まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:不支持

    1: まぜるな!キケン!! 2020/12/11(金) 16:05:48.82 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが11日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より1ポイント下落の38%となり、2週連続で就任後最低を記録した。不支持率は3ポイント上昇の54%で就任後最高となった。

    【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが11日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より1ポイント下落の38%となり、2週連続で就任後最低を記録した。不支持率は3ポイント上昇の54%で就任後最高となった。

    文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

     文大統領の支持率は、別の調査会社のリアルメーターが10日に発表した調査結果でも37.1%と、就任後最低を更新した。

     韓国ギャラップの今回の調査で、年齢層別では20代で支持33%、不支持49%など、おおむね不支持が優勢だった。ただ、40代は例外的に支持が52%で不支持(44%)を上回った。

     不支持の理由としては「不動産政策」が18%で最も多く、「全般的に不十分」が12%、「人事問題」が7%などと続いた。

     支持の理由は「新型コロナウイルス感染症への対処」が25%で最も多く、「検察改革」が10%だった。

     政党支持率は進歩(革新)系与党「共に民主党」が前週比2ポイント上昇の35%、保守系最大野党「国民の力」が1ポイント上がった21%だった。

     調査は8~10日、全国の18歳以上の1000人を対象に実施された。

    tnak51@yna.co.kr

    ソース
    聯合ニュース 2020.12.11 13:28
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20201211001700882?section=politics/index

    引用元: ・【韓国】文大統領の支持率38% 最低を更新=不支持は最高54%[12/11] [Ikh★]

    【何が何でも反日てのが4割も【韓国】文大統領の支持率38% 最低を更新=不支持は最高54%[12/11] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/20(土) 00:30:51.78 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】世論調査会社、韓国ギャラップが19日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より5ポイント下落した55%だった。不支持率は3ポイント上昇の35%。支持率は3週連続で下落した。

     調査は16~18日に全国の成人1001人を対象に実施された。

     同社の調査で支持率が60%以下に下がったのは、4月第3週以来9週間ぶり。

     文大統領を支持しない理由は、「北朝鮮関係」(29%)が最も多かった。これまで不支持の理由は「経済・生活問題」が10週連続で1位だったが、北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破した今週は「北朝鮮関係」がトップになった。

     一方、政党支持率は進歩(革新)系与党「共に民主党」が前週比1ポイント上昇した43%で、保守系最大野党「未来統合党」が19%、革新系「正義党」が5%、中道系「国民の党」が3%、革新系「開かれた民主党」が3%と続いた。

     北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による北朝鮮批判のビラ散布を政府が規制すべきだとの主張には、過半数(57%)が「共感する」と答えた。「規制してはならない」と答えたのは29%だった。

     政府がビラ散布を規制すべきだと答えた割合は、6年前の同じ調査(48%)に比べて9ポイント上昇した。

    ソース:朝鮮日報日本語版<文大統領支持率が3週連続下落 不支持理由最多は「北朝鮮」に >
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/19/2020061980171.html

    関連スレ:【韓国】文大統領支持率53.6% 1カ月の62.3%から続落 [動物園φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1592443804/

    引用元: ・【韓国】 文大統領支持率が3週連続下落、55%に~不支持理由の最多は「北朝鮮」[06/19] [蚯蚓φ★]

    【バカでよかった 【韓国】 文大統領支持率が3週連続下落、55%に~不支持理由の最多は「北朝鮮」[06/19] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ