まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:下回る

    1: まぜるな!キケン! 2019/06/13(木) 16:28:28.47 ID:CAP_USER
    KOSPI(韓国総合株価指数)が取引中2100線を下回った。サムスン電子及びSKハイニックスなど時価総額上位の半導体株が株式市場下落を主導した。 

      13日午後1時20分現在、KOSPI指数は前日より15.34ポイント(0.73%)下がった2093.41で取引されている。KOSPI指数は午前中一時前日比1.27%下がった2081.92まで下がった。 

      外国人は2日連続で売り続けている。同日午後1時20分現在、1811億ウォン(約165億円)の売り越しを記録している。 

      同日小幅上昇でスタートしたKOSDAQ(コスダック)指数は混線を見せている。午前11時頃に下落転換したKOSDAQ指数は午後1時20分現在、前日より0.63ポイント(0.09%)上がった724.95で取引している。 

      同日のKOSPI市場ではサムスン電子(-1.91%)やSKハイニックス(-3.35%)などの半導体株の下落が目立った。 

      キウム証券のソ・サンヨウン研究員は「前日のニューヨーク株式市場ではグローバル半導体市場の回復が遅れる可能性があるという見通しが出た」とし、「韓国証券市場で関連銘柄の投資心理に負担を与えている」と述べた。 

      自動車関連株も下落した。現代自動車(-0.35%)をはじめ、現代モービス(-2.02%)と起亜自動車(-0.93%)も下落傾向だ。 

      バイオ関連株は比較的好調だ。セルトリオン(0.74%)やサムスン・バイオロジクス(1.95%)などは上昇傾向にある。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254421&servcode=300&sectcode=310
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年06月13日 15時51分

    引用元: ・【韓国】KOSPI 取引時間中1%台下落で2100線下回る…半導体株の落ち幅大[6/13]

    【市場が正しく判断【韓国】KOSPI 取引時間中1%台下落で2100線下回る…半導体株の落ち幅大[6/13] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/25(月) 10:12:13.91 ID:CAP_USER
    経済規模を考慮した韓国の投資魅力度が財政危機を体験しているギリシャより低いことがわかった。 

      韓国経済研究院が24日に明らかにしたところによると、2017年基準で韓国の海外直接投資(ODI)金額が国内総生産(GDP)で占める割合は2.1%となった。これに対し外国人直接投資(FDI)の割合は1.1%にとどまった。これにより2017年のFDIからODIを差し引いた純外国人直接投資がGDPで占める割合はマイナス1.0%となった。韓国に流入した海外投資金の2倍に相当する金額が海外投資で流出したという話だ。経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国のうち28位に当たる。純外国人直接投資赤字幅は2009年のマイナス141億ドルから昨年はマイナス328億ドルと年を追うごとに大きくなっている。韓国経済研究院のホン・ソンイル経済政策チーム長は「GDP比の純外国人直接投資比率がマイナスになったというのは韓国に投資しようとする企業より韓国から離れようとする企業が多いという意味。市場規模と各種企業経営環境などを考慮した韓国の投資魅力度が先進国で最下位圏にとどまったもの」と話した。 

      1位は世界最低水準の12.5%という法人税率を掲げたアイルランドが占めた。スイスとポルトガル、エストニア、オランダなど欧州の国が後に続いた。韓国は高い人件費によりかつての生産基地としての魅力が落ちたという評価を受けているフランスと英国だけでなく経済危機を体験しているギリシャ、ポルトガルよりも低かった。 

      専門家らは韓国の投資魅力度が落ちた理由として、▽人件費と法人税が高く運営コストが多くかかる▽首都圏規制など各種規制と反企業感情で新規投資が容易でない▽中国や東南アジアなどに比べ内需市場が小さい点などを挙げた。 

      ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251628&servcode=300&sectcode=300
    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]2019年03月25日 09時37分

    引用元: ・【韓経:中央日報】投資魅力のない韓国、ギリシャを大きく下回る28位[3/25]

    【今年は更に加速【韓経:中央日報】投資魅力のない韓国、ギリシャを大きく下回る28位[3/25] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/12/13(火) 15:58:17.95 ID:CAP_USER
    出生児数
    no title


    韓国統計庁は12日、今年の出生児数は約41万 3000人で昨年(43万8420人)に比べ5.8%(2万5000人)減少する見通しだと明らかにした。1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率は、1.24から1.18に下落すると見込まれる。1-9月は月ごとの出生統計を反映し、10-12月については妊婦の出産予定日を基に推計した。

    今年の出生児数は、韓国で人口統計の作成を始めた1925年以降で最も少なくなる見通し。これまでで出生児数が最も少なかった年は2005年で43万5031人(合計特殊出生率1.08)だった。最も多かった1971年(102万4773人)に比べ、45年で60%も減少した。

    出生児数の激減は、新生児の約半分を産む30代前半(30-34歳)女性の出生率が大幅に低下したことが主因と分析される。この年齢層の婚姻件数が昨年に比べ急減し、子どもを1人しか産まないケースが増えたのだ。

    統計庁関係者は「30代前半の女性が産んだ子どもの数は昨年に比べ1万 8000人減り、20代後半と30代後半女性の出生児数の合計も減少した」と伝えた。30代後半女性の出産は増え、今年は30代後半女性が産んだ子どもの数が20代後半女性の出生児数を初めて上回ると見込まれる。

    韓国政府は今年初めに少子高齢化対策を発表し、今年の合計特殊出生率を1.27(出生児44万5000人)、20年には1.50(同48万人)に引き上げるという青写真を示した。若者の雇用増加、若者向けの住宅供給、不妊治療支援、育児休業(育休)の拡大などに力を入れることで達成可能だとしたが、現実は厳しく、今年の出生児数は目標を3万人ほど下回った。

    統計庁は現在の出生率を踏まえ、17年の出生児数は今年と同水準の41万 3000人、18年は41万1000人、20年は40万9000人と減少し続けると予測している。ただ、不況が長引き晩婚・非婚が増えることで、統計庁の予想を上回るペースで出生児数の減少が進むという悲観的な見方もある。

    こうした予測に基づき、少子化対策を全面的に見直すべきとの声も出ている。ソウル大学保健大学院のチョ・ヨンテ教授は「与野党が新たな少子化対策として養育手当などを打ち出しているが、婚姻の減少を踏まえて婚姻率を引き上げるための新たな仕組みを設けるべきだ」と指摘している。

    また、02年から14年間にわたり40万人台の出生児数が続いている現状を踏まえ、この「40万人世代」(02年以降に生まれた世代)をターゲットにした長期的な少子化対策を立てるべきだとの主張もある。

    40万人世代までもが子どもを1人しか産まない状況になれば、30年ごろには年間の出生児数が20万人ほどに急減する可能性が高いためだ。実際、1960年生まれの女性は平均2.8人の子どもを産んだが、65年生まれ(現在51歳)は1.99人、70年生まれ(46歳)は1.81人にとどまり、90年生まれ(26歳)はこの先1.37人を産むと統計庁は予測している。

    韓国教員大学のキム・テホン名誉教授は「少子化が続くほど生産年齢人口の減少幅が拡大し、高齢化率も高まり社会が老いていく。既存の少子化対策は少子化を食い止めるには不十分なため、画期的な対策を打ち出す必要がある」と指摘している。

    金東燮(キム・ドンソプ)保健福祉専門記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/13/2016121300978.html

    引用元: ・【韓国】出生児数、1925年以降最少41万3000人=統計庁予測[12/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【いい傾向】韓国の出生児数、1925年以降最少41万3000人。 目標を下回る】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/21(水) 06:36:43.22 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=157286&ph=0

    2016年12月17日、韓国・ソウル経済によると、韓国の来年の経済成長率が20年ぶりに米国を下回るという見通しが出てきている。

    13日(現地時間)から2日間にわたり行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米連邦準備制度(FRS)は来年の米国の経済成長率見通しを2%から2.1%に0.1%引き上げた。一方、韓国開発研究院(KDI)は、来年の韓国の成長率見通しを2.7%から2.4%に引き下げたが、これには最近の政治情勢不安が考慮されていないため、現状が長引けば2%前半に鈍化する可能性もある。さらにKDIは「最近のドル高で新興国が金融危機に陥る可能性があり、そうなれば韓国の成長率が1%台に大幅に鈍化する」と予想した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「良い時は過ぎ去ってしまったということだろう」
    「創造的な技術力でグローバル市場を率いる米国と、コピーキャット(まねをする人)韓国の違いが表れてきた」

    「誤った投票を行ってしまった結果だ」
    「朴槿恵(パク・クネ)は、経済成長自体に関心がない」
    「無能な保守政権が10年近く国を運営した結果だな」

    「先進国より経済成長率が低いとは…」
    「もう何年かしたら、日本(2017年度実質経済成長率1.5%)よりも低成長な国になりそうだ」

    「財閥中心の政策がすべての国民を苦しめているのと同時に、国家の競争力と跳躍のチャンスを奪っている」
    「経済の事を言う前に政治が先に変わらなければならない」
    「政府がこんな状態なのに国がよくなる訳ない」

    引用元: ・【韓国】韓国の経済成長率、20年ぶりに米国を下回ることに?=「そのうち日本より低成長に?」―韓国ネット[12/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【もう無理だ】韓国の経済成長率、20年ぶりに米国を下回ることに?】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/16(水) 05:32:49.16 ID:CAP_USER
    no title

    首都ソウルで開かれた韓国電子展示会のサムスン電子のブース。同社は発火事故により、スマートフォン部門が急減速した=10月26日(AP)

     韓国の総合家電大手でスマートフォン世界最大手のサムスン電子は、スマホ分野で中国勢の追い上げを受けている。米調査会社IDCによると、今年7~9月期の同社のスマホ世界市場のシェア(生産ベース)は20.0%で前年同期から3.3ポイント縮小し、中国勢上位3社合計の22.1%を下回った。現地紙コリア・ヘラルドが報じた。

     サムスン電子のシェア縮小は、8月に発売した最新スマホ「ギャラクシーノート7」が発火事故を受けてリコール(回収・無償修理)や販売・使用中止が相次いだことが要因とみられている。同機種は10月に生産終了が決定した。

     中国勢の上位3社はファーウェイ(華為技術)の9.3%(前年同期比1.7ポイント拡大)、オッポ(OPPO)の7.0%(同3.8ポイント拡大)、ビボ(Vivo)の5.8%(同2.9ポイント拡大)。中国上位3社の合計シェアがサムスン電子を上回ったのは、これが初めてだという。

     サムスン電子の同期の営業利益は、スマホ部門の急減速により前年同期比30%減の5兆2000億ウォン(約4810億円)に落ち込んだ。ノート7の生産終了が同社のスマホ販売に与える影響は大きいとみられており、今後は信頼回復がシェア奪還の鍵となっていきそうだ。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161116/mcb1611160500002-n1.htm

    引用元: ・【経済】中国勢、サムスンの牙城を崩す[11/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【そりゃ負けるよ】サムスンのスマホ世界市場シェア(生産ベース)は20.0%。中国勢より下回る】の続きを読む

    このページのトップヘ