まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:リスク

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/12(月) 15:50:21.65 ID:CAP_USER
    ●韓国・文在寅政権を襲う「ウォン安&株安」Wパンチのリスク
    日本との関係改善が必要なはずだが…

    8月に入り、韓国の通貨ウォンが大きく下落している。最大の理由は、韓国の経済成長を支えてきた輸出が低迷するとの懸念が高まっていることだ。

    わが国が韓国を“ホワイト国”から除外したこともウォン安に拍車をかける材料の一つになった。

    ウォン安の進行とともに、韓国の株価も大きく下げている。株安・通貨安が韓国経済を襲っている構図が鮮明化している。

    本来であれば、韓国が経済の安定を目指すためには、わが国などとの関係を修復し改善を目指すことが重要なはずだ。

    しかし、足許、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、支持率向上のために反日姿勢を強めている。中長期的に考えると、同氏の対日スタンスは韓国経済に大きな禍根を残す恐れがある。

    韓国経済がウォン安にどう対応できるか先行きはやや不安だ。

    ◾︎輸出主導で経済成長をかさ上げしてきた韓国

    もともと、韓国の経済は、サムスン電子をはじめとする大手財閥企業の経営を優遇し、輸出競争力を高めることで成長を遂げてきた。近年の韓国経済を支えたのが、半導体の輸出だ。

    特に、韓国にとって最大の輸出国である中国が産業振興策である“中国製造2025”のもと、省人化投資を進め世界から半導体を買い集めたことは韓国にとって大きな追い風となった。

    韓国は、わが国から高純度のフッ化水素などの半導体材料や、精度の高い半導体製造装置を輸入し、半導体を生産してきた。

    わが国政府が韓国向けの輸出管理手続きを見直したことに対して韓国が一方的に批判しているのは、韓国の半導体生産にわが国の資材が欠かせないからだ。事実上、韓国経済はわが国の技術力に大きく依存してきたと考えられる。

    輸出で稼ぐ韓国にとって、ウォン安は重要だ。

    半導体の市況は、世界経済全体の景況感に大きく左右される。半導体需要が高まる際、世界経済は米国を中心に緩やかな回復基調にあることが多い。

    基本的に米国は、自国の経済が緩やかな回復ペースを維持し、それに伴って世界経済全体が上向き基調にある場合には、多少のドル高には寛大にふるまう。

    貿易赤字と財政赤字を抱える米国としては、緩やかなドル高を容認して資本を流入させたい。

    その状況は、韓国がウォン安によって輸出収益を“かさ上げ”するために都合がよい。

    加えて、北朝鮮と対峙するという特殊事情もあり、米国政府は韓国の為替管理政策にあまり目くじらを立ててこなかったともいえる。

    ◾︎ウォン安が蝕む韓国経済の体力

    しかし、韓国が輸出主導型の成長を目指すことは難しくなっている。

    まず、輸出増加を支えてきた世界の半導体需要が低迷している。

    米中の摩擦激化によって世界の貿易量は落ち込んでいる。

    韓国最大の輸出相手である中国は、投資に依存した経済成長の限界を迎えた。中国は米国の圧力に対応するために自国内での半導体生産能力を引き上げている。

    すでに韓国の輸出は前年同月比ベースで減少トレンドをたどっている。輸出を増やそうにも、世界経済全体で需要が低迷している以上、韓国の自助努力ではどうにもならない部分が多い。

    本来であれば文政権は構造改革を進めて先端技術の育成などに取り組むべきだが、左派系大統領である同氏が、本気で改革に着手することはできないだろう。

    現代ビジネス
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66495?page=2

    引用元: ・【韓国経済】襲う「ウォン安&株安」Wパンチのリスク[8/12]

    【良い事は重なるね 【韓国経済】襲う「ウォン安&株安」Wパンチのリスク[8/12] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/02(金) 12:03:52.20 ID:CAP_USER
    <人権弁護士の出身として知られる文在寅大統領だが、北朝鮮の人権問題には目を向けようとしない>

    米国のトランプ政権と韓国の文在寅政権は今、様々な不協和音を抱えている。

    たとえばトランプ大統領は26日、韓国や中国など比較的裕福な国々が世界貿易機関(WTO)で「発展途上国」として優遇措置を受けていることを不服とし、WTOが制度を見直さなければ米国はこうした国々の「発展途上国」扱いをやめると警告した。

    安全保障面では、23~24日に訪韓したジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)が韓国政府に対し、防衛費分担金の大幅増額を要求したと噂されている。その総額は、50億ドル。2月に妥結した現行の分担金(約8億7800万ドル)の5.7倍にもなる額であり、韓国として簡単に飲める数字ではない。

    一方、北朝鮮との対話の姿勢を保っている点では、両者の姿勢は一致する。ただ、韓国が北朝鮮との経済協力に早期に踏み切りたいのに対し、米国はあくまでそれを認めないなど、ここでも大きな相違点がある。

    そしてここへ来て、対北朝鮮でもうひとつ、文在寅政権とトランプ政権の違いが浮かびある兆候が見えてきている。

    米国務省は今月、「第2回宗教の自由を促進するための閣僚級会議」を開催。17日にはその一環として、17カ国・27人の宗教弾圧被害者たちがホワイトハウスに招待され、トランプ氏と話をする機会を持った。

    その中には、2008年に北朝鮮を脱出したチュ・イルリョン氏もいた。チュ氏はトランプ大統領に「私のおばの家族4人は政治犯収容所にいる。おばの義父がキリスト教信者だとの理由で、未明に突然連行された。私のおい(または、めい)は家族全員処刑された」と説明。

    さらに、「北朝鮮の金正恩(朝鮮労働党委員長)から迫害されているにもかかわらず、北朝鮮の住民は礼拝を続けようと努力している。数週間前も北朝鮮の地下教会で3人が集まり、韓国のために祈る写真をもらった」と語った。すると、トランプ大統領は握手を求め、「分かった。私が問題提起する」と答えた。

    これをひとつのパフォーマンスとして見るなら、トランプ氏は以前にも同じようなことをやっている。ただ、今回のケースが少し違うのは、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が、米国の北朝鮮人権運動のリーダーたちからこの「パフォーマンス」に対する賞賛の声を集め、報道していることだ。これは、北朝鮮が非核化対話で前向きな対応をしない場合、金正恩党委員長が最も嫌う人権問題で圧迫するという、ひとつのメッセージであると見るのは考え過ぎだろうか。

    個人としては「人権派」とは言い難いトランプ氏だが、米政界ではこの間にも、北朝鮮における凄惨な人権侵害について様々な言及と取り組みがなされてきた。金正恩氏が言うことを聞かないとなれば、人権問題が圧力のカードとして使われるのはごく自然なことだ。

    一方、人権派弁護士の出身として知られる文在寅大統領だが、金正恩氏から嫌われるのを恐れるあまり、北朝鮮の人権問題に目を向けようともしていない。

    米朝の非核化対話が足踏みを続ける中、北朝鮮の人権問題を巡って米韓が立場の違いを鮮明にする可能性は、日に日に高まっていると言えるのだ。

    [筆者]
    高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)

    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/08/post-12662.php
    Newsweek※デイリーNKジャパンより転載 2019年8月1日(木)15時40分

    no title

    19年6月に韓国・青瓦台で共同会見したトランプと文在

    引用元: ・【トランプ大統領と文大統領】もうひとつの「決裂」リスク[8/1]

    【韓国に価値ないしな 【トランプ大統領と文大統領】もうひとつの「決裂」リスク[8/1] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/18(木) 13:03:00.61 ID:CAP_USER
    [ソウル 18日 ロイター] - 韓国銀行(中央銀行)は18日、市場の据え置き予想に反して政策金利を1.75%から1.50%に25ベーシスポイント(bp)引き下げた。利下げは2016年6月以来、3年ぶり。

    ロイターが実施した調査では、今月は据え置き、来月の利下げが予想されていた。

    輸出規制を巡る日本との対立で、すでに減速している韓国経済の先行き懸念は一段と強まっている。

    中銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は0220GMT(日本時間午前11時20分)から記者会見を開き、金利決定における採決結果や新たな経済成長・インフレ見通しを発表する。

    金利発表を受け、韓国国債先物KTBc1は上昇、通貨ウォンKRW=は下落。予想より早期の利下げで追加利下げが近い可能性が浮上したが、ソウル株は小幅に下げている。

    大信証券の債券アナリスト、コン・ドンラック氏は「きょうの利下げは、もう1度利下げがある可能性が高いことを意味する。11月が有力だ」と指摘。韓国経済を支援するという政策当局間の強いコンセンサスが中銀に迅速な対応を促したとの見方を示した。

    李総裁と企画財政相の双方が政策緩和が近いことを示唆したことから、韓国国債市場では目先、1回か2回の利下げが織り込まれていた。

    米中貿易摩擦が続く中、第1・四半期が予想に反してマイナス成長となり、インフレ率も予想を下回ったことで、韓国中銀は利下げ圧力にさらされていた。

    https://jp.reuters.com/article/south-korea-interest-rate-idJPKCN1UD05N
    ロイター 2019年7月18日 / 10:57

    USD/KRW - アメリカドル 韓国ウォン チャート
    https://m.jp.investing.com/currencies/usd-krw-chart

    関連
    【韓国中銀】 政策金利を年1.5%に引き下げ[7/18]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1563414996/

    引用元: ・【韓国中銀】予想に反し3年ぶり利下げ 対日問題が新たなリスクに 「もう1度利下げがある可能性が高いことを意味する」[7/18]

    【破滅に向かって自らアクセル【韓国中銀】予想に反し3年ぶり利下げ 対日問題が新たなリスクに 「もう1度利下げがある可能性が高いことを意味する」[7/18] 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/12/10(日) 11:43:31.58 ID:CAP_USER
    聨合ニュース2017/12/10 10:07
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/12/10/0500000000AJP20171210000100882.HTML

    【ソウル聯合ニュース】韓国の家計債務(個人負債)が急激に増加しており、増加幅は世界主要43カ国・地域で2番目に大きいことが10日までに分かった。

     国際決済銀行(BIS)によると、6月末現在、韓国の国内総生産(GDP)に対する家計債務の割合は93.8%で、過去最高となった。

     昨年末に比べ1.0ポイント増加しており、増加幅は中国(2.4ポイント増)に次いで大きい。

     韓国の家計債務はここ5年間、増加ペースが早まっている。対GDP比での家計債務の割合の前年比増加幅は2012年の1.1ポイントから、13年に1.5ポイント、14年に1.9ポイントと1%台が続いたが、15年は3.9ポイント、16年は4.7ポイントと急上昇した。

     これは家計債務の増加ペースが経済成長を上回っていることを意味する。BISは韓国を、家計債務の割合が高い上、今後もその割合が拡大するグループに指定した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【韓国経済】膨らみ続ける韓国経済のリスク 家計債務増加ペース「世界2位」

    【【1位目指せよw】「世界2位」の家計債務増加ペース 膨らみ続ける韓国経済のリスク 【聨合ニュース】】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/25(水) 04:49:01.05 ID:CAP_USER
    韓国の債務不履行(デフォルト)リスクが中国より高まった。23日の市場調査会社?マークイットによると韓国のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)プレミアムは20日69.93bp(1bp=0.01ポイント)を記録した。年初の1月2日の44.76より25.17bp上昇した。

    これに対しこの期間に中国のCDSプレミアムは118.63bpから54.22bpに64.41bp下落した。CDSは国や企業が債務不履行となった時に損失を補償する派生商品でプレミアム(保険料)が、高いほどデフォルトリスクが大きいという意味だ。

    今年韓国のCDSプレミアムが上昇したのは北朝鮮の核実験と長距離ミサイル試験発射、トランプ米大統領の強硬発言などにより韓半島(朝鮮半島)の地政学的リスクが大きくなったためだ。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/701/234701.html

    引用元: ・【経済】韓国のデフォルトリスク、中国より高まった[10/25]

    【【キッチリ10年置き】「韓国のデフォルトリスクが中国より高まったのは北朝鮮とトランプのせい」韓国経済新聞社】の続きを読む

    このページのトップヘ