まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:レーザー

    1: しじみ ★ 2018/07/03(火) 01:36:44.12 ID:CAP_USER
    中国はレーザーライフル銃の本格生産を開始する可能性がある。西安光学精密機械研究所は手持ちレーザー兵器を開発した。
    非殺傷兵器だが、衣服を焼き人の肌を瞬時に炭化させるには十分な威力を持つ。サウス・チャイナ・モーニング・ポストが報じた。

    同紙はすでに新型兵器とАК-74を比較。
    理由として、新型兵器の重量は約3キロで射程距離が800メートルであることを挙げている。
    さらに、「ZKZM-500」は車両や船、飛行機に搭載することが可能。

    レーザーは通常のリチウム電池で充電。スマートフォンでも使うことができる。
    満充電で約1000発のレーザーを打つことが出来る

    サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、ZKZM-500は1つ1万5000ドル(約166万円)になる。
    レーザー兵器はまず中国のテロ対策部隊に配備される。

    no title

    https://sptnkne.ws/hVDq

    引用元: ・【中国/軍事】〈画像〉レーザー「カラシニコフ銃」の本格生産を開始か

    【何かに似てるんだなあ 【中国/軍事】〈画像〉レーザー「カラシニコフ銃」の本格生産を開始か 】の続きを読む

    1: Boo ★ 2018/05/04(金) 11:46:07.58 ID:CAP_USER
    (CNN) 中国軍が初の海外拠点として東アフリカのジブチに設置した軍事基地からレーザーを使って米軍機を妨害し、複数の米軍パイロットを負傷させたとして、米国務省が外交ルートを通じて中国政府に抗議した。米軍当局者2人がCNNに明らかにした。

    米国防総省のダナ・ホワイト主席報道官は3日、中国に対し、この問題について自ら調査を実施するよう申し入れたことを確認。「我々のパイロットが真の脅威にさらされている」と位置付け、この数週間で事態は深刻化しつつあるとの認識を示した。

    CNNが入手した米軍パイロットへの通知によると、ジブチでは過去数週間で複数回にわたり、同地の米軍基地所属の米軍機に対してレーザーが照射される問題が相次いだ。

    このうち1回は、近くの中国基地から照射されたと伝えられる軍事用レーザービームによって、飛行中のC130輸送機の乗員2人が目に軽傷を負ったとしている。

    通知ではパイロットに対し、ジブチで特定の空域を飛行する際は注意するよう呼びかけた。

    米軍当局者2人はCNNの取材に対し、こうした行為は重大な事故を生じさせかねないとして、強い懸念を示した。米国務省は中国政府に対し、こうした行為をやめるよう申し入れたという。

    米国防当局者は、中国が南シナ海でもレーザーを使って米軍機を妨害しているとの見方を強めている。

    ジブチでは先月、航空機が絡む事故が相次いだことを受け、米軍が一時的に作戦の中断を余儀なくされていた。同地はテロ掃討作戦の要衝となっているが、作戦の中断はジブチ政府の要請を受けた措置だった。

    https://www.cnn.co.jp/world/35118677.html?tag=top;topStories

    引用元: ・【国際】「中国のレーザー照射で米兵負傷」、米政府が抗議 ジブチ[05/04]

    【【国際】「中国のレーザー照射で米兵負傷」、米政府が抗議 ジブチ[05/04] 】の続きを読む

    このページのトップヘ