まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ミサイル

    1: まぜるな!キケン!! 2022/11/16(水) 19:23:05.15 ID:9t6EyChW
    no title

    記念切手の発行を知らせる北朝鮮の朝鮮切手社の資料。日本上空を通過した10月4日の弾道ミサイルに関する説明書きがある(朝鮮切手社ホームページ上の資料をキャプチャー)

    【ソウル=甲原潤之介】北朝鮮が日本列島を通過した中距離弾道ミサイルの発射を記念する切手を発行することが16日、わかった。北朝鮮の朝鮮切手社がホームページ上でデザインを公開した。日米韓に対抗する核戦力が備わっていると市民向けに宣伝する狙いがありそうだ。

    切手シートには金正恩(キム・ジョンウン)総書記が訓練を指揮する様子やミサイル発射の瞬間を撮影した写真が並ぶ。「国家核戦闘武力の現実性と効果、実戦能力を誇示」とのタイトルが入っている。

    説明書きで日本上空を通過した10月4日の弾道ミサイル発射について紹介した。「日本列島を横切り4500キロメートルの太平洋上の目標水域を打撃した」と記されている。

    北朝鮮の朝鮮中央通信は11月16日の論評で、日本が米韓の軍事演習に加担していると非難した。9月の日本海上での米韓演習に自衛隊が加わったと批判した。

    さらに11月の米韓空軍の大規模訓練で「列島の一部を出撃基地として提供」したと触れた。米軍岩国基地(山口県)所属の最新鋭戦闘機「F35B」が訓練に参加したことを指すとみられる。日本の朝鮮学校の生徒らに対する暴行や暴言などが12件起きたとも指摘した。

    日本上空を通過した弾道ミサイルは「敵に送る警告」だったと主張し「この警告が実際の結果につながるかどうかは日本をはじめとする敵対勢力の態度次第だ」と威嚇した。

    2022年11月16日 14:07
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM1632X0W2A111C2000000/

    引用元: ・【日本経済新聞】北朝鮮、日本通過ミサイルで記念切手 論評では対日威嚇 [11/16] [新種のホケモン★]

    【軍靴の音がしてますよぉ。 【日本経済新聞】北朝鮮、日本通過ミサイルで記念切手 論評では対日威嚇 [11/16] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/16(日) 19:07:36.51 ID:CAP_USER
    カテゴリ: 北朝鮮情勢・論評 配信: 2022/10/12 投稿: 五味 洋治






    9月末から2日に1回のハイペースに

     北朝鮮が発射する弾道ミサイルが、異常なペースで続いている。

     1回の発射でなんと最低でも4億円、核開発には2300億円が使われているとの推計も出されている。

     北朝鮮がミサイルの発射を繰り返すようになったのは、今年の1月からだ。この月だけで7回、11発も発射した。

     その後、回数は減ったものの、9月末から再び増え始め、9月末からは、ほぼ2日に1回のハイペースになっている。

     種類、発射時間、場所もバラバラだ。通常、北朝鮮はミサイルを早朝発射するが、未明や昼にも打ち上げられた。

     これまで発射されたことのない場所からの発射も多い。

     これは、移動式の発射台を使っているからだろう。水中からも発射されていた。ミサイルの能力を誇示して、米国や韓国からの攻撃をけん制する狙いだろう。





    今年1月だけで94億円使う
    https://www.koreaworldtimes.com/topics/commented/12201/

    引用元: ・北朝鮮ミサイル1本最低4億 核開発には食糧4年分を投入できるワケ [朝一から閉店までφ★]

    【朝鮮総連とか韓国民団とか韓国人とか - 北朝鮮ミサイル1本最低4億 核開発には食糧4年分を投入できるワケ [朝一から閉店までφ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/06(木) 08:25:39.35 ID:CAP_USER
    北朝鮮に対抗するため発射した「玄武」が墜落 
    事故について説明せず、住民の不安高める…韓国軍「遺憾」表明  
    米軍空母「ロナルド・レーガン」再び東海に進入

     北朝鮮の中距離弾道ミサイル(IRBM)発射への対抗措置として、今月4日夜に実施した韓米合同地対地ミサイル射撃で、韓国軍のミサイル1発が発射直後、異常軌道を描いて墜落した。ミサイルの墜落による炎と轟音のため、近隣住民の不安が高まったが、合同参謀本部(合参)は事故経緯について説明せず、1時間50分後ミサイル4発をさらに発射した。一方、先月韓米合同演習終了後、韓国海域を離れた米国の原子力空母ロナルド・レーガン(CVN76、10万3千トン級)は東海の公海上に再進入し、6日から再び韓米日共同訓練を行う予定であり、朝鮮半島の緊張が高まっている。

     合同参謀本部の関係者は5日、「4日午後11時、江陵(カンヌン)空軍飛行団内の射撃場から東海に向けて発射したミサイル1発が発射直後に異常飛行をしたのち、墜落した」とし、「同ミサイルは軍ゴルフ場に落ちた」と説明した。当時韓米は同日午前に起きた北朝鮮のIRBM発射に対抗し、「玄武」とATACMS(エイタクムス)地対地ミサイルを動員した合同ミサイル射撃を行っていた。墜落したミサイルは、韓国軍の「玄武2C」だという。

     合同参謀関係者は「当初は(玄武)ミサイルを東海方向の前方に発射する計画だったが、発射直後に異常飛行し、射撃場後方の空軍飛行場側に飛んだ」とし「射撃場後方の1キロメートル地点でミサイルの弾頭が発見され、ミサイルを飛ばすエンジンは弾頭から約400メートル後方で見つかった」と説明した。軍当局は、ミサイル墜落による軍と民間の人命被害はなかったと発表した。しかし、エンジンが発見されたところから南に700メートル離れた地点に民家があり、大惨事につながりかねない状況だった。軍関係者は「事故が起きたミサイルは射撃前の外観検査と各種の射撃システムおよび全体的な射撃手続きの点検などを経た」とし、「国防科学研究所(ADD)、生産業者などと合同で落弾の原因を分析し、弾薬に異常はないか全数調査することにした」と付け加えた。

     韓米は事故から約1時間50分後の5日0時50分頃、韓国軍と在韓米軍がそれぞれ2発ずつATACMSを追加発射した。現場にいた陸軍ミサイル戦略司令部司令官は、事故後に現場の安全状況を確認した後、合同参謀本部にATACMS の射撃は可能だと報告した。合同参謀本部はミサイル射撃に関して「北朝鮮がどんな場所で挑発しても常時監視態勢を維持している中で、挑発の原点を無力化させる能力と態勢を備えていることを示した」と評価した。

     しかし、軍当局は一晩中近隣住民に事故の状況を知らせなかった。このため、強い光と大きな音のせいで不安だという江陵地域住民の訴えが続き、オンラインには炎が映った写真と動画が拡散した。軍関係者は「射撃前に周辺住民に通常の手続きにともなう事前広報は行ったが、偶発的な事故が発生し、十分な対応ができなかった」とし、「このように住民たちを驚かせ、不安を抱かせた点ついては、深い遺憾の意を表する」と謝罪した。

     キム・ビョンジュ議員など国会国防委員会所属の共に民主党の委員らは、記者会見を開き「完璧な作戦失敗」だとして、「市内に落ちていたら大惨事だっただろう。尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領はリアルタイムで報告を受けていたのか」と述べた。江陵が選挙区である国民の力のクォン・ソンドン議員もフェイスブックに「国民の血税で運用される兵器がむしろ国民を脅かすところだった。落弾の経緯について徹底した調査から行わなければならない」と批判した。

     北朝鮮のミサイル発射から15時間後、十分な準備時間をかけて発射したミサイルが「逆方向に落ちる」事故が起き、北朝鮮の脅威に「常時、圧倒的な対応」を掲げていた韓国軍の信頼度は大きく損なわれた。これについて、軍関係者は直接言及を避け、「打撃資産として運営する武器システムは多様であり、戦力の空白が生じることはないだろう」と述べた。

     一方、この日米国の原子力空母「ロナルド・レーガン」が東海の公海上に再び進入した。先月26~30日の韓米合同演習と韓米日の対潜水艦戦訓練の終了後、韓国を離れた同鑑は、韓国海軍・日本の海上自衛隊と共に6日から仮想弾道ミサイルを探知、追尾する共同訓練を行う予定だ。韓米日が2週連続で共同訓練を行うのは初めて。

     大統領室高官は「北朝鮮の相次ぐ挑発が、7回目の核実験に向かう段階別シナリオを踏んでいるのではないかとみている。北朝鮮の無謀な挑発には必ず代償が伴うという点を認識させるため、韓米、韓米日間の協力をさらに強化していく」とし、「韓米が拡大抑止を画期的に強化する案を緊密に協議して講じることにした」と述べた。

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/44746.html

    引用元: ・【韓国】逆方向に落ちた韓国軍のミサイル…北朝鮮への威嚇が江陵住民に恐怖与え [10/6] [昆虫図鑑★]

    【いつもの事だろ 【韓国】逆方向に落ちた韓国軍のミサイル…北朝鮮への威嚇が江陵住民に恐怖与え [10/6] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/28(木) 21:45:48.29 ID:CAP_USER
    韓国軍がイージス艦進水式 尹大統領出席、海上からも北のミサイル迎撃可能に

    韓国海軍と防衛事業庁は28日、南東部蔚山で次世代イージス駆逐艦「正祖大王艦」の進水式を開き、尹錫悦大統領が出席した。韓国紙によると、迎撃ミサイル「SM6」を搭載でき、陸上だけでなく海上からも北朝鮮のミサイル迎撃が可能になる。

    尹氏は同艦について「最先端の戦闘システムを基盤とし、弾道ミサイルの探知や追跡、迎撃能力を備えた国家戦略資産」だとし、海軍の戦闘能力向上につながると強調した。北朝鮮の脅威への具体的な言及はなかった。

    同艦は韓国軍初の排水量8200トン級で、韓国が独自に設計・建造した。試験航行などを経て2024年末に海軍に引き渡され、その後実戦配備される。(共同)

    https://www.sankei.com/article/20220728-K2Q4BDDWHZNYFKJWZGAAFRKFLQ/
    276

    【韓国海軍】 8200トン級イージス艦1番艦を「正祖大王」と命名…北弾道弾を迎撃するSM6級初搭載[06/14] [LingLing★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1655204145/

    引用元: ・【軍事】 韓国軍がイージス艦進水式 尹大統領出席、海上からも北のミサイル迎撃可能に[07/28] [LingLing★]

    【瀬取りの護衛ですか? 【軍事】 韓国軍がイージス艦進水式 尹大統領出席、海上からも北のミサイル迎撃可能に[07/28] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/16(土) 22:02:32.46 ID:CAP_USER
    中国、AWACS形の空自機模型を破壊 ミサイル訓練か
    2022年7月15日 19:00

    中国が新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に設置していた航空自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)に似た構造物を破壊したことが分かった。日本経済新聞が衛星写真を複数の専門家と分析して確認した。日本を仮想標的とするミサイル攻撃の訓練に使った可能性がある。

    米衛星運用会社プラネット・ラブズが撮影した衛星写真を調べた。5月中旬の同地点の写真には自衛隊のAWACS「E767」を模した形の物体や滑走路、駐機場のよう...(※会員限定記事)

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC144B50U2A710C2000000/
    781

    参考記事:中国、砂漠に日米の「標的群」 ミサイル訓練に活用か
    2022年5月25日

    日本経済新聞が衛星写真で自衛隊機に似せた構造物を発見した砂漠地帯の周辺で、中国は米軍などの装備と同形状の物体を相次ぎ設置している。専門家はミサイルの命中精度を高めるための標的で、中国が日米を攻撃対象として位置づけている表れだと指摘する。23日の日米首脳会談でも、台湾有事などを巡る中国への警戒感が浮き彫りとなった。

    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA2122Z0R20C22A5000000/

    引用元: ・【軍事】 中国、AWACS形の空自機模型を破壊 ミサイル訓練か[07/16] [LingLing★]

    【平和ボケパヨクには大打撃なニュース【軍事】 中国、AWACS形の空自機模型を破壊 ミサイル訓練か[07/16] [LingLing★]】の続きを読む

    このページのトップヘ