まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ランキング

    1: まぜるな!キケン!! 2022/04/21(木) 18:40:23.44 ID:CAP_USER
    ホテル検索エンジンHotelsCombined(ホテルズコンバインド)が、ワーケーション(レジャーとリモートワークを併せた休暇)を希望する人が増えていることを受けて、リモートワークと旅行に最適な国ランキングを発表しました。同ランキングによると、世界全体では「ポルトガル」が、アジア太平洋地域に限定すると「日本」が第1位に選ばれました。

    ランキングは111か国を対象に調査。旅費とアクセスの良さ、現地の物価、健康と安全、リモートワーク、ソーシャルライフ、気候の6つのカテゴリーにまたがる22項目のデータを分析し、ワーケーションに最適な国のランク付けをしたといいます。

    「日本」は「シンガポール」(27位)、「韓国」(63位)、「中国」(85位)などの国々を抑え世界第5位に、アジア太平洋地域で第1位となりました。文化的な観光スポットや外出先が充実していることで、ソーシャルライフ部門で非常に高い評価を得たといいます。

    また、政治的安定性と交通事故の少なさから、健康・安全部門でも上位を獲得。デジタルノマド(ITを活用し国内外を旅しながら働く人)にとって重要な要素であるインターネット接続の品質が世界最高水準であることなどが、リモートワーク部門においても上位にランクインした決め手となったそうです。

    世界第1位となった「ポルトガル」は、気候の良さ、豊富な外出先、治安の良さ、物価が比較的安いなど、すべての項目で高得点を獲得し、総合的に世界で最もリモートワークしやすい国としてランクインしました。ポルトガルにはデジタルノマドビザもあり、高い英語力を持つ現地の人が多いことも、海外で働く人たちを惹きつけているといいます。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/d3001a0380a254b2e59e870b1868d9a7eb5cc21c

    引用元: ・海外からリモートで働くのに最適な国ランキング 日本5位、韓国63位、中国85位 [4/21] [昆虫図鑑★]

    【韓国はIT強国なんだろ - 海外からリモートで働くのに最適な国ランキング 日本5位、韓国63位、中国85位 [4/21] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/12(日) 10:59:37.08 ID:CAP_USER
    9/11(土) 8:35配信
    ねとらぼ

     今回は、国際機関・OECD(経済協力開発機構)が公開しているデータから、「男女の賃金格差が大きい国」をランキング形式で紹介します。男女の格差是正が世界的に重要な課題となっている昨今、各国の賃金格差はどうなっているのでしょうか。

     OECDによれば、男女間賃金格差は「男性所得の中央値に対する男性と女性の所得中央値の差」として定義されています。取り上げるのはフルタイム労働者の男女賃金格差で、直近でほぼすべての国のデータがそろっている2018年のデータを参照します。なお、値は小数第2位で四捨五入しています。

    (出典:OECD Statistics)

    ●第2位:日本

     第2位は日本。男女の賃金格差は23.5%です。2000年以降、30%オーバーを記録し続けていましたが、少しずつ改善されていき、2009年には28.3%で30%を下回りました。以降も徐々に改善傾向にあり、2020年には2000年以降で最も低い22.5%まで改善しています。それでも世界的に見ると、まだ高い値となっています。

    ●第1位:韓国

     第1位は韓国でした。男女の賃金格差は34.1%となっています。2000年には41.7%と高い値を記録していましたが、徐々に状況が改善されていき、2004年には39.6%で40%を下回りました。その後も年々改善傾向にあり、直近の2020年には31.5%まで下がっています。少しずつ状況は良くなっていますが、他国と比べるとまだ格差は大きいです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc77b87d6f87af95dc6c056ac60b1c9f3cf4033e

    引用元: ・【国際】「男女の賃金格差が大きい国」ランキング 1位は韓国 [動物園φ★]

    【流石、男尊女卑の国!【国際】「男女の賃金格差が大きい国」ランキング 1位は韓国 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/25(水) 17:17:03.52 ID:CAP_USER
    https://www.recordchina.co.jp/b881400-s25-c30-d0195.html

    2021年8月24日、韓国・ニュース1は「コペンハーゲンが世界で最も安全な都市1位。東京は5位、ソウルは?」と題する記事を掲載した。

    記事は、米CNBCの報道を引用し、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)による「世界で一番安全な都市」調査で、コペンハーゲン(デンマーク)が82.4点を獲得し1位を記録したと伝えた。EIUはデジタルセキュリティー、インフラ、健康、プライバシーセキュリティー、環境の5カテゴリー・76指標を分析し、100点満点で評価。60位までを発表している。

    調査は2年に1度行われる。2位はトロント(カナダ、82.2点)、3位はシンガポール(80.7点)、4位はシドニー(豪州、80.1点)だった。

    2019年の調査では1位だった東京は5位(80.0点)に転落した。デジタルセキュリティー20位、プライバシーセキュリティー16位、環境13位と振るわなかったが、健康とインフラ(それぞれ1位、5位)は高い点数を獲得したと、記事は詳しく伝えている。

    ソウルはデジタルセキュリティー31位(62.1点)、健康6位(81.1点)、インフラ20位(83.0点)、プライバシーセキュリティー22位(69.9点)、環境33位(72.9点)の総合73.8点で25位に入ったという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「日本が健康で1位だと?」「デジタルセキュリティーも韓国よりずっと高い。いまだに印鑑とファクスを使ってるのに」「どうして日本が5位?。コロナは除外しても、放射能汚染のことは知らないのか?」「東京が5位なら韓国は当然4位でしょ」「この調査にも(日本は)お金を出してるんじゃないの?」など、日本の順位を不満に思うコメントが多数寄せられている。

    また、「韓国は北の人たちのせいで絶対に上位には入れないんだよ」「自分で経験したけど、ソウルは夜の女の一人歩きは不安。東京は全くそんなことはない。東京のほうが確かに安全な都市だ」「みんなクッポン(極端な愛国主義)がひどいな。毎日ひどいニュースが流れてるのに、なぜ(韓国が)安全だと思うのか」「毎日のように暴行、殺人のニュース。安全な場所ではないよね」などの意見も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

    引用元: ・【ヘイト】世界の安全な都市ランキング、東京は5位 韓国ネットは不満に思うコメントが多数「放射能汚染のことは知らないのか?」[08/25] [ろこもこ★]

    【ランキング依存症 【ヘイト】世界の安全な都市ランキング、東京は5位 韓国ネットは不満に思うコメントが多数「放射能汚染のことは知らないのか?」[08/25] [ろこもこ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/12(月) 10:17:01.12 ID:CAP_USER

    引用元: ・【国際】ソフトパワーランキング2021発表 日本2位 韓国11位 [動物園φ★]

    【日本に粘着して嫌がらしてくる【国際】ソフトパワーランキング2021発表 日本2位 韓国11位 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/03(木) 12:22:32.08 ID:CAP_USER
    サムスン電子が時価総額基準で全世界の上場企業のうち15位、半導体企業の中では台湾TSMCに続いて2位ということが分かった。

    昨年より時価総額の規模は大きくなったが、TSMCとの格差は大きく広がったことが分かった。

    2日、世界的な会計コンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が公開した「世界時価総額ランキング2021のトップ100社」のリストによると、サムスン電子は時価総額4310億ドル(約47兆2500億円)で15位にのぼった。韓国企業の中で100大企業に選ばれた会社はサムスン電子が唯一だ。

    このリストは、米国ブルームバーグ通信とPwCが3月31日を基準に世界株式市場に上場された企業の中で時価総額上位100社を選んだものだ。サムスン電子の時価総額は4310億ドルで、昨年2340億ドルより84%増えた。

    全体の上場企業の中で時価総額の規模が最も大きい会社は米国アップル(2兆510億ドル)だった。昨年1兆1130億ドルより84%増加した。2位はサウジアラビアの資源開発会社アラムコ(1兆9200億ドル)だった。続いて、米マイクロソフト(1兆7780億ドル)、米アマゾン(1兆5580億ドル)、米アルファベット(1兆3930億ドル)などが時価総額1兆ドルを超えたことが分かった。

    半導体専門会社の中では世界1位のファウンドリ(委託生産)企業である台湾TSMC(5340億ドル)が11位に時価総額が最も多かった。昨年2350億ドルより127%増加した。その後をサムスン電子、エヌビディア(3310億ドル)、インテル(2610億ドル)、ASML(2550億ドル)が追い上げている。

    サムスン電子とTSMCの時価総額の格差は1年前より大きくなった。昨年両社の時価総額の格差は10億ドルだったが、今年は1030億ドルに広がった。わずか2年前にはサムスン電子がTSMCを107億ドル以上リードした。

    TSMCは昨年下半期から始まった半導体の供給不足以降、価値が高騰している。反面、サムスン電子は李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の拘束と米オースティンファウンドリ工場のシャットダウンという悪材料が重なり、最近コスピ市場で株価が8万ウォン(約7900円)台前後を推移している。

    今年世界100大企業の時価総額を合算すれば、31兆7400億ドルで前年より48%増加した。PwCは報告書を通じて「今年は新型コロナにともなう景気低迷を回復しただけでなく、歴史的な最高記録を更新した」と明らかにした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/202ce7ea47b4280fc17f25c0644cf42032f4b051

    引用元: ・【経済】サムスン電子、世界時価総額ランキングで15位…半導体企業ではTSMCにリードされ[6/3] [首都圏の虎★]

    【どんどん下がるよー 【経済】サムスン電子、世界時価総額ランキングで15位…半導体企業ではTSMCにリードされ[6/3] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    このページのトップヘ