まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:世界

    1: ひろし ★ 2019/01/23(水) 22:30:09.04 ID:CAP_USER
    配信日時:2019年1月23日(水) 20時10分

    2019年1月23日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、ブルームバーグによる世界の国別イノベーションランキングの結果について紹介する記事を掲載した。

    22日、ブルームバーグが19年の世界のイノベーションランキングを発表した。研究開発支出や製造能力、ハイテク上場企業の集中度などを基準にランク付したもの。その結果、トップ10は1位から順に韓国、ドイツ、フィンランド、スイス、イスラエル、シンガポール、スウェーデン、米国、日本、フランスとなった。中国は昨年の19位から今年は16位に上昇した。

    これに対し、中国のネットユーザーから「韓国が1位というのが驚きだ」「韓国が1位というのは信じられない」「フィンランドが3位?」「韓国やフィンランドにどんな革新力があるというのだろう」など、ランキングに納得がいかないというコメントが多く寄せられた。

    また、「中国と同じように詰め込み式教育の韓国が、なぜイノベーションで世界1位になれるのだろう」との意見がある一方で、「われわれの技能は、コピーして貼り付けることだからな」「中国はまだまだ努力が必要」などの謙虚なコメントも散見された。(翻訳・編集/山中)

    https://www.recordchina.co.jp/b681875-s0-c30-d0062.html

    引用元: ・【調査】世界イノベーション番付で韓国が1位=中国ネット「韓国がなぜ1位?」 [01/23]

    【ファンタジー部門堂々の第1位【調査】世界イノベーション番付で韓国が1位=中国ネット「韓国がなぜ1位?」 [01/23] 】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/10(日) 11:00:15.62 ID:CAP_USER
    昨年のウリナラ(我が国)の自動車生産量が10大自動車生産国の中で唯一3年連続減少して、メキシコに次いで世界7位で下落した。これは2015年に455万台で5位に上がって以降、毎年生産が減った結果である。

    (写真)
    no title


    10日、韓国自動車産業協会が発表した『2018年10大自動車生産国現況』によれば、韓国の昨年の自動車生産量は前年比で2.1%減少した402万9,000台である事が分かった。同期間にメキシコは406万9,000台から411万台に増え、韓国を7位に押し出した。2016年にインドに5位の座を渡して以降、2年ぶりに再び1ランク下落して危機感を煽った。その結果、グローバル完成車の生産で、韓国の比重も前年比で0.1%減少した4.1%となった。

    国内の完成車の生産は去る2015年は455万6,000台だったが、翌年は422万9,000台に減って以降、2017年は411万5,000台、昨年は402万9,000台で集計され、毎年減少している。完成車の輸出が減り、当然生産も減少している。実際に輸出は2012年の317万台から、昨年は245万台に縮小した。

    (図=翻訳済み)
    https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0c/74/afb82575ec830f3be8a1aa8c09c53529.jpg
    ▲ 出処=韓国自動車産業協会(KAMA)

    これについて協会は、根本的に国内完成車生産の高コスト・低効率構造が定着して、生産部門の競争力が失われた結果と見ている。実際に昨年2月の韓国GM群山(クンサン)工場の閉鎖も、このような構造的な問題で始まった結果であるという立場である。

    韓国自動車産業協会のチョン・マンギ会長は、「国内の自動車産業の競争力を回復するには、政府の支援が切実である」とし、「グローバルスタンダード次元で法と制度の改善を通じた協力的労使関係の構築はもちろん、効率および排出ガスなどの環境規制、安全と消費者関連規制も産業の競争力を考慮して、革新する必要がある」と述べた。

    一方、自動車生産量の世界1位は中国が占めた。中国の2018年の生産は前年比4.2%減少した2,781万台で、28年ぶりに初めてマイナス成長を記録したが、10年連続世界1位の座を守った。引き続き2位アメリカ(1,130万台)、3位日本(972万台)、4位ドイツ(563万台)、5位インド(517万台)、6位メキシコ(411万台)、7位韓国、8位ブラジル(288万台)、9位スペイン(281万台)、10位フランス(232万台)などの順だった。

    ソース:オートタイムズ(韓国語)
    http://autotimes.hankyung.com/apps/news.sub_view?popup=0&nid=03&c1=03&c2=03&c3=00&nkey=201902100943251

    引用元: ・【くるま】韓国の自動車生産量、メキシコに追い越されて世界7位に下落[02/10]

    【ストやるしかないな 【くるま】韓国の自動車生産量、メキシコに追い越されて世界7位に下落[02/10] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/19(土) 13:10:41.43 ID:CAP_USER
    K-POPの次は「K餃子」が世界でブームに?


    2019年1月9日、韓国・マネートゥデイは、「世界にK餃子ブームが起こっている」と報じた。

    記事によると、韓国の大手食品メーカー・CJ第一製糖の「bibigo餃子」が昨年、前年比20%増の6400億ウォン(約640億円)の売り上げを記録した。
    特に海外で、全体の53.7%を占める3420億ウォン(約340億円)を売り上げ、初めて国内売上2950億ウォン(約290億円)を上回ったという。

    海外売上は2015年の1240億ウォン(約120億円)から3年間で2倍以上伸び、その割合も15年の40.8%から12.9ポイント上昇している。

    売上増加は、米中やベトナム、欧州など大陸ごとの生産拠点を基盤として餃子の消費拡大に取り組んだことが功を奏したとみられている。
    14年から韓国および米中などに研究開発(R&D)やインフラ、工場建設など2000億ウォン(約200億円)以上投資し、競争力を強化した。

    また、ベトナムなど新規生産基地では、市場調査や消費者の需要、食文化のトレンドなどを分析して現地の消費者を狙った製品を開発したという。

    CJ第一製糖では、今年Kahiki FoodsやMainfrostなど米国とドイツから買収した現地食品メーカーとの協業を通じてさらに売り上げを伸ばす予定。
    今年は国内売上3400億ウォン(約340億円)、海外売上5650億ウォン(約560億円)など計9050億ウォン(約900億円)の売り上げを予想している。

    さらに20年にはbibigo餃子の売り上げを1兆ウォン(約1000億円)以上に増やし、このうち70%を海外で達成する目標も立てたという。
    6兆ウォン(約6000億円)規模の海外餃子市場において、現在9%程度のシェアを15%まで拡大する計画だ。

    関係者は「海外市場でもK餃子ブームを継続させ、世界的な餃子ブランドに跳躍したい」と述べているという。
    https://www.recordchina.co.jp/b629450-s0-c30-d0127.html

    引用元: ・【韓国】 「世界にK餃子ブームが起こっている」

    【聞いたこともない【韓国】 「世界にK餃子ブームが起こっている」 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/12/10(月) 09:44:18.06 ID:CAP_USER
    今年末で大韓民国は、世界で7番目に「30-50クラブ」入りがほぼ確実とみられる。人口はすでに5000万人を超えており、1人当たりの国民所得(GNI)は残り少ない12月末には3万1243ドルに達するというのが韓国銀行などの試算だ。

    現在、米国、日本、ドイツ、英国、フランス、イタリアの6カ国のみが属する「30-50クラブ」に達することは、大韓民国が先進富國であり、人口と経済規模を一緒に備えて強国の隊列に上がったことを意味する。

    デンマーク、ルクセンブルク、シンガポールなどは、国民所得4万ドルを超える富国だが、人口が少なく、世界経済に占める割合が少ない。

    1人当たりの国民所得が2006年に2万ドルを突破して以来、3万ドルに達するのに12年の時間がかかった。その間、2008年の世界的金融危機を経験し、その後経済成長率は3%台に落ちて、予想より多くの時間がかかった。

    日本は5年、米国と英国は8年ぶりに2万ドルから3万ドルに達し、ドイツ、フランス、イタリアなどは13~15年ずつかかった。

    しかし、祝杯を挙げることはできない。今置かれている経済現実が難しく、将来の見通しも暗いからだ。まず、国民所得と密接な成長率は落ち続けており、今年は2.7%の達成も厳しいのが現状だ。来年以降は2%台半ばを維持すると幸いに思えるほど、低成長構造が固まっている。

    成長を牽引する企業の環境はさらに悪化し、韓国経済を引っ張ってきたし、支えている主力製造業が揺れるという警告音があちこちから聞こえている。保護貿易主義の拡散、米中貿易紛争の長期化など、対外環境もこれまで以上に困難な状況にある。

    1人当たりの国民所得は3万ドルまで上がったが、貧富の差がさらに広がり、深刻な社会対立の要因となっている。現政府が推進している所得主導成長は、むしろ雇用惨事を招き、下位層の所得が減ったことで、期待とは裏腹に二極化を深刻化させる副作用を生んでいる。

    2012年に初めて5000万人を突破した人口も、昨年末基準では5100万人だが、世界最低水準の出生率のために、2028年からは全人口が再び減り始め、2045年前に再び4000万人台に落ちるだろうというのが統計庁の予測だ。

    既存の30-50クラブの6カ国は、第二次世界大戦当時はすでに世界強国だった。以後、独立した国家の中で30-50クラブ入りを果たした国は、世界で大韓民国が唯一といえる。日本が失われた20年を経験したように、既存の加盟国も3万ドル達成後、経済活力が落ちる困難を経験した。

    私たちの前に置かれた少子高齢化、低成長構造の経済体質、所得の二極化などの難題を克服するために、政府と企業、家計などの経済主体が一致協力する時だ。


    December. 10, 2018 09:02
    http://japanese.donga.com/List/3/0501/27/1571826/1

    引用元: ・【東亞日報】 韓国、世界で7番目の「30-50クラブ」入りを控えて押し寄せる暗雲 [12/10]

    【それって一体何なんww【東亞日報】 韓国、世界で7番目の「30-50クラブ」入りを控えて押し寄せる暗雲 [12/10] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/05(水) 18:47:33.38 ID:CAP_USER
    >>0�動画)韓国の宝1 - 韓国の古代国家古朝鮮と高句麗の宝物
    https://www.youtube.com/watch?v=9famXOf45uk



    【ソウル聯合ニュース】

    インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKは5日、韓国の悠久の歴史と輝かしい文化を紹介するPR映像をシリーズで制作し、交流サイト(SNS)を通じて世界に広めていくと明らかにした。

    VANKは「韓国の宝」シリーズの第1弾として、「古代国家・古朝鮮と高句麗の宝」編を4日に動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載した。

    近く英語字幕付きの映像も掲載し、フェイスブックなどのSNSで拡散させる。韓国語の映像は各国のハングル学校や韓国語専攻を開設する大学、外国のK―POPファンなどを広報の対象とする。

    第1弾の映像では、韓国に多い支石墓や、今年2月の平昌冬季五輪開会式に登場した人面鳥などを扱った。高句麗時代の壁画に描かれた人面鳥は、百済、新羅、朝鮮の文化財にも登場すると紹介している。


    2018/09/05 17:03
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/09/05/0800000000AJP20180905003300882.HTML

    引用元: ・【VANK】 歴史と文化を世界に紹介 韓国市民団体がシリーズ映像制作 [09/05]

    【やればやるほど逆効果【VANK】 歴史と文化を世界に紹介 韓国市民団体がシリーズ映像制作 [09/05] 】の続きを読む

    このページのトップヘ