まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:リコール

    1: まぜるな!キケン!! 2020/09/05(土) 02:11:36.18 ID:CAP_USER
    no title


    4日、韓国・ニューシスによると、韓国の現代・起亜自動車が3日(現地時間)、火災を引き起こす危険のあるブレーキのオイル漏れを修理するため米国で59万1000台をリコールすると発表した。写真は現代自動車。(Record China)

    2020年9月4日、韓国・ニューシスによると、韓国の現代・起亜自動車が3日(現地時間)、火災を引き起こす危険のあるブレーキのオイル漏れを修理するため米国で59万1000台をリコールすると発表した。

    記事によると、リコール対象は起亜自動車の2013年~2015年の中型セダンオプティマと2014年~2015年のSUVソレント44万台、現代自動車の2013年~2015年のSUVサンタフェ15万1000台。米安全規制当局の発表では、ブレーキオイル漏れによる火災は現代自動車で15件、起亜自動車で8件報告されている。

    これに韓国のネットユーザーからは「自動車の心臓であるエンジンすらまともに造れないのに価格だけは毎年上昇」と皮肉交じりの声や、「韓国国民に恥をかかせないよう、輸出用もきちんと造ってほしい」と求める声が上がっている。

    また「現代自動車は米国人にはとても寛大だ」「たった23件でリコール?韓国では230件の火災が発生しても全て消費者のせいにするのに」「韓国でリコールの話はほぼ聞かない。だから『自国民をカモにしている』と批判される」「韓国の国土交通部に問題がある。韓国内の車でも同じ問題が数多く発生しているのにそれを無視している。国土交通部は現代・騎亜自動車の部署の1つなのか?」など、韓国内との対応の差に不満を示す声も続出している。
    現代自動車は7月にも「運転席側の計器盤のソケットが過熱されて火災になる恐れがある」として米国で販売した2011~2012年のエラントラ、ソナタと2012年のアクセントなど27万2000台をリコールしている。(翻訳・編集/堂本)

    Record China 2020年9月4日 16:20
    https://www.recordchina.co.jp/b816428-s0-c20-d0058.html

    引用元: ・【車】エンジン欠陥、現代自動車がまた米国でリコール=韓国ネットから不満続出「韓国では230件の火災発生しても全て消費者のせい」[9/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【営業停止しろよ 【車】エンジン欠陥、現代自動車がまた米国でリコール=韓国ネットから不満続出「韓国では230件の火災発生しても全て消費者のせい」[9/4] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/18(土) 09:51:37.13 ID:CAP_USER
    Record China
    配信日時:2020年7月17日(金) 7時20分

    2020年7月16日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の現代自動車が車両の欠陥により米国で販売した27万2000台をリコールすると発表した。

    記事によると、リコール対象車は2011~2012年のエラントラ、ソナタと2012年のアクセント、ヴェロスター、ハッチバックで、運転席側の計器盤のソケットが過熱されて火災になる恐れがあるという。

    現代自動車は「空気を注入するエアコンプレッサーがソケットに長時間差し込まれているときに問題が発生する」とし、「製造過程で特定車両のソケットが過度に締め付けられ、過熱防止の機能が作動しない可能性がある」と説明した。この欠陥により9件の火災が報告されているが、幸い負傷者は出ていないという。

    これに韓国のネットユーザーからは「恥ずかしい」「技術力をもっと磨いてほしい」「現代自動車は車を売るより補償する数の方が多そうだ」などの声が上がっている。

    また「韓国用と海外用の違いだ。海外では随分と細やかにリコールしてあげるんだね」「韓国内で販売した車はリコールしてくれないの?なぜ差別するの?」「韓国では『顧客の過失』『リコール期間が過ぎた』などと言って絶対にしてくれない」「米国人がうらやましい」「納得できない。米国用の方が丈夫で性能もいいのに、なぜ米国ではリコール、韓国では消費者自ら修理しなければならない?」「こんなんだから韓国人が日本車を買うんだよ」など韓国内との対応の違いを指摘する声も数多く見られた。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.recordchina.co.jp/b821397-s0-c30-d0058.html

    引用元: ・【米国】韓国現代自動車に欠陥、米国で27万台リコール=韓国ネットからは不満が続出 [動物園φ★]

    【欠陥のないヒュンダイはありえんからな 【米国】韓国現代自動車に欠陥、米国で27万台リコール=韓国ネットからは不満が続出 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/29(金) 16:44:15.02 ID:CAP_USER
    世界最大の半導体需要企業の一つ、米アマゾンがサムスン電子にDRAM半導体に関連するクレームをつけたことが分かった。 

      アマゾンウェブサービス(AWS)は世界最大のクラウドサービス事業者。クラウドとは、データセンターなどのインフラに各種データを保存しておき、いつどこでも接続して利用・共有できる形態の情報技術(IT)サービスをいう。 

      半導体業界の関係者は28日、「アマゾンがクラウドサーバーに入るサムスン電子DRAM関連品質イシューを提起したのは事実」とし「昨年4-6月期のカンファレンスコールでも言及した事項であり、現在の協議中と把握している」と明らかにした。 

      アマゾンがリコールを要請した製品は10ナノメートル(nm)後半級のDRAMという。ただ、一部で提起する「8兆ウォン(約8000億円)台リコール」要請は事実でないというのがサムスン電子の立場だ。

    https://japanese.joins.com/article/841/251841.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|breakingnews
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年03月29日 10時37分

    引用元: ・【サムスン電子】DRAM製品、アマゾンからリコール要請「約8000億円台リコール」要請は事実でないとサムスン電子の立場[3/29]

    【結構深刻だと思うわ【サムスン電子】DRAM製品、アマゾンからリコール要請「約8000億円台リコール」要請は事実でないとサムスン電子の立場[3/29] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/05/12(金) 16:41:54.92 ID:CAP_USER
    韓国国土交通部は12日、現代自動車と子会社・起亜自動車の車の欠陥5件について、強制リコール(無料の回収・修理)措置を取った。

    韓国の完成車メーカーが政府のリコール勧告を拒み、聴聞手続きを経てリコールを命令されるのは初めて。

    強制リコールの対象は12車種、23万8000台。

    「ジェネシス」「エクウス」はキャニスター(大気汚染防止部品)の欠陥で停車時や停車直前にエンジンが止まる恐れが、「モハベ」はハブナットが緩みタイヤやホイールが外れる恐れがあり、「アバンテ」「i30」は真空パイプの損傷でブレーキに支障が出る危険がある。

    また「ソレント」「サンタフェ」など5車種はエンジン燃料ホースの破損、「ソナタ」など3車種はサイドブレーキ警告灯の不具合でそれぞれ火災が起きる可能性がある。

    国土交通部は3月と4月に計5件について「安全走行に支障を与える可能性が高い」としてリコールを勧告したが、現代・起亜は今月開かれた聴聞会で、安全走行と直接関係がないとしてリコールを拒否。

    同部は聴聞会を開いた大学教授の意見書や過去の事例などを考慮し、5件全てについて強制リコール措置を取った。

    同部はあわせて、現代・起亜がこの5件の欠陥を隠蔽(いんぺい)しようとしたかどうかについて、検察に捜査を依頼した。

    同部はこれまで、この5件を含め、内部告発があった32件の欠陥疑いについて順番に調査してきた。

    告発者が提供した内部文書によると、現代・起亜はこの5件の欠陥を昨年5月ごろ把握しながらもリコールなどの適切な対応を取らなかった可能性があり、こうした行為が隠蔽に当たるかどうか捜査を要請したという。

    32件のうち3件はすでにリコールが確定しており、合わせて8件のリコールが決定した。国土交通部は、別の9件については公開無償修理を勧告した。

    現代・起亜は「リコール決定を謙虚に受け止める」とするコメントを発表した。


    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/12/2017051202164.html

    引用元: ・【韓国】国土交通部、リコール勧告を拒んだ現代・起亜自動車の24万台に強制リコール措置[5/12] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【最後は買収でうやむやに、だろ 】現代・起亜自動車の24万台に強制リコール措置】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/10/27(木) 18:00:49.87 ID:CAP_USER
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00011615-wsj-int

     ロサンゼルスに拠点を置く俳優のジョナサン・バックハウスさん(23)は米人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド」にエキストラとして出演、ゾンビが歩き回るこの世の終わりを生き抜いた。

     だからだろう、爆発の危険あってもバックハウスさんは韓国・サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」を使い続けるつもりだ。ノート7は発火の報告が相次ぎ、スマホとしては世界最大規模のリコールが実施されている。

     バックハウスさんはギャラクシーノートの「筋金入りのファン」で、古いモデルもクロゼットの中にしまっている。「電源を入れることが違法になるか、AT&Tから呼び出されるまで手放さない」と話す。

     ノート7の利用者の中には、バックハウスさんのように自分の端末に強い愛着を持ち、爆発のリスクがあっても手放したがらない人たちがいる。

     ノート7のリコールは混迷している。サムスンは先月、リコールを実施。だが、その後も発火の報告が続き、今月になって2回目のリコールに踏み切った上、生産・販売中止を決めた。サムスンは面目を失った。

     AT&Tなどの通信会社は利用者に、できるだけ早くノート7を他の端末と交換するよう強く勧めているという。

     米消費者製品安全委員会(CPSC)のエリオット・ケイ委員長は今月、声明を発表。「火災の危険はあまりにも大きく、誰であってもリスクを冒すことはできない」と指摘した。政府はノート7の100%回収を目指していることも明らかにした。

     テキサス州ヒューストンの救急車メーカーで情報技術(IT)マネジャーを務めるシェーン・モンソンさん(43)を政府は説得できるだろうか。モンソンさんはノート7を所有する同僚には端末の交換を勧めているが、自身は使い続けるつもりだ。

     「(ノート7の)使用をやめるつもりはない」とモンソンさん。「頑固なんです」。母親もサムスンのスマホの熱狂的なファンで、ノート7を使い続けているという。

     職場では同僚がモンソンさんのデスクの脇にふざけて消火器を置いたそうだが、モンソンさんは皆の反応は大げさだと感じている。「携帯電話が爆発するより地元の宝くじに当たる確率のほうが高い」。

     CPSCによると、ノート7に関連して13件のやけどや47件の物損が報告されている。ノート7の発火は米国以外でも報告されているが、250万台を超える同機種の世界出荷台数から見れば、問題があった端末はごくわずかだ。

     今月14日、アンソニー・フォックス運輸長官はノート7を飛行機に持ち込んだ場合、最大で18万ドル(約1880万円)の罰金が科せられるか、起訴されると警告した。

     当局が消費者に端末の交換を強制しようにも大したことはできない。ノート7の販売や飛行機への持ち込みは現在、法律で禁じられているが、元CPSC委員で現在はフリーで製品の安全性に関するコンサルタントをしているスチュアート・スタットラー氏によると「消費者個人にはリコールに応じるなどの義務はない」。

     サムスンの広報担当者は「忠実なノート7の顧客の忍耐と理解」に感謝するとしながら、リコールに応じるよう強く訴えた。

     「(ノート7で)ロシアンルーレットをやっているようなものと分かっているが、この端末が気に入っている」。こう話すのはニューヨーク州バファロー在住のセラミック技術者、スコット・スペンサーさん(41)だ。端末には何週間も前から、交換を促すサムスンからのメッセージが繰り返し表示されているが、スペンサーさんは無視し続けている。「全ての情報がこの中に入っているし、自分の好きなように設定してある」

     CPSCは抵抗する消費者がいることを想定していたのだろう。ケイ委員長は声明で「自分の安全や他人の安全を危険にさらすほどの価値はない」と述べ、消費者に対し、機能がどれほど魅力的でもノート7を交換するよう訴えた。

     チョン・ヒジュンさん(18)のルームメイトが聞いていたら「よく言ってくれた」と思ったに違いない。韓国在住のチョンさんはノートシリーズの大ファンで、ノート7を枕元に置いて眠っている。ルームメイトからは「寝る前に遠くに置いてきて」と言われ続けているそうだが、チョンさんは危険が誇張されていると感じている。

     チョンさんはノート7が発火したところを撮影した動画をじっくり見たそうだ。自分の端末が燃えても、自分もルームメイトも逃げる時間は十分にあると思っている。

    引用元: ・【国際】発火の危険もノート7渡さない! ファンがリコール拒否[10/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【自分勝手な理屈】リコール拒否の爆発スマホファン「燃えても、自分が逃げる時間は十分にある」】の続きを読む

    このページのトップヘ