まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:リストラ

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/11(土) 14:22:47.12 ID:CAP_USER
    2020.04.11。 9:41

    新型コロナウイルス感染症(コロナ19)のペンデミク(世界大流行)に国内販売に続き、輸出の道まで詰まったファッション業界にリストラナイフ風が吹き荒れた。 ファッション業界の人材構造調整が本格化し請願の国民請願掲示板には「韓国の衣類のベンダー繊維産業を助けてくれ」という内容の文まで上がってきて衝撃を与えている。

    11日、大統領府の国民請願掲示板によると、「コロナ19の拡散による韓国の衣類のベンダー繊維産業を助けてくれ」という内容の文が上がってきて、現在、1万991人の同意を得た。 請願者は「アメリカの衣料品輸出をしているベンダー企業は、米国のコロナ19拡散バイヤーの一方購入キャンセル、出荷キャンセル、支払い拒否をされており、構造調整が開始された」とし「私たちの会社は、人員削減、給与削減、無期限無給休職、育児休業などで圧迫している」と述べた。

    続いて彼は「政府は雇用維持支援金に関する雇用安定対策を出しているが、衣類のベンダー繊維産業に従事している人々のほとんどがそうであるよう政策について全く体感していない」とし「すぐに構造調整をしなければ、数ヶ月を十分に強いことができないとし、上記4つのパッケージを強制的にするために労組もない状況で、力のない個人が、当該出すことができない状況だ」と吐露した。

    請願者は「衣類のベンダー企業は韓国の輸出の一軸を担当するほど良い成果を出し、多くの従事者が日夜血の汗を流してきた」とし「失業の危機に追い込まれた衣類のベンダー産業従事者が崩れないように助けてくれ」と訴えた。

    ファッション業界の構造調整の動きはますます広がっており、実体経済打撃は避けられない状況だ。 神聖通常は、最近の輸出本部職員50人に解雇を通知した。 海外輸出事業が完全に中断され削減が行われたもの。 解雇通知を免れた神聖通常の従業員は、「海外出張中に解雇通知を受けた仲間もいる」とし「解雇通知対象は、私かわからない緊張感属し過ごしている」と吐露した。

    身元も海外事業部1チームをまとめて、所属職員7人をまとめて告げた。 ヤングカジュアルブランドヴィッキーのオフラインでのビジネスを折るながらスタッフ20人余りも出した。 型紙エリートは先月末、40人余りの本社正社員のうち、5人を削減した。

    ユニクロ韓国法人エフアールエルコリアは俳優陣代表が誤って人員削減計画を全従業員に電子メールを送りながら削減が行われることを予告した。 船の代表が2日、人事部門長へのメールには、「部門長様、昨日会長理事会の報告をささげ人事リストラに関心が多い」とし「報告内容通りの人員構造調整が問題ないように計画通り必ず推進をお願いする」という文が書かれている。

    続いて「今年の2月に基準正規職本社人員がなぜ42人いつものかについて会長の質問に育成ローテーション人員帰任と復職が多いためであり、また移動をすると、本社の人員は減少することがあると説明をした。部門長様が回答に問題がなかったかお申し上げる」と書かれているという点で人員削減のエフアールエルコリア経営陣の意志が高いことが確認できる。

    スタッフの間では、管理職、従業員の一部が構造調整の雰囲気を気づいて早目に退社手順を踏んでいるという噂も流れている。 実際ブラインドは4月に退社予定のMグレードの従業員が3人に達する。 通常5個(J、S、M、E、K)職級に分かれるエフアールエルコリアでMグレードは営業文章、フラッグシップ店舗店長などが含まれる。 Mグレード基本給は8000円以上で高位管理職に該当する。

    エフアールエルコリアの関係者は、「大変な状況であるだけに、構造的に効率性を高めるための改善作業を議論はしており、人員削減部門は、現在言及するのは難しい」と慎重だったが、最終的にリストラが行われるというのが、内部時刻である。

    ファッション業界の関係者は、「コロナ19余波で、アメリカ、ヨーロッパの企業が注文した物量を一方的にキャンセルしている」とし「メール一通にキャンセルする海外メーカーも多く、事実上の輸出業務自体がなくなってしまっているが、最終的には構造調整をせずには持ちこたえる難しい状況だ」と説明した。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D277%26aid%3D0004659776 ate%3D20200411%26type%3D1%26rankingSeq%3D3%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhiDlxyxkq5Au5j5PU4mj26LNMDqjQ

    引用元: ・【韓国】ユニクロなどファッション業界でリストララッシュ 「助けてくれ」国民請願

    【NO JAPANだるぉぉぉ!? 【韓国】ユニクロなどファッション業界でリストララッシュ 「助けてくれ」国民請願】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/14(金) 17:51:52.61 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国で日本政府による輸出規制を受けて始まった日本製品の不買運動の影響で日本車の販売が急減し、日本車ブランドが対応に乗り出している。割引のほか、希望退職を募集するなどリストラまで検討するブランドも出ている。

     輸入車業界によると、日本の高級車ブランド、レクサスは17日に発売する小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ニューRX」の購入客に対し150万ウォン(約14万円)の割引を行うとPRしている。

     レクサスが新車の割引プロモーションを行うのは異例。

     輸入車業界の関係者は、今回の割引について「予想に比べ販売が急減したためとみられる」とし、「8500万ウォンを超えるニューRXを150万ウォン値引きしたからといってどれだけ関心を引けるか分からないが、レクサスが韓国市場に対する姿勢を変えたことは明らかなようだ」と述べた。

     レクサスの先月の販売台数は509台で、前年同月(1533台)比66.8%減少した。

     1月の販売実績が420台と、前年同月(1047台)比59.9%減となったトヨタ自動車もホームページなどで割引を打ち出している。

     代表的なSUVのRAV4を500万ウォン割引するのをはじめ、シエナ(400万ウォン)、アバロンハイブリッド(2019年モデル、300万ウォン)、ニュープリウス(250万ウォン分のガソリン券)、カムリ(200万ウォン)など、ほとんどの車種で割引を行っている。

     日産自動車と同社の高級ブランド、インフィニティも1月に続いて2月もプロモーションを強化した。

     先月の国内販売台数が1台のみにとどまったインフィニティは、1月に1車種のみで行っていた割引(自社ローンを使用した場合)を2月からは3車種に増やした。

     1月の販売台数が59台で82.7%減となった日産も、アルティマ、マキシマを購入した消費者を対象にそれぞれ200万ウォンを割引く。

     昨年1月に比べ販売台数が50.5%減少したホンダ(331台)も主力モデル、アコードのハイブリッドモデルについて500台限定で個別消費税(70万ウォン)を割引き、200万ウォン相当のサービスクーポンを提供するプロモーションを行っている。

     これに加え、日産は韓国での設立以来初めてリストラに着手した。

     社員数は約60人と小規模だが、リストラのために間もなく希望退職者を募集する予定で、一部社員は既に辞表を出したとされる。

     販売不振により昨年から韓国撤退説が出ていた日産は、「韓国は戦略的に重要な市場だ」として「撤退は考えていない」と否定した。

     韓国日産自動車の関係者は「最近も南西部・光州のサービスセンターを拡張・移転するなど韓国への投資を続けている。今月中旬に日本の本社が発表する経営計画にリストラなどの対策案が盛り込まれる予定だ」と説明した。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020021480241

    2020/02/14 17:44

    引用元: ・【聯合ニュース】不買運動で販売不振の日本車 割引・リストラなど対策に躍起=韓国[2/14]

    【閉店セールでしょ 【聯合ニュース】不買運動で販売不振の日本車 割引・リストラなど対策に躍起=韓国[2/14]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/03(火) 14:14:14.68 ID:CAP_USER
    「不買」直撃弾、朝日、最終的に従業員減らす
    記事入力2019.12.03。午前10:54

    日本製品不買運動の影響で、ロッテアサヒ酒類が契約社員を減らす方法でリストラに乗り出した。去る7月に始まった日本製品の不買運動の影響で販売量が急減したことによるものである。

    ロッテアサヒ酒類関係者は3日、「今年契約満了が到来する契約の営業担当者と再契約しないことにした」と述べた。ロッテアサヒ酒類が人材を減らすことにしたのは、日本ビール不買運動の影響である。アサヒビールは、輸入ビール市場1位を守ってきたが、不買運動の後に販売量が急減した。食品産業の統計情報によると、第3四半期のアサヒビールの小売販売額は139億5100万ウォンで、前期比69.3%減少した。第3四半期はビールのピークであることを勘案すると、売上高の減少の効果は大きいと分析される。ブランド別のビール販売順位も3位から12位に落ちた。

    11月の日本のビールの輸入規模も確実に減少した。韓国貿易統計振興院の輸出入貿易統計によると、昨年11月(暫定値)の日本のビールの輸入額は1億4400万ウォンで、前年同月比で97.5%減少したことが分かった。国別ビールの輸入順位でも1位から17位に下落した。ただし、9月の600万ウォン、10月の3800万ウォンに比べてやや増えた水準である。

    この関係者は「営業職員の労働契約期間が到来して通告した事項で、人為的な構造調整ではない」と言いながらも、「今後の構造調整などの付加的な計画については言い難い」と述べた。

    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=008&aid=0004319010&date=20191203&type=1&rankingSeq=9&rankingSectionId=101

    1
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575344755/

    引用元: ・【セルフ経済制裁】日本ビール不買運動 → アサヒ、韓国人従業員をリストラへ ★2

    【それが分らんかったらバカ 【セルフ経済制裁】日本ビール不買運動 → アサヒ、韓国人従業員をリストラへ ★2 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/11(火) 15:25:53.01 ID:CAP_USER
    2017年4月10日、中国メディアの参考消息は海外メディアの報道を引用し、2016年末までに中国の4大国有銀行が合わせて2万人近くのリストラを行ったと伝えた。

    先週発表された中国の4大銀行収益分析報告書によると、2016年末までに、中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行、中国銀行の行員、合わせて1万7824人の人員削減が行われた。これは2011年以来、初めてのことだ。

    モバイル決済の普及やインターネットバンキングの普及で銀行の伝統的な業務が減ったことが要因として挙げられるという。中国銀行協会によると、中国工商銀行だけで、昨年窓口対応の行員を1万4090人削減しており、一部は直接削減し、一部は配置転換をしたという。

    これに対し、中国のネットユーザーから

    「でも窓口の作業の遅さは半端ない」
    「人が減ったら窓口の仕事処理がさらに遅くなるだろ」
    「いや、全然人手が足りてないだろ。それなのにリストラか?」

    などのコメントが寄せられ、窓口での作業効率に対する不満の声が多く寄せられた。

    また、

    「いいことだ。大部分が無駄飯を食べているのだから」という意見があったが、

    「でも本当に無駄飯を食べている人はリストラの対象にはならない」との指摘もあった。

    ほかには、

    「窓口の行員が減ったことはリストラとは限らない。営業に回っただけだ」
    「リストラじゃなくて単に辞職しただけだ」

    とのコメントもあった。

    Record china 配信日時:2017年4月11日(翻訳・編集/山中)
    http://www.recordchina.co.jp/b160283-s0-c30.html

    引用元: ・【経済】中国国有銀行が2万人リストラ=中国ネット「窓口処理がさらに遅くなる」「全然人手が足りてないだろ」[4/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【払い戻したくない】中国国有銀行が窓口対応の行員を2万人リストラ】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/01(木) 17:24:31.96 ID:CAP_USER
    no title

    中国では、政府主導で自動車販売のテコ入れが行われた=北京

     2016年4-6月期の中国の経済成長率(実質GDPの成長率)は、対前年比で6・7%増となっている。過去10年以上もの期間、中国の経済成長、つまりはGDP=需要の拡大を牽引してきたのは、投資という需要項目であった。
    特に、民間企業が設備投資や住宅投資に巨額の資金を注ぎ込み、経済成長に貢献してきたわけだ。

     その中国の「投資」が、驚くべき事態に陥っている。

     1-6月期の中国の投資において、民間投資はわずかに対前年同期比2・8%の増加に過ぎなかった。代わりに、国有企業が対前年同期比23・5%と、投資全体を下支えしている。

     要するに、現在の中国は民間が投資意欲を喪失し、政府の公共投資を国有企業が受注することで、何とかGDPが維持されている状況になっているのだ。

     投資ではなく、消費を見ても、やはり「政府」の影響力が強まっている。1-6月期の中国の個人消費は対前年同期比10・3%と、GDP成長に貢献した。消費の主役が何かといえば、自動車購入でであった。

     実は、中国共産党政府は景気の急激な失速を受け、自動車販売を下支えすべく、小型車やエコカー向けの減税や補助金といった政策を打ったのだ。
    結果的に、自動車販売が増え、消費総額が拡大したわけだが、投資同様に「政府の政策主導」になってしまっている。

     中国国務院は22日、企業の「借り入れコスト」を引き下げるための指針を発表した。例えば、中央銀行が市中銀行の流動性を拡大することで、中小企業への融資を拡大するという。

     あるいは、銀行に対し、融資債権への妥当なプライシング(金利水準の決定)を求め、非正規の手数料徴求を禁じるという。分かりやすく書くと、銀行に対し「安い資金コスト(金利など)で企業にお金を貸し付けろ」というわけだ。

     問題は、現在の中国が完全な供給能力過剰、需要不足状態に陥っているという話だ。
    日本の例を見れば分かるが、需要が不足している環境下では、金融政策で金利を引き下げたところで、企業は借り入れや設備投資を増やさない。なぜなら、もうからないためだ。

     中国産業界は、すでに過剰生産能力を削り取るべく、リストラクチャリングに精を出している。鉄鋼や石炭、石油などの大手国有企業は、1社あたり数万人規模で人員削減を進める計画だ。

     企業のリストラは、中国人民の消費意欲を冷ます。結果、民間企業はますます設備投資を絞り込み、デフレスパイラルへと落ちていく。中国共産党は中国経済のデフレ化を食い止めることができるのか、正念場を迎えようとしている。

     ■三橋貴明(みつはし・たかあき) 1969年、熊本県生まれ。経済評論家、中小企業診断士。大学卒業後、外資系IT業界数社に勤務。現在は「経世論研究所」所長。
    著書に『2016年 中国・ユーロ同時破綻で瓦解する世界経済 勝ち抜ける日本』(徳間書店)、『第4次産業革命 日本が世界をリードする』(同)など多数。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160901/frn1609011140002-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160901/frn1609011140002-n2.htm

    引用元: ・【経済】中国、底なしデフレスパイラル 経済悪化→リストラ拡大→冷める消費意欲[9/01]©2ch.net

    【【経済】中国、底なしデフレスパイラル 経済悪化→リストラ拡大→冷める消費意欲[9/01]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ