まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ユーチューバー

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/23(火) 18:32:07.94 ID:CAP_USER
    キッズユーチューバーのボラムちゃん(6)の同族会社が、ソウル江南(カンナム)の95億ウォン(約9億5000万円)台のビルを購入した。

    7月23日、『メイル経済』側はビル仲介業界のコメントを借りて、「“Boram Tube ToysReview”や“Boram Tube Vlog”などのコンテンツを制作する6歳のボラムちゃんの同族会社“ボラムファミリー”が、ソウル市江南区清潭(チョンダム)洞にある5階建てのビルを95億ウォンで購入した」と報じた。


    登記簿謄本によると、ボラムファミリーは去る4月に清潭洞のビルを95億ウォンで購入して単独所有している。敷地面積は258.3平方メートル、1坪(約3.3平方メートル)当たり1億2100万ウォン(約1200万円)に達する。

    彼らが購入したビルは1975年に建てられ、2017年に改装された。現在は美容院やボディケアショップなどとして利用されており、建物全体を賃貸する場合、保証金3億ウォン(約3000万円)、家賃2000万ウォン(約200万円)ほどを受け取ることができる。

    ボラムファミリーがビルを購入した理由は詳細にわかっていないが、法人の事業目的はオンライン情報提供業、デジタルコンテンツの制作と流通業、おもちゃ製造流通業、キッズカフェ関連事業など、さまざまな売買や賃貸業を含めていることがわかった。

    ボラムちゃんのユーチューブコンテンツは、韓国内全体のユーチューブ広告収入で1位を占めるほど、大きな人気を集めているチャンネルだ。

    家族と一緒におもちゃで遊んだり、料理をしたりする何気ない日常が収められており、現在のチャンネル登録数は1750万人以上である。

    米ユーチューブ側の分析によると、「Boram Tube ToysReview」チャンネルの月間平均広告収入は約19億ウォン(約1億9000万円)、2位の「Boram Tube Vlog」は約17億8000万ウォン(約1億7800万円)程度と推定される。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16817711/

    引用元: ・【韓国】6歳のユーチューバーが9億円のビルを購入…スゴすぎる収入はどのくらい?[07/23]

    【胡散臭ぇなwww 【韓国】6歳のユーチューバーが9億円のビルを購入…スゴすぎる収入はどのくらい?[07/23] 】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/07/11(火) 15:29:47.01 ID:CAP_USER
    動画投稿サイト「ユーチューブ」で韓国文化をテーマに活動する世界各国の有名人が韓国に集結する。

    韓国文化産業交流財団は11日、同日から19日まで9日間の日程でソウル、全州などに12カ国15人の韓流専門クリエーターらを招待し、「2017海外オンラインオピニオンリーダー招請事業 Korea Joa」イベントを開くと伝えた。

    今回のイベントは、昨今有力な韓流拡散プラットフォームとして浮上したオンライン空間で影響力を発揮する各国のオピニオンリーダーらに対し、韓国文化を直接体験し、深く取材する機会を提供するために準備された。

    イベントの趣旨に合わせ、Kポップアイドルのメーク講座、韓国料理の食事風景の中継など新たな韓流コンテンツの制作者として注目されるクリエーターの特色を生かした多彩なプログラムが実施される。

    訪韓するクリエーターらはイベント期間にソウルと「2017全羅北道訪問の年」を迎えた全羅北道・全州などを回り、さまざまな観光地で映像コンテンツを制作し、紹介する予定だ。

    また、総合コンテンツ大手のCJ E&Mが主催するクリエーター祝祭「ダイアフェスティバル」にも参加する。

    韓国文化産業交流財団の関係者は「全世界の韓流ファンにさらに新鮮で多彩な素材の韓流コンテンツを届ける機会になると期待する」と述べた。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/11/2017071101672.html

    引用元: ・【韓国】韓流文化を世界へ 海外(韓流専門)ユーチューバー招きイベント[7/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【金ドブに捨ててるだけじゃん 】韓国文化産業交流財団、ユーチューバー招き、韓流文化を世界へ紹介するイベント】の続きを読む

    このページのトップヘ