まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:不買運動

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/23(土) 10:40:09.68 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 去る10月24日、ソウル 鍾路区にあるユニクロ光化門Dタワー店の前で、大学生同族一つのメンバーであるイ・ジニさんが、ユニクロをはじめとする日本の強制徴用企業を糾弾する1人デモをしている。
    ____________________________________________________________

    反日不買運動をめぐり、ネチズンの間で甲論乙駁が起きている。今回の議論を触発したのは、去る19日に誠信(ソンシン)女子大学校の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が発したSNSのコメントである。

    韓国広報専門家として活動している徐ギョン徳教授はこの日、1枚の写真を公開した。写真には、ユニクロに訪れた人々がドアの外まで長く並んでいる様子が収められていた。

    ユニクロは、『ヒートテック』の無料贈呈イベントを実施している。これについて徐教授は、「最小限の自尊心は守ろう」と批判した。

    徐教授は、「不買運動の序盤にユニクロの日本役員が、“韓国の不買運動は長続きしない” という韓国人を蔑む発言もした。かつては戦犯旗である旭日旗をTシャツにプリントして販売もしていた。特に最近では、日本軍慰安婦を嘲弄した広告を作り、物議を醸した会社がまさにユニクロだ」と述べた。

    徐教授は、「もちろん不買運動を強要することはできない。個人の選択を尊重する」と言いながらも、「改めて考えてみて欲しい」と述べた。

    大多数のネチズンは、ユニクロの店舗に並ぶ人々に対し、『乞食根性』と言いながら批判した。あるネチズンは、「現在、日本と自尊心をかけて貿易戦争中だ。個人の選択は国家よりも優先することはできない」と述べた。

    一方、反日不買運動を絶対にしなければならないのかという少数意見もあった。あるネチズンは、「今や全ての産業は国際的な協力が行われている」とし、「反日不買運動で我が国の国民も被害を被る」と指摘した。一例として、反日運動の余波により、国内全ての航空会社の第3四半期の実績が大幅に悪化した。

    また別のネチズンは、「中国はこれまでに我が国を最も多く苦しめた国で、現在も粒子状物質などの多くの被害を与えている。そのような基準なら、中国の商品も不買すべきなのではないか」と言いながら、「日本に向けて竹槍を持とうという人々が、なぜ文在寅(ムン・ジェイン)大統領を “ゆでた牛の頭” と批判した北韓(北朝鮮)には何でも与えようとするのか」と批判した。

    引き続きこのネチズンは、「与党代表(イ・へチャン)は日本料理屋に通い、曺国(チョグク)の息子もユニクロ着ているのに、なぜ一般国民にだけ苛酷な物差しを突き付けるのか分からない」と述べた。

    一方で徐教授は去る20日、日本の右翼と国内の親日派に嘲弄メッセージを受けたと主張した。

    徐教授は、「皆さんの協力で昨日乗せた1枚の写真が一日中、非常に大きな問題になった。“ユニクロ不買運動” の意味を改めて振り返る良いきっかけが用意できたと」とし、「しかし日本の右翼は私にDMで、“お前の国でやってることだよな” 、“日本製品がなければ生きて行けない韓国人” など、非常に数多くの嘲弄に襲われた」と明らかにした。

    徐教授は、「に一層不愉快になったのは、まだ韓国に残っている親日派がメッセージで、“お前一人が叫んだところでどうなる” 、“この写真が本来の韓国人の素顔” という、ありえない話を差し込んだ」と吐露した。

    徐教授は、日本の右翼も問題だが、韓国に住んでいる親日派はさらに大きな問題ということを改めて感じた一日だった」と言いながら、「私は今年の不買運動がさらに一歩前進して、“国産品愛用生活化” になることを切に望んでいる」と述べた。

    ソース:韓国経済(韓国語)
    https://www.hankyung.com/society/article/201911213757H

    (一部被り)
    【UNIQLO】徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授、「日本人が嘲弄・・・ “日本無しでは生きていけないのか?” と」[11/20]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1574213558/

    引用元: ・【韓国】反日不買運動はどうしても必要ですか?[11/23]

    【フッ化水素とか不買すべきです 【韓国】反日不買運動はどうしても必要ですか?[11/23] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/19(火) 16:06:17.85 ID:CAP_USER
    2019年11月18日、韓国・マネートゥデイは、韓国内の主要なユニクロの店舗でこの週末に行われたあるイベントが大盛況となり、「不買運動の痕跡は見当たらなかった」と伝えた。

    記事によると、ユニクロは21日まで「冬の感謝祭」を開催しており、商品を購入した客に人気商品「ヒートテック」を合計10万枚、無料で贈呈するイベントを行っている。各店舗の1日当たりの贈呈数を決め先着で提供するそうで、週末の16~17日には大勢の買い物客が訪れ、1時間でその日の枚数が終了した店舗もあったという。同店舗では、7万ウォン(約6500円)以上の購入者にタンブラーを提供するというイベントも午後4時には終了。ソウル市内と首都圏の店舗も客でにぎわい、日曜日にはレジに長い列ができたという。

    韓国では夏から日本製品不買運動が展開されている。さらにユニクロのCMが「慰安婦問題を想起させる」として物議を醸していた。記事は「問題発生以来で最も多くの客が訪れたとの声も上がっている」と伝えている。

    ユニクロ関係者は「実際に顧客数が増えたのか、売り上げ回復につながったか」との質問に対し「グローバル本社の方針から、具体的な実績は公開できない」とコメントしている。今回の感謝祭は「韓国進出15年ということもあり、過去最大規模のイベントだった」という。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「肌着1枚のために国を売った」「無料の肌着と国のプライドを引き換えにするなんて。ユニクロに行った人たちの人生の価値は、肌着1枚の水準ということだぞ」「情けない。韓国人はこんなものなのか」「安倍首相が笑みを浮かべてるだろうな」「日本の悪口を言いながら、日本の物を無料でくれると言われたらもらうのか」「無料には弱いんだな。恥ずかしい」「土曜日にショッピングに出かけて、ユニクロが大盛況なのを見て驚いた。不買運動を強要はしないが、ユニクロの服を必死で選んでいる人たちを見てため息が出たよ」など、失望と怒りの混じったコメントが殺到している。

    また「いまだに日本製品を買い、日本車に乗る人たちはいる。でも自分はまだまだ不買運動を続ける」「日本ボイコットよ永遠に」など、不買運動継続を呼び掛ける声も上がっている。
    Record China
    2019年11月19日(火) 15時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b760503-s0-c30-d0144.html

    引用元: ・【日本製品不買運動はどこへ?】「ヒートテック無料」に韓国人が長蛇の列=韓国ネット「肌着1枚のために国を売った」[11/19]

    【ユニクロCMとはなんだったのか 【日本製品不買運動はどこへ?】「ヒートテック無料」に韓国人が長蛇の列=韓国ネット「肌着1枚のために国を売った」[11/19] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/31(木) 14:18:48.41 ID:CAP_USER
    日本の反韓感情も高まっている?韓国系企業が“被害”訴え
    https://www.recordchina.co.jp/b755623-s0-c30-d0149.html

    2019年10月25日、韓国・聯合ニュースは、日韓の対立が長期化する中、日本で事業を展開する韓国系企業から「悲鳴が上がっている」と伝えた。

    記事によると、韓国国会の予算決算特別委員会の日本貿易紛争対応小委員会の議員らと日本で事業を展開する韓国系企業の代表らが、25日に東京・新大久保で懇談会を行った。同委員会は昨年9月、日本の対韓輸出規制強化措置に対応する予算の審査を支援するために新設され、与野党議員6人で構成されている。

    懇談会で韓国の食品会社の日本法人・大象(デサン)ジャパンの沈容台(シム・ヨンテ)代表は「最近は雰囲気が良くない」とし「韓国商品は不買傾向にあり、税関では検査の頻度が高まっている」と話した。食品流通企業・True World Japanの辛宇淳(シン・ウスン)代表も「韓国産に対して拒否反応がある」「予定されていた韓国料理に関するイベントの中止が相次いでいる」と訴えたという。

    これに議員らが「日本では反韓感情がそんなに強いのか」と尋ねると、辛代表は「韓国での日本製品の不買運動が日本で話題になっているため、日本でも韓国に関するイベントが中止になっているようだ」「日本人観光客がソウルで韓国人から暴行を受けた事件の影響も大きい」と説明したという。

    また、旅行代理店・ハナツアージャパンの李炳燦(イ・ビョンチャン)代表は「韓国からの旅行客が90%減った」とし「特に九州、沖縄、北海道では観光客減少の打撃が大きく、従業員も大変な思いをしている」と訴えた。
     
    これを受け同委員会の池尚ウク(ジ・サンウク)委員長は「日韓両国の国民が争わないよう対策を講じなければならない」と話したという。

    これに韓国のネットユーザーからは「日本人は元から韓国製品を買わない」「韓国で日本製品の不買運動が行われているのに日本人は韓国製品の不買はしないとでも思っていたの?」「日本人が韓国製の自動車やスマートフォンを買わないのは、もっと良い製品があるからだ。不買運動とは全く異なる」などと指摘するコメントが寄せられている。日本に1年間住んでいたというユーザーからは「日本で韓国製品は食べ物やスマートフォンしか見たことがない。日本人は韓国製の日用品などはあまり使わない」とのコメントも出た。

    また「日本製品の不買が続けば韓国が損をするのは確実だ」「結局のところ大々的な不買運動は良くないってことだね」「不買運動が続けば韓国の中小企業がみんなつぶれてしまう」など日本製品の不買運動の影響を懸念する声も上がっている。

    その他に「韓国と日本がお互いにウィンウィンな方法を模索するべきだ」「一部が犠牲になるとしても必ず脱日本をするべきだ」などの意見も見られた。(翻訳・編集/長居)

    引用元: ・【日本製不買運動】 韓国系企業が“被害”訴え[10/31]

    【日本で甘い汁吸ってた韓国系企業が(´・ω・`) 【日本製不買運動】 韓国系企業が“被害”訴え[10/31] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/06(水) 11:54:23.86 ID:CAP_USER
    韓国京畿道(キョンギド)は6日、日本の輸出規制長期化で経営難に陥っている小商工人200社を対象に総額5億3000万ウォン(約4984万円)を支援すると明らかにした。企業当たり最大300万ウォンまで支援する。

    事業は日本料理店や日本式居酒屋など、業者名、製品名、日本風インテリアなどで被害が発生した小商工人に看板または広報物交換などを支援するもの。

    京畿地域の創業6カ月以上の小商工人事業者で日本商品不買運動により看板または広報物変更を希望する業者をまず支援する。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/259313?servcode=300&sectcode=300
    ⓒ 中央日報日本語版2019.11.06 11:27

    引用元: ・【韓国・京畿道】日本商品不買運動により日本風インテリアなどで被害受けた小商工人を支援[11/6]

    【セルフ規制でセルフ被害でセルフ保証【韓国・京畿道】日本商品不買運動により日本風インテリアなどで被害受けた小商工人を支援[11/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/04(月) 21:37:40.72 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】日本による対韓輸出規制強化を受け、韓国で広がった日本製品の不買運動の影響で、7~9月期の韓国消費者による日本のインターネット通販サイトでの購入額の増加幅が大幅に縮小した。

    韓国統計庁が4日に発表した資料によると、7~9月期の海外通販サイトでの購入額は8420億ウォン(約785億円)で前年同期比21.0%増加した。

     米国の通販サイトでの購入額が4119億ウォンで、全体の48.9%を占めた。次いで欧州連合(EU、1947億ウォン)、中国(1583億ウォン)、日本(472億ウォン)などの順。

     日本の通販サイトでの購入額は、4~6月期に前年同期比32.0%増加したが、7~9月期は同2.3%増にとどまり、前期比では25.9%減少した。

     統計庁関係者は日本からの購入額減少について「7月の日本政府による対韓輸出規制を受けて広がった不買運動が影響を与えた」との見方を示した。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191104002400882?section=japan-relationship/index
    聯合ニュース 2019.11.04 16:30

    https://i.imgur.com/MQXOgxW.jpg
    8月に中部の大田市で行われた集会で日本製品不買運動への賛同を表明する参加者(資料写真)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【聯合ニュース】韓国消費者の日本ネット通販利用 増加幅が大幅縮小=不買運動影響[11/4]

    【増えてちゃダメやんけ 【聯合ニュース】韓国消費者の日本ネット通販利用 増加幅が大幅縮小=不買運動影響[11/4] 】の続きを読む

    このページのトップヘ