まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ライバル

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/01(金) 10:32:55.08 ID:CAP_USER
    グローバル鉄鋼業界のライバルであるポスコと日本の新日鉄株式住金の株価の動きが韓日両国の証券市場で異なる様相を見せている。

    中国発の構造調整の効果で鉄鋼業界の状況が改善されている中、最近3年間続いた苛酷な構造調整により競争力を回復したポスコは恩恵を受けている。

    新日鉄株式住金は鉄鋼業界の新たな成長動力として浮上した自動車用鋼板市場での主導権の喪失、収益性悪化などの余波のため今年に入り株価が低迷する流れが見られる。昨年の粗鋼生産量基準ではポスコは世界5位(4219万トン)、新日鉄株式住金は4位(4571万トン)を記録した。

    ◇「下半期も鉄鋼業界の好調持続」

    31日、石油証券市場でポスコは6500ウォン(約638円、1.93%)上がった34万3500ウォンで取引を終えた。ポスコは6月下旬から本格的に右肩上がりとなり、下半期に入って19.68%上がった。中国の供給過剰の余波にともなう産業構造調整などの要因で、昨年1年間のグローバル鉄鋼業種の株価は「底」を打った。

    しかし、中国政府の供給規制の効果が出始めたうえに、グローバル景気回復で需要が増加し、雰囲気が反転した。グローバル鉄鋼価格のベンチマークと言える中国の熱延価格は今年1年で約10%上がった。

    業界状況好調は実績改善につながった。ポスコは今年4-6月期に9791億ウォンの営業利益を出した。昨年同期比で44.3%増加した規模だ。証券会社はポスコが7-9月期に1兆ウォンを越える営業利益を上げるものと見通している。

    新日鉄株式住金も実績は悪くなかった。今年4-6月期に665億円の営業利益を出し、黒字転換に成功した。昨年同期は73億円の赤字を出した。

    年末までの業界状況の展望も明るい。中国政府は下半期中に環境汚染物質の排出許可制を施行する予定だ。環境浄化施設が備わっていない鉄鋼設備の退出が追加で行われるものと見られ、供給が減少するだろうという展望が力を増している。中国政府は今年約5000万トンの鉄鋼生産設備を減らす計画を立てている。

    インフラ投資の拡大で鉄鋼の需要も増加している。ミレアセットのイ・グァンジェ待遇研究員は「中国が当分鉄鋼業種に対する構造調整基調を交換しないようだ」とし、「供給と需要の両面で肯定的要因が維持されるだろう」と話した。

    ◇収益性が二分した株価

    業界状況の好調にともなう実績改善にもかかわらず、今年の新日鉄株式住金は東京証券取引所で0.67%の上昇に終わった。今年33.39%上がったポスコとは対照的だ。新日鉄株式住金は31日2624.5円で取引を終えた。

    新日鉄株式住金が力を発揮できない要因としては収益性不振がまず挙げられる。昨年営業損失を出した新日鉄株式住金は4-6月期の営業利益率が4.6%に過ぎず、競争会社のポスコ(6.1%)に遅れをとった。ポスコは昨年グローバル鉄鋼企業の中で最も高い10.8%の営業利益率を記録した。

    新日鉄株式住金の収益性の改善速度が遅いのは急成長中の自動車鋼板など高付加価値製品の生産比重が相対的に低いためと分析される。新日鉄株式住金の鉄鋼販売量全体で自動車鋼板が占める比重は10%水準でポスコ(25%)より低い。

    最大顧客の1つである自動車会社との価格主導権の競争でも押されている。新日鉄株式住金はトヨタとの鉄鋼供給価格交渉の結果により、最近自動車鋼板の価格を引き下げた。これが悪材料として作用し、株価も調整された。

    一方ポスコは、構造調整過程で付加価値の高い製品中心の生産・販売戦略を採択したことにより収益性と健全性が大きく改善された。ポスコの韓国内の系列会社は一時71社まで増えていたが、2014年の権五俊(クォン・オジュン)会長就任以来、売却や合併などを経て今年3月末基準で38社に整理された。

    2014年末に88.2%だった負債比率は今年4-6月期末基準で69.6%に減った。2010年以降で最も低い比率だ。イ研究員は「ポスコは構造調整などを通して業界状況改善にともなう肯定的影響を十分に受けることができる土壌を作った」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/931/232931.html
    http://japanese.joins.com/article/932/232932.html

    【【脇が甘いお花畑連中のせい】グローバル鉄鋼業界のライバルである「ポスコvs新日鉄住金」回復したポスコ、低迷する新日鉄株式住金】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/02/22(月)15:58:41 ID:897
     米国、中国、日本、ドイツという世界の4大経済大国のうち、世界市場で韓国と最も激しく
    輸出競争を繰り広げているのは日本だという調査結果がまとまった。
    韓国企業と日本企業による最大の輸出激戦地は米国市場であり、
    中国市場では韓国が最大のシェアを維持しているものの、米国の激しい追い上げに直面している。

     現代経済研究院が21日発表した「主要市場での韓国と競争国間の輸出競合度およびシェア分析」
    と題する報告書によると、昨年世界市場では韓国と日本の輸出競合度は58.8ポイントだった。
    韓国と米国、ドイツはいずれも48.8ポイントで、韓国と中国は44.8ポイントだった。

     輸出競合度とは、海外市場でライバル国の輸出構造がどれだけ似ているかを示す指標で、
    指数が100に近いほど、輸出競争が激しいことを示す。

     世界最大の市場である米国市場では、韓国と日本の輸出競合度が61.2ポイントに達し、
    韓国・ドイツ(54.3ポイント)、韓国・中国(36.8ポイント)を大きく上回った。
    世界2位の市場である中国では韓国・日本の輸出競合度が57.5ポイントで、
    世界平均(58.8ポイント)をやや下回った。

    続き 朝鮮日報
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/22/2016022200804.html

    引用元: ・【経済】韓国の輸出、最大のライバルは日本[H28/2/22]

    【だからこっち見んなと【経済】韓国の輸出、最大のライバルは日本[H28/2/22]】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2014/11/10(月) 10:03:41.44 ID:???.net
    2014年11月7日、韓国のインターネット掲示板に「日本人や中国人がライバルだと考える国はどこか?」
    と題するスレッドが掲載され、ほかのネットユーザーが多くの回答を寄せている。


    「日本人は韓国、中国人は米国。日本人は『韓国はライバルじゃない』と言いながら、日本のネット上には韓国の悪口が溢れ、
    嫌韓デモが広がっている。日本人たちも認めざるを得ないんじゃない?日本人にとって中国はライバルではなく、『避けたい存在』」

    「日本人のライバルは中国、中国人のライバルは米国」

    「分野によって違うんじゃない?国民の感情で言うと、日本人は韓国。中国人は日本か米国」

    「日本人が心で思うライバルは韓国で、頭で考えるライバルは中国。中国のライバルは米国かな?
    中国人にとって日本はライバルではなく『いつか消さなければならない昔の敵』」

    「両国とも韓国を尊敬していて、ライバルだと思っている。韓国は日本や中国よりも発展していて、民度も高いから」

    「日本人が韓国をライバルだと思っているのは確か。そうじゃなきゃ、ここまで執拗に韓国を苦しめない。
    今の嫌韓ブームも、韓国を脅威だと考えている証拠だ」

    「日本がライバル視しているのはドイツ。韓国なんて相手にしてないよ。
    日本と韓国がライバルになれるのは、正直、サッカーと電子分野くらいじゃない?」

    「日本のライバルは昔から韓国。サッカーがいい例で、日本が強国になるために、まず超えなければならない国が韓国だから」


    2014年11月10日 6時30分
    http://www.recordchina.co.jp/a97056.html

    引用元: ・【韓国ネット】「日本人や中国人がライバルだと考える国は?」の疑問に、「日本が超えなければならない国は…」[11/10]

    【考えただけでも吐き気がする。 【韓国ネット】「日本人や中国人がライバルだと考える国は?」の疑問に、「日本が超えなければならない国は…」[11/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ