まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:不安

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/08(水) 12:26:20.94 ID:CAP_USER
    韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響」
    「経済失政論」めぐり韓国の与野党対立

     韓国で各種経済指標の悪化が続いていることをめぐり、与野党が本格的に対立している。与党・共に民主党は指導部レベルで連日「経済失政論」からの防衛に躍起だ。野党・自由韓国党は優先処理法案をめぐる「ファストトラック問題」以降、議場外での闘争などで文在寅(ムン・ジェイン)政権の「経済失敗」を際立たせることに全力を挙げている。

     民主党のパク・クァンオン最高委員は7日、ラジオ番組に出演し、野党とメディアが指摘する「経済失政論」に反論した。パク最高委員は「韓国社会の一角から『経済が苦しい』との声があるが、もちろん警告のサインを発することは必要だ。しかし、それが度を過ぎれば、国民に不安感を与え、国民の消費心理を委縮させる側面がある」と述べた。パク最高委員は「(『経済状況が悪い』と言うことが)むしろ経済に悪影響を与える」とし、「注意すべき部分だ」とも語った。

     パク最高委員はまた、1-3月期の経済成長率がマイナス0.3%まで低下した理由を外部要因のせいにした。「米中貿易紛争などで貿易量が減少しており、どうすることもできない面がある。特に半導体の輸出が減少したためだ。政府の経済政策のせいであるかのように言うのはつじつまが合わない」との論理だ。

     これまで民主党指導部は「経済失政論」に対し、「韓国経済の低迷は外部要因のせいだ」という論理を前面に掲げてきた。イ・ヘチャン代表は4月16日、「基本的に世界経済が下り坂だ。韓国経済の自生には困難な点がある」と発言した。メディアのせいにもした。イ・スジン最高委員は4月29日の党会合で、「あらゆる経済不安(の原因が)最低賃金引き上げのせいにする誤った報道が社会を不安にしている」と主張した。

     一方、自由韓国党では黄教安(ファン・ギョアン)代表が文在寅政権の経済政策に対する「狙撃手」の役割を果たしている。黄代表は7日、釜山市を皮切りに19日間の日程でいわゆる「民生闘争大長征」を開始した。

     黄代表は7日午前、釜山市のチャガルチ市場で出征式を行い、「文在寅政権が所得主導成長というものにこだわり、経済を崩壊状態に陥れた。あらゆる経済指標が過去最悪となり、韓国経済はマイナス成長にまで転落した」と述べた。その上で、「全国民が泣き叫んでいるのに、大統領は政策基調を変えることはできないという。誰のための大統領だろうか」と訴えた。

     黄代表は釜山のある賃貸マンションの婦人会を訪ね、「韓国党は国を成り立たせることを学んできたが、1980年代の学生運動勢力は革命理論と闘うことは学んでも、正常に働いてカネを稼いだことがある人間はほとんどいない」と発言した。「(元青瓦台秘書室長の)任鍾晳(イム・ジョンソク)氏はカネなど稼いだことがない。自分は任氏(の事件の)主任検事だった」とも述べた。黄代表は1980年代、公安検事として在職中、全国大学生代表者協議会(全大協)議長だった任氏について、国家保安法違反の疑いで捜査した経歴がある。

     ジャンパー姿でバックパックを背負った黄代表は同日、タクシーと地下鉄で釜山市内を移動した。黄代表に気づいた市民は高麗人参や飲料水などを差し入れ、「経済を再生してほしい」「生活が苦しい」などと訴えた。黄代表はチャガルチ市場で「皆さんの言葉は全て愛国心から出たものだ」と涙を浮かべた。世論調査専門家は「文在寅大統領の支持者は経済悪化が大統領のせいではないと考える傾向があり、野党支持層は『経済失政を審判すべきだ』という考えが強い」と指摘した。

    釜山=キム・ヒョンウォン記者 , キム・ギョンピル記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/08/2019050880010.html

    関連スレ:【韓国】 経済危機の現実を認めない韓国政府の存在自体が危機/朝鮮日報社説[05/08]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1557283640/

    引用元: ・【韓国】 韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響。国民に不安を与え、国民の消費心理を委縮させる」[05/08]

    【都合が悪いからな 【韓国】 韓国与党「経済失政批判は経済に悪影響。国民に不安を与え、国民の消費心理を委縮させる」[05/08] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/14(火) 10:56:18.36 ID:CAP_USER
    北朝鮮が新たな挑発を行う可能性も

     北朝鮮の弾道ミサイル発射情報を集めている在日米空軍のRC135系列の偵察機が13日、韓国首都圏や西海(黄海)一帯で偵察活動を行ったことが分かった。RC135系列の偵察機は、北朝鮮の弾道ミサイル発射や弾頭の大気圏再突入に関する情報などを追跡できる。

     韓国軍は、今回の偵察活動を「通常の」ものと説明したが、内心の不安を隠せずにいる。RC135系列の偵察機は、北朝鮮が先月17日に初めて「新型戦術誘導兵器」挑発を行ったその直前、数回にわたって捕捉されていた。当時、同機は韓国首都圏はもちろん江原道春川地域でも活動を展開し、その後、北朝鮮は今月4日に江原道元山の虎島半島で2回目の挑発を行った。今月9日に「イスカンデル」クラスのミサイルで挑発を行った際も、その前日にRC135W「リベットジョイント」が韓国首都圏地域に展開し、「今回は西海岸地域で挑発を行うのではないか」という見方が浮上していたが、実際北朝鮮は西海岸に近い平安北道亀城で挑発を行った。

     これにより、北朝鮮が西海岸地域で挑発を行うこともあり得る、という分析が登場している。北朝鮮は東海岸を挑発場所として利用しているが、東側でのミサイル挑発は射程が限定されるのに対し、西側では相対的に長い射程で挑発ができる。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/14/2019051480041.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/05/14 10:30

    引用元: ・【韓国】在日米軍の電子偵察機、黄海沿岸で情報収集 韓国軍は、今回の偵察活動を「通常の」ものと説明したが、内心の不安を隠せず[5/14]

    【そら瀬取りがバレるからなw 【韓国】在日米軍の電子偵察機、黄海沿岸で情報収集 韓国軍は、今回の偵察活動を「通常の」ものと説明したが、内心の不安を隠せず[5/14] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/03(金) 00:25:52.54 ID:CAP_USER
    ナルヒト(徳仁)日王即位式が開かれた1日、日本全国の神社と神宮に人々が集まった。東京の明治神宮と三重県、伊勢神宮など主要神社では数多くの参拝客が祈って新しい年号レイワ(令和)の朱印を貰うために10時間以上列をつくったという。新しい王が即位して年号が変わったことを祝うため、日本人たちが列をなして神社を訪れたのだ。
    (中略:令和の意味等)

    神社に集まって新しい年号に歓呼することを日本人は祭りと言うが、単純に祭りと見るのは難しい側面があまりに多い。かえって今、日本人の不安心理を表わす行動パターンと見ることもできるというのが心理学者の分析だ。

    日本メディアは以前、平成時代を停滞の時代、不作為の時代と批判した。社会の成熟化がまともになされなかった「未完の成熟期」と評価するメディアもある。それと共に令和時代を新しい時代と呼ぶ。それだけ平成と令和を区別しながら希望を吹き込もうとしている。

    平成初期まで世界経済の15%を占めた日本の国内総生産(GDP)の比重は今、6%程度に終わる。経済的格差はもちろん社会的格差も激しくなった。高齢化時代に入って老人人口が急速に増え、全人口は減少している。いわゆる「失われた25年」の産物だ。賃金は大きく上がらなかった。2011年にスタートした安倍晋三政府が改革し革新しようとしたが、日本人の不安心理を完全に解消するには困難を経験している。それで日本人たちは王室の復活を夢見るのではないか…。

    本来、日本で王は象徴的な存在に位置して久しい。日本憲法は「日王は憲法が決める国事行為だけをして国政に関与する権能を持たない」と規定している。しかし、日王は決して象徴だけに留まっていなかった。日本の被災地や外国を通って慰労の言葉を伝えたし歴史に対する反省の言葉もした。それなりに政治的な活動をしているわけだ。今回の退位と即位の儀式をめぐって論議がおきる理由だ。

    本来、日王は退位を恣意的にすることができない。退位儀式で象徴的存在としての日本憲法に合わせるため安倍総理が先に退位を宣言した。それから日王の話が続いた。即位式から見える「3種の神器」も目に見えないように処理した。徹底した政教分離がなされた、と安倍政府は明らかにしたが「目を隠してニャーと鳴く」(すぐバレる嘘)のようなものだ。

    問題は1980年前後、王室に親密さを感じる日本人は40%水準だったが現在は76%に達するという点だ。未来が不安な時、日王に期待する心理だ。他の見方をすれば経済成長がもたらした日本の政治システムかもしれない。経済が好況を享受できないときに出てくる現象の一つだ。ブレグジット(英国のEU脱退)と「トランプ現象」も不安心理の表現だった。「レイワ症候群(シンドローム)」もこのような道を歩いている。

    オ・ジュンホ選任記者・工学博士
    no title


    ソース:韓国経済(韓国語) [オ・チュンホのグローバルEdge]日「レイワ症候群」の正体
    https://www.hankyung.com/opinion/article/2019050277901

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1556806076/
    ★1のたった時間:2019/05/02(木) 23:07:56.40

    引用元: ・【韓国】 日本でお祭り騒ぎ、「レイワ症候群」の正体~未来が不安な時、日王に期待する心理★2[05/02]

    【また妄想で記事書いてる w 【韓国】 日本でお祭り騒ぎ、「レイワ症候群」の正体~未来が不安な時、日王に期待する心理★2[05/02] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/03/11(月) 10:34:53.99 ID:CAP_USER
    送稿時間| 2019-03-11 09:22

    先月までの3カ月連続減少した輸出が3月にも減少傾向に出発し不安な姿を見せている。

    11日、関税庁によると、今月1~10日の輸出は110億ドルで、1年前の同じ期間より19.1%減少した。

    操業日数を考慮した一日平均輸出額は18億3000万ドルで、1年前より5.6%減少した。 この期間操業日数は6日、昨年の同期間(7日)より一日少ない。

    半導体・石油化学などの主力品目の輸出と中国への輸出が不振で輸出減少が持続していることが、関税庁の分析だ。

    輸出は半導体・中国の輸出不振などの影響で、昨年12月から先月までの3ヶ月連続で前年同期比減少した。 三ヶ月連続の減少は、2014年10月から2016年7月まで19カ月連続減少した後、初めてだ。

    今月1?10日の輸出を品目別にみると、乗用車(5.2%)、家電製品(7.4%)などは増加したが、半導体(-29.7%)、石油製品(-39.0%)、船舶(-9.7%)、無線通信機器(-4.1%)などは減少した。

    国別では、中国(-23.9%)だけでなく、米国(-17.0%)、EU(欧州連合・-10.2%)、ベトナム(-18.4%)、日本(-29.3%)など主要国のほとんどで減少傾向を示した。

    1?10日の輸入額は機械(-10.6%)などが減り、1年前より15.4%減少した116億ドルであった。 この期間の貿易収支は6億4000万ドルの赤字を記録した。

    1?10日の輸出・輸入を伝達と比較すると、それぞれ74.1%、21.0%増加したと分析された。

    関税庁の関係者は、「伝達と比較すると低迷局面が拡大されなかったが、今月にも半導体や石油製品の輸出が良くない姿 "と述べた。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://www.yna.co.kr/view/AKR20190311027252002%3Finput%3D1195m&usg=ALkJrhhmdDDWKbBvC6GeWRjSSFS6sg8CMQ

    引用元: ・【経済の天才・文】3月の輸出も「不安」... 1~10日の輸出19.1%↓、半導体29.7%↓(総合)

    【まあ、仕方が無いよな【経済の天才・文】3月の輸出も「不安」... 1~10日の輸出19.1%↓、半導体29.7%↓(総合) 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/04(火) 11:26:18.35 ID:CAP_USER
    サムスン、現代(ヒョンデ)自動車、GS、新世界(シンセゲ)、富栄(プヨン)、錦湖(クムホ)アシアナなど大企業が相次いで社屋など保有不動産を処分している。

    米中貿易戦争などで経済不確実性が大きくなっている上に景気も下降しており、先制的に資産売却に乗り出す様相だ。金利引き上げに備えて非核心資産を売却して流動性を確保したり借入金償還などに活用しようとする企業も多くなったと分析される。

    不動産サービス会社の教保リアルコーが3日に明らかにしたところによると、上半期のソウルの大型オフィスビル(延べ面積3300平方メートル以上)の取引金額は4兆6151億ウォン(約4600億円)に上った。前年同期の3兆5017億ウォンより31.8%増えた。

    サムスン、現代自動車、錦湖など資産5兆ウォン以上の大企業が上半期だけで1兆1319億ウォン相当の建物を売り取引規模が拡大した。教保リアルコーのキム・ヒョンジン専任研究員は「4-6月期に取引された20件のオフィスビルのうち半分ほどの9件が大企業の売却物件だった」と話した。

    下半期に入り売却の動きは加速化している。サムスン物産がソウル・瑞草(ソチョ)社屋をコラムコ資産信託に7484億ウォンで売却することにしたのに続き、サムスン生命はソウル・堂山洞(タンサンドン)と京畿道(キョンギド)の盆唐(プンダン)、安養(アンヤン)などに保有するビル8軒を処分するために入札を進めている。

    企業の体感景気が冷え込み、不動産を処分して現金を確保しようとする動きが目立っているとの分析が出ている。韓国銀行が先月30日に発表した8月の企業景況指数(BSI)は74で、昨年2月の74以降で最も低かった。企業体感景気が1年6カ月来で最も低いという意味だ。


    2018年09月04日09時39分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/728/244728.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報】 サムスンや新世界もビル売却…不安な韓国企業が「現金確保」 [09/04]

    【【中央日報】 サムスンや新世界もビル売却…不安な韓国企業が「現金確保」 [09/04] 】の続きを読む

    このページのトップヘ