まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:下品

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/12(金) 10:55:15.61 ID:CAP_USER
    2017年5月9日、韓国は第19代大統領選挙の投開票日を迎えた。約3週間の選挙戦で候補者らのさまざまな言動が話題を集めたが、大きな議論を呼んだのが、候補者らの口から次々出た「マンマル」だ。

    「マンマル」とは日本語の「暴言」や「放言」を意味するほか、人前で言うべきではない「汚い・下品な言葉」といった意味も含む。公に口にすれば間違いなく注目を集めるため、大統領候補者によるマンマルは話題づくりのための一種の戦略との見方もあるが、韓国・ソウル新聞によると、このマンマル、今や韓国人の日常生活に深く浸透し、何らかの「自浄作用」が必要との声も出ているという。

    韓国国立国語院が5年に1回実施する「国民の言語意識調査」によると、俗語や悪態などの言葉を「習慣的に使う」と答えた人の割合は2005年には全体の1.2%だったのが、10年には14.7%、15年には21.8%にまで急上昇した。韓国ではこのところ暴言をよく使う人や場面を指し「マンマル番組」「マンマル政治家」「マンマル芸能人」「マンマルネットユーザー」などの表現が生まれているが、マンマルが人々の日常に確実に広まっていることがこの数字からも分かる。

    最近ではマンマル自体が原因の名誉毀損(きそん)の訴えが増えているほか、幼い子どもがドラマなどをまねて意味も知らず悪態をついたり、職場の上司が部下に対し放言を繰り返したりといった例も。そしてネット上では他人の親を指す俗語や障害者・生活保護世帯を見下す表現などが流行しているそうだ。

    こうした現象について、啓明大社会学科のイム・ウンテク教授は「経済状況が困難になり弱肉強食と強者の論理が広まる中で、典型的な家父長的文化を基盤としたマンマルの伝統が再生産されたもの」と説明している。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「確かに最近の若い子は悪態がひどい」「韓国映画のせりふの半分は悪態だ」「うちの課長も悪態が日常だけど、人としてのレベルが分かっちゃうよね」「年も取ってもマンマルを使うようじゃ、人間扱いされない」とマンマル常習者への批判の声が数多く寄せられている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=176988&ph=0

    引用元: ・【韓国】韓国人の口が悪くなっている?「下品な言葉がよく出る」人が急増[05/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【総白痴化が進んでるな】韓国人の日常生活に深く浸透する、人前で言うべきではない「汚い・下品な言葉」】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/24(月) 15:40:57.45 ID:CAP_USER
    昨年9月3日、忠清南道舒山で「文在寅(ムン・ジェイン)候補ファンクラブ(文ファン)」の設立総会が開催された。

    革新系・共に民主党の文在寅候補のファンクラブはそれまで複数のグループに分かれていたため、この日をもっていわば一つになったのだが、実質は故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領のファンクラブ「ノサモ(盧武鉉を愛する会)を継承した政治ファンクラブだった。

    300人以上のスタッフが参加した総会で文氏は「ネットには行儀善い書き込みを行うこと」を提案し「最近、SNS(会員制交流サイト)は非常に殺伐としている。ファンクラブの家族の皆さんから行儀善い書き込みを行い、雰囲気を変えていきましょう」と呼び掛けた。文氏の提案に会場では拍手が起こった。

    文ファンは当初8000人から始まったが、最近は会員数が1万7000人にまで膨れ上がっている。つい先日設立された「文在寅ファンド」も設立からわずか1時間で329億ウォン(現在のレートで約32億円)を突破したという。これもファンクラブの力が大きく作用したのだろう。

    ただ一方で彼らについては、他の候補者に対して憎悪に満ちた攻撃を行った主犯だった可能性も指摘されている。先週、宋旻淳(ソン・ミンスン)元外交通商部(省に相当)長官のメモが公開された時は、ネット上にわずか12時間で1万4000もの書き込みがあり、その一部は宋氏のブログを炎上させた。

    中には「暴露すれば見返りに何かの地位が与えられるのか」「おとなしく年を取れ」「この豚野郎」といった下品な書き込みも多かった。

    歌手のチョン・イングォン氏も安哲秀(アン・チョルス)国民の党候補の支持を表明した直後、同じような攻撃を受けた。

    また革新系少数党・正義党のシム・サンジョン候補はテレビ討論の際、文氏を批判したことを理由にネットで激しい攻撃を受けた。忠清南道知事の安熙正(アン・ヒジョン)知事は共に民主党の予備選挙で文氏を批判した直後、やはりネットを通じて過激で執拗(しつよう)な攻撃を受けた。安氏は「本当に嫌気が差してくる」と嘆いた。

    共に民主党の朴映宣(パク・ヨンソン)議員は先月「文氏の支持者によるネットでの攻撃は『十アル団』のようだ」とコメントした。「十アル団」とは「十字軍アルバイト団」を短くした言葉で、2012年の大統領選挙当時、ネットで朴槿恵(パク・クンヘ)候補(当時)に有利な書き込みを行う「書き込み部隊」を共に民主党が批判して名付けたのが他でもない、この名前だ。朴映宣議員は彼らのことを「人の心をえぐる」とも評した。

    すると文氏のある支持者がネットのグループ掲示板に「『朴映宣ははいつくばって党から出ていけ』と誰か書きこんでください」と呼び掛けていた。

    今回の大統領選挙では文ファンのほか、安哲秀候補のファンクラブ「国民希望」、旧与党・自由韓国党(セヌリ党の後身)の洪準杓(ホン・ジュンピョ)候補のファンクラブ「洪サモ」、セヌリ党から分裂した保守系・正しい政党のユ・スンミン候補の「ユ・シムチョ」、革新系少数党・正義党のシム・サンジョン候補の「シム・クラッシュ」などもある。しかしどこもその過激さと憎悪の度合いは文ファンの足下にも及ばない。

    ノサモを継承した文ファンだけがなぜここまで過激なのかは誰もが気になるところだ。ただその理由が何であれ、韓国の政治が目指す「協治」を実現するのであれば、彼らも変わらなければならないのは間違いない。

    このように病的な集団行動が普通に行われるネット空間は「エコー・チェンバー」とも呼ばれる。同じような主張がこだまのように響き渡り増幅されるという意味だ。

    「過激さと憎悪」ではなく「品位ある批判」がこだまする日が早く来てほしいものだ。

    アン・ソクぺ論説委員
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/24/2017042401080.html
    画伯
    no title

    引用元: ・【朝鮮日報】選挙のたびに下品な言葉が飛び交い、病的な集団行動が普通に行われる韓国[4/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【おまえらの日常じゃんw】朝鮮日報「韓国では選挙のたびに下品な言葉が飛び交い、病的な集団行動が普通に行われる」】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/12/17(水)19:01:42 ID:???
    韓国のピザチェーンが抽選イベントの当選番号を店員が別の店員を
    ビンタ(平手打ち)し、その音の大きさを測定して決めていたことで
    非難を浴びている。

     韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の手作りピザチェーン
    「Pizza Al Volo」は、12月上旬に実施した新年にむけた
    抽選イベントで、女性店員が別の男性店員の頬を両手で3回ビンタ。
    そのときの音(デシベル値)をスマートフォンを使って測定し、
    それぞれの数値を抽選の当選番号とした。

     ビンタされた店員は「痛い」「クラクラする」と訴えていたとか。
    現地メディアの報道によると、この店員は1万ウォンの補償金をもらったという。

     店員がビンタされた模様は、インターネットにアップされ、ネットユーザーの批判が殺到。
    「独創的な当選者選び」といった意見も一部にあったようだが、大半は厳しい声が相次いだという。
    こうした反応を受けて店側は謝罪した。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/141217/wor1412170040-n1.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 10◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1418610636/101

    引用元: ・【国際】韓国ピザチェーン、店員をビンタした音で当選者を決定 “下品”な抽選イベントに非難の声 [H26/12/17]

    【韓国人ならではの発想だね 【国際】韓国ピザチェーン「Pizza Al Volo」、店員をビンタした音で当選者を決定 “下品”な抽選イベントに非難の声 [H26/12/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ