まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

世界

【金ドブに捨ててるだけじゃん 】韓国文化産業交流財団、ユーチューバー招き、韓流文化を世界へ紹介するイベント

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/07/11(火) 15:29:47.01 ID:CAP_USER
動画投稿サイト「ユーチューブ」で韓国文化をテーマに活動する世界各国の有名人が韓国に集結する。

韓国文化産業交流財団は11日、同日から19日まで9日間の日程でソウル、全州などに12カ国15人の韓流専門クリエーターらを招待し、「2017海外オンラインオピニオンリーダー招請事業 Korea Joa」イベントを開くと伝えた。

今回のイベントは、昨今有力な韓流拡散プラットフォームとして浮上したオンライン空間で影響力を発揮する各国のオピニオンリーダーらに対し、韓国文化を直接体験し、深く取材する機会を提供するために準備された。

イベントの趣旨に合わせ、Kポップアイドルのメーク講座、韓国料理の食事風景の中継など新たな韓流コンテンツの制作者として注目されるクリエーターの特色を生かした多彩なプログラムが実施される。

訪韓するクリエーターらはイベント期間にソウルと「2017全羅北道訪問の年」を迎えた全羅北道・全州などを回り、さまざまな観光地で映像コンテンツを制作し、紹介する予定だ。

また、総合コンテンツ大手のCJ E&Mが主催するクリエーター祝祭「ダイアフェスティバル」にも参加する。

韓国文化産業交流財団の関係者は「全世界の韓流ファンにさらに新鮮で多彩な素材の韓流コンテンツを届ける機会になると期待する」と述べた。

聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/11/2017071101672.html

引用元: ・【韓国】韓流文化を世界へ 海外(韓流専門)ユーチューバー招きイベント[7/11] [無断転載禁止]©2ch.net

続きを読む

【なんか、昔聞いたことあるし】韓国の研究チーム、がんを誘発する炎症原因を世界で初めて発見

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/05(水) 06:27:30.97 ID:CAP_USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183324&ph=0

2017年7月3日、韓国・ニューシスによると、韓国の研究グループが世界で初めてがん細胞を誘発する炎症の原因物質を見つけ、がんの成長と転移をコントロールする道を開いた。

ソウル大が設立運営する韓国初の融合技術専門研究機関「次世代融合技術研究院」の所長キム・ソンフン教授の研究チームは3日、がんを誘発する炎症に重要な役割をする分泌体を究明したことを明らかにした。

今回の研究成果は、細胞生物学分野の最高権威誌の一つ「Journal of Cell Biology」に、注目の論文として掲載された。

炎症とは、白血球などの免疫細胞が、細菌・ウイルスなどの異物の侵入または異物化した組織を排除しようとする生体の防御反応だ。がん細胞は逆にこの免疫細胞を自らの成長と転移に利用するが、これまでそのプロセスが正確に把握できていなかった。

研究チームは、大腸がんの細胞から炎症を誘発するエクソソーム(大きさ30~200ナノメートルの細胞外小胞)を発見し、この中にあるリジルtRNA合成酵素(KRS)が炎症誘発に重要な役割を果たすことを確認、がんを誘発する炎症の原因を特定した。

研究チームは、KRS抑制によってがんの成長と転移をコントロールする新たな治療法の開発も可能とみている。キム教授は「今回の研究で、私たちの体でタンパク質の合成を担当している酵素が、がん細胞でどのように炎症を誘発するか、世界で初めて究明した」とし、「がんを誘発する炎症の調節だけでなく、がんの免疫治療にも活用できるものと期待している」と述べた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「一日も早く治療薬ができて、がんで苦しんでいる人たちが完治しますように」「風邪薬のようにがんの薬も薬局で簡単に買える時代が訪れることを望む」「がん克服を願っています」「多くの患者が痛みから解放されることを祈っています」「それで、治療薬はいつ頃できるんだ?」など、がん克服と新薬への期待の声が多く寄せられた。

また、「おめでとう」「韓国科学技術の快挙だ」「本当にお疲れさまでした」など研究チームへの慰労の声もあった一方で、「がんが克服できても、また別の病気が出てくるだろう」と悲観的な意見も見られた。

引用元: ・【韓国】韓国の研究チーム、がんを誘発する炎症原因を世界で初めて発見=「韓国科学技術の快挙だ」―韓国ネット[07/05] [無断転載禁止]©2ch.net

続きを読む

【なんでいつも大国気取りなの?】世界5位の韓国のロボット技術研究「米国や欧州には追いつけず、中国には追い越される」

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/23(金) 10:34:31.05 ID:CAP_USER
2017年6月20日、韓国・中央日報によると、第4次産業の重点分野の1つであるロボット技術の研究において、韓国は量的には米国、中国、日本、ドイツに続いて世界5位につけているが、質的には“駆け出し”レベルに過ぎないことが分かった。

グローバル学術および特許情報サービス企業「クラリベイト・アナリティクス」は20日、最近10年間(2007~2016年)に発表されたロボット分野のSCI級の論文9万3192件を調査して作成した「ロボット研究白書」を発表した。それによると、韓国はソウル大学やサムスン電子などが合計4234件を発表し、論文の数で世界5位を記録した。上位にはロボット技術で先を行く米国(1万5161件)、中国(1万5007件)、日本(9294件)、ドイツ(6263件)が入った。韓国は10年間に発表された世界のSCI級のロボット関連論文のうち4.5%を占めた。人工知能分野の論文(2.4%、世界11位)に比べると、量的にはなかなかの成績と言える。

しかし、研究論文の「質」で見ると残念なレベルだという。他の研究者が引用した回数基準で見ると、上位0.1%に入る「最高引用論文」に韓国のものは1件もない。米国(33件)、ドイツ(5件)、イタリア(5件)はもちろん、アジアの競争国である中国からも3件入っている。また、引用回数上位1%に入る「最優秀論文」でも韓国は31件に過ぎず、日本(78件)や中国(53件)のおよそ半分の水準にとどまった。

韓国の論文の中で最高の引用回数を記録したソウル大学のパク・ジェフン教授の「ヒューマノイドロボット制御」も2010年に発表されたものであり、すでに7年が過ぎている。ロボットが人間のように物体をつかんだり、傾斜や階段を上れるよう制御する方法についての研究だったが、いまだに商用化段階には達していない。クラリベイト韓国支社のキム・ジンウ支社長は「第4次産業の他の領域のように、ロボット分野でも米国や欧州には追いつけず、中国には追い越されるというサンドイッチ現象が起きている」と指摘した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「これ以上中国を無視してはいけない。すでに全ての分野で追い抜かれている」「『韓国にいても論文を盗まれるだけ』と言って優秀な博士が先進国に逃げていく現象をどうにかするべき」と危機感を示すコメントが寄せられている。

また、「朴槿恵(パク・クネ前大統領)は美容のことばかり考え、一般人に国の財産を渡していた。韓国が未来に備えているはずがない」「全員が公務員を目指す韓国に科学者なんていないよ」「人口の違いを考えて。中国に負けるのは当然のこと」などと納得する声も。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=181946&ph=0

引用元: ・【韓国】世界5位の韓国のロボット技術研究、実際は“駆け出し”レベル?=韓国ネット「全ての分野で中国に抜かれた」[06/23] [無断転載禁止]©2ch.net

続きを読む

【いい感じでサンドバッグ】中央日報「世界6位の鉄鋼大国である韓国が強大国間貿易戦争に挟まれた」

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/04(火) 11:49:12.48 ID:CAP_USER
よく鉄鋼材を「製造業の米」と呼んでいる。建設現場をはじめとする各種産業現場で鉄鋼材が使われない所はない。自動車一台に大体1トン程度の鉄鋼材が要るだけでなく、各種電子製品と食品包装材にも鉄鋼材が重要に使われている。

先月末、ニューヨークで開かれた「鉄鋼の生き残り戦略」(Steel Survival Strategy)会議は「製造業の米」をめぐって各国が神経を尖らせた貿易の戦場だった。

5~6年前には、アルセロール・ミッタル、新日本製鉄、ポスコのような世界トップの鉄鋼会社の最高経営責任者(CEO)が参加して鉄鋼市場のあり方について意見を交わし、大きな軸を考えていた情報交流の場だった。しかし、今年に入ってはこの企業らのCEOはほぼ参加しなかった。

不参加の背景には米国の露骨な保護貿易主義がある。まず、マンハッタンのタイムズスクエアに位置したマリオットホテル会議場に入る瞬間、あちこちにかかっている星条旗から見ると大きく変わった状況が分かる。

毎年、ニューヨークで行われてきたが、このような風景は見たことがない。韓国鉄鋼会社の関係者は「情報交流の場でなく星条旗で武装した米国鉄鋼業界従事者が他の国から来た参加者を脅かし、米国の政策を強要する感じを受けた」と話した。

基調演説は米国代表の鉄鋼会社であるヌーコアのジョン・フェリオラ代表が行った。彼は「中国をはじめとするアジア諸国が安価な鉄鋼を世界市場に投入することで米国鉄鋼労働者が職場を失っている」と一貫して強調した。

ドナルド・トランプ大統領が4月、米商務省に韓国産をはじめとする外国産鉄鋼が自国の安保に及ぼす影響を調べるように行政命令を下した点を想起させ、「近いうちに米国の産業安保を脅かす鉄鋼輸入の品目に対して特段の措置が下されるだろう」と脅迫した。

圧巻は中国冶金工業計画研究院の李新創院長だった。彼は米国の保護貿易主義を非難しようと決心したかのように、莫大な量のプレゼンテーションを準備した。19世紀には英国が全世界の粗鋼生産量の80%を占め独占的地位を享受し、米国も20世紀に入って1970年代まで40%のシェアで世界鉄鋼市場を牛耳っていたということだ。

96年から日本に続き、中国がわずか20%のシェアで世界1位に上ったが、なぜこの時期に保護貿易主義に転じているのかを叱責した。彼は「保護貿易の規制が強くなるほど、あなた顧客社はより弱くなり、高い価格のために大変な目にあうだろう」と声を高めた。

この日だけは世界6位の鉄鋼大国である韓国が強大国間貿易戦争に挟まれたように見えた。先週、韓米首脳会談でも鉄鋼貿易は欠かせないテーマだった。保護貿易主義はもう現実だ。今後ともしっかりと見守る必要がある。


2017年07月04日11時14分
http://japanese.joins.com/article/838/230838.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|top_news

引用元: ・【中央日報】米中の間に挟まれた韓国が危うい[07/04]©2ch.net

続きを読む

【いつもキムチばっかだな】「キムチセラピー」で韓国が世界最長寿国になる

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/06/10(土) 20:50:57.83 ID:CAP_USER
写真は韓国の市場で売られているキムチ。
no title


2017年6月9日、韓国で行われた研究で、キムチ効果により2030年ごろには韓国が世界最長寿国になるという分析が登場し、食の楽しみと健康を同時に得られる「キムチセラピー」への期待が高まっている。韓国・東亜日報が伝えた。

韓国の世界キムチ研究所(キムチ研)の研究チームはこのほど、キムチから分離した乳酸菌「WiKim31(キムチから分離した31番目の乳酸菌)」の肥満予防効果を動物実験で確認した。毎日WiKim31を与えたマウスと、そうでないマウスの体つきに大きな違いが現れ、脂肪量や血中コレステロール、中性脂肪、肝機能など、肥満関連の代謝疾患指標も改善したという。

適度に漬かったキムチ1グラムには1億個以上の乳酸菌が含まれるとされる。韓国人は1日に平均70グラムのキムチを食べているので、毎日70億個の乳酸菌を摂取している計算に。キムチに含まれる乳酸菌にはWiKim31の他にも、アトピー性皮膚炎の症状を緩和するWiKim28や、腸疾患に改善効果のあるWiKim38などさまざまあり、これらは「微生物遺伝子銀行」に保管されているそうだ。

記事によると、キムチ研が目指すのは、キムチ自体が健康機能食品になるという、いわゆる「キムチセラピー」の具現化だという。例えば、肥満予防効果が立証されたWiKim31の乳酸菌のみを含む「太りにくいキムチ」の開発などだ。

これまでに発見されたキムチの乳酸菌は約3万5000種あるが、地域ごとに製造法や熟成環境が異なるため、今後もさまざまな種類の乳酸菌が発見されるものとみられている。これこそが、「キムチセラピー」の可能性が無限にあると期待される理由だという。

キムチ研のチェ・ハクチョン本部長は「キムチセラピーが現実になれば、食事中に自然と健康まで手に入れることができるだろう」と述べ、「これとは別に、動物実験で効能が検証された乳酸菌は、臨床試験を経て微生物を薬として活用する『ファーマバイオティクス』製品にする計画」と明らかにした。

これを受け、韓国のネットユーザーからは

「食べ物の中ではやっぱりキムチが最高」
「キムチはご先祖様の芸術作品。最近は食べない人が多いし、外で食べるキムチもあまりおいしくないけど、自分で漬けて食べれば健康にもいい」

とキムチの効能に賛同する声が上がる一方で、

「40年食べ続けてきたけど痩せないよ」
「なぜご先祖様は早くに亡くなったんでしょう?」

と異議を唱えたり、

「無理やり過ぎる。だってマウスたちはキムチを食べたんじゃなくて、キムチの乳酸菌を食べたんでしょ?塩分はどうなるの?」

と塩分を気にするコメントも寄せられている。

その他、「キムチがあるとご飯を食べ過ぎちゃう」と悩みを打ち明けるユーザーもみられた。

Record china 配信日時:2017年6月10日
http://www.recordchina.co.jp/b172795-s0-c30.html

参考
韓国人はなぜ胃がんにかかるのか 2008年09月09日18時14分 中央日報
http://japanese.joins.com/article/381/104381.html
韓国国民の塩摂取量は世界最高水準。 世界保健機関(WHO)の推奨量の4-5倍を超える。
キムチ・煮物・塩辛・鍋・スープ・ラーメンなど塩辛い食べ物を好む。 塩は持続的に胃の粘膜を刺激し、縮性胃炎を起こす。 さらに進めば胃かいよう、胃がんに発展する。

引用元: ・【韓国】キムチ効果で近く世界一の長寿国へ「キムチセラピー」への期待も高まる=韓国ネット「最高の食べ物」「キムチは芸術作品」[6/10] [無断転載禁止]©2ch.net

続きを読む
「まとめ 韓国・中国のニュースと日本人の反応」 「まぜるな!キケン!!速報」 つぶやいています。 フォローよろしくお願いします。
ギャラリー
  • 【全然為替も反応しないじゃんw】「思ったより伸びが高かった」中国GDP6.9%増 
  • 【悪趣味だよなあ】「日本天皇に血書で忠誠の誓いをした日本軍人朴正煕 18ウォン」反パク・クネ運動家が朴正煕記念切手発行
  • 【ズレてんだよな】韓国統一相「南北共同行事に向けた会議開催を」北朝鮮「」
  • 【大統領ですらこのレベル】文在寅大統領、“間違いだらけ”の映画に感動し脱原発を決意か
  • 【絶賛ハブられ中にまだ絵空事を】韓国金融投資協会会長「韓国に新たな金融ハブ戦略を立てる時になった」
  • 【絶賛ハブられ中にまだ絵空事を】韓国金融投資協会会長「韓国に新たな金融ハブ戦略を立てる時になった」
  • 【また死の海にするらしい(w】韓国でワタリガニの漁獲量が激増 西海(黄海)での違法操業の中国漁船激減で
  • 【鞭で調教が一番】「朝鮮半島が高句麗の時代から繰り返されてきた騒動の原因を検証」石平氏の『朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか
  • 【朝鮮日報と中央日報読めよ情弱 】中央日報(韓国語)「韓国では『嫌日書籍』は目立たず、書店の棚で見つけづらい」
アクセスランキング
相互RSS