まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:モデルナ

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/06(月) 08:36:05.39 ID:CAP_USER
    米製薬会社モデルナがまた約束を破った。モデルナは5日までに新型コロナワクチン701万回分を供給することを約束していたが、実際に届いたのは420万回分にとどまった。

    一足遅れで6日に255万回分が追加供給されることになったが、約束した量から考えるとまだ25万回分足りない。

    モデルナのワクチン供給問題は今回が初めてではない。あらかじめ備えておかなければならない接種計画に支障を来してしまう、と懸念する声が上がっている。

    新型コロナウイルス予防接種対応推進団は5日、「モデルナの新型コロナワクチン126万3000回分が午後4時25分ごろ、仁川国際空港に到着する」と明らかにした。

    今回届くワクチンは50代の2回目接種や18-49歳の1回目・2回目接種などに使われる予定だ。

    モデルナは先月6日、ワクチン生産関連実験の問題で、8月の韓国への供給量850万回分のうち、半分以下しか送れないと通知してきた。

    これに対して政府は、米モデルナ本社に代表団を派遣して抗議し、その結果、今月5日までに701万回分を韓国に供給するという約束を取り付けたが、これも結局守られなかったということだ。

    モデルナのワクチンは先月23日の101万8000回分、今月2日の102万1000回分、同3日の90万5000回分に続き、5日到着分まで合わせれば420万7000回分が届いている。

    当初予定の701万回分から280万回分少ないが、政府は5日午後、再び「6日午後2時40分ごろ、255万2000回分が追加で到着する予定だ」と明らかにし、状況が好転した。

    モデルナのワクチン供給問題はこれまでにもあった。当初、今年4-6月期から4000万回分供給される予定だったが、実際には、4-6月期がほぼ終わる6月になってようやく11万2000回分届いた。

    7月中旬に届くことになっていたワクチンも7月下旬、7月下旬予定のものは再び8月に先送りになった。

    専門家の間で「モデルナはファイザーとは違い、規模が大きくないベンチャー製薬会社なので、供給が予定通りにできない可能性があることを考慮して接種計画を立てるべきだ」との懸念が常にあるのも、このためだ。

    ただし、防疫当局はこれまでに届いたワクチンだけでも接種計画に支障はないという見解を持っている。

    当局は同日、「現在届いているワクチンの量でも18-49歳の接種は国民が予約した日程で接種可能だ」「微視的な供給支障まで問題視して(モデルナに)謝罪を要請する考えはなく、9月の供給を安定させるため緊密に協議する予定だ」と明らかにした。


    2021/09/06 08:01/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/06/2021090680008.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/06/2021090680008_2.html

    引用元: ・【ワクチン】 また約束を破った米モデルナ…韓国向け供給25万回分不足 [09/06] [荒波φ★]

    【約束の意味知らないくせに 【ワクチン】 また約束を破った米モデルナ…韓国向け供給25万回分不足 [09/06] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/30(月) 08:14:36.17 ID:CAP_USER
    今月に入って供給された米モデルナ社の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンは、当初の8月供給予定量(850万回分)の4.2%水準に過ぎないことが分かった。

    韓国政府は来月5日までに600万回分のモデルナワクチンを追加供給予定と発表したが、この物量がすべて供給されても、8月に計画物量の一部に不足が生じる。不足分は改めて9月物量に含める必要がある状況だ。中央防疫対策本部の「ワクチン導入の現状と計画」(8月2日現在)を見ると、モデルナワクチンは8月中に1046万回分が供給される予定だった。

    本来、8月供給分850万回分に7月の不足分196万回分を加えた規模だ。当初の計画通りなら、7月に300万回分が供給されるはずだったが、欧州地域の生産に支障が出た影響により、104万回分のみ導入された。この余波は8月まで続いた。

    ところが、モデルナは今月6日、韓国政府に8月物量の半分以下のみ供給可能と通知した。これを受け、韓国政府はモデルナ本社に代表団を送って抗議し、物量供給日程を協議した。代表団は帰国後、「8月の供給量追加と、9月の早期供給」を活動の結果として発表した。

    しかし、今月に入って29日までに供給された物量は232万1000回分にすぎない。ここから7月分の繰越量(196万回分)を差し引けば、実際の8月供給量はわずか36万1000回分だ。当初の8月予定分(850万回分)の4.2%水準だ。生産に支障が生じた後、本来予定された物量の半数(425万回分)のみ供給すると通知した物量についても8.5%しか守れなかったことになる。

    政府は来月5日までに600万回分が追加供給予定だと明らかにした。この物量が全て供給されると仮定しても、当初の8月に計画より213万9000回分少ない。

    600万回分の供給予定もまだ確実ではない。中央事故収拾本部は29日、「(モデルナワクチンの)供給日程はまだ協議中」とし「確定すれば、案内する」と述べた。26日、18~49歳のワクチン1次接種が本格的に始まった。もし、モデルナの8月不足分を含む、9月物量供給に支障が出たら、10月2次接種計画が狂う可能性がある。18~49歳の接種対象者は1492万6769人で、接種予約者は1021万8666人と確認された。国内のワクチン残余量は29日現在、ファイザー320万回分、モデルナ139万6100回分だ。ファイザーは、毎週水曜日に決まった量が順に導入されている。更にモデルナ600万回分まで供給されれば、18~49歳の1次接種量には当面は大きな無理はないものと見られる。しかし、モデルナは9月の需給状況によって、10月の18~49歳の2次接種には支障をきたす可能性がある。

    政府関係者は、「モデルナが7-9月期まで供給することにした物量を(18~49歳の)2次接種に用いることができる」とし「ワクチン需給状況に応じて対処していく」と述べた。


    https://japanese.joins.com/JArticle/282374?servcode=400§code=400

    引用元: ・【中央日報】モデルナ、8月予定分の4.2%のみ供給…韓国、2次接種計画に狂いのおそれ [8/30] [昆虫図鑑★]

    【最初から嘘だったのかもな 【中央日報】モデルナ、8月予定分の4.2%のみ供給…韓国、2次接種計画に狂いのおそれ [8/30] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/21(月) 14:19:22.91 ID:CAP_USER
    (翻訳)

    米国のバイデン政府は19日(現地時間)、台湾にモデルナワクチン250万回分を送ったと明らかにした。 これは当初、米国が台湾への支援を約束した新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン75万回分の3倍を超える。

    最近、中国から政治的、軍事的圧迫を受ける台湾を支援する意図とみられるとロイター通信は伝えた。

    台湾に支援したワクチンは、バイデン大統領が先月、全世界に無償供与すると発表したワクチン8000万回分から出た。 米国が今月初め、韓国に送ったヤンセンワクチン100万回分と同じだ。

    ただし、韓国では1回接種する「ウイルスベクター」方式のヤンセンワクチンを、台湾では2回接種するメッセンジャー・リボ核酸(mRNA)方式のモデルナワクチンを提供した事が違う。

    米国が台湾に送ったワクチンは125万人分で、台湾の全人口2300万人の約5%が接種できる。

    先に米国が韓米首脳会談後、韓国にワクチンを寄付すると発表した時、韓米外交街ではファイザーまたはモデルナワクチンを与えるという期待感があったが、韓国にはヤンセンワクチンを提供した。

    米国は最近、メキシコにもヤンセンワクチン130万回分を送った。 国別に支援するワクチン種類が異なる理由を米国は説明しなかった。

    ネッド・プライス国務省スポークスマンはTwitterを通じ「私たちが寄付したワクチン250万回分が台湾に向かっている」とし「米国と台湾の保健パートナーシップは全世界の人の命を救った」と投稿した。

    米政府高官は、モデルナワクチンを積んだ台湾の中華航空機が19日、テネシー州メンフィスから出発しており、台湾現地時間20日午後、台北桃園国際空港に到着する予定だと伝えた。

    米国の台湾庇護は、中国の台湾圧迫を念頭に置いたようだ。 中国は台湾に中国産ワクチンを提供すると繰り返し圧力をかけたが、台湾は安全問題を理由にこれを拒否した。

    米政府当局者は「(台湾は)世界市場でワクチンを確保する努力の中、不当な挑戦を受けた」と述べた。 台湾がワクチンの入手に困難をきたし、米国が助けたという趣旨だ。 台湾は現在まで、1回以上のワクチン接種者が人口の6%に過ぎない。

    ロイター通信は、台湾がドイツのバイオエンテックからワクチンを購入することにした契約が今年白紙になったが、台湾政府は中国の圧力のためだったと主張していると伝えた。

    中国はこれを否定している。 中国、香港、マカオ、台湾にバイオエンテックワクチンを販売する権限を持つ中国の製薬会社 "上海復星医薬(Shanghai Fosun Pharmaceutical)グループ" から台湾はワクチンをいくらでも購入できると主張する。

    米政府当局者は「中国が政治的目的のために購買を阻止しようとするこうした試みは、非難されて当然だ」と述べた。

    半導体生産基地としての台湾の地位が反映された可能性もある。 台湾は、米国の自動車メーカーなどの製品生産に欠かせない半導体チップなどの戦略物資核心生産国だ。

    米国はコロナ19の影響で半導体供給が円滑でなく、自動車メーカーが工場の稼動を停止する事態を経験した後、供給網の安定を国家の課題として推進している。

    米国は今月初め、台湾を訪問したタミー・ダックワース上院議員ら代表団を通じて、ワクチン75万回分の提供を約束した。 米議員代表団が軍戦略輸送機に乗って台湾を訪問すると、中国は「一つの中国」原則に対する挑戦とし「悪辣な政治的挑発」と反発した。

    15日、中国空軍戦闘機と爆撃機28機が台湾の防空識別圏に進入し、両国間の緊張が高まった。 台湾国防部がADIZで中国空軍の軍事活動を報告し始めて以来、最大規模だった。

    主要7ヵ国(G7)が首脳会議の共同声明で、台湾海峡の平和と安定を促した直後に発生した。

    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&;;mid=sec&sid1=001&oid=025&aid=0003111249

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1624243745/


    引用元: ・【韓国メディア】韓国にヤンセン100万回分をくれた米国、台湾にはモデルナ250万回分を送った ★3 [6/21] [昆虫図鑑★]

    【感謝ができず威張ってる物乞い【韓国メディア】韓国にヤンセン100万回分をくれた米国、台湾にはモデルナ250万回分を送った ★3 [6/21] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/23(日) 23:51:04.51 ID:CAP_USER
    サムスンバイオロジックスとモデルナは22日、コロナ19メッセンジャーリボ核酸ワクチン(mRNA-1273)の
    委託生産契約を締結したと23日、明らかにした。中略

    今回の契約に基づいてサムスンバイオロジックスはモデルナワクチンの技術移転にすぐ着手して
    第3四半期から米国以外の市場へ数億回分量のワクチンの無菌充填・ラベリング・包装などを本格的に開始する予定である。中略

    今回の契約に基づいて、サムスンバイオロジクスは、海外で生産されたモデルナワクチン原液を国内で充填して生産することになった。以下略

    https://fizpwevy6ty7sqghhaskoop26q-ac4c6men2g7xr2a-news-naver-com.translate.goog/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0004906962

    まえスレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1621770656/

    引用元: ・【ワクチン瓶詰めハブ】韓国、モデルナの委託でワクチン原液の瓶詰めと瓶の包装を担当へ ★6 [動物園φ★]

    【機械だけでできそうな仕事だなw 【ワクチン瓶詰めハブ】韓国、モデルナの委託でワクチン原液の瓶詰めと瓶の包装を担当へ ★6 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/14(水) 17:02:13.33 ID:CAP_USER
    2021年4月13日、韓国・マネートゥデイは、米モデルナの新型コロナウイルスワクチンを韓国内で製造できる可能性が「希薄になった」と報じた。韓国内生産の必要十分条件である技術移転が早期に実現できない見通しだとしている。

    記事によると、昨年末、モデルナのバンセル最高経営責任者(CEO)が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話で会談した際に同社製ワクチンの委託生産を提案してきたと伝えられ、韓国内ワクチン生産への期待が膨らんだ。しかし「技術移転の壁」が立ちはだかり、その期待がしぼんだ状態だという。記事は「製薬、バイオ業界の反応を総合すると、米ファイザーとモデルナのワクチンを韓国内で製造できる余地は、現時点ではかなり低い」と伝えている。

    業界関係者によると、「モデルナの技術移転の壁は鉄壁に近い」といい、全体的な技術移転と版権はもちろん、完製工程(生産したワクチン溶液を注射器などに充てんする過程)水準の委託に必要な技術移転についても消極的だと言われているという。モデルナのmRNAワクチンは米国でも基幹未来産業技術に分類されているだけに、「技術移転は容易ではない」というのが業界の見方だ。

    また、「モデルナ側がまだ韓国のmRNAワクチン生産能力を信頼していない」との声も上がっている。韓国の製薬会社にもmRNAワクチン技術が皆無なわけではないが、業界内でも「技術が深く熟成していない」との指摘が出ているという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国がワクチン供給源になる、ワクチンの確保をしなくても大丈夫、と騒いでいた皆さん、どこ行った?」「モデルナとしては、ワクチン技術をただ与えるのは嫌で当然だ」「言うまでもなく、お金の問題でしょ」「モデルナとしては、中国もインドも韓国も、同じ下請け業者の扱いだということ」「韓国にはまだそれだけの技術がないというんだから仕方ない」などの声が寄せられている。

    また、「ワクチン確保もできない国(泣)」「K-防疫の主役の政治家の皆さん、ワクチンも早く作ってください」「ショータイムばかり、詐欺師大統領」など政府への不満の声も多く上がっている。(翻訳・編集/麻江)

    Record China    2021年4月14日(水) 16時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b874878-s25-c100-d0195.html

    引用元: ・【お通夜】期待されていた米モデルナワクチンの韓国内生産、技術移転の壁で実現ならず?=韓国ネット落胆…[4/14] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【いつものふかしだったのか 【お通夜】期待されていた米モデルナワクチンの韓国内生産、技術移転の壁で実現ならず?=韓国ネット落胆…[4/14] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ