まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ロッテ

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/16(月) 10:50:09.54 ID:CAP_USER
    (え)
    no title

    ▲ キム・シン編集者

    日本政府の半導体製品輸出規制が端を発して、韓日両国間の対立の溝がますます深くなっている。韓国に対する日本政府のホワイトリスト排除措置と、我が政府の対抗措置など韓日関係はなかなか立場の違いを縮めることができないまま平行線を描いている。両国政府の政治的計算まで加わり、現状況はしばらく続くものと見られる。

    韓日両国間の対立は国民感情にも影響を及ぼしている。我が国民は日本に露骨な反感を現わしている。 反感はすぐさま行動に繋がり、日本製品やブランド、サービスに対する不買運動ブームが起きている。 不買運動は単純に韓日合弁企業の製品やサービスにまで範囲が拡がっている。

    国民感情を意識した、各企業の不買運動への参加も活発になっている。流通業界の参加は特に目立つ。 不買運動に参加するだけで企業イメージに肯定的な効果を得ることとなり、参加する企業の数も次第に増えている。『愛国マーケティング』を通じて、間接的に不買運動に参加する企業も少なくない。

    国内屈指の流通財閥であるロッテグループは、不買運動への参加に特に積極的な様子である。グループのルーツから事業構造まで日本と特に緊密な関係を結んでいるだけに、反日感情による被害を最小化するために躍起になっている。消費者と直接触れ合っているロッテグループの流通チャンネルは、日本製品取り扱いを全て中断したり割引販売品目から除き、自然に該当の製品が消費者から遠ざかるように誘導している。

    このような努力にもかかわらず、ロッテグループの不買運動は国民から真正性を認められそうにない。 むしろ国民を欺瞞していると批判される可能性が高い。消費者の関心が低かったりあまり知られていない系列会社の場合、相変わらず日本資本の腹を膨らますことに余念がないからである。日本資本とともに設立した合弁会社の規模拡大も試みている。

    (中略)

    ロッテグループが我が国民を欺瞞しているという考えを消すのは難しい。 欺瞞を越えて我が国民全体を愚かな民族にしていると言っても過言ではない。日帝の蛮行を徹底的に否定するだけでは飽き足らず、むしろ蛮行に近い貿易報復まで行う日本政府に対して我が国の底力を知らせても足りない状況の中、一層滑稽に見えるように先頭に立って誘導するロッテグループの態度に歯が震える(非常に悔しい)。日本の不買運動は、ロッテグループ不買運動をしなければ何の意味もない。

    ソース:スカイeデイリー(韓国語)
    http://www.skyedaily.com/news/news_view.html?ID=90329

    引用元: ・【韓国】ロッテを不買しなければ反日運動の意味はない[09/16]

    【気がすむまで不買しろw 【韓国】ロッテを不買しなければ反日運動の意味はない[09/16] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/11(月) 11:27:03.86 ID:CAP_USER
    [ソウル 11日 ロイター]

    韓国のロッテショッピングが中国国内のスーパーマーケットの売却などを検討していることが、同社関係者の話で明らかになった。中国と韓国の政治的緊張が来年も続いた場合、売却やその他の選択肢を模索するという。

    この関係筋は「様々な選択肢を用意しておくのは当然だ」としながら、「詳しい計画に関する協議や決定はしていない」と語った。売却以外にどのような選択肢を検討しているかは明らかにしなかった。

    韓国の朝鮮日報は9日、ロッテショッピングの親会社ロッテグループの幹部の話として、同社が中国で展開するロッテマート99店舗のうち最大50店舗を段階的に売却し、人員を削減することを計画していると報じた。

    99店舗のうち74店舗は、非常口ドアが箱でふさがれているなどの違反を理由に消防当局によって閉鎖され、残りの13店舗は経営の悪化を理由に閉鎖している。

    韓国が米軍の新型迎撃ミサイルTHAAD(サード)配備を決定して以来、中国は韓国製品の不買運動などを通じて韓国企業への圧迫を強めている。


    2017年9月11日 / 11:04
    https://jp.reuters.com/article/lotte-shopping-china-idJPKCN1BM03J

    引用元: ・【韓国ロッテ】中国のスーパーマーケット売却を検討=関係筋[09/11]©2ch.net

    【【時間の問題 】韓国ロッテ、中国のスーパーマーケット売却か】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/30(水) 10:32:47.06 ID:CAP_USER
    ロッテ製菓、ロッテショッピング、ロッテフード、ロッテ七星(チルソン)飲料のロッテグループ系列4社が29日に臨時株主総会を開き、ロッテ持ち株会社設立に向けた会社分割と分割合併承認案件を通過させた。

    持ち株会社が設立されれば日本の株主の持ち分率が高いホテルロッテ中心の支配構造が変わり、ロッテグループが「日本企業」という議論から抜け出せるようになる。分割合併案件の賛成率は82.2~91.0%で、持ち株会社転換をめぐる雑音も静まる見通しだ。

    ロッテはこの日臨時株主総会決議に基づき系列4社を投資(持ち株)会社と事業会社に人的分割する。続けて4つの投資会社をロッテ製菓投資会社を中心に合併する過程を経て10月初めにロッテ持ち株株式会社を正式に設立させる予定だ。

    分割合併比率はロッテ製菓1、ロッテショッピング1.14、ロッテ七星飲料8.23、ロッテフード1.78だ。事業部門4社とロッテ持ち株の株式は変更上場と追加上場手続きなどを経て10月30日ごろ取り引きが再開される。

    持ち株会社が設立されれば辛東彬(シン・ドンビン)会長の韓国事業支配力も強化される。辛会長の持ち株会社の持ち分は10.5%だ。ロッテグループ系列会社(25.2%)と自社株(12.7%)などを合わせれば辛会長と特殊関係人の持ち分率は50%に迫る見通しだ。

    日本のロッテホールディングスの支配を受けるホテルロッテのロッテ持ち株会社の持ち分率は6.5%程度となる。ロッテグループは中長期的にホテルロッテを上場した後に持ち株会社と合併し、日本のロッテホールディングスの影響力から完全に抜け出す案を推進すると明らかにした。

    持ち株会社設立後には7月末現在67個あるロッテグループの循環出資の輪が18個に大幅に減る。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/834/232834.html

    引用元: ・【韓国】ロッテ持ち株会社10月に設立…ロッテグループが「日本企業」という議論から抜け出せるようになる[8/30] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ロッテは韓国企業】「「日本企業」という議論から抜け出す」ロッテ持ち株会社10月に設立 循環出資の輪が67個から18個に】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/01(火) 22:47:20.26 ID:CAP_USER
     ロッテ免税店が、初の海外店舗であるインドネシア・ジャカルタ空港免税店の営業を終了したことがわかった。

     ホームページを通じて先月31日付でジャカルタ空港との契約期間が満了し、営業を終了すると公示した。ジャカルタ空港店は2012年1月31日にオープンした。

     インドネシア政府が海外企業の代わりに自国の免税企業を全面的に支援した影響が大きい。

     ジャカルタ空港閉店でロッテ免税店の海外店舗はジャカルタ市内店、グアム空港店、関西空港店、東京銀座店、ベトナム・ダナン空港店、タイ・バンコク店の6か所に減った。

     ロッテ免税店は昨年海外で約1000億ウォン(約98億円)を売り上げたが、営業損失は491億ウォン(約48億円)を記録した。

    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0801/10194976.html

    no title

    引用元: ・【経済】ロッテ免税店、“海外店舗1号”ジャカルタ空港免税店撤収 海外店舗は6か所に[8/01] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【海外で営業損失491億ウォン(約48億円)】ロッテ免税店が撤収、“海外店舗1号”ジャカルタ空港免税店】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/21(水) 10:44:26.00 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=158276&ph=0

    2016年12月19日、韓国・ソウル経済によると、ロッテグループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名・重光武雄)氏が、ロッテグループについて「半分は韓国、半分は日本企業」と述べたことが、韓国で話題となっている。

    辛氏は韓国メディアとのインタビューで、「ロッテは韓国企業か、日本企業か」と質問され、「韓国と日本が半々の企業。日本で始まり、韓国に来た」と答えた。韓国ロッテと日本ロッテは“一体”であり、分離して考えることはできないとの趣旨だ。辛氏の回答について、同メディアは「理にかなったものだが、これまでにロッテグループの誰もできなかった答えだった」と評価した。

    また、辛氏は自身が保有するロッテの株式を長男の辛東主(シン・ドンジュ、日本名・重光宏之)前ロッテホールディングス副会長や次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名・重光昭夫)韓国ロッテグループ会長に贈与せず、すべて会社に渡すとの考えを明らかにした。しかし、辛氏はすでに保有していたロッテの株式のほとんどを息子らに譲っており、現在は光潤社と日本ロッテホールディングスに1%未満の株式を持っているだけだという。そのため、韓国では以前から指摘されていた辛氏の“認知症”疑惑がさらに深まるとみられている。

    この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

    「半々企業だと?韓国での利益金をすべて日本に送っていたのに?」
    「100%日本企業。ロッテのものはただでもほしくない」

    「韓国語で聞いたら『半々』と答え、日本語で聞いたら『日本企業』と答えるのだろう」
    「ロッテは韓国人をカモにする日本企業。韓国で稼いだ金で日本人を養っているのだから」
    「『愛国心を求めるな』と言っているように聞こえる」

    「正直でいいね」
    「感情を抜きにして客観的に考えると正しい言葉」
    「韓国ロッテは韓国企業、日本ロッテは日本企業でいいんじゃない?」

    引用元: ・【話題】「ロッテは韓国企業?日本企業?」ロッテグループ創業者の回答が話題[12/21] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【創業者次男「ロッテは韓国企業です」】ロッテグループ創業者の回答が話題「ロッテは韓国企業?日本企業?」】の続きを読む

    このページのトップヘ