まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ランキング

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/21(火) 23:51:48.45 ID:CAP_USER
     グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower=GFP)が分析した「2020年国別軍事力ランキング」で大韓民国が6位だった。

     GFPがホームページに掲載した資料を見ると、韓国の今年の軍事力評価指数は前年の7位からワンランクアップの6位となっている。今回は138カ国・地域を対象に調査が行われ、韓国の今年の軍事力評価指数は0.1509を記録した。

     GFPは人口や兵力、武器数、国防予算など50項目を総合して軍事力指数を算出し、0に近いほど軍事力が高いことを意味する。ただし、核兵器保有については評価基準に含まれていない。

     北朝鮮は今年0.3718を記録し、前年に比べ7ランクダウンの25位だった。一方、今年の評価で1位は米国、2位はロシア、3位は中国、4位はインド、5位は日本という結果が出た。

    ソース
    朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/07/21 14:03
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/21/2020072180156.html


    関連記事
    「世界で最も平和な国」1位はアイスランド、韓国48位、日本は?
    http://life.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/26/2020062680105.html

    前スレ
    【軍事】「世界の軍事力ランキング」韓国6位、北朝鮮25位、日本は?[07/21] [Ikh★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1595320231/

    引用元: ・【軍事】「世界の軍事力ランキング」韓国6位、北朝鮮25位、日本は?★2[07/21] [Ikh★]

    【徴兵制あってもこれかw 【軍事】「世界の軍事力ランキング」韓国6位、北朝鮮25位、日本は?★2[07/21] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/16(木) 16:54:02.64 ID:CAP_USER
    スイスが世界73カ国のうち「最高の国」に選ばれた。

    米国のランキング調査専門メディア「USニューズ&ワールド・レポート」が世界2万人余りを対象に「2020最高の国」(2020 Best Countries)アンケート調査を実施した結果、スイスが評価対象国73カ国のうち1位を占めて4年連続首位を守った。

    2016年にスタートした同調査は、ペンシルバニア大学ウォートン・スクール研究チームなどが作った評価モデルに基づき、生活の質、原動力、ビジネスの開放度、経済・政治的影響力、文化・自然遺産、起業家精神、文化的影響力、市民の権利、冒険的要素など9部門・65項目について、約2万人に調査対象国に対する認識を質問してスコアを出したあと合算して総合点数を算定する。

    総合順位でスイスは4年連続で1位を占め、昨年3位だったカナダが2位に上がった代わりに昨年2位だった日本は3位にランクダウンしながら上位の順位が入れ替わった。

    4位以下はドイツ、オーストラリア、英国、米国、スウェーデン、オランダ、ノルウェーの順でトップ10を構成した。

    韓国は、該当国家がどれほど起業家的かを測定する「起業家精神」(Entrepreneurship)と政治・経済的影響力と軍事力レベルを示す「原動力」(Power)分野で高い点数を記録してそれぞれ8位と9位に入ったが、官僚主義や製造単価、腐敗、税制恩恵などを評価する「ビジネスの開放度」(Open for Business)と観光魅力度を測定した「冒険的要素」(Adventure)部門でそれぞれ31位と55位にとどまった。


    中央日報日本語版 2020.01.16 16:32
    https://japanese.joins.com/JArticle/261589

    引用元: ・【中央日報】 日本、「世界最高の国」ランキングで1ランクダウン…韓国は20位 [01/16]

    【心底くだらない【中央日報】 日本、「世界最高の国」ランキングで1ランクダウン…韓国は20位 [01/16]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/11(金) 23:44:11.56 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/u38TGi4.jpg

    韓国の国際競争力ランキングが今年、世界141カ国・地域のうち13位に入った。前年に比べ2ランクアップだ。

     世界経済フォーラム(WEF)が発表した2019年版の国際競争力ランキングで、韓国は12の分野のうち情報通信やICT普及、マクロ経済の安定性が上位圏に入ったが、労働関連分野では下位にとどまった。

     なお、国際競争力ランキング1位はシンガポールだった。2位には米国が入り、香港、オランダ、スイス、日本、ドイツ、スウェーデン、英国、デンマークなどがTOP10にランクインした。

    クォン・ヨンス記者

    http://life.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/11/2019101180178.html
    dizzo.com/エンタメコリア 2019.10.11 15:57

    引用元: ・【ランキング大好き国家(地域)】国際競争力1位はシンガポール、韓国13位、日本は?[10/11]

    【世界13国際競争力国家の一員となった韓国【ランキング大好き国家(地域)】国際競争力1位はシンガポール、韓国13位、日本は?[10/11] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/06/13(木) 17:53:44.50 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】国際的シンクタンクの経済平和研究所(IEP)が12日公表した世界平和度指数(GPI)の2019年版ランキングで、韓国は調査対象の163カ国・地域中55位だった。前年から9ランク後退した。北朝鮮は1ランクアップの149位。

    GPIは進行中の国内外の紛争の程度、社会の安全性と治安水準、軍事化の程度の3領域で各関連指標を評価して指数にする。

    韓国が順位を大きく下げたのは、軍事化の領域で評価が低かったことが影響したとみられる。報告書は、韓国でここ10年、軍への信頼が著しく低下したと指摘した。

     北朝鮮については、韓国、米国との非核化交渉を1年以上続けているにもかかわらず、核兵器や重火器などで最低の評価だったと説明した。また、北朝鮮人口の10%以上が自然災害の脅威にさらされる地域に居住しているほか、暴力による経済的コストが国内総生産(GDP)の34%に上るとした。対GDP比の軍事費は24%と世界で最も高い。

     世界全体の平和度は5年ぶりに改善した。最も平和な国はアイスランドで、11年連続。ニュージーランド、ポルトガル、オーストリア、デンマークと続いた。最下位グループはアフガニスタン、シリア、南スーダン、イエメン、イラク。日本は1ランク下落の9位。米国は128位、中国は110位だった。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190613001300882?section=society-culture/index
    聯合ニュース 2019.06.13 14:48

    no title

    IEPが発表した2019年版の世界平和度指数(GPI)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【イライラ半島】世界平和度ランキングで韓国55位(前年から9ランク後退)北朝鮮149位・       日本9位[6/13]

    【 まぁ戦争中だしな 【イライラ半島】世界平和度ランキングで韓国55位(前年から9ランク後退)北朝鮮149位・       日本9位[6/13] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/10/17(水) 10:35:47.46 ID:CAP_USER
    WEF国家競争力ランキングで韓国15位…日本は?
    2018年10月17日08時57分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    世界経済フォーラム(WEF)が付けた国家競争力ランキングで韓国が140カ国の中で15位となった。WEFは今年から評価方式を改編した新しい指数を適用したが、これを反映すれば昨年(17位)より2ランク上昇した。

    WEFはこのような内容を盛り込んだ「国家競争力評価結果」を17日(現地時間)、発表した。

    2004年29位だった韓国は2007年に11位まで上昇したが、2009年19位、2011年24位、2013年25位に下落傾向を見せ、2014~2017年には4年連続で26位にとどまった。今年のランキングを昨年と単純比較すると、11ランクも上がった。だが、WEFが4次産業革命のような経済環境の変化を考慮して評価方式を改編したため、単に時間順に比較するのは無理があるというのが企画財政部の説明だ。

    WEFは基本要因・人的資源・市場・革新生態系の4大分野、12部門、98細部項目に対して統計資料および質問を通じて順位を付けた。

    韓国の強みについてWEFは「これまでのマクロ健全性への管理努力、積極的な情報通信技術(ICT)およびインフラ投資・普及、革新成長の推進などに力づけられて基本要因と革新力量など主な部門で世界最高水準の競争力を備えたと評価する」と明らかにした。

    実際、基本要因を構成する3部門のうちICTの普及とマクロ経済の安定性は1位を占めた。残りの部門であるインフラも6位と評価された。革新力量も8位と高い水準だった。細部項目の中ではインフレーション、公共部門負債の持続可能性、光ケーブルのインターネット加入者数、電力普及率などが1位になった。

    一方、WEFは独占・寡占と労働市場を韓国の弱点と指摘した。実際、12部門別ランキングのうち生産物市場(67位)の順位が一番低かった。独占・寡占の水準(93位)、関税の複雑性(85位)などが競争力の順位を下げた要因だった。労働市場分野も48位にとどまった。特に、労使間協力(124位)、リストラの費用(114位)、労働者の権利(108位)などは下位圏と評価された。

    2016年ウガンダより順位が低くて衝撃を与えた金融部門は今年大きく上昇した。2017年旧指数の金融市場の成熟は74位だったが、2018年新指数の金融システムは19位に上昇した。政府関係者は「アンケート調査の比重を減らし、客観的な指標を多く反映した結果とみている」と話した。

    全体140カ国の中で1位は米国だ。シンガポールとドイツがそれぞれ2、3位にのぼった。韓国の競争力はアジア諸国の中では5位、経済協力開発機構(OECD)の中では12位となった。

    今回の評価について企画財政部は「韓国経済の持続可能な成長と脆弱な部門の補完に向けて所得主導成長と革新成長を両立する包容的成長が必要だ」として「所得分配や両極化問題、階層移動の断絶など、経済と社会の体質を改善する所得主導成長への努力が重要だ」と明らかにした。

    また「経済・社会すべての部門を革新して生産性・効率性を高める供給の側面の革新成長も加速化する必要がある」として「規制革新の速度感・体感度を高め、生産物市場の躍動性を向上させ、革新マインドの拡散および企業家精神の高揚に重点を置いて企業の投資・雇用などを密着支援していく」と説明した。

    https://japanese.joins.com/article/138/246138.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【話題】国家競争力ランキングで韓国15位…日本は5位

    【【話題】国家競争力ランキングで韓国15位…日本は5位 】の続きを読む

    このページのトップヘ