まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:マーケティング

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/14(火) 10:14:53.76 ID:CAP_USER
    (キャプチャー)
    no title


    全南道(チ ンナムド=全羅南道の略)が、世界最大のオンライン電子商取引プラットホームである米国(アメリカ)の『アマヂョン(Amazon)』で地域の特産品を販売しながら、『日本製品』のようにマーケティングを展開して物議を醸している。

    南道キム(海苔)を『スシ・ノリ(寿司海苔)』に、清麹醤(チ ングッチャン)を『ナット・パウド(納豆パウダー)』と表記して、SNSはもちろん米州(アメリカ)韓人(コリアン)コミュニティーなどを通じた批判の声が高まっている。

    議論が拡散すると、全南道は日本式表記の製品をブランド館から除外することを決め、51の出店製品に対して全数調査を行う方針である。

    全南道によれば、道は最近米国の電子商取引サイト『Amazon』に、自治体として初めて地域の農水産食品を専門に販売する『全南道ブレンドゥ(ブランド)館』を開場した。

    全南道は、大韓民国の味の中心という『The Kitchen of Korea』をキャッチフレーズに、『親環境ウェルビン(環境にやさしい健康)』のブランド館を集中的に広報して、南道特産品のブランド価値の向上と売り上げ拡大を導くという方針だった。

    これまでにキム(海苔)とユジャチャ(柚子茶)、ユキノン・ピョゴ(有機農シイタケ)、コグマ・マレンイ(サツマイモの切り干し)、カンオムルスネク(乾魚物スナック)、スセミドラヂチャ(ヘチマ桔梗茶)、清麹醤などの18品目が米国のオンライン市場のトレンドに合わせ、現地化作業を経てブランド館の出店に至った。

    また品目の多様化のため、全南代表のショッピングモール『ナムドチャント(南道市場)』で販売中の製品のうち、米国市場進出の可能性が高いヘジョリュ(海藻類)やメイルヂネク(梅津液=梅のエキス)、トラヂベヂェプ(桔梗梨汁)など、34品目を発掘して入店テストを行っている。

    しかし特産品の販売が始まってから、米州コミュニティを中心に議論が起きた。

    南道キム(海苔)を『Gim』という英文表記ではなく、日本の海苔を意味する『Sushi Nori』と表記して販売したり、清麹醤を日本の伝統食品である『Natto powder』と表記して販売したからである。

    米国に住むある主婦は、「15年前なら韓食を和食のように表記して販売していたが、今はどこも和食に見せかけて販売していない」とし、「南道の特産品が世界に進出したという消息を聞き、自負心を感じた多くの僑民たちが大きな失望を感じている」と指摘した。

    SNSからも批判の声が相次いでいる。あるネチズンは、「清麹醤がいつから納豆になった」とし、「作り方も違うし菌も異なる。全南道の名にかけてAmazonに出店したのではないのか」と指摘した。

    他のネチズンも、「国家機関が中心になって海外に商品を販売する場合、商品名の選定にも慎重になるべきだ」と述べた。

    全南道の請願掲示板にも、「特産品館が販売する商品の表記を国産に変更して欲しい」という請願が提起されている。今のところ170人以上が同意している。

    議論が拡散すると全南道は、日本名表記の業者を除外することに決定した。

    全南道の関係者は、「自治体は道内の輸出企業がAmazonに出店できるように支援する役割を引き受けていて、マーケティングに対しては各企業が決める事案だ」と言いながら、「日本式の表記をした商品は直ちにブランド館からの出店を除外して、早いうちに純国語と英文表記方式で包装紙を変更した後、再入店するように措置する」と説明した。

    ソース:全南日報(韓国語)
    https://www.jnilbo.com/view/media/view?code=2020071317200120828

    引用元: ・【韓国】全南道が米国Amazonで特産品を『日本産』のようにマーケティング展開[07/14] [ハニィみるく(17歳)★]

    【やっぱザパニーズかよ 【韓国】全南道が米国Amazonで特産品を『日本産』のようにマーケティング展開[07/14] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/17(火) 03:34:03.65 ID:CAP_USER
    平昌(ピョンチャン)冬季五輪開幕まで117日となり五輪特需を狙う流通業界の動きも忙しくなっている。平昌冬季五輪は1988年のソウル五輪から30年ぶり、大型スポーツイベントとしては2002年の韓日ワールドカップ以来16年ぶりだ。

    流通業界では五輪特需を迎え特色あるマスコットとコーナーを設けている。ロッテ百貨店は冬季五輪のエンブレムとマスコットを活用した記念商品を開発した。五輪公式ストアもソウル・小公洞(ソゴンドン)本店と蚕室(チャムシル)店、金浦(キンポ)空港店、釜山(プサン)本店などにオープンした。

    これとともに平昌冬季五輪広報ブースも主な百貨店に設置する予定だ。ロッテ百貨店は男女ファッション・雑貨・食品群で構成された商品本部平昌ライセンシングチームも新たに設け新商品開発に力を注いでいる。

    韓国マクドナルドも五輪期間中に選手村と五輪パークの2カ所に店舗を設置し、各国選手団と観光客向けに五輪特別メニューを提供する予定だ。平昌冬季五輪公式スポンサーに選ばれたオトゥギも「ジンラーメン」とカップライスの五輪エディション製品を発売した。

    オトゥギは五輪開幕式入場券を贈呈するイベントを進める予定だ。ロッテハイマートと電子ランドなど電子製品流通企業も大型テレビなどを五輪主力商品としてマーケティングを進める予定だ。

    大型スポーツイベントは絶好の機会だ。韓国は2002年の韓日ワールドカップで26兆ウォン以上の経済効果を上げた(2002年・財政経済部経済白書)。

    サッカー国家代表チームが遠征で初めてベスト16入りの成績を収めた2010年のワールドカップ南アフリカ大会の時は商品売り上げと街頭応援にともなう消費増加で3兆7000億ウォンに達する直接経済効果を上げたと推定される。

    流通業界の特需は開催国との時差による差が大きい。2014年のワールドカップ・ブラジル大会当時は食品業界だけでなく家電業界も利益を得ることができなかった。流通業界関係者は「ブラジルで開かれたサッカーの試合が朝の通勤時間に集中し、ワールドカップブームを作るほどの応援戦が不可能だった」と話した。昨年開かれたリオ五輪も同様だった。

    これに対し韓国と時差が1時間にすぎなかった北京五輪では流通業界が特需を迎えた。統計がこれを証明する。北京五輪が開かれた2008年8月の小売り販売増加率(不変価格、前年同期比基準)は2.2%で2007年の1.1%の2倍に達したが、韓国と8時間の時差がある2012年のロンドン五輪当時、8月の小売り販売増加率は1.5%にすぎなかった。これは2012年全体の4.0%を下回る水準だ。

    流通業界関係者は「平昌冬季五輪は16年ぶりに韓国で開かれる大規模スポーツイベントのため流通特需があると期待している」と話した。

    平昌冬季五輪では流通分野でどのような製品が特需を迎えるだろうか。時計を30年前に戻してみるとこれに対するヒントを得られる。88年のソウル五輪当時韓国を訪れた外国人が多く買っていったものはラジオとヘアドライヤーなど小型家電だった。当時サムスン電子と金星社(現LGエレクトロニクス)は数十億ウォンを投じて携帯用VTRとカメラなどを開発した。カセットレコーダー、電気カミソリと電気カーペットも人気品目だった。

    ソウル五輪ごろからスポーツ用品開発競争も続いた。流通業界関係者は「携帯電話など小型家電は30年前と同じように平昌冬季五輪でも人気を集めるものとみられる」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/424/234424.html

    no title

    ロッテ百貨店の平昌冬季五輪公式ストア。五輪エンブレムとマスコットを活用した製品を販売する。(写真=ロッテ百貨店)

    引用元: ・【平昌五輪】30年ぶりの韓国での五輪…流通業界が五輪マーケティング始動[10/17]

    【【今頃? 】平昌五輪特需を期待して韓国流通業界が五輪マーケティング始動】の続きを読む

    このページのトップヘ