まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:下落

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/21(木) 11:53:34.90 ID:CAP_USER
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行支持率が4週連続で下落し、60%台半ばとなった。

    世論調査機関リアルメーターがTBSの依頼で18日から20日まで成人1526人を対象にアンケート調査を行った結果、、文大統領の国政遂行支持率は前週より1.4%低い65.7%だった。これは4週連続の下落で、4週前(73.9%)に比べて8.2%低い。

    リアルメーターは「北のミサイル発射、対北人道支援論争の余波のため4週連続で支持率が下降線を描いたと分析される」と伝えた。


    2017年09月21日11時41分 [中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/669/233669.html?servcode=200&sectcode=200

    関連スレ
    【韓国】北朝鮮に800万ドル相当の支援を決定[09/21]©2ch.net
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1505961620/

    引用元: ・【韓国】大統領の支持率65.7%、4週連続下落 「北のミサイル発射、対北人道支援論争の余波のため」=世論調査機関[09/21]©2ch.net

    【【こんな馬鹿を支持するお馬鹿】文在寅大統領の支持率65.7%、4週連続下落 「北のミサイル発射、対北人道支援論争の余波のため」=世論調査機関】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 09:14:35.36 ID:CAP_USER
    2017年8月6日、中国メディアの中国経営報は、北京市の中古不動産市場の低迷が続いていると伝えた。

    統計局のデータによると、6月の北京市の中古不動産価格は前月比で1.1%下落した。これにより、2カ月連続で下げ幅が全国で最も大きい都市となった。7月の月間中古住宅販売数は7158戸で、前年同期比で70%の下落となった。

    特に、高級住宅の価格下落が顕著で、もともと1億2000万元(約20億円)の価格で売り出された後海四合院の物件は、1週間に300万元(約5000万円)値下がりしており、今週の時点で7200万元(約11億8800万円)となったという。

    これに対し、中国のネットには「いいんじゃないか。どっちにしてもお金がなくて買えないし」「どんなに値下がりしても俺には買えないから何の関係もない」などのコメントが寄せられた。

    また、「40週後に買いましょう。もう準備はできています」と期待する声や、「いや?買わなくてよかったよ。これで毎週300万元もうけているのと同じだな」というユニークな意見もあった。

    ほかには「少し前は200%の値上げ幅だったのに、1.1%下がったくらいで大騒ぎするのか」との指摘もあった。(翻訳・編集/山中)

    http://www.recordchina.co.jp/b178582-s0-c20.html

    no title

    写真は北京市。

    引用元: ・【中国】毎週5000万円値下がりする物件も!北京市の中古不動産市場の下落止まらず=中国ネット「それでも買えない」[8/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【弾けたな。 】北京市の中古不動産市場の下落止まらず 毎週5000万円値下がりする物件も】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/03(木) 09:48:48.14 ID:CAP_USER
    韓国航空宇宙(KAI)の株価が検察の粉飾決算捜査で急落した。

    2日の有価証券市場で韓国航空宇宙は8700ウォン(16.57%)安の4万3800ウォンで取引を終えた。午後1時40分ごろまで横ばいだった韓国航空宇宙は検察の捜査が伝えられた直後に急落し、一時は落ち幅が20.19%となった。

    株価が短時間に急落すると、一時的に単一株価売買に取引を転換する変動性緩和装置(VI)が発動されたりもした。韓国航空宇宙は先月14日に検察が本社を家宅捜索した後、3週間で株価が28.2%下落した。

    韓国航空宇宙の軍需産業不正疑惑を捜査中の検察は、韓国航空宇宙が2013年から部品原価を高めるなど最大数千億ウォン規模の粉飾決算をした疑いがあるとみて調べているとこの日、発表した。

    検察は韓国航空宇宙が回収できない資金まで会計帳簿に正常な収益として含めたと主張した。

    2013年にイラクに24機の国産戦闘機FA-50を輸出し、空軍基地の建設などまで一括受注する内容で約3兆ウォン(約2940億円)の契約を締結したが、資金をすべて回収できなかったというのが検察の主張だ。

    また高等訓練機T-50系列航空機、機動ヘリコプター「スリオン」など主力製品の部品費用を水増しし、利益を過大計上したとみている。

    韓国航空宇宙と同社の監査人の三逸会計法人は粉飾決算ではないと反論した。

    韓国航空宇宙の関係者は「1999年の設立以降、航空産業の特性に合わせて同じ基準で会計処理をしてきた」とし「中途金が入ってこなくても工程の進行率に基いて売上高を認識したことについて検察が誤解している」と述べた。

    この日、株式市場で韓国航空宇宙が急落すると、他の防衛産業株も同時に下落した。ハンファテックウィン(-3.88%)、LIGネクスワン(-3.52%)が検察の発表直後に下落した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/972/231972.html

    引用元: ・【韓国】「数千億ウォン台の粉飾決算」 検察が捜査へ…韓国航空宇宙株16.5%下落[8/03] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【あー、やっぱりか 】「数千億ウォン台の粉飾決算」検察の捜査で韓国航空宇宙株16.5%下落】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/06/05(月) 14:09:06.41 ID:CAP_USER
    2017年6月4日、中国メディアの華夏時報が、北京市内の多くの地区で、不動産価格が下落していると伝えた。

    記事によると、5月の北京市の中古不動産の平均取引価格は、2.4%減少した。下げ幅が最も大きかったのは通州、亦庄などの地域で、下げ幅は20%を超えたという。

    これは、「3・17新政策」と呼ばれる、今年3月17日に出された不動産購入制限政策の影響だと記事は分析。中古不動産市場は3月17日前と比べると10%以上値下がりしており、まだ値下がりする余地があるという。

    不動産大手の偉業我愛我家グループの胡景暉(ホー・ジンホイ)副総裁は、「価格面ではまだ下がる余地がある。特に、高価格や大型住宅の下げ幅はさらに大きくなる」との見方を示した。

    これに対し、中国のネットユーザーから「雄安新区への移転効果だな」「不動産価格の暴落の前兆か?」などのコメントが寄せられた。

    また、「世論の誘導が始まったな」「去年だけで値段が倍になっているのに、2割下がったくらいでなんだというのだ?」との意見もあった。

    さらには「これが過ぎたらまた値上がりし続けるさ」「ビルから飛び降りる人が出て、不動産屋が破壊される事態になったら本当に値下がりするとき」「今回は誰をだまそうとしているのですか?」などのコメントもあり、値下がりは信じられないというユーザーが多かった。
    Record china
    2017年6月5日(月) 7時10分
    http://www.recordchina.co.jp/b180150-s0-c20.html

    引用元: ・【中国】北京で不動産価格が20%下落、不動産業者「まだ下がる」中国ネット「これが過ぎたらまた値上がりし続けるさ」[6/5] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【で次は不動産売買禁止命令かね】北京で不動産価格が20%下落、不動産業者「まだ下がる」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/25(火) 19:50:38.05 ID:CAP_USER
    内需冷え込み、中国人観光客の減少などの影響でソウル主要商圏の賃貸料が下落した。中国人観光客を対象にブランド品や化粧品などを主に販売していた狎鴎亭洞(アプクジョンドン)、合井洞(ハプチョンドン)、新村(シンチョン)などの商圏の賃貸料下落が目立った。

    「不動産114」によると、今年1-3月期のソウルの商圏の平均賃貸料は3万2700ウォン(1平方メートルあたり)と、前期比で3%下落した。地域別にみると、江南(カンナム)圏域の下落が大きかった。

    中国人観光客の減少でブランド品店が少しずつ去っている狎鴎亭洞の1カ月の賃貸料が10.6%落ちた。次いで江南駅(-5.1%)、新沙(シンサ)駅(-3.0%)、三成(サムソン)駅(-2.1%)の順に下落幅が大きかった。

    新村・麻浦(マポ)圏域では合井洞(-12.5%)と新村(-8.4%)の賃貸料下落幅が大きかった。一方、望遠洞(マンウォンドン、8.6%)、延南洞(ヨンナムドン、8.5%)、上岩洞(サンアムドン、3.3%)などは上昇した。梨花女子大の商圏も3.5%上がった。

    都心圏域の賃貸料を見ると、会社員の需要で商圏が維持されている鍾路(チョンノ)5街(12.2%)と鍾閣(チョンガク)駅(5.6%)が上昇し、光化門(クァンファムン、-2.7%)は下落した。北村(ブクチョン)商圏の賃貸料も前期比12.2%下落した。

    流動人口が増えた京畿道盆唐(プンダン)と一山(イルサン)新都市では賃貸料が上昇した。盆唐では美金(ミグム)駅の賃貸料が13.5%上がった。新盆唐線の乗り換え駅になるという点が好材料として作用した。

    一山の鼎鉢山(チョンバルサン)地域もラフェスタやウェスタンドームなど商店街を中心に流動人口が増え、賃貸料が17.8%上昇した。不動産114のキム・ミンヨン研究員は「当分は外国人の流動人口が増える可能性が低いため、賃貸料の下落が続きそうだ」と話した。

    中央日報日本語版 2017年04月25日13時05分
    http://japanese.joins.com/article/455/228455.html

    引用元: ・【経済】内需不振、中国人観光客の減少でソウル主要商圏の賃貸料が下落 江南は-5.1%[4/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【戦時中の国】内需不振、中国人観光客の減少でソウル主要商圏の賃貸料が下落 新都市では上昇】の続きを読む

    このページのトップヘ