まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ムン・ヒサン

    1: まぜるな!キケン! 2019/03/10(日) 20:38:58.45 ID:CAP_USER
    文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の発言が議論を呼んでいる。

    女性新聞は8日、文議長が国際女性デー記念行事で性差別的発言をしたと報道した。

    韓国女性団体協議会は8日、ソウルの国会図書館で国際女性デー記念行事を開催した。この日の行事で祝辞を担当した文議長は、作成された祝辞の朗読に先立ち即興発言をした。

    文議長は「最近恨めしいのが男だ。50歳を超えた男たちに最も必要なものが何か聞いてみなさい。1番目は妻、2番目は妻、3番目がワイフ、4番目が家内、5番目が子どものママだ」と話した。

    同紙は文議長が崔錦淑(チェ・クムスク)韓国女性団体協議会長の「政治、経済、社会の50%は女性でなければならない」という発言に言及した後、「50、50、50を足せばすでに150(%)を超えた」という発言をしたとし、強引な算法で男女平等社会実現要求を希釈するかのような発言をしたと指摘した。

    その上で国民の半分である女性の同等な代表性と参加機会の保障要求に対しむしろ男女平等を超え女性優位時代であることを強調しようとする意図と読み取れると評価した。

    また、文議長は「最近は娘2人に息子1人なら金メダル、娘だけ2人なら銀メダル、娘1人息子2人なら銅メダルだという」と話した。

    女性新聞は、文議長が中年男性の体験する困難を女性のせいにするような発言をするかと思えば、ジェンダー感受性が欠如した時代錯誤的認識をそのまま表わしたものと指摘したりもした。

    一方、文議長はこの日の祝辞で「女性は社会を構成する半分の存在だ。男女平等問題は何より重要な国家的課題として扱われなければならない。女性という理由で差別を受けず、仕事と家庭が両立できる社会が早く来るよう国の積極的な役割が必要だ」と強調した。

    この日行事は世界女性デーに合わせ韓国女性団体協議会が主催し、「女性と経済」を主題に進められた。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<文喜相国会議長、国際女性デー行事での性差別的発言で議論呼ぶ>
    https://japanese.joins.com/article/068/251068.html

    引用元: ・【文喜相】 ムン・ヒサン国会議長、国際女性デー行事での性差別的発言で物議[03/10]

    【子孫まで永遠に土下座な 【文喜相】 ムン・ヒサン国会議長、国際女性デー行事での性差別的発言で物議[03/10] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/25(月) 23:22:53.68 ID:CAP_USER
    近くて遠い国、日本との関係が悪化の一途だ。最大の問題は韓日関係を政略的に利用する安倍晋三日本総理とこのような戦略を変えようとしない自民党にある。それでも安倍政権の支持率はコンクリート防壁のように崩れない。日本人たちは安倍政権の失政を批判しながらも強制徴用判決、従軍慰安婦問題、哨戒艦レーダー波紋などで強硬対応で一貫している安倍総理を肯定的に評価する。
    (中略:経緯)

    望ましい韓日関係のためには日本の率直な反省と謝罪が何より重要だ。不幸な過去は傷を与えた加害者より被害者の記憶にはるかに長く残るからだ。だとしても大乗的次元で韓国政府は韓日関係回復に出なければならない。安倍政権の力量が不足してふらつくならば私たちが先に葛藤深化から抜け出す解決方法を探さなければならない。韓日葛藤が両国国民間の感情的争いに飛び火する時まで放置してはいけない。隣り合った両国が国際世論戦を展開して互いに相手を非難するのも不幸なことだ。

    安倍政権は軍国主義時代の植民地支配に対する反省と謝罪を促した日本の進歩知識人226人の声に耳を傾ければ良い。頼むから一度だけでも被害者の立場から韓日関係を眺めよ、という意味だ。特に日本政府は両国関係の発展に逆行する非外交的発言を慎むべきだ。強制徴用賠償判決の解決法は日帝強制占領期の不幸な歴史で苦痛を受けた被害者の傷を治癒しなければならない、という基本方針の上で冷静に摸索されなければならない。

    立場を変えて考えろという言葉は私たち自らにも頼もうと思う。日帝強制支配期でない今日の日本に暮らす日本人の見解で私たちを眺める必要がある。慰安婦問題解決次元で日王の謝罪に原則的に言及したムン・ヒサン国会議長の発言が私たちの側からすれば、すがすがしいことでもあるが、解釈により天皇を神聖視する日本人の怒りを呼びかねない。日本人たちがムン議長発言の全体脈絡を読まずに日王の謝罪要求だけにこだわって怒らないようにするのも私たちの技術だ。日本国民が韓日関係の政略的利用を自ら遮断できるようにしなければならないということだ。

    幸い両国は昨年末、外交当局間の局長級協議で徴用賠償判決問題が両国関係に及ぼす悪影響を最小化し緊密にコミュニケーションしなければならない、という点で両者が共感したという。韓日両国外交長官も電話通話で韓日関係の未来指向的発展のために努力して行くことにした、というニュースだ。

    強制徴用賠償判決は国際法上非常に敏感な懸案であり、被害者の普遍的人権問題にも該当するだけに一喜一憂する対応は自制しながら両国が緊密にコミュニケーションをとって真剣に解決方法を探すならば関係回復は不可能ではないと見られる。

    チェガル・デジョン/編集局長
    no title


    ソース:全南道民日報(韓国語) [編集局で]未来指向的韓日関係確立のための苦言
    http://www.jndomin.kr/article.asp?aid=155350164340176041

    引用元: ・【韓国】 未来指向的韓日関係確立のための苦言~ムン・ヒサン議長の日王謝罪発言、日本人を怒らせない技術が必要だ[03/25]

    【お前らの「望ましい」関係なんか知ったことか 【韓国】 未来指向的韓日関係確立のための苦言~ムン・ヒサン議長の日王謝罪発言、日本人を怒らせない技術が必要だ[03/25] 】の続きを読む

    このページのトップヘ