まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:不満

    1: 荒波φ ★ 2018/08/29(水) 11:22:45.45 ID:CAP_USER
    今年2月の平昌五輪・パラリンピックからすでに5カ月がたつが、現地で働いたバス運転手にいまだに給料が支払われておらず、不満が続出しているという。韓国・ノーカットニュースが27日付で報じた。

    平昌冬季五輪・パラリンピックでは、輸送バスの不足が顕著だったという。記事によると、韓国西部の忠清南道に住む貸切バス運転手のAさん(50)は、この報を聞いて平昌に向かった。

    お金のためでもあったが、「韓国で初めて開かれる冬季五輪に少しでも貢献したいという気持ちが大きく、寒くてもその分やりがいを感じることができると期待していた」という。

    しかし、いざ到着してみると、現地の状況はニュースで聞いていたよりも深刻だった。夜明けに出勤して夜明けに退勤した。防音がしっかり施されていない宿泊施設で眠らなければならず、食事はキムチとスープにおかずが少し変わるだけ。

    そして寒さに震えながら、往復200キロメートルの雪に覆われた道を毎日数回行き来した。しかしパラリンピック閉幕から5カ月が過ぎた今でも給料は支払われておらず、Aさんは挫折と憤りを感じているという。

    平昌五輪の車両部門公式スポンサーである現代自動車は、シャトルバスを運行するため、車両の不足分を錦湖ホールディングス(現・錦湖高速)から調達した。錦湖高速も自社で賄えない路線を全国各地の一次請け企業に委託し、さらに中小規模の旅行会社や貸切バス会社が二次請け、三次請けとして集められたという。

    しかし、費用の支払いが何らかの理由で滞り、三次請け企業の従業員であるAさんは、苦労した対価を受け取れていないのだという。少なくとも2つの企業で数千万ウォン(数百万円)の被害が把握されており、貸切バス業界全体でその額は数億ウォンに達するという。

    平昌五輪・パラリンピック組織委員会は、「苦情が継続して入ってきているが、予算に余裕がない上、被害業者や運転手と組織委員会の間に取引関係がない現状では、運転手を助ける方法はない」と述べたという。

    これについて韓国のネット上では、

    「すぐ捜査して運転手を搾取した企業を公開するべきだ」
    「政府は何をしているんだ」
    「北朝鮮から来た人は盛大にもてなしたのに、影で大会を支えた自国民には給料も払えないなんて、どう考えてもおかしい」

    と、政府の早急な対応を求める声が相次いだ。

    他には「平昌五輪は失敗だ。無事故イコール成功ではないだろう。莫大な税金を注ぎ込んだのに給料の保証もできないなんて…」という、五輪自体の評価に結び付ける意見も見られた。

    そして「大会を見に行ったけど本当に寒かった。あんな環境で働いていた運転手さんやボランティアの皆さん、本当にお疲れ様でした」と、実際に大会を見に行った観客からの労いの言葉も確認できた。


    2018年8月29日(水) 10時50分
    https://www.recordchina.co.jp/b574490-s0-c50-d0058.html

    引用元: ・【韓国】 閉幕から5カ月たった平昌五輪、従業員から不満が続出 平昌五輪・パラリンピック組織委員会「助ける方法はない」[08/29]

    【いつものことじゃないですか 【韓国】 閉幕から5カ月たった平昌五輪、従業員から不満が続出 平昌五輪・パラリンピック組織委員会「助ける方法はない」[08/29] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/03(火) 19:02:47.95 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b589007-s0-c20.html

    2018年4月2日、韓国・聯合ニュースによると、サムスン電子のスマートフォン・ギャラクシーS9に対し「他社の最新スマートフォンと比べてバッテリーの持続時間が短い」とする調査結果が出た。韓国内のユーザーからも不満の声が出ている。

    記事によると、市場調査会社「ストラテジー・アナリティクス(SA)」が6社のプレミアムスマートフォン7台のバッテリー性能を測定した結果、ギャラクシーS9は6位だった。今回の性能測定では、デバイスの設定を一定にした状態で通話・文字メッセージ・Webブラウジング・ゲームなどを使用するという一般的な状況下でバッテリーの持続時間を評価した。

    ギャラクシーS9はバッテリーを使い果たすまで26時間52分だったが、LG電子の「G6」は32時間35分、Huawei「P10」は32時間8分とギャラクシーS9をしのぐ値を示した。上位はソニーの「エクスペリアXZ2」36時間1分と「XZ2コンパクト」34時間20分。ギャラクシーS9よりバッテリーの持続時間が短かった製品はOPPO「R11」の16時間36分だけだったという。

    サムスン電子は一昨年のギャラクシーノート7の発火騒動以後、バッテリー容量を増やさずにソフトウェアの最適化によって十分な時間を確保すると説明しており、ギャラクシーS9のバッテリー容量はギャラクシーS7やギャラクシーS8と同様、3000mAHに据え置いているという。ギャラクシーノート7のバッテリー容量は3500mAHだったが、ギャラクシーノート8はこれより少ない3300mAHとなっているとのこと。

    業界関係者は「バッテリー自体の容量も重要だが、最適化アルゴリズムも非常に重要」とし、「ギャラクシーS9に新機能が増え、バックグラウンドデータや電力消耗の激しい機能が入ったか、節電アルゴリズムが適切化されていないようにみえる」と指摘しているという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「S9は失敗作だな」「ちゃんと作ってよ」「サムスンの製品って、だんだん悪くなっているような気がする」「実力もないのに価格だけ上げるな」「性能は6位、価格は1位か?」「まあ、そもそもサムスンの製品には興味ないけどね」など、サムスン製品に対する否定的な意見がコメント欄にあふれた。中には「ワンプラスワン(1個購入したら1個がおまけで付いてくる)にしてくれたら買う」とやゆするようなコメントも見られた。(翻訳・編集/三田)

    引用元: ・【韓国】サムスン最新スマホのバッテリー性能、ライバル社より劣ることが判明=韓国ネットから不満の声[04/03]

    【【韓国】サムスン最新スマホのバッテリー性能、ライバル社より劣ることが判明=韓国ネットから不満の声[04/03] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/28(月) 18:03:52.62 ID:CAP_USER
    2017年8月27日、韓国大統領府での昼食会に招かれた韓国の国会議員が、出されたメニューに不満げな感想を吐露し、ネット上で激しい批判を浴びている。ニュース1など複数の韓国メディアが報じた。

    与党・共に民主党の朴用鎭(パク・ヨンジン)議員は26日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が同党議員らを大統領府に招き開いた昼食会に出席後、自身のフェイスブックに「眠い目をこすり出掛けた青瓦台(大統領府)の昼食会を終え文大統領と1枚」として文氏とのツーショット写真を掲載した。

    また、テーブル上に並んだメニューの写真には「青瓦台の料理は手抜きでも、成功した政府をつくろうという党と大統領府の意志は食卓いっぱいにあふれていた…笑(おかず:キムチ、カクテキ(大根キムチ)、ホウレンソウ…笑)」との文を添えた。

    これにはすぐに、ネットユーザーらから「おかずにけちをつけるのか?」「青瓦台にご飯を食べさせてもらいに行ったの?」「招待されて食べたくせに感謝するどころか文句を言うとは、幼稚園児か?」などの抗議のコメントが上がり、

    中には「必ず成功した政府、成功した政権になるよう願い、朴議員さんの役割に期待します」と声援もあったものの、朴議員が「料理が手抜きだったので、政権の成功について考えるのは何かちょっと食べてからにする」とこれに回答したことで批判はさらに強まった。

    批判を受け、朴議員は間もなく当初の投稿の「手抜きでも」の部分を「素朴でも」と書き換えたが、27日になっても騒ぎは続き、結局「誤解しないでほしい。おかずに不満を言ったわけではない。青瓦台の食事は素朴で簡潔だった」と釈明文を掲載するに至った。

    しかしこれに対しても「最後まで言い訳を並べてる」といった批判は収まらない。

    そしてついに、文大統領までが騒ぎの沈静化に乗り出した。文大統領は27日、自身のフェイスブックに「青瓦台の昼食メニューに関する朴議員の投稿は、逆説的な表現として、余裕を持ってみてほしい」とつづり、朴議員を擁護した。

    また、この日のメーンの料理にコムタン(牛肉や内臓のスープ)を選んだ理由について「過去、大方の歴代大統領府は招待客らに素朴な料理を出すのが普通だった」と説明、

    客らが空腹を満たすため、帰り道に「青瓦台近くのコムタン店などに押し寄せるという笑い話もある」ことから、「あえてコムタンを出した。私たち皆がもう少し余裕を持とうというジョークだ」と明かした。

    この大統領の「ジョーク」に、ネット上では「心の広い大統領だ」「朴槿恵(パク・クネ前大統領)みたいに高級料理を並べるようなぜいたくはしていない、というのが朴議員の言いたかったことなんだね」「僕は青瓦台でカクテキでもいいから食べてみたいよ」といったコメントが寄せられ、

    朴議員の「文句」に怒りを抱えていた人たちもようやく留飲を下げたようだ。(編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/b188765-s0-c10.html

    no title

    写真はカクテキ。

    引用元: ・【韓国】韓国議員が大統領府昼食会の“貧相な”おかずに不満タラタラ?=ネットで猛批判浴びる[8/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【豪華だったら豪華でフルボッコに】大統領府昼食会の“貧相な”おかずに韓国議員が不満タラタラ】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/13(木) 06:30:19.86 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=184116&ph=0

    2017年7月8日、韓国国内で活動する外国人の語学講師に対し義務化されていたエイズウイルス(HIV)感染検査が廃止された。韓国・聯合ニュースが伝えた。

    韓国法務部は8日、会話指導(E2)ビザの発給を受けた外国人講師が、エイズ検査を受けずとも就職可能になったと明らかにした。これまで外国人語学講師はE2ビザの発給を受けた後、私設の語学学校や小・中・高校に就職するには、韓国国内の医療機関で発行されたエイズと麻薬類の検査結果を提出する必要があった。

    3日から施行された新たな法務部告示によると、外国人講師への義務検査項目からエイズが外され、麻薬類と性病の検査だけになった。

    韓国では、小学校の英語講師として働いていたニュージーランド出身の女性講師が2012年、国連人種差別撤廃委員会に陳情したことをきっかけに、外国人語学講師を対象としたエイズの義務検査論議が本格的に浮上、同委員会は15年5月、「英語講師の雇用条件にエイズ検査受診を求めたのは人権侵害に当たる」とし、韓国政府に対して女性講師の精神的・物質的被害を補償するよう促した。

    また、韓国の独立国家機関である「国家人権委員会」も昨年9月、政府に対し、E2ビザ取得のネイティブ語学講師にエイズ検査を義務的に実施する慣行を停止するよう勧告していた。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは2000を超えるコメントが集まっているが、そのほとんどが、今回の法務部決定に反し、語学講師に対するエイズ検査を肯定的に捉えた内容だ。コメント欄には、「法務部は情けない。外圧に負けた」「麻薬検査よりむしろエイズ検査を実施すべき。麻薬と違ってエイズは他人にも被害が及ぶ」「エイズ検査がなぜ差別なんだ?」「ちょっとした検査なのに、それでも差別?」「疾病管理のためにも、検査した方がいいと思う」など、各機関からの勧告も含め、今回エイズ検査が廃止されたことへの不満の声があふれた。

    また、「トランプ大統領は自国の利益のためなら、地球温暖化対策の国際枠組みのパリ協定からも離脱しているのに」として、韓国政府の対応を「弱気」と批判するコメントもあった。

    引用元: ・【韓国】人種差別と問題視された「外国人に限ってのエイズ検査」を廃止=ネットからは不満噴出「どこが差別?」[07/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【よくこんなの許されてたなw】「韓国国内の外国人に限ってのエイズ検査を廃止」韓国人からは不満噴出「どこが差別?」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/06/26(月) 21:46:08.78 ID:CAP_USER
     30年前の1987年6月29日、民主化運動が激化する韓国で当時の与党、民主正義党の盧泰愚(ノ・テウ)代表委員(後の大統領)が、大統領直接選挙制を導入する憲法改正の受け入れなどを明言した「民主化宣言」を発表した。その一部を紹介する。

     「国民の間に鬱積している根深い葛藤と反目が国家的危機として現れたこの時代」「(ソウル)五輪までいくらも残っていない現時点で、国論が分裂し国際社会の笑いを買っている」「対話と妥協の絶妙さを傾け未来を」「この国を汗と自制と知恵で立派に培う」

     盧泰愚氏はこの年の12月に行われた大統領選で当選したが、直前に出した著書「普通の人びとの時代」には次のような言葉があった。

     「権威主義体制の終わり」「格差を縮めよという国民の要求」「国民和合」「国民の声に謙虚に耳を傾ける」「雇用機会を大幅に増やし、失業を減らす」「均等なよい暮らし」「勤労者も自制を」「疎外されない社会」

     当時、「盧泰愚の辞書には不正腐敗という言葉はない」と断言していた盧氏だが、退任後の95年に収賄罪で逮捕された。

     それはともかく、「盧泰愚民主化宣言」を今読み返してみて、現在の韓国にもピッタリと当てはまることに気付く。それを如実に示したのが5月に就任した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の演説や発言だ。

     「理念の葛藤、憎悪と対立、世代の葛藤を解消する」「分裂と葛藤の政治を変える」「譲り合い、格差を縮めていく社会的な大妥協」「権威主義的な大統領文化を清算」「雇用を改善し、所得格差の拡大を防がねばならない」「所得と富の深刻な不平等」「国民統合」「謙虚な権力に」「国民と同じ目線の大統領に」「機会は平等に」「疎外された国民がないように配慮する」。

     民主化30年。文氏が韓国国民向けに発した言葉は、盧氏の言葉と酷似している。盧氏が指摘した課題は現在も克服されず、国民の不満は相変わらず鬱積しているということだ。

     ただ、30年前に比べ韓国は相当に民主化された。国民は自由に“権利”を主張し、不満を堂々と訴え、30年前に取り締まられていた街頭デモは毎日、どこかで目にする。

     文氏は「制度としての民主主義が揺れて後退することはもうない」とし、「新たな挑戦は経済での民主主義」と訴えている。格差拡大や希望する職につけない国民の不満を意識したものだ。

     人権派弁護士として民主化運動にも関わった文氏の言葉だけに、その言葉には説得力があるのかもしれない。

     だが、当時の世代に加え、この30年の間に生まれた若年世代にも不平は生じ続けている。民主主義を純粋に切望したかつてよりも、欲求はより強くなった感がある。

     民主化以降、国民の海外渡航も自由となり、海外旅行を楽しむ韓国人は年々増加している。蓄えを考えず消費に走る「過消費」という社会問題もあった。その一方で、労組の激しい賃上げ要求は日常化している。

     日本人の感覚からすれば、現在の韓国国民の不平不満は“無い物ねだり”に映るものも少なくない。

     大統領就任まで、政権への抗議の先頭に立ってきた文氏は今、労働者(国民)と企業、政府による「社会的な大妥協」を訴えている。国民の不満克服と同時に国の安定を図らねばならない現実に直面している。

     ただ、労組関係者によると、文政権発足後、デモは相当やりやすくなったという。平日の出勤時間にも路上デモが平然と行われ始め、交通渋滞を招き、社会問題となっている。

     民主化30年後の今も、不満や主張を増幅させる一方の国民に対しても、我慢を求め妥協させることができるのか。国民が求めるものと、大統領がやるべきことは、30年を経ても変わっていない。

     盧泰愚氏から6代後の韓国大統領も、「決して容易ではないが、必ず成し遂げなければならない課題」(文氏)の克服と国民の不満解消に、同じく迫られている。(ソウル支局長・名村隆寛 なむらたかひろ)

    http://www.sankei.com/column/news/170626/clm1706260006-n1.html

    no title

    24日、韓国・茂朱のテコンドー世界選手権であいさつする文在寅大統領(AP)

    引用元: ・【韓国】民主化30年の韓国、“無い物ねだり”少なくない不平不満が増幅[6/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【法よりも感情の国だから】民主化30年の韓国、不満や主張を増幅させる一方の国民】の続きを読む

    このページのトップヘ