まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:一斉

    1: 動物園φ ★ 2019/01/19(土) 16:33:10.15 ID:CAP_USER
    世界日報 2019-01-19 09:03

    会社員の朴(31)氏は、昼休みに職場の同僚やカフェで飲んでいたコーヒーを今年からインスタントコーヒーに切り替えた。
    朴さんと仲間たちがよく訪れていたコーヒー専門店が、今年に入って価格を10~25%ずつ引き上げたためだ。
    朴さんは「手頃な価格でコーヒーを飲むことができるところを主に探して通っていたが、今年に入って価格が
    続々と上がってびっくりした」中略

    低価格を前面に出して消費者を狙った「超低価格商品」が、新年から「超低価格」の札を相次いで離している。
    高騰する人件費と使用料、物価が商品価格に反映された結果だ。手頃な価格の商品ほど上昇率が急騰する傾向があり、消費者が感じる負担が大きいという分析が出ている。

    18日、関連業界によると、1500ウォンのアメリカーノを販売していたコーヒー専門店「ザ・アバン」は、新年から価格を1800ウォンへと20%も上げた。
    ザ・アバンはアメリカーノの他にもカフェラテ、バニララテなど8種のコーヒーの価格を10?25%ずつ上げた。ザ・アバンの店の関係者は、
    「家賃と人件費、原材料価格が上がってやむを得ず価格を引き上げた」と説明した。業界で最も多くの加盟店を保有しているイディヤコーヒーも
    先月値上げを断行した。比較的安価なアメリカーノが2800ウォンから3200ウォンに14%上がるなど、14のメニューの価格を引き上げた。

    ラージサイズのピザを5000ウォンで販売して人気を得たピザ加盟店「ピザスクール」も、1日からすべてのピザの価格を1000ウォンずつ引き上げた。
    中略

    代表的な庶民のおやつの一つであるハンバーガーも最近価格が上がった。ロッテリアは
    先月ハンバーガー単品の価格を2000ウォンから2300ウォンに、古典的なチーズバーガーの価格は4000ウォンから4200ウォンに引き上げた。
    ロッテリアは人件費と原材料価格の上昇で価格を引き上げたと説明した。バーガーキングも先月から宅配商品の価格を200ウォンずつ引き上げた。
    以下略

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20190119n03706%3Fmid%3Dn1006&xid=17259,15700023,15700124,15700186,15700190,15700201,15700248&usg=ALkJrhiU0OznoCSN8eMJEyXJyQeCOxvQUg

    引用元: ・【ヘル朝鮮】コーヒー、ピザ、ハンバーガー 食品が一斉に値上げラッシュ

    【ウォンとか紙切れになりそうだし 【ヘル朝鮮】コーヒー、ピザ、ハンバーガー 食品が一斉に値上げラッシュ 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 21:10:09.32 ID:CAP_USER
    世界的ロックスター、スティングが6月に訪韓したとき、こんな感想を述べていた。

    「5年ぶりに来てみると、市内にコーヒーショップがものすごく増えている。値段も高かった」

    『韓国日報』が4月に報道したところによると、韓国国内には約9万店のカフェが存在するという。コンビニエンスストアが約5万4000店だというから、カフェがコンビニより約2倍ほど多い。

    カフェがコンビニの数より多い

    ソウル市だけを見ると、コンビニが約9500店、チキン店が7468店に比べ、カフェは約1万8000店。

    日本ではよく「歯医者がコンビニの数より多い」というが、韓国では「カフェがコンビニの数より多い」というのが現実だ。

    もはや飽和状態となっているカフェだが、入れ替わりも激しい。5年以上安定して経営を続けている店舗は全体の30.5%で、カフェ業界では「十中九亡」(10店中9店が潰れる)という言葉も登場した。

    韓国が“カフェ大国”になったのは、シンプルに考えるとコーヒー好きの韓国人が多いからかもしれない。ただ、無視できないのは、いわゆる「鍋根性」(熱しやすく、冷めやすいこと)と言われる韓国特有の国民性ではないだろうか。

    雨後の筍のようにカフェが増え続ける前に、韓国でよく見かけられたのはチキン店だった。チキンはデリバリーの定番メニューとして定着し、今や韓国人の幸せ指標を測定する手段にもなっている。

    2016年にはチキン店舗数が全世界のマクドナルドの店舗数を上回るほど急増し、250社以上のチェーン店が登場した。

    しかし、チキン店があまりにも増えてしまったため低価格競争を避けて通れず、最近は競争に敗れた店が次々に閉店を余儀なくされている。

    「はちみつソフトクリーム」や「タピオカ入りドリンク」、昨年韓国に上陸した「台湾カステラ」なども、人気とともにチェーン店が爆発的に増えたかと思えば、程なくして消えていった。

    特に台湾カステラは、半年も経たない間に17社以上のチェーン店が登場したが、一部の店でコストを削減するために賞味期限切れのクリームや安い粉末ミルクなどを使ったことが暴露され、ブームはあっけなく冷めた。

    みんな一斉に流行に乗っかるも、競争のあげくに業界全体をダメにしたり、人気低迷と共に次々と潰れていくことを見ると、日本とは違う韓国の国民性がよくわかる。

    ただ、一斉にやり始め、一斉に消えていくその国民性が必ずしも悪い方向に進むわけではない。

    大事故が発生したときには全国民が一斉にボランティアに駆けつけたり、ワールドカップといったイベントがあれば世界を驚かせるような盛り上がりを見せたり、新しい産業を盛り上げる起動力になっているのも事実だ。

    とは言っても、そんな国民性がブーム真っ最中のカフェ業界に不安要素になる可能性も否めない。今後、韓国のカフェ業界はどうなるのだろう。

    (文=S-KOREA編集部)

    http://s-korea.jp/archives/18715

    引用元: ・【韓国】一斉にやり始め、一斉に消えていく… 韓国のカフェブームに見る韓国人特有の「鍋根性」[8/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【誰かが始めればみんながパクる】一斉にやり始め、一斉に消えていく… 韓国のカフェブームに見る韓国人特有の「鍋根性」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/01(火) 23:57:06.91 ID:CAP_USER
    中国政府は、市民の間で人気のスマートフォン上の交流サイトを使って動画やコメントを発信する、いわゆる「個人メディア」について内容が不適切だとして、このうち300件以上を一斉に閉鎖したと発表し、ネットの管理を徹底的に強化していく姿勢を打ち出しました。

    中国の「個人メディア」は、中国版LINEの「ウェイシン」などの交流サイトを使って、個人が写真や動画、それにコメントを知り合いだけでなく、広く一般に発信するもので、アクセス数が多ければ高い広告料が入ることもあってここ数年急増し、現在240万人以上が発信しています。

    北京市のネット管理部門は31日までに、個人メディアを提供しているウェイシンなどの運営会社を集めた会議を開き、一部の個人メディアがデマや低俗な内容を流しているなどとして、300件余りのアカウントを一斉に閉鎖したと発表しました。

    中国では、当局にとって不適切とみなされたネット上のコメントなどは随時削除されますが、個人メディアの一斉処分が公表されるのは異例のことで、ネットの管理を徹底的に強化していく姿勢を打ち出した形です。

    中国ではことし6月、「インターネット安全法」が施行され、個人がスマートフォンで発信する情報にまで監視を強めており、市民の間では言論の自由が後退しているとして不満の声が上がっています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170801/k10011082781000.html


    中国、ブログ1000件以上閉鎖 党大会控え言論統制強化

    【北京=多部田俊輔】中国のニュースサイト大手、捜狐や騰訊控股(テンセント)など4社は1日までに、合計で1000件以上のブログなどのアカウントを閉鎖した。

    中国メディアの大半は共産党の「喉と舌(代弁者)」と位置づけられるため、国民の多くはブログなどを情報収集の手段としている。今秋の共産党大会を控えて言論統制を強化する中国当局の狙いが透ける。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H5T_R00C17A8FF2000/

    引用元: ・【中国】「個人メディア」300以上一斉に閉鎖 中国政府、ネット管理強化へ[8/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【必死やのぉw】中国政府、市民の間で人気の「個人メディア」300以上一斉に閉鎖】の続きを読む

    このページのトップヘ