まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:不法

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/20(土) 16:01:46.11 ID:CAP_USER
    日本が韓国を植民支配したことは不法か合法か。韓国人にこう尋ねれば、おそらくほとんどの人はそのような質問をする人の顔を見つめ直すだろう。侵略は当然不法なのに、なぜ話にもならない質問をするのかということだ。同じ質問を日本人にすれば状況は異なる。韓国に損害を与えたことに申し訳ないと考える良心的な日本人でさえもすぐには返答できない。

    日本の韓国強制併合100年となる2010年に意味深い行事が開かれた。「韓国併合100年 韓日知識人共同声明」が発表された。日本の韓国植民支配は「源泉無効」と宣言した。韓国側の署名者は109人、日本側の署名者は105人だった。このような宣言に参加した日本の知識人の勇気は決して軽く見ることでない。

    共同宣言が出るまで最も難しかった問題は「不法」という表現を入れることだった。声明書には「併合条約は元来不義不当なものであったという意味において、当初よりnull and void(源泉無効)であるとする韓国側の解釈が共通に受け入れられるべき」という文言も入った。韓国併合が「事実上不法」だったことを反省する内容と見ることもできる。しかし不法だと釘を打つことはできなかった。当初「不法」という言葉を入れようとしたが、日本側の署名を受けるのが難しくなった。署名する段階でその表現を憂慮して抜けていく人がいたという。とはいえ、この共同宣言の価値が落ちるわけではない。

    これまで日本政府が韓国に謝罪をしなかったわけではない。何度かさまざまな形で謝罪の意を伝えた。ところが、これは補償レベルの措置だった。補償と賠償は違う。例えば政府が新都市を開発する際、その土地の住民に提供する金銭的な措置が補償だ。政府の合法的な政策推進過程でやむを得ず損害が生じた人に支払うのは補償金であり、賠償金ではない。賠償は不法行為に対する責任を問うものだ。日本の韓国支配は日本の政策執行過程でやむを得ず生じたことなのか。最近の韓国と日本の貿易葛藤もこのような問題の延長として見ることができる。過去からの葛藤だが、以前と変わった点があるとすれば安倍首相の攻撃的な態度だ。

    日本の戦争責任を扱った1952年のサンフランシスコ条約は不十分だった。賠償問題を明確にしなかった。当時の北東アジア情勢は揺れ動いていた。1949年に中国が共産化し、1950年には北朝鮮の不法南侵が強行された。韓国までが共産化される危険に直面した。サンフランシスコ条約を主導した米国は日本を北東アジアの反共の砦にする計画を立てた。日本の戦争責任を問うことは当面の課題で後回しにされた。敗戦国の日本は韓国戦争(朝鮮戦争)で特需まで生じて起死回生した。1965年の韓日両国の請求権協定はサンフランシスコ条約の枠組みで進められるしかなかった。

    韓国戦争で廃虚になった韓国も「北東アジア反共ベルト」の一員として経済成長と民主化を成し遂げ、南北体制競争で勝利した。1945年以前には韓国と日本は敵だったが、光復(解放)以降は米国中心の北東アジア秩序の中で手を握った。光復の以前と以後の北東アジアで展開された歴史的な差異と現実に対する賢明な認識と対処が必要だと考えられる。植民地侵略を教訓にして日本の野望は常に警戒しなければならないが、米国中心の北東アジア安全保障体制で米国と同盟である日本を白眼視してはいけない。とはいえ日本の植民地侵略までも美化することはできない。

    韓国最高裁の2018年の徴用被害者賠償判決はサンフランシスコ条約当時に不十分だった問題を被害者レベルで再び提起したものと見ることができる。日本の立場もあるが、韓国の立場もある。立場の違いは政治、外交的な対話で狭めなければいけない。両国が自国の立場ばかり誇張すべきではない。ただ、日本があえて苦痛を受ける被害者のふりをするのは黙過できない。

    2019年07月20日13時08分 [中央SUNDAY/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/738/255738.html?servcode=100&sectcode=140

    引用元: ・【中央日報】 賠償と補償の差異  日本が韓国を植民支配したことは不法か合法か [07/20]

    【自国の歴史すら知らんのか? 【中央日報】 賠償と補償の差異  日本が韓国を植民支配したことは不法か合法か [07/20] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/27(木) 18:36:25.80 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/9Q941Ve.jpg

    昨年、フィリピンに不法輸出され、国際的に物議を醸した廃棄物5000トンが今年下半期に韓国国内で搬送される見通しとなった。韓国環境部(省に相当)は13日、フィリピンのミンダナオ島でフィリピン側代表団と会い、昨年7月に京畿道平沢市にあるA社が不法輸出した廃棄物の残り5177トンの処理方法について協議したことを26日、明らかにした。

     合計6200トンの不法輸出廃棄物のうち、フィリピンの港湾に保管されていた1200トンは今年3月、先に韓国国内に搬入された。今もまだフィリピンに残っているゴミは私有地に捨てられたもので、再び包装・運搬するという過程を経なければならない。両国は、廃棄物をフィリピン政府がフィリピンの港まで運搬すれば、韓国政府が韓国まで運ぶことで合意した。環境部では「フィリピンの港への運搬日程に合わせて、今年下半期中に国内で搬送されるだろう」と話している。

    キム・ヒョイン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/27/2019062780054.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/27 11:02

    引用元: ・【ゴミ・合計6200トン】フィリピンに不法輸出したゴミ、残り5000トンも韓国へ[6/27]

    【後で日本海に捨てられる【ゴミ・合計6200トン】フィリピンに不法輸出したゴミ、残り5000トンも韓国へ[6/27] 】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/11/03(火) 21:13:42.20 ID:???.net
    (画像:全羅南道新安郡の可居島近海で韓国の排他的経済水域(EEZ)内で不法操業して逃走した中国漁船を
    西海地方海洋警察庁ヘリコプターが強力な下降風で制圧している=可居島近海の海上警察警備艦)
    no title


     韓国と中国政府は、両国間の悩みの種である“不法漁船”を捕まれば、すべて没収して解体することにした。

     海洋水産部は両国が先月29~30日、中国北京で第15回韓中漁業共同委員会を開き、「不法・非報告・非規制(IUU)の
    漁業防止のための共同合意文」を採択したと2日明らかにした。今回の合意は、韓中自由貿易協定(FTA)で不法漁業問題を
    漁業共同委員会で議論することを約束したことに伴うものだ。

     合意文によると、韓国の排他的経済水域(EEZ)で中国の不法漁船が捕まれば、今後はすべて没収することにした。
    捕まった不法漁船が担保金(罰金)を払えば船長と船員を釈放するものの、船舶は中国海上警察に直接引き渡し、
    没収を要請する方針だ。政府は中国での没収の有無を確認するため、韓中漁業交渉での没収実績提出や没収現場の
    立ち合いを求める計画だ。

     捕まった不法漁船が担保金を払わない場合、船員は釈放するが船長は強制労働場に送り、船舶は韓国政府が
    没収して解体する。今までは不法漁業をしても船員だけでなく船舶も戻し、彼らが再び不法漁業を繰り返す悪循環が
    起きていた。また船長は担保金を払えば釈放されていた。さらに不法漁船が担保金を払う窓口も中国漁業協会に一本化し、
    担保金も現在の2億ウォンから3億ウォン(約3150万円)に引き上げることにした。

     一方、2016年に相互の排他的経済水域に入れる漁船の規模は、今年と同じ1600隻、6万トンとなる。また稚魚保護のため、
    中国のサバ漁の網目は3センチ以下を禁止することにした。

    世宗/キム・キュウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    韓国語原文入力:2015-11-02 22:04

    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/715672.html訳Y.B

    ハンギョレ 2015.11.03 09:54
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/22398.html

    引用元: ・【中韓】不法中国漁船の取締り強化で中韓が合意 拿捕した漁船は没収・解体[11/3]

    【撃沈で合意してくれんかの【中韓】不法中国漁船の取締り強化で中韓が合意 拿捕した漁船は没収・解体[11/3]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/10/31(金)18:24:55 ID:???
    キャッシュディスペンサーCCTVにポスト・イット…飲酒者カードで現金取り出して


    ソウル瑞草(ソチョ)警察署は大砲車で不法コールタクシー営業をして飲酒者のクレジットカードを取り出して現金を引き出した疑惑(特殊窃盗など)でムン某(38)さんなど2人を拘束したと30日明らかにした。

    警察によればムンさんなどは去る8月9日午前3時頃、江南区(カンナムグ)駅三洞(ヨクサムドン)で「仁川(インチョン)まで3万ウォンで乗せる」と騙して会社員A(32)さんを車に乗せた後、酒に酔って寝ついたAさんのクレジットカードを取り出した。

    これらは良才洞(ヤンジェドン)とイテウォン一帯のキャッシュディスペンサー(ATM)で24回にかけて720万ウォンを引き出した後、Aさんを方背洞(パンベドン)近隣路上に捨てて逃げた。

    調査の結果、風俗店従業員であるこれらは去る8月初めジェネシス乗用車を大砲車で購入して高級ホステスを相手に不法コールタクシー営業をしている間、酔っ払ったAさんを見て犯行したことが分かった。

    これらはAさんを乗せる前『現金だけ受ける』としてキャッシュディスペンサーに誘引してパスワードをのぞき見し、追跡を避けるためにキャッシュディスペンサー周辺のCCTVのレンズにポスト・イットを付けたことが明らかになった。

    警察は知らされなかった被害がもっとあると見て追及している。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201410/dh20141030120619137790.htm

    引用元: ・【韓国】酒を飲んで寝付いた乗客のカードで現金引き出した不法コールタクシー運転手をなどを拘束(ソウル)[10/30]

    【韓国では自分で盗っ人呼ぶのかw 【韓国】酒を飲んで寝付いた乗客のカードで現金引き出した不法コールタクシー運転手をなどを拘束(ソウル)[10/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ