まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:一転

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/13(土) 00:12:18.08 ID:CAP_USER
    【ソウル=山田健一】韓国は12日、2020年の最低賃金を前年比2.9%増の8590ウォン(約790円、時給ベース)とすることを決めた。1988年の制度開始以来3番目に低い伸び率となる。文在寅(ムン・ジェイン)政権は「所得主導」の成長を掲げ、18年(16.4%)、19年(10.9%)と2桁上昇が続いたが、賃上げが雇用減を招いているため一転して抑制に転じる。


    学識経験者と労使双方で構成する最低賃金委員会が12日、11日からの論議結果を発表した。李載甲(イ・ジェガプ)雇用労働相が8月5日までに正式に決定する見通しだ。

    20年までに最低賃金を1万ウォンに引き上げる文政権の公約実現は「水泡に帰した」(聯合ニュース)。文大統領の任期である22年までの達成も困難との見方が多い。韓国労働組合総連盟は12日、論評を発表し「経済格差解消のスローガンは虚偽だった」と文政権を厳しく批判した。

    文大統領は5月の韓国メディアのインタビューで「自営業者や低所得層の労働者が最低賃金の引き上げで困難を経験し、申し訳なく思う」と話した。その上で「1万ウォンの公約に縛られる必要は無い」と述べ、賃上げ率の抑制を示唆していた。

    賃上げを起点に国内消費を活性化して景気をよくするという「所得主導成長」政策の成果が見えないことが理由だ。韓国の失業率は10.9%の賃上げが実行された1月に4.5%に上昇した。直近の6月は4%とやや改善したが、17年5月の就任時(3.6%)との比較では悪化した。

    経営体力の弱い自営業者は、人件費負担増に耐えかねて雇用者を減らしている。さらに韓国経済は、半導体市場の低迷などで19年の経済成長率が2.5%と、6年ぶりの低水準となった18年(2.7%)を下回る見込み。経済をけん引する財閥傘下の大手企業の業績も悪化が見込まれ、大幅な賃上げは景気の一段の冷え込みにつながると懸念したとみられる。

    「所得主導成長」は文大統領の経済政策の中核だ。「日本の経済報復による危機に労使が力を合わせて対処しようとする意思が読み取れる結果だ」。革新系与党「共に民主党」の報道官は、最低賃金をめぐる12日の論評でこう強調した。韓国国民の不満が大きい日本の対韓輸出規制と絡めて論じることで、「公約違反」との批判をかわそうとする動きが出ている。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47296880S9A710C1FF8000/

    引用元: ・【韓国】最低賃金、賃上げが雇用減を招いているため一転して抑制に転換 公約実現できず[07/13]

    【馬鹿かよw 【韓国】最低賃金、賃上げが雇用減を招いているため一転して抑制に転換 公約実現できず[07/13] 】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/09/06(日) 00:19:02.49 ID:???.net
    ■「パレードブルー」から一転、1日で灰色の空に 北京
    2015.09.05 Sat posted at 12:30 JST

    写真 「パレードブルー」が一転、「北京グレー」に戻った
    no title


    北京(CNN) 終戦70年の記念式典が3日に行われた中国・北京で4日、この2週間近く
    青空が広がっていたのが一転、大気汚染に見舞われた灰色の空が戻ってきた。

    中国当局は抗日戦争勝利70年を記念する巨大パレードの背景を青空とするため、大規模な
    施策を展開。このため北京では8月下旬から、珍しく澄み切った空が広がっていた。

    数百軒の工場を操業停止にしたほか、北京に登録されている車500万台の半数を路上から
    追放したのが奏功し、パレード当日の朝、大気汚染の程度を示す大気質指数(AQI)は非常
    にきれいな大気を意味する17(最も悪い数値は500)にまで下がった。

    喜んだ市民は「パレードブルー」という言葉も作った。

    しかし現在は車が通行を再開し、「北京グレー」が回帰。4日のAQIは「健康に悪い」とされる
    160に跳ね上がっている。

    米環境保護局(EPA)の説明によると、この水準の大気汚染では「全ての人が健康に悪影響
    を感じ始め、敏感な人にはより深刻な影響がある」という。

    中国政府は大気汚染の批判に神経をとがらせており、この数日、パレードブルーという言葉も
    中国のインターネットから消えているようだ。

    CNNが中国版ツイッターの新浪微博(ウェイボー)を検索したところ、出てきた投稿は3件のみ
    だった。

    パレードブルーの前には「APECブルー」があった。昨年11月に北京でアジア太平洋経済協力
    会議(APEC)が行われた際の2週間、青空が実現したことを指している。各国首脳が立ち去る
    とすぐに煙まみれの空が戻ってきたため、中国のインターネットでは、すぐに消え去ってしまう美しい
    ものを指す言葉として「APECブルー」が使われ始めた。

    http://www.cnn.co.jp/world/35070004.html

    引用元: ・【中国】 「パレードブルー」から一転、「北京グレー」に戻った ~1日で大気汚染に見舞われた灰色の空に[09/06]

    【そんな速攻で変わるんだなw 【中国】 「パレードブルー」から一転、「北京グレー」に戻った ~1日で大気汚染に見舞われた灰色の空に[09/06]】の続きを読む

    このページのトップヘ