のものにして、世界で売っている。
    韓国料理の世界化とか考えないで、おいしいものを作って売ればいい」

    「”韓国版すし”?キムチとすしはぜんぜん違うものじゃないか」

    「西洋人の肉食主義を少しは認めてあげて、キムチ以外の肉料理を宣伝することに政府も力を入れろ!」

    「ビビンバは混ぜると汚くなる。外国人は見た目が汚い食べ物は好きではない」

    「エボラも治すとウソをついていたあのキムチ。韓国政府は韓国の代表的な食べ物だと言っているが、外国で通用するかどうかは別問題。
    税金投入はやめて民間に任せろ」


    2015/04/08 05:12
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/414403/
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/414403/2/

    引用元: ・【食】韓国料理を第二の“すし”に・・官民一体で世界市場に定着へ、韓国ネットは「キムチとすしはぜんぜん違う」[04/08]

    【不衛生、偽装食材、何が入ってるか判らない 【食】韓国料理を第二の“すし”に・・官民一体で世界市場に定着へ、韓国ネットは「キムチとすしはぜんぜん違う」[04/08]】の続きを読む

    このページのトップヘ